スキマ時間に英語学習。通勤時間も有効活用する6つのアプリ勉強法

時間がない。やりたいことが何となくあるけども、時間が足りない。やらなければならないことがたくさんありすぎて何もできない。「忙しい」と思えば思うほど、自分のやりたいことができない状況に陥いる。スキマ時間をマネジメントして、自分のやりたいことをする時間を作ろう。英語学習をすることで、スキマ時間を最高の時間にしよう。

 

スキマ時間で勉強をマネジメントしよう

1日24時間は皆平等に与えられている。この平等な時間を有効に使えるか、使えないかはその人自身による。この時間のないなかでいかに自分のやりたいことをやり切るか。

できるかできないかが、今後のあなたのキャリアに関わってくる。なんだかんだ言いながらやり切る人は、英語が話せるようになるし、ぶつぶつ言い訳をして何もできない人は、結局、高い英語教材や高額の英会話スクールへ行って、お金だけをつぎ込んでしまう

 

時間を制するために必要なTIPS

1 朝の時間を制する

脱サラフリーランスを目指す、現役サラリーマンの1日のスケジュール。で紹介したように、僕は、かつてサラリーマンだった。時間のない現代社会から、いかにして自分の時間を作るかという名目で自分の1日をグラフ化したことがある。

1日の中で、自分の好きなことができる時間をピックアップしよう。先に、やりたいことができる時間を知っておくことで、計画的に英語学習ができるようになる。例えば、僕の場合、やりたいことをするために朝4時半に起きていた。今考えると4時は早い。だが反対に10時半には寝るようにしていた。要するに、6時間の睡眠は確保していた。6時間の睡眠を維持していれば、12時半に寝て6時半に起きても大差はない。

つまり、自分の時間をマネジメントするために、早寝早起きをするのもアリだ。人が最も脳を効率よく働かせることができるのが朝の時間。起きてすぐが最も脳が冴える。このゴールデンタイムに英語の学習をしない手はない。

 

2 スキマ時間をマネジメントする

スキマ時間に英語学習。通勤時間も有効活用する6つのアプリ勉強法で紹介したように、ちょっとした「合間」に英語学習をする習慣をつければ、かなり効率が上がる。スキマ時間に英語を学習するポイントは、「飽き」がないこと。人の集中力は、20分程度だという研究結果がある。僕の場合、時間をマネジメントしたい、自分の勉強がしたいという欲求から、基本的にどんな場所でもある程度集中して学習できる。

例えば、電車の待ち時間や通勤中の電車の中。5分電車を待って、30分通勤に使う場合、最初の5分で集中の導入に使い、30分間は集中して学習に向かう。この学習の良さは、「短期集中」をして学習を進められることと、自分の時間を有効に使えたという「満足感」まで得られることにある。スキマ時間を有効に使えることができるようになれば、どんな場所でも即、英語学習ができるようになる。

 

3 スマホで英語学習する環境

ポイントは、「朝の時間を制」し、「スキマ時間をマネジメント」することにある。それを可能にさせるのが、「スマホ」アプリで英語学習する環境を作ることだ。時間のない状況で、手軽に英語学習をするのなら、「スマホ」で学習環境を作ればいい。いつでも、どこでも「携帯」しているスマホがあれば、どこででも英語学習ができる。

これなら、もう、言い訳はできない。時間がないから英語学習ができないだとか、会社に拘束される時間が長いだとか。言い訳する大人は山ほどいる。できない理由を並べているような人には、絶対にいつまで経っても英語は話せるようにならない。やると決めたことは、しっかりやる。このやる気が英語学習に必要だ。

 

 

スキマを有効に使うためおすすめ厳選6アプリ

スキマ時間に英語学習するためのおすすめのツールをまとめる。本当に使える、かつ、実際に僕が隙間時間に英語学習をしていた「アプリ」を紹介する。

 

Evernote

▶︎ evernote

おすすめスキマ時間:5分の待ち時間、通勤時間

シンプルに、電子ノートを使う。スマホとパソコン環境が同期できるエバノートはおすすめ。僕は、「日常で出会った英単語の反復」と「発音の準備体操」のために使っている。

出会った英単語の反復」は、会話中に言いたかった、言えなかった表現をメモする。詳しくは、英会話ノート英語学習法で紹介している。

2016-04-18 21.20.50 2016-04-18 21.20.47

発音の準備体操」は、英語を話す機会の前に復習をしている。ビジネスミーティングや英会話ミートアップなど英会話をする前に反復させることで、ある程度「口が回る」ように整える。

 

日本語と違う口の形や筋肉を刺激させておくことで、スムーズに発音できるようにする。日本語にない口の形をメモしていたり、以前、英語の先生に指摘された発音を重点的に反復する。ちょっとした時間に「単語」「発音」の反復をすることで、記憶に定着させやすくなる。

 

スタディサプリ

▶︎ スタディサプリ ENGLISH

おすすめスキマ時間:通勤時間

スタディサプリは、スマホ学習アプリ。既存の学習アプリの中でも群を抜いている完成度の高さが魅力。たいていの無料学習アプリは、完成度がすこぶる低い。とても学習に使えるものではないが、スタディサプリの注目すべきポイントは、「リスニング」のパート。

 

「つながる音」「落ちる音」「消える音」など英語特有の「音の変化」について、動画で詳しく解説してくれるのは、このアプリくらい。もっと早く知りたかったと悔やむほどおすすめできるアプリ。勉強を続けてもなかなかリスニングが伸びない。とお困りの方はぜひダウンロードしてみるべき。1週間のお試し期間があるので、自分の学習スタイルの合うかどうか体験してみるべき。ちなみに、リスニング以外のコンテンツもある。

 

 

スタディサプリでスピーキングのアウトプット

こちらが、スタディサプリの「スピーキング」のトレーニング映像。実際に発音をして、音声で正誤を判断してくれるシステムとなっている。会話を元に、イントネーションや発音を学ぶことができる。

リスニングコースで耳を鍛える

なかでも最も人気なのが、「リスニングコース」。なぜ、英語が聞き取れないのか、どうしてリスニングができないと悩むのか、その「理由」を詳しく説明してくれる。ディクテーションでは、発音された文を元に、自分で「タイピング」をしていく。単語のスペルを覚えること、会話で聞き逃さないような細かいリスニング力を鍛えることができる

このスタディサプリのアプリをスキマ時間に使って、「スピーキング」の力をつけるべき。使ってみると、このアプリのすごさを実感できるはずだ。スタディサプリには無料体験ができる

 

スタディサプリのポイント

・スピーキング、発音、リスニング、文法など英語の基礎力を底上げできる

・特に「リスニング」「スピーキング」のカリキュラムに定評がある

・24時間自分のペースで学習できる

・無料体験でしっかり吟味できる

僕は、アプリで勉強することにものすごく抵抗があった。たいていの学習アプリは、大したこのない。しかし、このスタディサプリは別物。英語学習のスペシャリスト達が太鼓判を押すほど人気になっている。質の低い無料アプリを使って、時間を浪費するよりも、質の高いアプリで効率よく英語力を上げる方が断然いい。

スタディサプリは、7日間無料体験できる。完全無料期間を使って、アプリが自分に合っているか確かめるべき。気になったら即ダウンロードしてみて欲しい。より詳しい解説は、スタディサプリを実際にやってみた記事に載せている

▶︎ スタディサプリ ENGLISH

 

TOEICのパーソナルコーチをつける

もし、あなたがTOEICの対策として、英語を勉強しているのなら、このスタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策がおすすめ。動画を見ていただくとわかるが、TOEICに特化した対策が「スキマ時間」に学べる。通勤の時間にサクッと、TOEIC対策ができる。テスト演習から、文法解説はもちろん、単語の暗記、リスニング対策まで、全て「スマホ」で学習できる

ここまで「質」の高いアプリは他にない。下手に、無料アプリを使って、時間を無駄にするよりも、スタディサプリのお試しをいますぐ使ってみるべき。お試し期間は、7日間あるので、試して合わなければ即やめればいい。おすすめできるTOEIC対策アプリだ

実際に僕が使用したレビューがこちら。スタディサプリTOEICの1週間無料お試しをもうトライしたか?。実際に使ってみると、このアプリのすごさに驚くはずだ。

▶︎ スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策

 

ネイティブキャンプ

▶︎ iOS / Android

おすすめスキマ時間:20分の待ち時間、電車の待ち時間

ネイティブキャンプは、スマホでできるオンライン英会話。予約なし、24時間いつでもどこでも、すぐに英会話環境が作れるおすすめのアプリ。20分程度の待ち時間があれば、即、スマホで英語を話すべき。感覚としては、英語で「電話」をするイメージ。

初回一週間は無料。ご自身のスキマ時間に「オンライン英会話」ができるかどうか確かめるのもよい。僕は、電車の待ち時間に使っていた。会社員時代、仕事であった出来事を英語でフィードバックしていた。日本の文化と海外の違いを確認することができるので面白い。

オンライン英会話の先生は、よい「聞き役」になってくれる。話を聞いてもらうことは、ストレス発散になるため、英語を学習しながらリフレッシュするのにおすすめ。他ににも無料体験を使って、オンライン英会話を体験したみたい方は、無料オンライン英会話まとめをみてほしい。

▶︎ NativeCamp

 

HiNative trek

▶︎ HiNative Trek

あのLang-8の会社が作った「質問型」スマホ英語学習アプリ。テキストに載っていない、話してみたいといった「難しい」英語もネイティブに質問をすることで、瞬時に知ることができる。ポイントは、ネイティブスピーカーが、実際に「添削」してくれるところ。教科書英文としての硬い表現では、こちらを使うものの、より頻繁に会話で使われる表現はこっちだ。というように、非ネイティブにはわからない、「微妙な差」をチェックしてくれる。

無料でも使えるが、月額9,800円で英文添削のコースを使えるようになる。

▶︎ HiNative Trek

 

iPad勉強

q bunko kindle

▶︎ kindle unlimited

おすすめスキマ時間:10分程度のスキマ時間、寝る前の30分

iPadは、いつでもどこでも好きなテキストを何冊でも持ち運ぶことができる。何千冊ものお気に入りのテキストや小説、情報誌を持ち歩こう。暇な時間があれば、すぐに本を読んだり、その時間に適した英語学習をすることをすすめる。

僕は、英単語の暗記をスキマ時間によくしていた。単語の暗記は、何度も反復したほうが効率がいいこと、途中で止まったとしても前後の関連性がないため、スキマ時間の学習には適している。

ほかにも、Kindle unlimited サービスを使って、本を読み漁るのも面白い。日本の本を海外で簡単にダウンロードできるのは魅力的だ。

Hulu

▶︎ Hulu

おすすめスキマ時間:暇な時間、リフレッシュしたいとき

動画配信サービスは、リフレッシュしたいときに最適。動画を見ながら英語脳を刺激させる。HuluやYoutubeなどの動画配信サイトでリアルな英会話のスピードを確認しよう。会話で使われる崩された表現は、難易度が上がるものの、いずれこういったレベルの英語力になりたいのなら、しっかりと聞き取れるようになろう。

Huluでのおすすめは、最新映画や海外ドラマ。楽しみながら英語学習を続けることは必要なこと。やはり、映画やドラマを見るのなら最新のトレンドをおさえておこう。

 

英語版ニュースアプリ

1

▶︎ Feedly

おすすめスキマ時間:通勤時間、朝の情報収集

情報収集は、アプリで済ませる。最新の情報は、Feedly を使って情報をザッピングする。世界で発表される最新の情報のほとんどは、英語で発信されるのは言うまでもない。日本の情報サイトの一部も、海外で流行ったコンテンツをそのまま翻訳しているものも多い。要は、英語で情報を得ることができるなら、そちらの方が情報スピードは早い。

英語でネットニューズをザッピングするのなら、Feedlyを使いこなそう。毎日、更新されたページを瞬時にコレクションしてくれるキュレーションアプリ。自分が好きなサイトを登録しておくだけで、全ての更新をアプリがまとめてくれる。おすすめの英語版ニュースサイトと日本のサイトをまとめた

 

スキマ時間を徹底活用する

スキマ時間をマネジメントして、自分が使える時間を増やそう。ちょっとした時間に何でもする習慣をつければ、まとまった時間以外で自分の好きなことができるようになる。

 

Evernoteを徹底利用する

Evernoteを学習に徹底利用するなら、こちらに方法をまとめている。さらに効率を上げて反復するするのなら、Evernoteをつかったアプリ勉強法。スマホでの連動アプリによって、より快適に、素早く復習ができる。僕は、今、書くことを完全にやめて、データとして整理している。編集のしやすさ、順番の組み替えを考えるとこれが一番効率がいい。

▷ 覚えが悪い人におすすめ英語学習!Evernoteエバノートで英単語を効率良く覚える方法

 

僕がたった3ヶ月で英会話を上達させた方法

「英会話」に特化した勉強をすれば、独学で英語は、格段に上達する。

▷ 僕がたった3ヶ月の独学で英会話をマスターした3つのテキスト勉強法

 

英語が話せる環境を日本で作る

日本に訪れている外国人は、年々増えている。日本で英語が話せる外国人と友達になろう。僕は、全国を旅しながら、「国際交流」の場を探し回ってきた。日本全国国際交流マップを作った。

《日本全国》国際交流マップ