英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

a02

1~3ヶ月  ▷4~6ヶ月  ▷10~12ヶ月  ▷現在

 4~6ヶ月目

はじめの3ヶ月で徹底的に中学英文法の基礎を叩き込んだので、徐々に実践に向けた演習をしていった。この時期から、高校英語レベルを総復習した。特に文法書を読み漁ったことで、正しい文法を使って会話をするイメージをつけることができた。

 

速読英単語で英会話勉強にトライ!音読をしながら単語の復習をする

6

▶︎速読英単語1必修編[改訂第6版]

 

 

スラスラ話すための瞬間英作文を、どんどんの後にやるべきか

7

▶︎スラスラ話すための瞬間英作文シャッフル

 

 

入試英語最重要構文540を瞬間英作文の次のステップ教材に使う

8

▶︎入試英語最重要構文540

 

 

ビジュアル英文解釈 !今でも精読書として使えるのか

12

▶︎ビジュアル英文解釈 (Part1)

 

 

Forest総合英語?一億人の英文法?どちらがいいの?やっぱりForest派

9

▶︎総合英語Forest 7th Edition

 

 

超低速メソッド英語発音トレーニングで発音を徹底やり直しする

13

▶︎超低速メソッド英語発音トレーニング

 

 

DUO3.0のカバー率は?大学受験、英会話、TOEICどの分野に有効か考えてみた

10

▶︎DUO 3.0

 

 

おすすめの単語帳は?7つの単語帳をやってみて、究極の英単語シリーズを一番推すワケ

11

▶︎究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語

 

 4~6ヶ月目のアウトプット

学んだ知識をアウトプットしていくのも重要。僕の場合、この時期にアメリカへ渡った。英語が全く話せなかった状態からアメリカへ留学したのだからバカもいいところ。行くのだから、必ず英語を綺麗な発音でペラペラ話せるようになってみせると意気込んで行った。結果として自分の思い描いていたレベルまで到達できた。

 

アメリカ初日のホームステイ先での一枚

 

日本にいながら英語漬けになる方法がある。手軽に環境をつくれるのがオンライン英会話だ。1対1の英会話レッスンがリーズナブルな価格で受けられる。

オンライン英会話は、無料体験レッスンを限られた期間何度もトライできる。いまや何百ものオンライン会社があるため、無料の体験レッスンだけを受け続けることも可能だ。各会社の無料レッスンを受けながら、アウトプットする。そうすることで自分がどれだけ英語を話せないのか痛感できる。本当に英語が話せるように成りたければ、必ず英語を話す機会を作らなければならない。

【最新】スカイプで無料オンライン英会話レッスンを1ヶ月やって、英語を上達させる完全マップ

 

 

 

 7~9ヶ月目

高校英文法も復習し終えたころから、英語の上達を感じられるようになる。無料オンライン英会話や留学などで英語を話す環境を作っていれば、英語力はどんどん伸びていく。この時期まで勉強を続けられたのなら、旅行で不自由なく英語が使えるレベルまで流暢に話せるようになる。

 

✔︎ 国際交流イベント

国際交流イベントは各地でやっている。英語を話すことが好きな人に出会うことができる。同じ趣味の人を見つけて、勉強法であったり、モチベーションの上げ方など情報収集もできる。

Events

 

▶︎究極の英語スピーキング Vol.3

どんどんの次の瞬間英作文の教材としておすすめ。レイアウトも瞬間英作文ができる形。レベルとしては、入試英語最重要構文540の前にトライすべきテキスト。

14

▶︎究極の英語スピーキング Vol.3

 

 

長文が理解できない!解けない人へ!中澤の難関大攻略徹底英語長文読解講義

15

▶︎中澤の難関大攻略徹底英語長文読解講義

 

 

 

文法が苦手なら山口英文法講義の実況中継は受験にも英会話にもオススメ!

16

▶︎山口俊治 英文法講義の実況中継

 

 

究極の英単語Vol.2はTOEICの英語勉強に使えるのか?

18

▶︎究極の英単語SVL〈Vol.2〉中級の3000語

 

 


9ヶ月でTOEIC735点になった

 

英語完全上達マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月間取り組んだ結果、TOEICの点数は735点になった。基礎英語から徹底的に総復習したため、この点数がとれたのだろう。基礎から学習を積み上げたことが結果につながった。

 

 英会話力

英会話力は、6ヶ月目以降、それほど変化はなかった。ある程度会話ができるようになった後は、単語力や表現力が必要になってくる。会話に適した表現を覚えていった。ネイティブスピーカーの使う表現方法と日本語訳から変換して話す第二外国語としての英語スピーカーとのギャップを埋めなければならなかった。

 

 ▷1~3ヶ月  ▷4~6ヶ月  ▷10~12ヶ月  ▷現在