日本で一番おすすめできる英語アプリ。スタディサプリTOEICの1週間無料お試しをもうトライしたか?

TOEICの点数が必要になった。あれだけ勉強したのに、TOEICの点数が全く上がらない。TOEICは、本当の英語力を測るテストではないから無意味。などなど、TOEICに関する悩みや不満は多い。先日、僕もあのTOEIC学習で有名なアプリを使ってみた。そのアプリが、想像を超えた質だったので、レビューする。TOEICの学習で悩んでいる人は必見。スタディサプリTOEICをやってみた

 

なぜTOEICが伸びないのか?

TOEICの点数が伸びない。そう嘆く人も多い。10年前では、900点を超える点数を持っている人は、ネイティブスピーカーではないかと思われるほどTOEICの点数は、好評価となっていた。それくらい難しいテストであり、それなりの勉強時間が必要。今でも、日本では、TOEICの点数が英語の指標として使われるほど人気のテストとなっている。

TOEICの点数が伸びないのは、絶対的な勉強時間が少ないことやTOEIC対策がきちんとできていない2パターンに分かれる。そもそも英語の勉強をしていなければ英語は伸びない。TOEICの試験対策のやり方が悪ければ点数も上がらない

 

スタディサプリTOEICを知っているか?

スタディサプリ。今、話題の「スマホアプリ」で学習できる英語教材をご存知だろうか。このブログでも幾度となく紹介してきたこのアプリだが、最近、” TOEIC “に特化した専門アプリがリリースされた。私見たっぷりに評価すると、僕が知る限り、このアプリが日本で最も質の高いTOEIC対策のアプリだ。それくらいおすすめできる。

スタディサプリEnglish TOEICは、最高のアプリ。有料だが、お金を払ってやる価値は十二分にある。下手にTOEICの点数を上げるために、教室へ通ったり、スパルタパーソナルジムに行っている人は、いますぐ、このアプリをやりこむべきだ。それくらい「量」と「質」ともにレベルが高い。

 

スタディサプリTOEICをこれほどまで推すワケ

僕がこのアプリをこれほどまで推す理由は、「質」と「量」にある。僕がTOEICを学習していた頃に、出会いたかったアプリだ。「学習方法」が明確に設定されていて、その「演習問題」がこれでもかというほど内蔵されている。言葉通り、「質」の高い学習を、大「量」にこなすことができる。

 

3タイプの人におすすめ

スタディサプリTOEICは、3つのタイプの人にすすめる。基本的に、TOEICを学習する全てのプレイヤーに使えるが、特にこの3タイプの人に使って欲しい。

・急にTOEICの点数が必要になった人

・苦手な分野を徹底的に克服したい人

・TOEIC600点以上で点数に伸び悩みを感じた人

 

スタディサプリTOEICを実際に1週間無料お試し

スタディサプリTOEICは、7日間無料お試しができる。こちらのリンク「スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策」から登録できる。お試し登録は、写真のように0円で登録できるのでお試しには最適だ。まずは、この有名なアプリを体験してみる他ない。僕がいくらおすすめしても、読者の方にも好みがある。ただ、僕は、日本一だと感じたほど「質」が高かった。ぜひ、一度やってみて欲しい

スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策

 

スタディサプリTOEICのポイント

スタディサプリTOEICのポイントは、全てのステップをきっちりこなせば、効率の良いTOEIC対策の勉強が、自然と身につくことにある。

①  1.5倍速動画でTOEICの学習方法を身につけ

② パートごとに例題で演習し

③ 例題の詳しい解説を聞き

④ 徹底した反復学習メソッドで復習

アプリをすすめるだけで、「学習方法」「英語の基礎知識」「TOEICの対策」ができる。それも、無理なく、効率がいい。特に、アプリで英語学習を習慣化させることで、通勤、通学のスキマ時間を英語学習に当てることができる画期的なシステムだ。

 

1 1.5倍速動画でTOEICの学習方法を身につける

スタディサプリTOEICでは、各パート毎に、「学習方法」と「例題」「解説」「反復方法」のセクションがある。まずはじめに行うのが、動画を見て「学習方法」を知ること。Part1では、どのような傾向の出題が多いのか、どこがポイントかをしっかり学習できる。

この動画学習のポイントは、1.5倍速で動画を見ること。日本語で、TOEIC対策の学習方法を解説してくれるので、この動画は、倍速で見るべき。ここでノートを取りながら聞くことは、絶対にすべきではない。サラッと内容を理解しながら、ポイントを押さえる。

この動画は、パート毎に解説されているため、苦手なパートに特化して学習するのもいい。動画で解説をしているのは、TOEIC対策のスペシャリスト。教え方も上手く、かなりわかりやすい。自然と見入ってしまう解説が魅力だ

 

2パート毎に例題で演習

「学習方法」を動画でサラッとみた後は、例題を実際に解く。Part1であれば、スマホ画面に出てきた写真を説明している文を選択肢の中から探す。1題ずつ、「タイム」が計られているので、適度にプレッシャーを感じながら解いていく。スキマ時間に、ゲーム感覚で学習できるのがいい

この例題でも、リスニングのスピーカー音声を「速い」に設定することができる。この倍速で学習することがポイント。人は、普段より速い会話を聞くと、より集中力が増し、脳が活性化されると言われている。倍速で学習することで、テスト本番の会話が遅く感じられる効果もある。

 

3 例題の詳しい解説

例題を1問解いてから、即、解説を聞くことができる。よくありがちなのが、大量の練習問題を解いて、自己満足してしまうパターン。全問理解して全問正解であれば全く問題ないのだが、理解もしていないのに、解答だけ合って、そのまま放置してしまうのは、もったいない。

1問毎に、徹底理解をすれば、英語力が伸びてくる。即、例題の解説を動画で見る「復習」ができる

 

4 徹底した反復学習メソッドで復習

ここがスタディサプリが最高だと思う所以。スタディサプリTOEICでは、例題や演習で使った問題を、反復学習に使う。解いた問題を使って、「リスニング」や「リーディング」「文法」に生かしてくれる。ここが最もシステム化されたところ。このメソッドで学習する習慣がつけば、怖いものはない。各パート毎に、どんな「反復」学習が行われているのかレビューする

 

Part1 ディクテーション学習に集中する

Part1では、「ディクテーション学習」を勧められる。ディクテーションとは、リスニングをしながら、流れた文字を書き取っていくスタイル。何を言っているのか、単語のスペルはどうか、などなど集中しながら英文を聞くトレーニングができる。

例題で出題された「音声」を元に、自分でタイピングしていく。解いた例題を使って、本当に自分が細部まで英語を聞くことができていたのか判断できる。間違っていれば、もう一度やればいい。ここでのポイントは、理解できているのか、できないのか、細部にまでこだわったリスニングの質の向上だ。

 

 

Part2 シャドーイング学習でスピードをつける

Part1, 2は、「ディクテーション学習」後に、「英文のシャドーイング学習」を行う。シャドーイングでは、ディクテーションした結果が、もの凄い力を発揮する。「Part2の学習法」を聞いてもらうとわかるが、Part2は、冒頭の入り出しが最も大事。ここを聞き取れるかで勝負が決まる。ディクテーションを学習人取り入れることで、きっちりと英単語を聞く癖がつく。この方法で学習するだけで、簡単にリスニング力がつくのだ。

 

Part3 全てを聞いて理解をする

Part3は、ポイントだけを聞き取れれば言い訳ではない。全文理解することを推奨される。全文をしっかり聞き取れるまでディクテーションする。そして、シャドーイングで発音するのがポイント。

細部までしっかりと聞き込んだ英文を、シャドーイングで後追いしながら、発音していくことで、精読、細部リスニングした英語をテストスピードで発音できるようになる。シャドーイングは、「録音」ができる。自分の発音した英文と、お手本の例文を聴き比べて自分の発音トレーニングもできる。

先生がおすすめしているのは、会話文のサイレントシャドーイング。サイレントでシャドーイングすることで、よりリスニングに集中しながら、頭で英文を理解することができる。

 

Part4 当事者意識

自分がこの会話に参加していることを意識しながら、会話でどのように返答するのかを問われていると意識するのがポイント。要は、自分が英語で会話をするときの集中力を養う必要がある。このパートで頻繁に使われる表現や内容をイメージ網羅することができる。

学習方法は、Part1, 2, 3 と同じ。「ディクテーション」、「シャドーイング」をしっかりとこなす。

 

Part5 タイムを計った文法解答トレーニング

アプリで学習することで、時間を測定しながらPart5の演習ができる。もちろんこちらのアプリのポイントは、反復にある。反復することによって、出題パターンを理解し、解答スピードを上げることができる。「理屈」を理解し、必要なことを「暗記」する。

TOEICは、いかに1度の読みで理解し、即答できるかがポイント。緑のバーが減るプレッシャーを感じながら、素早く解答するトレーニングができる。この適度な圧力が、本番でテストを受ける時と似た感覚になれる

 

Part6 短文でも全部読む

短い文だからと言って、飛ばし読みはせず、理解できるように速読する。Part5の綿密さとPart7の流れるような速度読みを合わせたパート。比較的、点数は取りやすい。

特におすすめは、「スピード音読」のパート。学習の最後に、音読をする章がある。こちらで音読をスピードを計って行うことができる。自分の音読を録音しながら確かめることができる。ここまでできるアプリは、他にない。

 

Part7

読みながら、「構文」を意識しながら読む。音読を中心に、読むスピードで学習しながら英語の内容を理解する。要は、全て精読しながら、きちんと本文から理解する。飛ばし読み、ザッピング、速読とうとう、技はあるものの、基本は、「精読」であることを理解する。

 

スタディサプリTOEICは日本一の英語学習アプリ

これらが、僕の私見たっぷりに感じたスタディサプリTOEICのよさだ。ここまで作り込んであるアプリは、類を見ない。ちなみに、上記で紹介したのは、「パーフェクト講義」のごく一部だ。

冒頭で、スタディサプリTOEICは、「質」と「量」共に素晴らしいと絶賛したのは、ここまで作り込まれた動画解説付きの演習が、「実践問題集 Vol.8」まである。ここまでの量こなせば、必ずTOEICの点数は上がる。TOEIC対策の演習問題テキストを8冊買うよりも、こちらのアプリでトライした方がお得だろう。

 

点数が伸び悩んだら「学習方法」に立ち返る

点数が伸びない、どうすればいいかわからない。そう感じたら、必ず、学習方法に立ち返ってほしい。ここで紹介されている英語の学習方法は、「的」を得ている。

もう一度、英語の「効率」の良い学習方法に戻ることで、自分の英語学習の弱点がわかってくる。このように解けばスコアに反映するのか、この英語の解釈が間違っていただとか、自分の「悪い癖」を見つけ出すことができるスタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策で、英語学習を見直してはいかがだろうか。

 

スタディサプリをやるべき人

・急にTOEICの点数が必要になった人

・苦手な分野を徹底的に克服したい人

・TOEIC600点以上で点数に伸び悩みを感じた人

 

スタディサプリTOEICのポイント

①  1.5倍速動画でTOEICの学習方法を身につけ

② パートごとに例題で演習し

③ 例題の詳しい解説を聞き

④ 徹底した反復学習メソッドで復習

 

「質」

・全パートの学習方法を動画で見れる

・スマホでスキマ時間に例題を解ける

・例題の徹底解説動画

・学習タイムの見える化

 

「量」

・「パーフェクト講義」から「実践問題集 Vol.8」までのテキスト8冊分以上のボリューム

 

スタディサプリの良さは、TOEICの英語学習を徹底的にシステム化してくれているところ。「リスニング」「シャドーイング」「ディクテーション」「音読」「タイムマネジメント」などなど英語に必要なトレーニングを、このアプリをやっていくうちに、自然に網羅できてしまう。

特に、英語をどのように学習したらよいかわからない。TOEICを何から始めたらいいかわからない人から、点数アップを伸び悩んでいる人にもおすすめできるアプリだ。そこらの無料アプリよりも、断然おすすめできる。かなり画期的なアプリだ。

 

スタディサプリTOEICを実際に1週間無料お試すべき

スタディサプリTOEICは、7日間無料お試しができる。こちらのリンク「スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策」から登録できる。お試し登録は、写真のように0円で登録できるのでお試しには最適だ。まずは、この有名なアプリを体験してみる他ない。僕がいくらおすすめしても、読者の方にも好みがある。ただ、僕は、日本一だと感じたほど「質」が高かった。ぜひ、一度やってみて欲しい

 

スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策

 

iPadノマド勉強

僕が行き着いた先が、iPadを使った勉強法だ。先に言うと、僕は地頭が悪い。集中力もない。だからこそ、今ある脳を最大限に使って効率を上げる必要があった。自分の気分が乗った時に、いつでも勉強できるような環境を作る。そのために、iPadに英語教材を全て取り込んだ。

このiPad勉強が、僕にはぴったりだった。ちょっとしたスキマ時間に単語の暗記をしたり、長い移動時間に洋書を読んだりと、いつでもどこでも自分の好きな勉強ができることでストレスを感じずに学習を続けることができた。自分が楽しく勉強が続けられる方法を見つけることが必要。

▷ iPadノマド勉強法!自炊で本をスキャンして、かっこよくおしゃれで効率のいい勉強をする

 

英語を独学する

英会話は「独学」で勉強できる。レベルに応じた適切なテキストとサービスをうまく使おう。英語の学習は、「独学」が最も集中できて、効率がいい方法。いかに英語学習を「習慣」にさせるかが鍵だ。これさえできれば、簡単に英会話ができるようになる。僕が実際に独学した時の学習スケジュールと、実際に使ったテキストのまとめがこちら。

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

東京都内でパーソナルトレーニングを受ける

独学で英会話を身に付けるのは、「根気」がいる。この勉強法であっているのか、間違ってはいないかなど、必ずと言っていいほど「不安」になる。英語の学習に悩んでいるのなら、英語のパーソナルトレーニングに通ってみてはどうだろうか。トライズのトレーニングジムでは、1年間、マンツーマンで「結果」にコミットしてくれる。

TOEICの点数が必ず必要であったり、急遽海外の支店に栄転しなければならないなど、急に英語が必要になったビジネスマンにぴったりなカリキュラムだ。絶対に結果を出したいなら、パーソナルトレーニングジムに通うのはおすすめ。

▶︎ 英語パーソナルトレーニングができるマンツーマン英会話

 

都内の英会話スクールに通う

将来のために、英語が話せるようになりたい。英語のパーソナルジムのように、自分を追い込むのではなく、趣味感覚だけども、それなりにしっかりと英語を学習したい方向けの「英会話スクール」もある。教え方が上手い、施設がキレイといったおすすめの英会話スクールを「厳選」して選んだまとめがこちら。

▶︎ 《東京》厳選した都内でおすすめのマンツーマン英会話スクール6教室

 

女性専用のマンツーマン英会話

あなたが、女性なら、女性のための英会話スクールに通うのもおすすめ。都内には、女性のための、女性限定の「英会話」スクールがある。おしゃれで、女子力の高い可愛いスクールで、充実しながら英語を学びたい方におすすめ

▷ 《東京》都内で女性のための英会話スクール比較。おしゃれでキレイな環境で勉強できる教室まとめ。

 

全国国際交流マップ

日本で「国際交流」のできる「場所」を全国を旅しながら回っている。外国人と友達になる方法をみにつけて、友達をたくさん増やそう。

▷ 国際交流マップ

 

僕がたった3ヶ月で英会話を上達させた方法

英語学習は、習慣だ。自分がやりたい時に、どんどん独学すべき。独学のポイントは、「習慣化」させること。毎日持っているスマホを使って、英語学習ができる環境を作り上げれば、重い腰を上げずとも、毎日手軽にできる。

よく言われるのが、歯を磨くように「英語」を学習すること。歯磨きが寝る前の習慣になっているのなら、英語学習も寝る前の習慣にすればいい。習慣となった行為は、何の気なしに無意識に続けられる。英語学習を習慣化しよう。

「英会話」に特化した勉強をすれば、独学で英語は、格段に上達する。

▷ 僕がたった3ヶ月の独学で英会話をマスターした3つのテキスト勉強法