【実践】僕がたった3ヶ月の独学で英会話をマスターした3つの英語初心者おすすめテキストと勉強法

結論を言えば、英語は3ヶ月でマスターできる。もちろん、レベルは違うが、日常会話程度なら余裕だ。英会話は独学で勉強できる。今回は、英語を独学でマスターしたい人に向けた独学におすすめのテキストやサービスをまとめた。一昔前までは、英語を独学で学習することは、「幻想」に近かった。留学をしなければ、英語はマスターできないし、まして英語に浸れる環境する日本になかった。だが、今は違う。英語は、「独学」でマスターできる。独学で英語を話せるようになろう。英語学習は、独学でできる。効率の良いしっかりとした教材を使うことで、あなたの英語力は劇的に向上するはずだ。

英語力を伸ばすなら、英語学習の計画を立てるべき。自分が絶対にどのレベルまで達したいかをイメージした上で、英語を勉強すべき。僕は、英語上達完全マップを使った計画で、徹底的に学習したからこそ英語力が伸びた。英会話ができない全くの初心者だった僕が、独学で英語をマスターしたテキストとサービスを存分にご紹介する

 

たった3ヶ月の独学でペラペラ話せるようになるのか?

英語は、3ヶ月で話せるようになれる。僕は3ヶ月で英語が話せるようになった。ただ、話せるようになったと言っても、意思疎通ができるレベル。僕からすると全く英語が話せなかったゼロから、旅行で言いたいことが言えることは、大きな進歩だった

「効率的」な勉強を、必要なだけ「集中」して取り組むことで、簡単に英会話ができるレベルに達する。ただ、ここでいう「英語を話せるスキル」は、ただ会話ができるようになることではない。英語を話すときの発音に気をつけながら、文章表現で会話をするスキルを指す。

文法は絶対ではない

☝︎文法や単語を覚えないと話せないと言う思い込み

3ヶ月間にやったことはいたってシンプル。「話すこと」。英語を話すことに、注力しただけ。これだけだ。あなたは、こんな言い訳をしていないだろうか。英語は、文法を学習しなければ話せないとか、単語を覚えないとダメだとか、ひたすらできない理由を並べる。自分を正当化するには、妥当だが、このような言い訳は、やめたほうがいい

なぜなら、私たちは義務教育の過程で、散々といっていいほど、「文法」も「単語」も学習してきているからだ。そんなくだらない言い訳は即やめた方がいい。

Q 3ヶ月で英会話をマスターするには?

A 3冊のテキストを染み込むまでやりこむ

これらのテキストは、英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在で学習した当時、各英語の学習分野でかなり有名だったテキストばかり。英語の基礎学習は、こうしたテキストで学習した方が手早く学習できる。どの分野でもそうだが、英語は「基礎力」が最も大切。根本的な「基本」を知らない限り英語は伸びない。テキスト学習は、「基礎」を素早くおさえることができる

3ヶ月で全てをやるべきではない。「話すため」のトレーニング特化したテキストを「厳選」して学習することが最も必要なこと

01記事:英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

英会話を徹底する

☝︎会話で英語を話すためのトレーニングを徹底する

英語を「話したい」のなら、徹底的に、「話す」トレーニングをすればいい。話すトレーニングは、義務教育の中で、一度もやったことはないはずだ。この英語を「話す」トレーニングの必要性に気づけた人こそ、最短で英語が話せるようになる。

1 英語を話すためのテキスト

3ヶ月勉強すると英語を使って会話をすることが、どれほど簡単なことか実感してくる。主に、3ヶ月で注力するのが、「英語を話す」トレーニングだ。「話す」ことに全時間を注ぐことで、その力を身につける。これから、僕が実際に使ったテキストを紹介していく。

 

1

どんどん瞬間英作文

 

瞬間英作文の王道テキスト。このテキストで、「話す力」を鍛えることができる。最も基本の英会話を丸暗記することで、会話での返答ができるようになろうという主旨。このテキストに載っている表現を丸暗記する間に、ベースの会話に必要な文法を復習することで、バライティに富んだ表現をするための基礎をつくる。

丸暗記した表現を会話にあわせて、自分の話したい内容に主語や動詞を変えていく。その基礎を徹底的にマスターするためのテキストである。

2 英語を話すための文法

2

中学3年間の英文法を10時間で復習する本

英会話の中で使われる文法は、シンプルなものしかない。必要な範囲の文法を10時間で復習するできるため、役にたった。

中学英文法を復習する理由は、暗記をした文をベースに、頭の中で英文を組み替えるための知識をつけるためだ。この会話は、主語が私ではなくあなたであったり、動詞や述語の変化を理解するために行う。

3 最低限聞き取ってもらうための発音

3

英語のリスニングは発音力で決まる!

発音を綺麗にしたければ、初めから力をいれるべきである。一番始めに発音を矯正することで、不自然なクセや発音の間違えに気づくことができる。違いに気づくことができれば、学習を続けていく中で修正していくことができる。

発音は、すぐすぐ綺麗にすることはできない。日々使っていくことで、音を合わせていく感覚だ。ボイスレコーダーやムービーで録音しながら自分の音を聞くことで、綺麗な発音を身につけることができる。

自分が好きなテキストを使う

☝︎自分に合ったテキストを選ぶ

テキストはどれを使ってもいい。一番重要なのは、自分が今どこのレベルにいて、どういったトレーニングや知識が必要なのか把握すること。もし、あなたが、ビギナーレベルなのに、高校英語を復習したとしても英語は話せるようにならない。

 

大嫌いだった英語を独学した話

僕は、英語が大嫌いだった。正直、5教科の中で一番嫌いだったのが英語だった。そんな英語が嫌いな奴でも英語嫌いを克服することができた。

 

徹底3冊をやりこむ

☝︎より強い意志で学習をやり遂げる

これが僕が学生時代に、3ヶ月英語を話すためのトレーニングをしたときにつかったテキスト。シンプルに考えると、これだけのテキストをやるだけで、「英語を話す」という憧れを実現できるのだ。

英語を話せるようになるために最も必要なテキストだ。短文暗唱で「英語を話す表現」を頭にストックし、会話にのみフォーカスをした文法を復習することで表現のバリエーションを増やす。また、正しい発声の方法を身につけることで、綺麗な聞き取りやすい発音にできる。

 

英語を独学で学習する6つのステップ

英語上達完全マップの勉強法による知識のインプットとオンライン英会話による英語のアウトプットによって、英会話力を劇的にアップさせる。これをすれば、簡単に英語が話せるようなるイメージはできたはず。具体的なスケジュールが以下。6つのステップに分けて、何をすべきかをまとめる

1st. 英語学習の準備 

一週間で中学英文の総復習をする

一週間かけて、基本的な中学英語を復習する。最低2冊をさらっと読むことで中学英文を復習する。中学英文法の復習として使えるのが、この2冊。どんどん話すための瞬間英作文は言わずと知れた良書としてここ数年間、かなりの売上をあげている。英語を話すためにはこのテキストは外せない。

1

▷ どんどん話すための瞬間英作文

 

中学3年間の英文法を10時間で復習する本なら時間をかけずにさらっと復習できる。テキストは基本的に自分の好みで選ぶべき。復習することがメイン。

2中学3年間の英文法を10時間で復習する本

2nd. 英語をとにかく話してみる

オンライン英会話の無料体験を使って英語を話してみる。今の時点でどれだけ自分が英語を話すことができるのか。または、どれだけ英語が話せないのか知っておく必要がある。知るためのツールとして、オンライン英会話の無料体験レッスンを1回受ける。これがもっとも必要な作業。

 

一度オンライン英会話を受ける理由

これまで英会話をやってこなかった人なら、全く話せないだろう。できるのは自己紹介ぐらい、いまの時点で何も英語が話せないことを確認するためにやる。

オンラインで恥を知る

☝︎話せないのが当たり前だと思い知る

ゼロからのスタートであることを意識する。最初から話せる人はいない。だからこそ、絶対に話せるようになってやるという気持ちを持つことが、最大のモチベーションになる。

 

無料のオンライン英会話の体験だけ受ける

オンライン英会話の無料体験だけを受けよう。費用をかけずに、体験だけ受けることができる。無料体験で1ヶ月タダでできる最新のスカイプ英会話まとめで紹介しているように、無料でできるオンライン英会話を使い倒すのがコツ。

50 日間無料でオンライン英会話アプリを使う方法

瞬間英作文とオンライン英会話は、すごく相性がいい。「瞬間英作文」でインプットした内容を、「オンライン英会話」でアウトプットをする。この2つのサービスを使いこなすだけで、英語が話せるようになる。僕がもし、今から勉強を一からスタートするのなら、必ず、絶対に取り入れるのがこの2つだ50日間、無料でオンライン英会話を使う方法をこちらにまとめた。

【無料50回】オンライン英会話を50回以上使う方法!無料で25社のお試し体験レッスンをやり倒そう!

3rd. 本格的に足りないスキルを学習する

一度目のオンライン英会話の体験から、自分がどれほど英語が話せないのか痛感したはず。その悔しさを英語勉強に活かす。ここで、英語が話せないことに落胆し諦めてしまうような人間には、英語は話せるようにはならない。悔しさをモチベーションに変えられるホジティブさが必要。

 

オンライン英会話の体験を振り返る

英語を話そうと試みたが、自分の言いたいことが言えなかった。なぜ、その語がいえなかったのか分析することで、これから自分がどのようにして英語を学習していくのかプロセスを立てることができる。

たとえば、その単語を知らなかった場合や文法を復習しきれていないため分の構成の仕方がわからないなど、さまざまな理由があるはず。なぜ話せないのか、何が原因かを徹底的に分析すると自分がやるべき英語学習が見えてくる。

自分の弱点を知る

☝︎きなかったことを克服するためにテキストをインプット

できなかったことを克服するために知識をインプットする。

どんどん話すための瞬間英作文では、基本的な英文を反復しながらフレーズを暗記する。自分の頭の中で英作文を作るためにやる。瞬間英作文を挫折した人へ、英語を話せる人の英会話6つのテクニックを紹介したように、英会話には少なからずテクニックがあると僕は考えている。このテクニックを上手く使って、英語を話せる風を出そう。

4th. インプットした知識のアウトプット

本格的に勉強してインプットした英語の知識を、オンライン英会話を使ってアウトプットする。ある程度インプットに時間を使った後は、オンライン英会話の定期会員になることをおすすめする。

NativeCampなら24時間、予約をとらずにオンライン英会話が受けられる。特に、スマホアプリはオススメだ。スキマ時間に簡単につなぐことができ、友人と電話をする感覚で続けられる。スキマ時間を使って、アウトプットの機会を増やす。無料体験を何度かすることで、自分の好きなオンライン会社をみつけるのがコツ。

英会話をする機会を作る

☝︎どんどん瞬間英作文で勉強したページを無理やり会話で使う

Part1で取り組んだ❶を会話の中で使うというように使うフレーズを決めておく。一度使えば、二回目、三回目と簡単に口に出せるようになる。英会話は、表現を増やしていく積み重ね。苦手な表現であればあるほど、実際の会話で使うと効果が発揮される。簡単に自分の使える表現が増えていく。

5th. 英語学習を習慣化させるアプリ勉強方法

勉強することを習慣化させる。絶対にやってはいけないのが、途中でやめてしまうこと、せっかく、英語を勉強し始めたのなら、自分の描くゴールまて辿りつかせよう。

絶対的にアウトプットの回数を増やす。これがポイント。英語上達完全マップをやったことがある人はわかるだろうが、圧倒的にアウトプットの回数が少ない。どんどん瞬間英作文は、アウトプットの機会をセルフで作り、英語を話すためのフレーズを暗唱するものだった。音読パッケーシも音読を通して、アウトプットさせる学習法だ。

しかし、どれも英会話をする上で、アウトプット不足なのは否めない。話す力をつけるには、話す機会を作らなけらば絶対的な回数が足りない。

スマホでセルフアウトプット

☝︎スマホアプリでアウトプットをする

無料のオンライン英会話を使って、1ヶ月程度無料で英会話をするのも良い。ただ、登録の手間を考えると、のような24時間話せるサービスが使いやすい。こうしたオンライン英会話以外にも、「アプリ」を使った英語学習サービスは、より、手軽にアウトプットできる。

スタディサプリは、1レッスンが比較的短い。「リスニング」「単語」「ディクテーション」「会話文」「スピーキング」と分野ごとに分かれている。この各分野が5~15分の間隔で終えることができる。

スマホアプリだからこそ、「短時間」で各分野を終えることのできる設定になっている。集中すれば、5分で終えられる内容は、スキマ時間に学習することができる。英会話に必要な「基礎」力を、短時間でさらっと学習できるのがスタディサプリの強さ。

 

スキマ時間にスタディサプリを取り入れる

何度もいうが、「どんどん瞬間英作文」の学習は、飽きる。続かない。だからこそ、こうしたアプリを「スキマ時間」に5分だけ取り入れることで、息抜きをすることができる。当然、アウトプットをすることは難しい。自分が作りたい文章が、パッと出てこない。これがポイント。同時期に、「スタディサプリ」を並行して使用することで、「どんどん瞬間英作文」をなぜやらなければならないのか「気づく」ことができる

はっきり言って、教科書のみを使って勉強するだけの学習は時代遅れ。スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)などのアプリを使って、最高の学習環境を作るのが当たり前になった。

先生に教えてもらう勉強方法が好きな方は、絶対にこのアプリを使いこなすべきだ。日本で最も質が高い英語学習アプリがスタディサプリ。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

 

スタディサプリのポイント

僕は、アプリで勉強することにものすごく抵抗があった。たいていの学習アプリは、大したこのない。しかし、このスタディサプリは別物。英語学習のスペシャリスト達が太鼓判を押すほど人気になっている。質の低い無料アプリを使って、時間を浪費するよりも、質の高いアプリで効率よく英語力を上げる方が断然いい。

スタディサプリは、7日間無料体験できる。完全無料期間を使って、アプリが自分に合っているか確かめるべき。気になったら即ダウンロードしてみて欲しい。より詳しい解説は、スタディサプリを実際にやってみた記事に載せている

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

 

スタディサプリでスピーキングのアウトプット

こちらが、スタディサプリの「スピーキング」のトレーニング映像。実際に発音をして、音声で正誤を判断してくれるシステムとなっている。会話を元に、イントネーションや発音を学ぶことができる。

リスニングコースで耳を鍛える

なかでも最も人気なのが、「リスニングコース」。なぜ、英語が聞き取れないのか、どうしてリスニングができないと悩むのか、その「理由」を詳しく説明してくれる。ディクテーションでは、発音された文を元に、自分で「タイピング」をしていく。単語のスペルを覚えること、会話で聞き逃さないような細かいリスニング力を鍛えることができる

特にスタディサプリのリスニング教材の良さは、「つながる音」「落ちる音」「消える音」など英語特有の「音の変化」について、動画で詳しく解説してくれること。これほど細かく解説してるのは、このアプリくらい。もっと早く知りたかったと悔やむほどおすすめできるアプリ。リスニングを強化しながら、アウトプットや英語に基礎力を鍛えることができる。

スタディサプリのポイント

英語初心者にもおすすめ☝︎

☑︎スピーキング、発音、リスニング、文法など英語の基礎力を底上げできる

☑︎ 特に「リスニング」「スピーキング」のカリキュラムに定評がある

☑︎ 24時間自分のペースで学習できる

☑︎ 無料体験でしっかり吟味できる

☑︎ 受験対策にも使える

スタディサプリは、7日間無料体験できる。完全無料期間を使って、アプリが自分に合っているか確かめるべき。

6th. リアル英会話ができる国際交流の世界へ

このステップまでくれば、英語を対面で「話す」ことに集中すべき。実際に、会話相手にあって、対面で英会話をする。ここが3ヶ月目のゴールだ。
英語が話せる環境を日本で作る。日本に訪れている外国人は、年々増えている。日本で英語が話せる外国人と友達になろう。僕は、全国を旅しながら、国際交流の場を探し回ってきた。日本全国国際交流マップを作った。

《日本全国》国際交流マップ

 

外国人の友達を作ってアウトプットする

英会話の最終ゴールは「会話」をすること』という人におすすめなのが、アプリで外国人と友達になる方法 MatchPairs  を使えば、好みの外国人と友達になれる。外国人とコミュニケーションをとることがゴールなら、最新のアプリを使って外国人と知り合う機会を作ろう。

英会話の最終ゴールは「英語で会話をすること」。会話ができる環境を作らなければ全く意味がない。下手に外国人バーや交流イベントに行くよりも、自分の好みで友達になりたい相手とピンポイントで知り合えるアプリを使いこなすべきだ。 Match は世界25ヵ国で展開している世界でも有名なアプリ。日本だけでも使っている人が250万人を超えているアプリ。

 Match

リアルな外国人の友達をどんどん作っていこう。登録が「簡単」で、地域を入力すれば終わる。登録してすぐ、相手を探すことができるため、初心者におすすめのSNSアプリ。自分と気が合う相手と直接知り合いになれるなら、わざわざ外国人バーに行ったり、イベントで声をかける必要がなくなる。あくまでも、よりたくさんの「外国人と友達になるため」にアプリを使っていると割り切れば良い。Facebookも昔はマッチングサービスだったことを気にしている人は誰もいないのと同じだ。

おすすめは、日本に住んでいる外国人にターゲットを絞ること。基本的に無料で使用することができるが、より多くの機能を使う場合、有料会員になる必要がある。無料で使ってみて、手応えが良かった際に、有料会員になることをおすすめする。

アウトプットするツールを何個も持とう

☝︎アウトプットする機会を作る

アプリでどんどん英会話をアウトプットしよう。このアプリのおかげで、下手な国際交流イベントやパーティに行くのはやめた。お金を注ぎ込むよりも、気軽に好みの異性の「外国人」を見つけるのなら、絶対にこのアプリがいい。外国人の友達を作りたい人におすすめのアプリは、《厳選7アプリ》日本人の友達が欲しい外国人を簡単にみつけるアプリまとめ の記事にまとめている。

 

実践編!実際にどうやって僕が外国人と出会ったのか?

これまで、「国際交流」として、数人の外国人と付き合った経験がある。どうやって彼女を作って、どこで出会ったのか。その王道パターンをこの記事にまとめた。これまで隠してきた僕の外国人と友達になる、出会うパターンをこの記事にまとめている。これで出会う実践編!日本で外国人と知り合うための超具体的な8つの方法。正直、こんな話を真剣に俯瞰しながら書くのは恥ずかしかった

☝︎国際交流アプリが一番

最近のブームは、国際交流アプリで外国人と友達になること。僕自身、あらゆる方法で外国人と友達になってきたが、やっぱり「アプリ」はすごいなと思っている。本当におすすめできるアプリがどれなのか、最高のアプリをまとめるためにこの記事を書いた。やっぱり、世界で最もユーザー数が多いアプリで、外国人の友達を探すのが一番早い。世界で人気のアプリなので、日本全国、どこに住んでいても外国人と友達になれるMatch は外せない。おすすめのアプリを紹介していく。

意識するのは、1つだけ

1つのテキストをやりこむ

☝︎3ヶ月で3つのテキストをやりこむ

☑︎ どんどん瞬間英作文

☑︎ 中学3年間の英文法を10時間で復習する本

☑︎ 英語のリスニングは発音力で決まる!

単語を羅列するのではなく、文章を作って会話をする。これだけを意識して英語を学習する。たった3つのテキストを3ヶ月みっちりこなすだけで、あなたの英語力は格段に向上される。もはや3ヶ月もいらない。日常会話が話せるようになるには、1ヶ月で十分だろう。

 

英会話は独学で学習できる

3つのテキストを使って、「話すこと」を徹底的に訓練すれば、あなたの「英会話力」は格段に上がる。何をすべきか、どう学習するのか、頭で理解して、徹底的に勉強しよう。英会話留学なんて古い。と言えるように、日本にいながら独学で英会話を身につけるべき。

Q 「何したらいいかわからない!」英語学習で悩んだときは?

英語を独学で勉強していると「悩む」ことが増えてくる。「この勉強方法で大丈夫だろうか」「どのタイミングでテキストをやるべきか」「そもそもこの教材で合っているのだろうか」と不安になることが多い。この「悩むタイミング」でおすすめなのが、無料カウンセリングだ

A 英語学習の「悩み」は無料カウンセリングを使え

マンツーマンの英会話スクールでは、「無料相談」を受けることができる。この無料のカウンセリングを使うことで、あなたの「悩みを解決できる」糸口になる。何よりも、この無料相談は「質」がかなり高い。「今の英語レベルで、どのテキストを勉強すればいいのか」「あなたの英語レベルの弱点」や「使うべきテキスト」まで提案してくれる。もちろん。この無料カウンセリングは0円だ。

本来このカウンセリングは、英会話スクールの販促で行われている。自社のサービスを知ってもらうために無料で提供されているのだ。だからこそ「無料」で「高品質なカウンセリング」を受けることができる。このサービスを使わない手はない。

英語学習のプロに無料で相談できる

☝︎合わなければ入会しなければいい

「無料相談」は完全に無料だ。損はしない。無料の部分だけ受けて、入会しなければお金は発生しない。マンツーマンの英会話スクールは、正直料金が高いと感じる人もいる。ただし「カウンセリング」であれば「無料」だ。逆に考えれば、料金が高い「質」の高い相談を「無料」でできるのは使わない手はない。もちろん、あなたが納得できなければ入会する必要はない。

僕が「入会したい」と感じるほど質が高かったサービスがこちら。もちろん、カウンセリングは無料。

  本格的なビジネス英語を学習するならPROGRITプログリット

「最近、英会話に伸び悩みを感じてきた」「英語を話してみたいけど結局何したらいいかわからない」人には、PROGRIT(プログリット)はをおすすめする。

PROGRITは、徹底的に英語学習「やりきる」ことをサポートしてくれる英会話パーソナルスクール。2ヶ月の短期で、ご自身の目標とするTOEICの点数やビジネスレベルで使える英語力まで伸ばしてくれる。ここがポイント。

2ヶ月で160時間もの英語学習を作り込むことができるのだ。単純計算して1ヶ月80時間、1日2.6時間の勉強ができる計算だ。この圧倒的な学習量が実現できる「やる気」を出させてくれる。圧倒的な勉強量を、これまで、数え切れないほどの受講者に提供しているのがプログリット。

PROGRITの凄さは、この圧倒的な学習量を底上げしてくれる「モチベーション管理」にある。結局のところ、英語学習は、自分が全てだ。どんなにいい教材を使おうとも、どれほどいい先生に教わろうとも、最後は、自分自身が英語をどれだけ学習できたかにかかっている。この「グリッド力」や「やる気」を潜在意識からみなぎらせてくれる。より詳しいプログリットの口コミ評判はこちらにまとめている。

無料カウンセリングを実際に受けてみた

PROGRIT の無料体験レッスンを受けるとやる気が上がる。自分がこれまで学習をしてきた英語の勉強方法が、全くもって間違っていたことを知らされる。より効率の良い方法を、あなた自身の弱点に沿って提案してくれるのはPROGRITの凄さだ。この驚きを、無料体験でぜひ体感して欲しい

後悔する?プログリットの悪い口コミ評判を4つまとめて検証してみた!

無料でプロに相談できる

☝︎無料のカウンセリングは受けて損はない

自分は「独学できない」と思ったら、「勉強できる環境」を作ればいいPROGRIT は勉強できる「モチベーション」を底上げしてくれる英会話教育のプロだ。絶対に英語を身につけたいのなら「無料カウンセリング」を受けてみるべき。あなたの弱点はもちろん、効果的な勉強方法を最新のデータと共に「無料」で教えてくれる。カウンセリングは無料。ここなら勉強できると思えば入会すればいい。こうした無料カウンセリングを絶対に使いこなすべき。自分で悩む時間がもったいない。無料でこれほど良質なサービスがあるなら利用すべきだ。

 

最後は、英語を身につけた後何をしたいのか明確にする

英語が話せるようになりたい。そう考えている人は多い。だが、実際、英語を身につけた後に、身につけた英語をどう使ってよいのかわかっていない人が多い。就活、転職、海外就職のための「スキル」として持つだけでは、もったいない。英語をコミュニケーションの「ツール」として、外国人とシームレスに会話をしよう。

アメリカ留学をしたフリーランスの女性にインタビューしてきた。実際、英語を身につけて、どんな仕事をしているのか。ここが重要。しっかりとイメージできる人が強い。

 

3ヶ月後は徹底的にアウトプットする

あらゆるサービスを組み合わせてアウトプットし続ける

☝︎アウトプットするサービス・アプリ

NativeCamp

スタディサプリENGLISH

Match

Pairs 

インプットした後は、徹底的にアウトプットする。これだけだ。自分の好きなアウトプットサービスを使い倒す。最新を「サービス」や「アプリ」と組み合わせて使うことで、「継続」して英語学習を続けることができる。効率の良い方法を、継続させることが「英会話」ができるようになるための道だ。紹介したサービスを使って、より早くマスターしてほしい。

 

3ヶ月勉強したその後は外国人と英会話をする

3ヶ月英会話を勉強した後は、「英会話の機会を徹底的に増やす」。

正直なことを言うと、英会話カフェや外国人バーで日本人と会話をするのなら、外国人と英語を話したほうがいい。新日で、日本に住んでいる外国人と友達になって、英語で会話をするほうが「発音もいい」「ネイティブな英語」を身に付けることができる。もし、あなたがより深い関係になりたいのならマッチングアプリを使うべき

Match Pairs は、最新の外国人とのマッチングアプリでは王道。この2つは欠かせない。また、Tinderも使えばより外国人との出会いの幅も広がる。ポイントは、アプリを使いこなして、外国人との出会いの幅を広げることにある。 

一番おすすめなのは、自分にピッタリなアプリを並行して何個も使いこなすことだ。2つのアプリの違いは、世界的に有名なMatch と、日本で最大級な人気の Pairs アプリの両方を使うこと。そして、より一夜限りの出会いを求める少し危ない Tinder の3つで十分外国人の友達はできる。

☝︎2つアプリを使い分けて外国人の友達を作る

有名な2つのアプリを使って、友達を作るのはあり。このアプリを使いこなして、どんどん別のアプリの使い方をマスターすべき。初心者ならこの2つはマスト。あとは、より友達なりたい相手を絞って、自分の趣味に合った相手のいるアプリを広げていくのがありだ。

 Match

Pairs

 

独学で英語を勉強するのは不安な人

英語学習は、独学で進めるのには限界がある。実際のところ、英語を使う機会を作らなければ、「自分がどれだけ成長できたのか」把握しづらい。何周もやったのに、結局、英会話が上達しなかったという結果になるのが怖いと感じる人もいる。「不安」を感じた時は、英語のパーソナルトレーニングの「無料体験トレーニング」で自分のレベルを客観視すべき

「この英語の勉強方法は合っているだろうか_」「独学で勉強して大丈夫だろうか?」と不安な人は、ENGLISH COMPANYをおすすめする。僕が実際に受けた中で、最もすごいと感じたサービスだった。僕も体験レッスンを受けたのだが、絶対におすすめできる。他の英会話スクールとの違いは、「科学的根拠」に基づいた徹底した「学習効率」にある

「なぜ英語が話せないのか」「あなたの弱点はどこか」「どの勉強方法が科学的に証明されているのか」ロジックでしっかりと教えてくれる。さらにおすすめな理由は、「無料で英語学習方法を相談できる」こと。無料のカウンセリングでは、あなたの弱点をしっかりと分析して、どの勉強方法が良いのか教えてくれる。無料のカウンセリングは絶対に受けた方がいい。

▷ 失敗?ENGLISH COMPANYのトレーニング効果は本当か?体験を受けて実感した4つの効果と口コミ評判の感想

ENGLISHCOMPANYはこんなにおすすめ

英語初心者にもおすすめ☝︎

☑︎ この勉強方法で合っているのか不安な人

☑︎ 英語の勉強が行き詰まってきた人

☑︎ 無料で英語の学習相談がしたい人

☑︎ 今の英語学習の成果を感じられない人

 

独学が不安なら英会話コーチング

個人的におすすめしているのが、 ENGLISH COMPANYPROGRIT 。この2つの英会話スクールは、一度行ってみるべき。2つの英会話スクールとも、「無料の体験トレーニング」を実施している。

英語の勉強に悩んでいる、英会話を勉強し始めた初心者の方から、ビジネスで通用するレベルの英語を学びたい方まで、騙されたと思って無料体験を受けてみるべき。驚愕するほどの英会話学習の質の高さに驚かされるはずだ。

 

英語を勉強した僕は「社会人」を辞めた

英語を使う仕事に就きたいと、留学をする人は多い。僕もかつてそういった幻想を抱いていた。ただ、残念なことに、そう行った機会は「社会人時代」にやってこなかった。日系企業のほとんどは、日本国にで完結できる仕事をする。「内需」でまかなうことのできる企業がほとんどにもかかわらず、わざわざ海外へ出て「販路」を広げようという企業は少ないのだ。

そして僕は、「社会人」をやめた。

脱サラフリーランス計画実行。100万円のボーナスを捨てて、退職届を出してきた。

 

海外で仕事で英語を使うための英会話へ

僕は、仕事を辞めたのち、この英語に関するブログが元となり、「体験記事」を書く仕事をいただいた。フィリピンの語学学校を訪れて、実際に体験しがら英語力を磨く。

英語を使って仕事をするということは、何も「海外で就職」したり、「外資の企業」に勤めることではない。「フリーランス」として多くの肩書きを持つことで、より選択肢を広げることも一つの手だ。

セブ留学体験記#03 サウスピークEOP校 セブ留学の1日。

 

2019年こそ英語学習

2019年こそ、英語学習に打ち込みたい方は、こちらの記事をみて欲しい。2018年は、英語を独学で習得しよう。最新のサービスやアプリを使って、英語力を伸ばすのにぴったりの方法をまとめた。

▷ 2019年こそ英語学習。Abroader の英語を独学で勉強する方法まとめ

 

時間を制するために必要な3TIPS

時間がない。という言い訳をする大人が多いとは思わないだろうか。自分が働いているという自負があるのだろうか。今日も残業で朝まで仕事したよとか、飲み会が面倒だとか。愚痴を言って自分を正当化しようとする。朝まで仕事するほど「非効率」な仕事は、ただの「作業」だ。無駄な飲み会なんて行かなくていい。

時間は、唯一、人が平等に与えられた「財産」だ。この「時間」を絶対に無駄にすべきではない。自分の好きなことに当てられる人生にすべき。

1 朝の時間を制する

脱サラフリーランスを目指す、現役サラリーマンの1日のスケジュール。で紹介したように、僕は、かつてサラリーマンだった。時間のない現代社会から、いかにして自分の時間を作るかという名目で自分の1日をグラフ化したことがある。

1日の中で、自分の好きなことができる時間をピックアップしよう。先に、やりたいことができる時間を知っておくことで、計画的に英語学習ができるようになる。例えば、僕の場合、やりたいことをするために朝4時半に起きていた。今考えると4時は早い。だが反対に10時半には寝るようにしていた。要するに、6時間の睡眠は確保していた。6時間の睡眠を維持していれば、12時半に寝て6時半に起きても大差はない。

つまり、自分の時間をマネジメントするために、早寝早起きをするのもアリだ。人が最も脳を効率よく働かせることができるのが朝の時間。起きてすぐが最も脳が冴える。このゴールデンタイムに英語の学習をしない手はない。

2 スキマ時間をマネジメントする

スキマ時間に英語学習。通勤時間も有効活用する6つのアプリ勉強法で紹介したように、ちょっとした「合間」に英語学習をする習慣をつければ、かなり効率が上がる。スキマ時間に英語を学習するポイントは、「飽き」がないこと。人の集中力は、20分程度だという研究結果がある。僕の場合、時間をマネジメントしたい、自分の勉強がしたいという欲求から、基本的にどんな場所でもある程度集中して学習できる。

例えば、電車の待ち時間や通勤中の電車の中。5分電車を待って、30分通勤に使う場合、最初の5分で集中の導入に使い、30分間は集中して学習に向かう。この学習の良さは、「短期集中」をして学習を進められることと、自分の時間を有効に使えたという「満足感」まで得られることにある。スキマ時間を有効に使えることができるようになれば、どんな場所でも即、英語学習ができるようになる。

3 スマホで英語学習する環境

ポイントは、「朝の時間を制」し、「スキマ時間をマネジメント」することにある。それを可能にさせるのが、「スマホ」アプリで英語学習する環境を作ることだ。時間のない状況で、手軽に英語学習をするのなら、「スマホ」で学習環境を作ればいい。いつでも、どこでも「携帯」しているスマホがあれば、どこででも英語学習ができる。スマホ学習が効率よくできるのがスタディサプリだ。

これなら、もう、言い訳はできない。時間がないから英語学習ができないだとか、会社に拘束される時間が長いだとか。言い訳する大人は山ほどいる。できない理由を並べているような人には、絶対にいつまで経っても英語は話せるようにならない。やると決めたことは、しっかりやる。このやる気が英語学習に必要だ。

 

スマホで英語学習はできる

最終的に、僕は、SAMSUN Galaxy S10 Plus を使って、英語の勉強をしている。「デュアルディスプレイ」を使って、単語帳を音読しながら、音声再生をして、シャドーイングをする方法を「スマホ1台」でこなしている

▷ アプリでスキマ時間に英語勉強。iPhoneを使った効率のいいスマホ勉強法とおすすめのアプリ。

 

スマホ・タブレットiPad勉強方法を知っているか?

もしあなたが、まだ「紙の本」で英語を勉強しているとするなら、もはや時代が古い。勉強は「タブレット」や「スマホ」でするものだと言うことを知っておくべきだ。僕は、スマホ1台で「2画面表示」をさせて、「テキストを読みながら」同時に「音声を聞いて」英語学習をしている。スマホ1台で英語学習ができる。本物の「本」をデータでスマホに取り込みので、本と同じ内容のテキストを持ち歩けるのだ。

すこぶる重い文法書や、今日あの本を忘れてしまったと言うことが皆無。むしろ、自分のお気に入りの英語のテキスト50冊から、読みたかった小説、最近話題のビジネス書、雑誌に、漫画に10,000冊以上もの本を「スマホ1台」で読みあさることができる。

この最高に便利な「スマホ勉強」を知らない人は今すぐ取り入れてほしい。人生が変わるからだ

僕がおすすめしているのが、「自炊」をして、本をスキャンし、PDFでデータとしてタブレットやスマホで読むことだ。この自炊で勉強するのは、海外では当たり前。日本ではまだまだ普及していないのが現状。まず、塾講師や教師が遅れすぎていると僕は思っているレベル。学校でスマホやタブレットが使えない時点で、日本の教育は終わっている。と言い切りたいくらいタブレット勉強法は最高だ

この方法は最高。一度、方法を身につければ、どのテキストでもできる。書き込みは当たり前にできるし、何千、何万ものテキストをスマホやタブレットに入れ込むことができる。iPadを使ってどうやって瞬間英作文のテキストを取り込むのかは、こちらの記事iPadでおしゃれにノマド勉強する時代。自炊で本をスキャンして、スキマ時間に効率のいい学習をする方法を読んでほしい。

2016-03-19 16.24.33

スマホやタブレットに音源を入れておけば、同時で利用することもできるし、読みながら CD音源を聴きながら学習できる。iPad勉強は最高だ。僕が愛用しているアプリは、GoodReader。有料アプリだが、PDFに書き込みができるし、スマホ内でPDFの順番を入れ替えることができる。削除もできるし、書き込みやしおり機能も充実している。

☝︎スマホやタブレットで勉強する時代

スマホやタブレットで勉強することを否定する人がいる。スマホやタブレットを使いこなせないだけで、頭ごなしに否定するのは頭が悪い。しっかり使いこなして、メリットデメリットを理解しているのならいいが、使っていないのに否定するのは頭が悪い。

僕らが大学受験時代、「電子辞書」と「紙の辞書」を比較する先生がたくさんいた。頭の悪い教師ほど、「紙の辞書しかダメだ!」と言っていた現象と同じ。彼らいわく、紙の方が使いやすいのだそうだ。ただ単純に電子辞書が使いこなせないだけ。使いこなせる側からすれば電子辞書が良かったりする。もちろん、メリットデメリットもあるが、やはりテクノロジーの進化には勝てないのは、今の世の中が証明している。

▷ iPadでおしゃれにノマド勉強する時代。自炊で本をスキャンして、スキマ時間に効率のいい学習をする方法

 

独学で英語を学ぶのは当たり前

結局、英語の勉強は、自分がどれだけ知識を蓄えたのかにかかっている。大量に英語をインプットして、英語で覚えた単語や文法を使って英会話でアウトプットをする。この繰り返しだ。インプットをする時間を「独学」で作れる人は英語のみにかかわらず、どの分野を勉強しても成果が出せるようになる。

僕が実際に英語を勉強した時のスケジュールやおすすめのテキストを事細かくこちらに記事にまとめた。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在