走行距離10万キロの中古車を評判のガリバーで査定してもらった結果

中古車の査定をしてもらう。今回、車の断捨離をすべく、10万キロ走った車を査定に出した。車の断捨離と車を高く売る方法をまとめる。

必要のない自動車は、即断捨離。仕事をやめた僕は、通勤で使っていた車を手放すことにした。どこが一番高く買い取ってくれるのか。

 

不要な車は断捨離しよう

本日、通勤で使っていた車を手放してきた。何百万円ものお金を使って購入した車も、時が経てば価値がなくなってしまう。どうすれば高く売れるのか、いつ売るのが良いのかまとめていく。

 

車はいらない

今の世の中、車を持つ必要はなくなった。バスや電車といった公共交通機関の発達、タクシーやUberといった個人のサービスやレンタカー、カーシェアなど、1人1台車を所有していた時代ではなくなった。

田舎に住んでいた僕は、会社への通勤は自動車が必須。バスも便が悪く、かといって毎回タクシーにはのれないので、車を使わざるを得なかった。今月、仕事を辞めたのでようやく不要な車を断捨離することにした。

 

自動車の維持費は、年間20万円を超える

自動車は、維持費がかかる。普通車を所有した場合のメンテナンス費用は以下。車を購入した後、維持するためにかかった費用が年間237,000円もした。これは、最低限かかるお金。遠出をした時のガソリン代や、高速道路代、有料駐車場などに使った費用を含めれば、もっとかかっている。

 

✔︎ 所有していた中古普通車の場合

合計金額 237,000円

・自動車税 32,000円

・年間のガソリン代 60,000円(月5,000円)

・車検 50,000円(2年100,000円)

・任意保険 30,000円

・自賠責保険 15,000円

・定期メンテナンス 50,000円

 

借金をして外車に乗る「価値」とは?

田舎に多いのが、外車に乗る人々。僕が住んでいた田舎では、借金をして外車を乗り回す人が多かった。僕にはその「価値」がわからなかった。誰に見せるのかわからないその車に、何千万円もの費用をかける。よほど所得が多い人や、資産運用として外車を購入するのならわかるが、借入をしてまで身の丈に全く合わない車を乗り回す「価値観」は僕にはなかった。

 

不要な車は断捨離しよう

年間20万円もの費用をかけてまで車を持つ必要があるだろうか。今の時代、車を持つ必要はなくなった。必要のないものは処分しよう。また本当に必要になれば買えばいい。その頃になれば、日本でもより多くのシェアカーや自動運転の車や、人を運ぶドローンが発達しているだろう。

 

車を高く買い取ってもらうには?

自動車税は4月1日の所有者に徴収される

僕が、車を売ることを決めたのは、この自動車税を考慮したため。もともと通勤車のために購入した車だった。車検が1年残っていたことと任意保険を支払い終わったばかりだったので、持っていてもよいかなと思っていた。

しかし、車には毎年自動車税がかかる。調べてみると、4月1日付けでの所有者に対して徴収されるとのことだった。特に使うよてもなく、今後は海外を行き来する生活をするため、この機に車を手放すことにした。

 

買い取ってもらう車のスペック

僕が所有していた車のスペックが以下。この車は、数年前、親戚から30万円で購入したもの。その時すでに7万kmを超えていたが、近くの中古車販売業者の車よりもスペックが高かったため、この金額で購入した。

 

✔︎ 所有していた中古普通車

・購入して10年(H19年度)

・走行距離8万km

・状態は良い

・ファミリーカー

 

走行距離10万kmが基準

調べていくうちにわかったことは、走行距離が10万kmが一つの基準になること。購入して何年になるかというよりも、走った距離を重要視する。また、人気の車種は、買取値が高い。

基本的に10万kmに近い車の買取値はつかない。0円で引き取って、廃車の手続きをこちらで請け負いましょうといった対応をされる。

 

買取査定の罠

ネット一括査定の罠

よくネットで見かけるのが、「ネットで一括させていをしませんか。」という広告。ここには罠が仕掛けられている。一見、一括で見てもらえる分、手間がかからないと思われがちだが、申し込みをすると、業者から一斉に全話がかかってくる仕組みになっている。

一括査定のために、名前や住所、電話番号といった個人情報を各会社に丸流ししている。一括査定と言いながら、別会社に個人情報を流しているとの話もあるなど、注意が必要だ。一括査定はオススメしない。

 

ディーラーの下取りの罠

車の買い換えとして、「下取り」という項目で車を引き取ってもらうこともできる。ただこの場合、買取はたいてい底値となる。「下取り」でつけられる値段は、買取相場よりも安いことが多い。買い換え先で「下取り」として引き取ってもらうよりも、中古ショップで査定してもらう方が、値段は高くなる。

 

どこが一番高く買い取ってくれるのか?

一括査定、下取りがダメならどこが一番買い取ってくれるだろうか。最近流行り出した「個人間売買」は、4月1日に間に合わないのでできない。僕は地道に町の買取店へ足を運ぶことにした。

 

車を高く買い取ってもらう

車を断捨離するため、中古車買取業者を回った。とにかく時間をかけずに買い取ってもらうため、家から比較的近い業者にターゲットをしぼった。

 

町の大きな買取店

まず初めに向かったのが、車の買取チェーン店。このチェーン店は、僕が住んでいる地域で大きなシェア率を持っている。中古ショップといえばここを利用する人が多い。査定に時間を取られたくなかったため、事前に電話をして来店した。

実際に店舗まで足を運んで、車を査定してもらった。時間は5分。見られたのは、車検証と走行距離と内装と外装のみ。エンジンすらかけることなく、査定は終わった。

査定価格は0円。「廃車にするなら、引き取ってやってもいいぞ」といった態度をとられた。このチェーン店のマニュアルでは、僕の車のスペックでは値段をつけない方針になっていたようだ。

ここでチェーン店の名前を公表しても良いが、悪口しか出てこないので名前を伏せさせていただいた。二度と来店しないと僕は誓った

✔︎ 査定金額0円

 

町の車修理店

次に向かったのが、町で有名な車の修理店。話によれば、車の改造雑誌に載るほど、巷で話題になっているらしい。田舎で流行っている改造店で、もしかすると買い取ってもらえるかと思い訪れた。

査定価格はもちろん0円だった。ファミリーカーなど興味がないといった対応だった。

✔︎ 査定金額0円

 

ガリバー

そして最終的に行き着いたのが、ガリバー。僕がネットで調べた情報の中で、一番、期待が持てそうだった。ガリバーは、今勢いのある中古車買取業者。

ガリバーの買取は、電話予約から始まる。フリーダイアルへかかった電話は、全て千葉の集中オペレーターへつながる仕組み。全国各地からかかった電話を元に、住所からお近くのショップへ繋ぐ。実際、僕の家からガリバーの店舗は、50km近くはなれているが、買取査定にきてくれた。

▶︎ ガリバー

 

ガリバーは、業界でもぐんぐん伸びている会社。その分、営業マンのスキルも高い。というよりも、社畜にならなければ達成できないようなノルマが課せられている。買い取れそうな車があれば、遠くであっても査定するスタンス。

 

✔︎ ガリバーの査定は丁寧

ガリバーの営業マンは、上の2店舗に比べてものすごく丁寧だった。普段、丁寧な接客など興味もない僕が、驚くほどの丁寧さだった。日本式のきめ細かい接客。お客としてサービスを受ける分にはよいが、自分がガリバーの営業マンにはなりたくないと感じるほど腰が低かった。

査定は、走行距離、内装、外装をみることはもちろん、エンジン具合やブレーキなどあらゆる箇所を時間をかけてみられていた。

査定価格は、本部で一括して行なっている。写真を撮り、本部の査定係が値段を決めている。ガリバーで買い取った車は、独自の管理ツールで全国各地の支店で共有できるようになっている。いざとなれば、海外の支店へ車を郵送して取引をしている

 

✔︎ ガリバーの査定金額 30,000円

上の2店舗で既に0円の買取値だと査定されていたため、半ば諦めていた。しかし、ガリバーの買取は、少しばかり値段をつけてくれた。その額30,000円。

0円で廃車にするよりも、値段をつけてくれたことに満足した。話によると本部の査定基準では、0円買取だったが、即買取希望だったため、営業マンが頑張って値段交渉をしてくれたとのこと。

 

✔︎ 値段がついた要因

値段がついた要因はいくつかある。

・買取ノルマ

ガリバーには、買取のノルマがある。個人には課せられていないようだが、ガリバーの営業をしている知人によると、店舗ごとに買取台数のノルマがあるとのこと。月末の時期は、このハードルを越えるために、買取の頭数を増やさなければならない。

・即買取希望

僕の場合、即日買取でもよいことを伝えていた。車の買取は、天秤にかけられることが多いため、営業マンは何度か足を運ばなければならない。査定は無料で行なっているため、何度も訪問することは時間のロスになる。即日引き取りを希望していることは、値段のつく要因となる。

・状態が綺麗

特に内装は、あらかじめ掃除をしておいた。年式、ならびに走行距離が多い車は、査定外となることが多い。ガリバーの場合、新興国にも店舗があるため、状態の良い車であれば海外でも売れる。

・お客様満足アンケート

ガリバーの内部は、他店舗との戦いでもある。厳しいノルマの他に、お客様満足度を測るアンケートも内部の評価につながる。お客様満足度も営業マンの成績に反映される。アンケードでは、大満足と評価してあげることで、営業マンも喜んでくれる。あとは、上司に値段交渉をしてくれるようお願いする。

結果、0円で廃車する予定だった車も、何とか30,000円の値段をつけてもらうことができた。こうして、僕の車断捨離は幕を閉じた。

 

クルマのフリマで個人間取引

今回は時間の関係で個人間取引はやらなかった。仲介業者を介さず、個人間で車を売買する方法もあるので、時間があればやってみるべき。自分の納得いく値段で売れるのは、個人間売買だろう。

 

▶︎ クルマジロ

 

車を売った結果

査定金額 30,000円

車を査定に出した結果。30,000円となった。300,000円で購入した車を断捨離した結果、税金の支払い期日までに手放すことができた。

ガリバーが一番高値をつけてくれたが、時間があれば、個人間売買で販売もしてみたかった。今後、車を買う予定はないが、また買う機会が合えば挑戦してみたい。

走行距離10万キロに近い車でも、買取値がつく場合がある。困った時は、ガリバーで査定依頼をしてみるべき。僕の調べた中で、一番接客が良く、高く買取をしてくれたところがガリバーだった。査定で値段がつかず、廃車を考えているのであれば、ぜひガリバーを使ってみてがどうだろうか

▶︎ ガリバー

 

任意保険の払い戻し

任意保険は、払い戻してもらえる可能性がある。僕のかけていた保険では、20,000円ほど戻ってきた。各自の入っている保険会社に電話をしてみるべき。

 

僕の断捨離ミニマリストの歩み

▷ 99%の私物を断捨離して、海外移住をスーツケース1つでするミニマリスト計画

▷ 海外移住の前にミニマリストになる断捨離の基本

▷ いらない服を断捨離。高額買取の方法と売ったアイテムまとめ

▷ 99%の私物を断捨離して、6ヶ月でスーツケース1つのミニマリストになってみた記録と結果