英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

英語が使えるようになりたい。英語ができさえすれば、世界が広がる。漠然と英語に対する憧れを抱いていたとき、英語上達完全マップと出会い、そして、英語上達完全マップを10ヶ月やってみたで紹介されている参考書をやりこんだ。

 

1~3ヶ月  4~6ヶ月

10~12ヶ月  現在

 

英語上達完全マップをやれば、英語が使えるようになった

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月間実践した結果、TOEIC735点を取ることができた。私の元の英語力は、センター試験英語で95点。TOEICで言えば、300点ないレベルだった。一般的な英語レベル以下の能力から、9ヶ月で、格段に英語力を伸ばすことができた。TOEICで言えば400点近くは上がった

その後、850点を取ってから、TOEICと無縁になったためしばらく受けていない。その間に、アメリカ、フィリピン、オーストラリアと1年あまり海外での生活を経験した。現在は、仕事で英語を使うことはない。英語を使う機会といえば、英文のキュレーションサイトや、アメリカのHuluでビジネス番組を見るくらいだ。英語レベルは、簡単な映画が字幕なしでわかる程度、ハリーポッターの洋書が読めるレベルである。

 

英語力をつけるのに参考にしたのが、英語上達完全マップ英語上達完全マップを10ヶ月やってみただ。この2つをみて、テキストを選んだ。英語は独学で伸ばせる。学習に使ったテキストとスケジュールが以下。

 

9ヶ月やってみた結果と現在

01

1~3ヶ月  ▷4~6ヶ月

10~12ヶ月  ▷現在

全4ページに渡って当時学習に使ったテキストを紹介している。また、各テキストの具体的な学習方法を記事にしているので合わせて読んで欲しい。

 

1~3ヶ月目

はじめの3ヶ月は、基礎を総復習をした。英会話ができるようになるためには、中学英語を総復習する必要がある。英会話は、中学英文法で成り立つ。基礎レベルを根本理解をする学習をした。

基礎をおろそかにすると、短期留学で英語が話せる気になっている学生のような、中身のないノリの英会話になってしまう。きちんとした文章で話すためにも、中学英文を総復習すべき。

 

▷ 音読パッケージて効果ある?リスニイングを上達するために必要なトレーニング

▷ みるみる音読パッケージ教材の使い方を考えてみた。おすすめの勉強法とやめどき

2

▶︎  みるみる英語力がアップする音読パッケージ

 

 

▷ どんどん話すための瞬間英作文を3ヶ月やってみた

▷ 瞬間英作文を挫折した人へ、英語を話せる人の英会話6つのテクニックを紹介する

1

▶︎ どんどん話すための瞬間英作文

 

 

▷ 中学三年間の英文法を10時間で復習する本を選んだ3つのワケ

2▶︎ 中学3年間の英文法を10時間で復習する本

 

 

▷ ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力

3

▶︎ ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力

 

 

▷ 高校3年間の英語を10日間で一気に復習してみた

4

▶︎ 高校3年間の英語を10日間で復習する本

 

 

▷ 英語のリスニングは発音力で決まる!の使い方

▷ ネイティブの発音を身につける、6つのおすすめテキストとサウスピーク留学

3

▶︎ 英語のリスニングは発音力で決まる!

 

 

▷ フォニックストレーニング!ジュミック今井で発音を鍛える

▷ 純日本人が英語の発音を矯正して、ネイティブのように上手くなる勉強方法

 

5

▶︎ フォニックス<発音>トレーニング

 

1~3ヶ月目のスピーキングレベル

最初の1ヶ月の学習は、徹底して基礎を反復させた。当然、英語は話せなかった。オンライン英会話を使って会話をしても、会話にならず、終始ニコニコしている程度だった。「悔しい」、「絶対に話せるようになってやる」という気持ちを持つことでモチベーションを維持していた。

 

1~3ヶ月の間に注意したこと

基礎を徹底的にやり直すことを、最初の1~3ヶ月に行なった。頭では中学英文を理解しているものの、言葉になると全く出てこない。どう英文を組み立てて、何を言えば良いのか検討すらつかなかった。ただただ、知っている定型文をその場しのぎに言うくらいのレベルだった。

どんどん話すための瞬間英作文は、この定型文を増やす学習。自分の知っている英語表現を暗記して、瞬間的に発するトレーニング。この基礎をやり直すことが最も必要な行程。日常で使われる英語は、中学レベルの英語で成り立っている。基礎を知り尽くすことが英語上達の鍵だ。もう一度言う、基礎はみっちり復習するのは効果絶大だった

 

1~3ヶ月  ▷4~6ヶ月

10~12ヶ月  ▷現在

 

英語学習のモチベーションの維持

一番意識したことは、「英語学習」は「長期スパン」で行うこと。「習慣化」させることを頭に置きながら学習をした。どうすれば、モチベーションを保ちながら続けられるのか、どうやれば効率が上がるかなど常に考えながら勉強することをおすすめする。朝歯を磨かなければ落ち着かないように、英語に触れなければ何だか調子が出ない。といったレベルまで「習慣」にさせることが戦略の一つだ。

 

・自分が一番集中できる空間を持つ

長期間英語学習を続けれれたのは、「ストレスを溜めない」勉強戦略を練ったためだ。英語の勉強にいたっては、全てiPadで取り組んだ。僕は、机で勉強しない。自分のお気に入りのソファで、好きなコーヒーを飲みながらリラックスして暗記する。

僕が学習に使っていたのは、ほぼ全部のフィールドだった。学生だった僕は、1日の寝る時間以外を「英語」に当てることができた。

「朝」は、早起きして、音読をする。音読を朝取り入れることで、「英語の口」を作った。

「通勤時間」は、音読した教材をリスニングしたり、究極の英単語のような1文が短いフレーズを聞いた。1文が短いと、途中で止めることが可能。長い文を聞いていると、途中で終わってしまった時に、また初めから聞かなければならないためだ。

「授業中」は、面白い話の時に集中して聞いて、雑談の時は、単語集などを読んでいた。

「アフターファイブ」は、お気に入りのカフェにいって、コーヒーを飲みながら勉強したり、会員となっていた「ジム」で運動しながらリスニングを流し聞きしたり、クールダウンしながら文法書を読んだり、しまいには、ジムのソファで勉強してトレーニングをせずに帰る日もあった。

僕の英語学習の目的は、「アメリカ人と英語で会話をすること」だった。要するに、大学に合格するためでも、TOEICで高得点を採るためでもない。相手の話していることを理解し、自分の思っていることを発言できるようになることがゴールだった。そのゴールに向かう過程はどうでもいい。自分が一番集中力を発揮できる空間を作れるかが大事。

 

・ iPadノマド勉強

僕が行き着いた先が、iPadを使った勉強法だ。先に言うと、僕は地頭が悪い。集中力もない。だからこそ、今ある脳を最大限に使って効率を上げる必要があった。自分の気分が乗った時に、いつでも勉強できるような環境を作る。そのために、iPadに英語教材を全て取り込んだ。

このiPad勉強が、僕にはぴったりだった。ちょっとしたスキマ時間に単語の暗記をしたり、長い移動時間に洋書を読んだりと、いつでもどこでも自分の好きな勉強ができることでストレスを感じずに学習を続けることができた。自分が楽しく勉強が続けられる方法を見つけることが必要。

▷ iPadノマド勉強法!自炊で本をスキャンして、かっこよくおしゃれで効率のいい勉強をする

 

・スキマ時間に短期集中する

長期で英語学習を続けるために意識したのは、「スキマ」時間の使い方。通勤時間の20分を、いかに自分の時間にするかがカギ。根本的に、僕は集中力がない方なので、机に向かって何時間も勉強できない。できない勉強をどう続けるか、考えた結果が、「スキマ」を埋めることだった。

5分だったら集中できる。なら、5分を12回こなせば、60分になる。この「スキマ」の時間にやりたいことを「短期集中」でできたことが、英語力アップにつながった。何より、飽きずに勉強を続けられた。

このスキマ時間を有効活用する方法の一つとしておすすめなのが、英語学習アプリを利用すること。世の中には、山ほど英語アプリが登場している。どれも遊びっぽく、学習に使えないが、スタディサプリ ENGLISHは、全く別物。さすがは、リクルートの手がけるアプリ。「質」高く、「スキマ」時間に英語学習できる。

なかでも一押しなのが「リスニング」パート。「つながる音」「落ちる音」「消える音」など英語特有の「音の変化」について、動画で詳しく解説してくれるのは、このアプリくらい。もっと早く知りたかったと悔やむほどおすすめできるアプリ。

リスニングの強化に特化した英語アプリで、ここまでしっかりしたものを僕はほかに知らない。それほど面白いサービス。詳しい方法と内容のレビューを書いているので参考にして、「スキマ時間」を有効活用すべき。

▷ 初心者がネイティブの英語を聞き取れるようになる、おすすめのスタディサプリアプリ

 

目的は、「英会話力」をつけること

英語は「国際交流」のスキル。会話ができなければ勉強する意味はない。と僕は常々思っていた。TOEICの点数が850点しかないのは、5年前に受けたことと、TOEICが嫌いなことにある。前述したように、集中力のない僕にとって、2時間以上拘束されるテストが我慢ならない。これまで受ける必要がなかったので受けてこなかったのもあるが、満点をとっている人よりも話せる自信があった。

 

・テストの点より会話のスキルを磨く

僕が学習を始めたときのゴールが、英会話の質を上げることだった。そのため、「会話のスキルを上げる」勉強を徹底して取り組んだ。発音やスピーキングのテキストを多く取り入れているのは英会話のスキルに注力したため。

テストの点数という担保欲しさではなく、「会話」ができることが何よりも重要だと感じていたため。点数が採れても会話ができないようでは、海外で使い物にならない。

 

・英会話の上達は、会話をすることに尽きる

英会話を上達させるために、まずTOEICの点数を上げようとするのは、もったいない。スピーキングのスキルをあげたければ、まず英語を話す機会を作ることから始めるべき。英語を話すために、話す練習をするのは当たり前の話

 

・オンライン英会話で英語を話す機会を作る

英語が話せるようになりたいのなら、オンライン英会話をやるべき。下手に英会話学校へ通ったり、なんちゃって英会話教室へ通うよりも絶対に効果がある。コストパフォーマンス、教えてくれる先生、共に質がものすごく高い

英語を話すためには、話す練習をする。会話ができるようになるのに、机に向かって単語を書いているだけでは一向に上達はしない。オンラン英会話を使って話す機会を作ろう。

 

・おすすめのオンライン英会話

最もおすすめのオンライン英会話は、NativeCamp
。このオンライン英会話は、24時間予約なしで、自分の好きな時間、好きなタイミングで英会話ができる。例えば、電車の待ち時間や、会社でストレスが溜まったときの会話相手など、いつでも使えるため便利。

英会話は、数をこなさなければ上達しない。毎日好きな時に好きなだけ話せるこのサービスは画期的。無料体験は、7日間。登録には、クレジットカードの番号が必要。

 

・無料の体験だけで1ヶ月オンライン英会話ができる

他にも無料体験できるオンライン英会話をまとめている。各会社、無料体験のレッスンを2回つくっている。この「体験レッスン」を片っ端から試してみるのも一つの手。どのサービスが自分に合っているかは、個人によって違う。無料体験で「ハマった」サービスを「長期」で使ってみよう。

 無料体験のみを使ってオンライン英会話を1ヶ月タダでやろう。最新のスカイプ英会話まとめ

 

独学の英語学習は限界を感じる

・独学の限界

私は、独学で英語を勉強しました。と誇らしげに話す日本人の「英語」は、偏っていることが多い。本人としては、日本にいながら、独学で英語を話せるようになったことを「誇らしく」感じているのだろうが、僕は、なんとも思わない。LCCがあるにもかかわらず、なぜ、英語圏で英語を磨かなかったのか不思議なくらいだ。

そういう人は、たいてい「発音」に癖が残っっている。我流の努力は認めるものの、「訛り」すぎた発音は、かえって聞き取りにくい。今の世の中、独学で日本国内にいながら英語を学ぶ意味は特にない。変なプライドを捨てて英語圏で自分の英語が通じるかどうか確認すべきだ。

 

・英語パーソナルトレーニングで無料カウンセリング

高いモチベーションで「独学」を続けていても、いつかはその熱がさがってくる。この下がった気持ちを盛り上げるためにも、「パーソナルトレーニング」は欠かせないツールになっている。独学の英語学習に限界を感じてきたら、英語パーソナルジムに通うのも手段の一つ。

英語学習で成功してきた人に、勉強の仕方を直接習おう。英語を上達させた人は、あなたと同じように苦難を乗り越えてゴールにたどり着いたはず。いま、自分が感じている悩みを共有して解決させよう

どうしても英語が伸びない、勉強しても成果が出ないと嘆く暇があったら、別の行動を起こしてみよう。パーソナルトレーニングは、オンラインでも対面でも「無料」で行なっているところがほとんど。「無料」のメリットを有効に使うべき。いまやイングリッシュジムと呼ばれるトレーニング施設が続々と登場している

▷ 無料で英語勉強の相談をしよう。オンラインで受けられるカウンセリングサービスまとめ

 

・おすすめの英語パーソナルジム

東京・大阪にお住まいなら、 ライザップイングリッシュ がおすすめ。ジムトレーニングで有名なライザップは、次に、英語の学習にもコミットし始めた。今現在、都内で2店舗。必ず結果を出したい、成果を出さなければならない人は利用すべき。

ライザップで利用すべきなのが、無料のカウンセリング。もし、あなたが、英語を独学で学ぶことに不安を抱えているのなら、一度相談してみるべき。最短で結果を出すために、自分が今、何をすべきなのか分析してアドバイスをくれる。カウンセリング自体は、無料なので、相談だけでもしてみる価値は十分にある。予約は公式ページからできる。

 

1年間の長期スパンで結果を出したい人には トライズ がおすすめ。1年間の英語学習をサポートしてくれるサービス。パーソナルトレーニングジムはどこもいい値段設定。が3ヶ月で30万円近くする値段だが、トライズは月8万円。独学で勉強が続かないストレスを感じるよりは、潔く人に教わる方が断然良い。無料カウンセリングで英語学習の悩みを相談するのも効果的

僕は、トライズの無料カウンセリング入会案内を受けたことがある。1年間の英語学習をサポートしてくれる体制がきちんとなされていて、長期の学習を続けられる、続けることができる雰囲気を感じた。なかでも、映画で英語を学習する方法は、大いに共感できた。楽しみながら、しっかりと結果を出したい人に向いている。

他にもいくつか英語に特化したパーソナルトレーニングジムをピックアップした。都内以外にも、オンラインで弱点分析をしてくれるサイトもまとめている

▷ 英語パーソナルトレーニングができるイングリッシュジムまとめ

最近では、情勢向けのパーソナル英語ジムも増えてきている。女性だけが受けられる特別なトレーニング。女性限定の特別コースは、女性だけが受けれる。

▷ 女性限定!英会話パーソナルトレーニングが受けられる英語教室まとめ

 

独学で勉強できる人へ

英語学習を続ける意志がある人は、長期の学習を楽しみながら取り組める。英会話ができない悔しさや英語力が伸びないもどかしさを感じながら、トレーニングを続けていくことで、毎日進歩する。

今日できなかったことが、明日できるようになればいい。今、理解ができなかったことを、次、わかればいい。一つ一つできるようになることで、英語は伸びていく。独学で英会話学習が続けれれる人は次ページも進んで欲しい

 

1~3ヶ月  ▷4~6ヶ月  

10~12ヶ月  ▷現在

 

5年ぶりの英語上達完全マップ

かくいう、僕も、5年ぶりに英語上達完全マップを、もう一度やり直してみた。2017年の人気テキストで改めてやってみた。

▷ 【2017年】英語上達完全マップを最新テキストとサービスで、もう一度やってみた。

 

たった3ヶ月の独学英語

▷ 【英会話を独学】たった3ヶ月の独学で英語が話せるようになるための勉強法3つのテキスト

 

その後、僕は、「英語の上達者」として、フィリピンの語学学校から「留学体験記」を書くお仕事をもらった。1ヶ月間、実際にセブ島へ行って「語学学校」を体験してきた。

▷ セブ留学体験記# サウスピークEOP校 セブ留学の1日。