フリーランサー9ヶ月目。月収100万円超を達成した成功と失敗のノウハウ

フリーランサーとなって、ようやく収入が100万円を超えた。これまで僕がやってきたことをまとめていく。

フリーランス1ヶ月目 ▷ 2ヶ月 ▷ 3ヶ月 ▷ 4ヶ月 ▷ 5ヶ月 ▷ 6ヶ月 ▷ 7ヶ月 ▷ 8ヶ月 ▷ 9ヶ月

 

フリーランサー月収100万円までの失敗の数々

フリーランサーとなって、2ヶ月目で50万円の収益を上げられるようになってから紆余曲折あった。手がけたプロジェクトが破談になったり、メインの案件が終了したりと、失敗続き。挙げ句の果てに、数々のマルチビジネスの勧誘に誘われ、時間を無駄にした。

 

失敗を積み重ねた9ヶ月

4月に脱サラをして、フリーランスとなった僕は、勢いのまま、50万円の収益を出し、満足してしまった。結果、「怠惰」が生まれ、仕事をしなくなり、やがて、収入が目減りする。おまけに、アジアを中心に、放浪していたため、「遊び」たおしていた。勢いで手がけた案件は、ほぼほぼ「失敗」していった。

これまで重ねた「失敗」による損失もそこそこ。ただ、挑戦していったことに意味があったと思っている

・不動産の失敗

・人脈の失敗

・新メディアの失敗

・ブログ戦略の失敗

・分散投資の失敗

 

失敗を損切りする

失敗した案件は、即、損切りする。これが僕がやってきたこと。投資の世界では、「利食い20%」「損切り10%」だ。投資した資金に対して、10%以上の損失が出たら、即、切る。よっぽどの見込みがない限り、素早く梶を「切る」ことを意識した。

この失敗の積み重ねが、後の「利益」にかなりつながっていることを考えると、「失敗」の「経験値」を生かせていると思う。

 

フリーランサー月収100万円超

失敗を積み重ねた結果、僕のフリーランスとしての収入は、7桁となった。正直に言うと、100万円は軽く超えている。どうやって100万円の収入を上げられるようになったのか。その細かい戦略をnoteにまとめた。

 

主な収入源

フリーランサーとしての主な収入源は、以下。9ヶ月もフリーランスをしていれば、それなりに、「収益ポイント」も増えてきた。映像作成に関しては、まだまだ大したものすら作れていないのは、自負している。

動画はいずれ、「動画広告」として運用する。文字が読まれなくなった今、「ブロガー」よりも「ユーチューバー」がインフルエンサーとして活躍しているのが目に見えている。より「π」の大きい市場を目指すのは、フリーランスとしてやるべきこと。自己成長を止めずに、自分が興味のあることをどんどんやるだけ。

・メディア運営

・ブログ収入

・執筆

・映像制作

・ウェブコンサル

・資産運用

 

実際にどのように収入をあげたのか

今回、収入報告をベースに、フリーランスとして僕がどのように収益をあげたのか note にまとめた。これまで、確定報酬20万円を稼ぐ、戦略型ブログメディアをつくる方法ノマドフリーランス2ヶ月目で月収益50万円以上の秘密と同じように、有料noteでコンテンツとした。内容が以下。

 

コンテンツ内容

Part01 2ヶ月目からの苦悩の軌跡
なぜ、3ヶ月目から収益が上がらなかったのか
ブログは完全なストックビジネスではない
旅をしながら稼ぐ方法
フリーランス3ヶ月目
フリーランス4ヶ月目
フリーランス5ヶ月目
フリーランス6ヶ月目
フリーランス7ヶ月目
フリーランス8ヶ月目
フリーランス9ヶ月目

Part03 ブログマネタイズ徹底研究
私のフリーランス収益源内訳
私のブログマネタイズ方法
ブログで収入を得る王道パターン
ブログマネタイズの狙うべきモデル
ブログは完全なストックビジネスではない
2種類のブログメディア構造
キャッシュポイントの構造
「〇〇」で収益をアップさせたい方
成約させる案件・ワード
〇〇メディアの模倣
〇〇メディアの場合
2018年以降のブログマネタイズ
専門性と検索ボリューム
フロントエンドのマネタイズ
ブログ界隈で有名になるための共通点
ブログの限界収入から抜ける
Abroaderブログの案件内訳

Part03 私のフリーランス事業の失敗裏話
ワンルーム賃貸の失敗
人脈の失敗
旅コンテンツの失敗

Part04 私のフリーランス事業の成功紹介
動画広告
文字の10倍効果
ライターは勝てない
動画コンテンツは執筆の10倍
動画コンテンツを量産する仕組み
動画作成機材紹介
動画編集力を独学でつける方法
これからの広告に対応するために
運用益の成功事例
フリーランス月商1,000万円
稼いだお金の使い道
これからのAbroader

 

▶︎ #03 フリーランサー月収100万円を超えた成功と失敗

 

フリーランサーこそ、数多くの失敗を経験すべき

フリーランサーは、どうしても「守り」に入ってしまう。今ある現状が快適すぎて活動量が鈍る。知らない間に、自分の活動領域が減り、どんどん収入も目減りする。

 

今後は、幸福度を向上させる

2018年の僕の目標は、「幸福度」を向上させること。収益が上がっても、年商1,000万円になっても、正直、幸せだと思ったことはない。特に大金をはたいて欲しいものはないし、買いたいものもない。欲しいと言えば、アメリカのグリーンカードか、ヨーロッパの永住権くらいだ

 

日本の未来は「やばい」

僕個人の意見だが、日本は「やばい」と思っている。いまだに、日本がナンバーワンだと思い込んでいる人たちを見ると心苦しい。「高齢者の残業自慢」の記事なんて、「やばい」としか表現できない。

外国人実習生を時給400円で働かせていたセシルマクビーの会社が炎上」、「生産年齢人口の減少」、「年収800万円超で増税」を読むと、危機感でしかない。外国人労働者を酷使してまで、「人件費」を削らなければ、運営が成り立たないくらい企業は「疲弊」している。生産年齢人口は減る一方で、唯一の作である外国人労働者の「移民政策」を台無しにしている。労働人口が減り、高齢者の増加で社会保障費は増加することで、打つ手がなくなり、「増税」せざるおえない流れ。

唯一の日本の強みは、あの「タンス預金」が「仮想通貨」に流れていることくらいだろうか

 

海外移住に向けて動く

僕は、ヨーロッパに拠点をつくる。やはり世界は、イギリスを中心に回っている。と僕は思っている。ヨーロッパに1つの拠点をつくることで、世界の変化を肌で感じながら、世界を俯瞰したい。最近、流行っているように、ドイツなどに「ワーホリビザ」で入国し、その後、「フリーランスビザ」で1年近くいるのもいいが、それでは、短期で日本に帰ってくることになる。最長でも2年と、最終的に帰ってこなければならないのは、もったいない。

永住権を手にして、海外拠点をつくる。「海外に会社」を作るのもいい。「永住権をとる」ために、1億円の資産を運用するのもいい長期で海外に滞在する方法を、これから「情報」集めしていく。ここ数年で、「円」による「収入」割合を、「外貨」での収入に変える。「円」と「外貨」で収入を分散させる予定。

 

月収100万円を超えた「成功」と「失敗」の軌跡を note にまとめた。

▶︎ #03 フリーランサー月収100万円を超えた成功と失敗

 

Abroader Magazine

最高月収400万円をあげたノウハウを、定期購読できるライトなマガジンとして配信している。月6回更新のマガジンでは、まだ試していない戦略や新しいアイディアを紹介。僕が、面白いと思ったアイテムやサービスをどんどん紹介しているので、こちらもチェックして見てほしい。

︎▷ Abroader Magazine