100%読むべき!ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力は一億人の英文法の大西泰斗さん著の「英語独学」の基礎本!

英語を母国語とする人は、どのように英語を話しているのだろうか。この疑問を解決出来る糸口として、ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力 (Native speaker series)読む。ネイティブスピーカーがどのような感覚で、英文を構築していくのか、とても詳しく文法を説明してある。

 

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力の一読をおすすめするワケ

ネイティブの英文法絶対基礎力のポイント

☝︎ネイティブと日本人の専門家の解説

大西 泰斗 (著), ポール・マクベイ (著)による著作。日本の英文法の専門家と、母国語の専門家による解説であるため、日本人にとってもわかりやすい、かつ、ネイティブによる文法のイメージを組み込まれている。

とにかくわかりやすい。英文を作るときの英文法を知りたい方は読んで損はない。

目的:ネイティブの英文法感覚をみにつける

難易度:★☆☆☆☆

オススメ度:★★★★★

やり込み期間:10日

1ネイティブ」の「英語文法」の感覚がわかる

そもそもアメリカ人はどのように英語を勉強してるんだろうかとふと思う事は無いだろうか。この文法書では、ネイティブスピーカーがどのような「感覚で」英語を使っているのか言葉で説明してくれる。ここが面白い。

英文法を勉強していると様々な疑問が出てくる。「そもそも英文法ってなんでやるの?」「アメリカ人は文法を学ぶの?」「なぜ、文法を勉強をするの?」などなどいくつか疑問に思ったことが出てくるはず。この疑問を解消してくれるのが本書だ。

どう考え、なぜ、この単語をこのフレーズに使っているのか。長い歴史の中から生まれた言葉や、文の成り立ちなどバックグラウンドを知ることで、英語の理解度をあげることができる。この疑問を少しでも解消するためには、ネイティブ英語の勉強方法や感覚を知っておくのがよい。

日本の学校の英語の先生から教わる?

☝︎僕の先生は英語が話せなかった

ふと昔を思い返してみると、僕の学生時代の英語の先生は、英会話ができなかった。英語を教えると言う立場にもかかわらず、英語が話せない先生から英文法を教わっていたのだ。これは日本の教育であるあるだと思う。

今現在、小学生の義務教育では、小学生の先生が生徒に英語を教えるようになっている。だが、英語を話せない先生が雰囲気でなんとなく英語を教えているのが現状だろう。全く英語ができない先生から英語を教わるよりも、英語が話せる人が書いた本を読む方がよっぽど良い。

2文法イメージをイラスト化して解説

blank

とにかくわかりやすいイラストでの解説。頭の中でイメージしやすいように、解説の随所にイメージ図がある。頭の中でこの表現のイメージを描けば、暗記も促進される。

特記すべきは、前置詞の章。どのタイミングでどう使えば良いのかいまいちわかりにくい前置詞は、日本人にとって間違えやすいポイントの一つ。

in, on, over など、なんとなくで覚えている人が多いはず。より適切な表現をするためにも、本書の解説をみるべき。

ネイティブによる共同著作がポイント

☝︎わかりやすくしっかり解説してくれる

この本は、とにかくわかりやすい。日本の英語の文法書は、日本人で英語を学んだ人、あるいは研究者の方々が書いていることが多い。専門家であっても、英語をきちんと話せる人が書いたかどうかわからない。それほど適当な文法書が出回っている中、共作である本書は信頼度が高い。話せなくても、文法はきちんと研究している専門家も多い。

3あの一億人の英文法の著者

blank

著者、大西泰斗さんは、「一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)」を書かれている。1冊、いつでも読めるように手元に置いておきたい文法書として、おすすめの良書。

もしあなたが、より詳しく英文法を復習したいのなら、こちらのテキストを使うべき。この一億人の英文法は、テキストの中でもかなり有名な本。何なら日本で最も有名な本といっても過言ではない。このテキストを熟読して、しっかり英語を勉強すべき

Forest総合英語?一億人の英文法?どちらがいいか実際にやって比較してみた。

 

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力の使い方!

☝︎ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力の使い方

1 目次から全日程を考える

2 1日に取り組むべきページ数を決める

3 サイクル回し

このテキストの使い方は簡単。自分のペースで全章を完結していくだけだ。

おすすめなのが、この方法。まずはじめに「目次」に目を通す。目次を見て全体的なスケジュールを考えていく。例えば、1ページにぎっしり書かれているテキストを使う場合、1日1ページのスピードで進める。逆に、簡単な内容であれば1日10ページ進めることを、予めに決めてしまうのだ。

この「最初」にテキストの勉強分量を決めてしまえば、あとはそのスケジュールに従って、80%の理解でどんどん進めていく。これがポイント。1回で全てを覚えようとするのはナンセンス

何周もすることを前提に、英語のテキストは取り組んでいくのがポイント。1回で全てを暗記できるのは東大クラスの記憶力が高いタイプの人だけ。僕は全然覚えられないので、何度も何度も回数を重ねて「長期記憶」に定着させていく。

10分間みるよりも、1分間×10回みた方が暗記できる

☝︎1分間×10回見る暗記

単語を1度見ただけで暗記できるのは、秀才タイプ。僕のような集中力のない人は、数回にわけて覚えることをお勧めする。同じ10分間の学習でも、数回に分けて10分間を使う方が、格段に暗記が進む。

「7回読み」勉強法で東大首席で卒業された弁護士さんも推奨されているように、数回に分けて覚えた方が、効率がいい。

4

▷ 「7回読み」勉強

 

よりネイティヴに近い表現を手に入れる

ネイティブが使う英会話の文法がどういったイメージなのか知りたい方は、ぜひ、取り入れてほしい教材。

・文法イメージをイラスト化して解説

・ネイティブスピーカーが書いている

ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力 (Native speaker series)」が自分にあっていた方は、文法書の読破にもチャレンジしてほしい。

 

英語独学は挫折する

正直、99%以上の人がこのテキストを挫折している。「英語は独学できない」とか「瞬間英作文を買ったはいいもののやらない」だとか「いまいち効果が実感できない」だとか「やる気がなくなった」といって途中で辞めている。99%の人が途中でやめるといっても過言ではないくらい、みんなやらない。ただ、続けさえすれば効果が実感できる魔法のテキストなのだ。

☝︎英語独学は続けた1%の人だけ続けられる

瞬間英作文は最高のテキスト。99%の人が途中でやめて効果を実感できないままだ。1%といってもいいくらい「この本を買って満足」したり、「1周して終わり」な人が多い。要するに使いこなせなずに、「挫折」するパターンが多すぎる。これはもったいない。やるのであれば挫折せずに続けよう。毎日どんどん瞬間英作文を使えばいい

 

実際に独学を続けた結果

英語を独学して瞬間英作文を続けた結果、僕自身の英語力はここまで上がった。この動画の冒頭、東ヨーロッパを旅した時の動画なのだが、ここまで自然に英語で会話ができるようになった。要するに、「99%は続かない」が、続けた結果、英語力は伸びると言う訳だ。

☝︎あなたにもできる!

声を大にして言いたいのが、僕は英語が大嫌いだった。大嫌いだった英語を勉強してここまでのレベルになれるということを「あなた」にお伝えしたい。「こんな奴でも英語ができるようになる」なら、「私でも英語が話せるようになれるだろ!」という気持ちになったはずだ。

 

日本で英語を話せるようになるには?

最もおすすめなのが、外国人の友達を作ることだ。外国人が集まる国際交流パーティーや、外国人バーに行って実際の英語を話してみよう。英会話は英語で会話をすることだ。最終的にはテキストではなくオンラインでもなく実践で英語が話せる方が絶対に良い。

日本に訪れている外国人は、年々増えている。日本で英語が話せる外国人と友達になろう。僕は、全国を旅しながら「国際交流」の場を探し回ってきた。日本全国国際交流マップを作った。

《日本全国》47都道府県の国際交流マップ

 

外国人の友達を作ってアウトプットする

英会話の最終ゴールは「会話」をすること』という人におすすめなのが、アプリで外国人と友達になる方法 MatchPairsblank  を使えば、好みの外国人と友達になれる。外国人とコミュニケーションをとることがゴールなら、最新のアプリを使って外国人と知り合う機会を作ろう。

英会話の最終ゴールは「英語で会話をすること」。会話ができる環境を作らなければ全く意味がない。下手に外国人バーや交流イベントに行くよりも、自分の好みで友達になりたい相手とピンポイントで知り合えるアプリを使いこなすべきだ。 Match は世界25ヵ国で展開している世界でも有名なアプリ。日本だけでも使っている人が250万人を超えているアプリ。

リアルな外国人の友達をどんどん作っていこう。登録が「簡単」で、地域を入力すれば終わる。登録してすぐ、相手を探すことができるため、初心者におすすめのSNSアプリ。自分と気が合う相手と直接知り合いになれるなら、わざわざ外国人バーに行ったり、イベントで声をかける必要がなくなる。あくまでも、よりたくさんの「外国人と友達になるため」にアプリを使っていると割り切れば良い。Facebookも昔はマッチングサービスだったことを気にしている人は誰もいないのと同じだ。

 Match

おすすめは、日本に住んでいる外国人にターゲットを絞ること。基本的に無料で使用することができるが、より多くの機能を使う場合、有料会員になる必要がある。無料で使ってみて、手応えが良かった際に、有料会員になることをおすすめする。

このアプリのおかげで、下手な国際交流イベントやパーティに行くのはやめた。お金を注ぎ込むよりも、気軽に好みの異性の「外国人」を見つけるのなら、絶対にこのアプリがいい。外国人の友達を作りたい人におすすめのアプリは、《厳選7アプリ》日本人の友達が欲しい外国人を簡単にみつけるアプリまとめ の記事にまとめている。

 

実践編!実際にどうやって僕が外国人と出会ったのか?

これまで、「国際交流」として、数人の外国人と付き合った経験がある。どうやって彼女を作って、どこで出会ったのか。その王道パターンをこの記事にまとめた。これまで隠してきた僕の外国人と友達になる、出会うパターンをこの記事にまとめている。これで出会う実践編!日本で外国人と知り合うための超具体的な8つの方法。正直、こんな話を真剣に俯瞰しながら書くのは恥ずかしかった

☝︎国際交流アプリが一番

最近のブームは、国際交流アプリで外国人と友達になること。僕自身、あらゆる方法で外国人と友達になってきたが、やっぱり「アプリ」はすごいなと思っている。本当におすすめできるアプリがどれなのか、最高のアプリをまとめるためにこの記事を書いた。やっぱり、世界で最もユーザー数が多いアプリで、外国人の友達を探すのが一番早い。世界で人気のアプリなので、日本全国、どこに住んでいても外国人と友達になれるMatch は外せない。おすすめのアプリを紹介していく。

 

独学で英語を勉強するのは不安な人

英語学習は、独学で進めるのには限界がある。実際のところ、英語を使う機会を作らなければ、「自分がどれだけ成長できたのか」把握しづらい。何周もやったのに、結局、英会話が上達しなかったという結果になるのが怖いと感じる人もいる。「不安」を感じた時は、英語のパーソナルトレーニングの「無料体験トレーニング」で自分のレベルを客観視すべき

「この英語の勉強方法は合っているだろうか_」「独学で勉強して大丈夫だろうか?」と不安な人は、ENGLISH COMPANYをおすすめする。僕が実際に受けた中で、最もすごいと感じたサービスだった。僕も体験レッスンを受けたのだが、絶対におすすめできる。他の英会話スクールとの違いは、「科学的根拠」に基づいた徹底した「学習効率」にある

「なぜ英語が話せないのか」「あなたの弱点はどこか」「どの勉強方法が科学的に証明されているのか」ロジックでしっかりと教えてくれる。さらにおすすめな理由は、「無料で英語学習方法を相談できる」こと。無料のカウンセリングでは、あなたの弱点をしっかりと分析して、どの勉強方法が良いのか教えてくれる。無料のカウンセリングは絶対に受けた方がいい。

▷ 失敗?ENGLISH COMPANYのトレーニング効果は本当か?体験を受けて実感した4つの効果と口コミ評判の感想

ENGLISHCOMPANYはこんなにおすすめ

英語初心者にもおすすめ☝︎

☑︎ この勉強方法で合っているのか不安な人

☑︎ 英語の勉強が行き詰まってきた人

☑︎ 無料で英語の学習相談がしたい人

☑︎ 今の英語学習の成果を感じられない人

 

独学が不安なら英会話コーチング

個人的におすすめしているのが、 ENGLISH COMPANYPROGRITblank 。この2つの英会話スクールは、一度行ってみるべき。2つの英会話スクールとも、「無料の体験トレーニング」を実施している。

英語の勉強に悩んでいる、英会話を勉強し始めた初心者の方から、ビジネスで通用するレベルの英語を学びたい方まで、騙されたと思って無料体験を受けてみるべき。驚愕するほどの英会話学習の質の高さに驚かされるはずだ。

 

独学で英語を学ぶのは当たり前

結局、英語の勉強は、自分がどれだけ知識を蓄えたのかにかかっている。大量に英語をインプットして、英語で覚えた単語や文法を使って英会話でアウトプットをする。この繰り返しだ。インプットをする時間を「独学」で作れる人は英語のみにかかわらず、どの分野を勉強しても成果が出せるようになる。

僕が実際に英語を勉強した時のスケジュールやおすすめのテキストを事細かくこちらに記事にまとめた。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在