海外移住計画#12 南の楽園ハワイで1週間の旅ノマドフリーランスのノマドライフ

かねてより、海外移住を企む僕は、世界中を旅しながら、自分が住みたい場所を探している。自分の拠点となるくらい好きになった地に、不動産を構え、シーズンごとに好きな場所を転々としながら生きる。ノマド経営者として、旅をしながらベストな拠点となる地を探し回っている。旅ノマドとして、ふらふらっと好きな地を訪れる。これが僕の旅ノマドワークライフだ

海外ノマド。今回は、アメリカ、ハワイでノマドワークをしてきた。日本人に人気のハワイは、果たしてどれほど過ごしやすいのか。ノマドワーカーおすすめのスポットを紹介する。フリーランサーとなって、海外移住を目論んでいる僕は、海外移住の「下見」と銘打って、マレーシアイタリアフィリピン香港中国タイカンボジア台湾ベトナムインドハワイインドネシアと他にもあらゆる地を巡っている。今回は、ノマドフリーランスとして、旅をした先をまとめる。

 

海外移住計画12 アメリカのハワイでノマド旅

ハワイを訪れたきっかけは、ヒルトンホテルへの招待状をいただいたからだ。どうやって無料の招待状をもらったのか、などなど詳しい招待状の話は、下記を確認いただきたい。今回は、この無料招待券を使うためにハワイノマドを実践してみた。

 

 Flight

ハワイへの航空券は、スクートというシンガポールのLCCを利用した。価格は、2万円。つい数年前は、10万円かかっていたものが、いまでは、ここまで値段が下がっている。ハワイも昔に比べてかなり渡航しやすくなった。

さらに、6月は閑散期でもある。ハワイは常夏なので、気候は変わらないが、観光客は少なからず減る。そのため、航空券も格安で提供されているのだ。詳しい予約方法はこちらにまとめている。スカイスキャナーの他にもキャンペーンフライトやLCC公式割引などを利用すると安く済む。僕は、空港ラウンジを利用して一息いれるのが好きなので、特に経由便でもかまわず予約をしている。

・フライト スクート関空発 往復20,000円

・予約サイト スカイスキャナーからザッピング

 

 MONEY & PRICE

お金は、いつものようにATMキャッシング。セディナカードを使って、クレジットキャッシングをするスタイル。この方法を使えば、現金を換金する必要はない。何度も言うが、この方法が最も「手数料」がかからず、「外貨」を入手できるキャッシング専用のクレジットカードを持っておくだけで簡単に現地でその地のお金を引き出すことができる。詳しい方法はこちらにまとめている。だいたい、空港のATMと街中のATMの使用手数料は同じなので、空港でキャッシングする方が手間がかからない。ATMの手数料が無料の場所を探す方が手間がかかる。

無料のクレジットカードを使いこなせば、海外保険も90日間カバーできる。3ヶ月と考えれば、なかなか長い。こうしたクレジットカードを使いこなすのも旅の技の一つ。おすすめのクレジットカードの使い方はこちらにまとめた。

ハワイの物価はアメリカと同じくやや高いイメージがある。もちろん、観光地ということもあり、それなりにお金が必要だ。ロコモにステーキ、ケーキなどなど、これぞアメリカだと感じられるような大きさばかりだ。実際、アメリカ人もこれほど多く食べることもないだろう。観光客向けに、かなりのビッグサイズで提供してくれる。

・外貨調達 クレジットッキャッシング

・物価 日本と同じ、それ以上

 

 Transportation

空港から中心部へは、断然バスが安い。日本人観光客が4割を占めるハワイでは、シャトルバスやタクシーチャーターといった方法が無難だと観光雑誌に書いてあるが、市営のバスを使った方が安い。1日パスが$5.5とかなり安かった。タクシーを使えば$40かかるのでバスをおすすめする。市内では、JCBカードを持っていれば無料で使えるバスもあるなど移動にはバスを使えばいい。詳しくは、PINKLINEの公式ページを確認するべき。JCBのバスは中心部を網羅している。2階建てで見晴らしもいいのでおすすめだ。

 

 Hotel

ハワイはやはりホテルが高め。個室を予約するのなら、1泊5,000円程度。ドミトリーなら3,000円程度はする。僕は、今回、ヒルトンホテルに宿泊した。宿泊費は、無料。このホテルに無料で泊まれるのは嬉しい。こうした面白い情報は、情報収集をしたり、こうした情報を持っている人脈によるもの。知るか知らないかで得られるものも変わってくる。

 

 sim & wi-fi

SIMは現地のティーモバイルで購入した。$30近くした。最近僕がおすすめしているのは、AISの世界周遊SIM。これがあれば、アメリカのみならず、ヨーロッパも使うことができる。アメリカ滞在のみでも、安いのが魅力。使い方も簡単で、SIMフリーのスマホに差し込むだけで使える。アメリカでも使えるおすすめのSIMは、AISのSIM2Fly

SIMフリーのiPhoneXをベースに、周遊に特化したSIMカードを使っている。海外に行く時は、大抵、行きたい国をいくつかピックアップして、好き勝手に飛び回る。このSIMがあれば、こうした国をまたいでも国ごとの電話回線を利用することができる。例えばアジアであれば、16ヶ国、4Gの容量で8日間使える。このカードをアマゾンで日本で購入していけば、海外についても即ネット環境を作ることができる最高のカードだ。もちろん、アメリカヨーロッパでも使える。ヨーロッパでは、4GBで15日間使用可能。しかも72ヶ国で利用可能。まさに最高の世界周遊SIMだ。空港でAISを探す手間を考えると、Amazonで出発前に購入するのがおすすめ。AISのSIM2Fly

ハワイでコワーキングスペースをさがしたものの、ドロップインのような1日利用はし難い。WiFiの強いカフェでノマドするのがおすすめ。カフェの探し方は、いたってシンプル。最近僕が使っているのは、Googlemapだ。Googlemapでカフェと検索すれば、今自分がいる位置から、最短でつけるカフェを探すことができる。

前までは、「ノマドカフェ ハワイ」などと検索していたが、実際、カフェに行くと、営業時間外だったり、席がなかったり、WiFiが全然繋がらなかったりと散々だった。結局、カフェのWiFiは、気持ち程度。そこまで重視して使う必要もないため、近場の雰囲気のいいカフェを探すようにしている。散歩がてら、サクッとカフェによる感覚だ。

 

 food

ハワイのワイキキビーチ周辺は、観光客向けのレストランしかない。そのため、どれも高かった。$50平気で払うイメージで品物を選んでいく。毎回、6,000円程度かかった印象だった。

チーズケーキファクトリーは、僕がアメリカに住んでいた時から好きなビジネスモデル。店内は、200席程度ある広さ。ファミリーからカップルまで幅広いターゲット層。食材の原価率が高く、単価も高い。内装はおしゃれな雰囲気だが、使ってある食器やグラスは、プラスチックでできていたりと、抜きがある部分がアメリカらしさだ。ファミリーレストランよりも、少しリッチにしたいときに利用するお店。

日本に同じ規模のお店はない。強いていうなら、俺のフレンチあたりだろうか。俺フレ感覚のお店。アメリカを訪れる際は、ぜひいってほしい面白いビジネスモデルだ。

 

 travel

ハワイは観光地として有名だ。特に日本人観光客は、4割以上と群を抜いて多い。ただ、僕は結局、ワイキキビーチくらいにしか行ってない。ワイキキビーチでやったのがサーフィン。サーファーとしてワイキキビーチを楽しんだ。ワイキキビーチの波は、かなりおだやかでゆったりしている。初心者にうってつけの波だ。

 

 lounge

旅の終わりは空港ラウンジで過ごす。プライオリティーパスを持っていれば、空港ラウンジが無料で使える。詳しい空港ラウンジのプライオリティーパスの話はこちらで。僕は、空港ラウンジを利用するのが好きだ。このラウンジさえ楽しめれば、観光をしなくていいともまで考えているほどラウンジが好きだ。ここに行けば、その国の料理は大抵食べられる。

 

なぜ、無料の招待券をもらえたのか?

なぜ、今回、僕はハワイに無料で招待されたのか。ヒルトンホテルに泊まることができたのか。これは、あるビジネスの話からきている。きっかけは、ヒルトンの子会社が運営する「タイムシェア」と呼ばれる不動産取得券のビジネス説明会に参加したこと。

タイムシェアのビジネスモデルは、ハワイのコンドミニアムを、一人200万円程度の資金を出し合って、億単位の物件を、シェアして利用するといったもの。購入者は、その「所有権」を買うことで、年間1週間の「利用券」を手にすることができるという次第だ。

「ハワイに別荘を持ちたい」けれども「そこまで費用をかけたくない」。というニーズに合わせたビジネスモデル。ハワイの別荘を購入するよりも、200万円で1週間使える所有権を購入することで、費用を抑えることができる。という狙いがある。この1週間の「タイムシェア」の所有権購入者を増やすために、無料でハワイのヒルトンホテルを提供しているという具合だ。

どことなく怪しさがあったものの、事実、無料でヒルトンに泊まれた。ワイキキビーチから徒歩5分程度の好立地のホテルだったため、満足している

 

海外移住計画12 ハワイノマド旅

ハワイの観光地で旅ノマドするのは、ストレス発散になる。一人でいくよりも、友人や大切な人、家族と過ごすのがおすすめ。ハネムーンで来ている人たちもおおかった。過ごしやすいハワイでのノマドワークは、おすすめできる。常夏なので、年中夏服で生活できる魅力もある。

 

旅をしながら仕事をする

僕は今、福岡に拠点を置きながら、世界を旅する生活をしている。やりたいことをして、好きなところへ行く。動画や写真を撮りながら、WiFi環境のある世界中のコワーキングやカフェ、ホテルで仕事を完結させている。僕もかつては、サラリーマンをしていた。全く生産性のない仕事という名の「作業」と上司やお客への「接待」をする面白くのない毎日だった。

ネット上でできる仕事を増やそう。旅をしながら収入を得よう。僕の生き方に共感した人は、ぜひこちらも見て欲しい。Abroaderとして、旅ノマドフリーランスになるための情報を、Abroaderオンライン講座としてまとめた。

▷ 月額540円で学ぶ!旅をしながら稼ぐための旅ノマドフリーランスAbroaderオンライン講座開講!