月収100万円のノマドワーカーの仕事道具術。スマホ1台で仕事をするためのアイテム集

かねてより、海外移住を企む僕は、世界中を旅しながら、自分が住みたい場所を探している。自分の拠点となるくらい好きになった地に、不動産を構え、シーズンごとに好きな場所を転々としながら生きる。ノマド経営者として、旅をしながらベストな拠点となる地を探し回っている。旅ノマドとして、ふらふらっと好きな地を訪れる。これが僕の旅ノマドワークライフだ

ノマドワーカーとして、世界を飛び回りながら、執筆、編集作業をしている。年末は、基本的に日本にいると決めてから、家から「作業場」への往復をしている。友人に面白い人を紹介してもらっては、会いに行き、情報収集をしている毎日。そんな僕の、ノマド作業におすすめ仕事道具を紹介する。

 

福岡を拠点にして作業をしている

僕は今、福岡を拠点に、ふらふらとしている。「空港が近いこと」、「LCCが飛んでいること」、そこそこ「便利なこと」から福岡を拠点にしている。そろそろ違う場所に拠点を移そうとも考えている。

日中の仕事は、ほぼ、「カフェ」で行なっている。ほぼ毎日違うカフェに行って作業するスタイル。おそらく福岡にある「カフェ」はほぼほぼ行き尽くした。毎日カフェでは面白みがないので、最近はコワーキングスペースへ行くなどしているが飽きてきたのも事実。そろそろ拠点を変えてもいい。

 

ノマドワーカーの仕事道具を紹介

カフェで作業するときは、「徒歩」移動。福岡の「天神」と呼ばれるエリアに近いため、歩いて移動している。歩いて移動することのメリットは、リズム運動によるセロトニンの分泌を促すため。と自分に言い聞かせながら歩いている。単純に、旅をしている時も「歩く」ことが多い。街を見ながら、新しいものを探し回るのが好き。

歩いて移動するためには、それなりに「軽装備」でなければ、わずらわしい。僕の「仕事道具」は、そこそこ軽量化されている。いつも持ち歩いている仕事アイテムが以下。

 

Macbook 12inch

メインは、Macbook 12inch。メモリ8GB、ストレージは512GB、プロセッサーは、1.2 GHz Intel Core M。とストレージのみ強化してある。整備品で購入したため、それなりに安かった。この1台で、全ての仕事をこなす。ライティングの編集程度であれば、サクサク動くのがいい。持ち運びにも便利で気に入っている。

が、そろそろ買い換えたくなってきた。さすがにこのラプトップで、映像編集は厳しかった。カクツクどころか、編集途中で落ちる。最新のMacbook2017モデルでメモリ16GBを積んで動画編集をしようと試みたが、友人に止められたので買い渋っている。2018年4月の新モデルに期待している業況。

 

クラッチバック

パソコンを持ち運ぶときは、ちょっとしたバックに入れる。このクラッチバックは、シンガポールの若きデザイナーが作ったモデル。俺のLIFEPACKING00 の記事で紹介したバック。Macbookがすっぽり入り、なおかつ、カギやiPhoneも収納できる。ちょっとした作業をするのに、この装備で移動するのは楽でいい。

 

iPhone X

スマホを新しくしてから、文字入力やちょっとしたお出かけを、スマホ1台だけ持って行くスタイルにし始めた。Apple Pay により、suicaとQuickPay が使えるので、家のカギとスマホのみを持ち歩く。

記事の執筆は、もっぱら、「音声入力」。メモアプリは、「Trello」に、記事の構成を音声入力している。歩きながら、思ったことを、即、音声で入力することで、記事の80%を書き上げる。僕が感じた。脱サラしてブログで生活をすることの失敗にもまとめたように、ブログに記事を書くこと自体が負担にならないように、空き時間で書くことを目指している。

歩きながら新しいアイディアを考えている。何かやりたいことが見つかれば、即「メモ」。1つのメモをタップしたり、ドラックして移動させたり使い勝手がいい。以前、「メモ」アプリで内容が消えてしまったことがあったが、「Trello」では、消えたことが一度もない。「Evernote」は重いので使うのを辞めた。

情報収集もスマホで済ませることが多い。毎日、「Feedly」、「Newspicks」、「Kindle」のアプリを回す。「Feedly」では、500サイト近く登録しているので、好きな記事をザッピングする。「Newspicks」は、最新の日本ビジネス界のトレンドが知れるので便利。「Kindle」は、Prime 会員の Prime reading を使って本を読んでいる。PDFのデータは、「Documents」で読み込む。英語の復習は、スマホで完結できるようにした

あとは、週1で 「Podcast」、たまにマンガを「SideBooks」で読む程度。オフラインでもオンラインでも使えるように、情報収集のツールは山ほど備えているのがポイント。常に、新しい「読み物」が読める環境が作れるように、スマホに取り込んでいる。

Feedly 500サイト近く登録

Newspicks 無料会員

Kindle Kindle unlimited / Prime reading 

Podcast ラジオ感覚

Youtube ビジネス系を聞き流す

 

英語の学習もスマホ完結

最近、英語の学習は、スマホで完結させるようにしている。スキマ時間にさらっと英語の復習をする程度なら、スマホで十分。今の生活で、特に英語力が必要となることはないので、英語のレベル維持程度で、反復する。2018年こそ英語学習。Abroader の英語を独学で勉強する方法まとめでスマホで学習する方法をしっかりまとめた。

 

スマホノマドの1日のスケジュール

将来的に、スマホ1台で仕事をしたいが、さすがに、いまの機能では完結できない。フリッカー入力が早いと言っても、入力しづらい文字や、文字の選択がしづらかったりと、まだまだ「キーボード」が離せない。

▷ 実際のデジタルノマドの1日のスケジュール。旅をしながら仕事をするフリーランスの時間管理術

デジタルノマドとして、旅をしながらフリーランスをしている僕は、スタバ以外にもカフェを使う。仕事場の決まっていないノマドワーカーであるからこそ、仕事のルーティーン化が必要不可欠。実際、どのように仕事をしているのかまとめた。

これから、より便利で使いやすいスマホに進化してくれることを期待している。ノマドワーカーの仕事アイテム。ミニマルでシンプルなアイテムをご紹介した。

 

情報収集は何よりも鍵

脱サラして、フリーランスとなった僕が、ようやく会社を立ち上げるまでになった。最も重要だと感じたのは、「情報」。こんな僕でも収益を上げて、会社が作れるのも、全ては、情報収集のおかげ。マインドコントロール、モチベーション、マーケティングなどなど、最新のビジネス情報のほとんどは、「スマホ」と「パソコン」で収集した

 

僕がどう収入をあげたのか

僕は、元銀行員として、サラリーマンをしていた。ただ、サラリーマンの生き方が自分に合わなかったため、仕事を辞めて、フリーランスとなった。実際、会社員時代より、断然、今の方が稼ぎも、自由度も上だ。

一番気をつけていたことは、「情報収集」をすること。月に10万円稼ぐにはどうすればいいのか。どういったビジネスモデルがあるのか、などなど、あらゆる「情報」を徹底的に調べ上げた。副業100のアイディアもその時に書いた記事の一つ。仕入れた情報を、自分でやってみて、しっくりきたものをどんどん追求していっただけだ。一番の要は、情報収集だと僕は感じている。

 

旅を楽しむ「情報」

まだまだ訪れたことがない国が多いが、旅の知識は、かなり蓄積された。航空券やホテルの予約、外貨の入手方法や海外保険などなど、「旅のチップス」にまとめている。これから「旅」をするのが楽しみで仕方ない。

▷ Travel tips

 

フリーランサー月収100万円超

失敗を積み重ねた結果、僕のフリーランスとしての収入は、7桁となった。正直に言うと、100万円は軽く超えている。どうやって100万円の収入を上げられるようになったのか。その細かい戦略をnoteにまとめた。

 

主な収入源

フリーランサーとしての主な収入源は、以下。9ヶ月もフリーランスをしていれば、それなりに、「収益ポイント」も増えてきた。映像作成に関しては、まだまだ大したものすら作れていないのは、自負している。

動画はいずれ、「動画広告」として運用する。文字が読まれなくなった今、「ブロガー」よりも「ユーチューバー」がインフルエンサーとして活躍しているのが目に見えている。より「π」の大きい市場を目指すのは、フリーランスとしてやるべきこと。自己成長を止めずに、自分が興味のあることをどんどんやるだけ。

・メディア運営

・ブログ収入

・執筆

・映像制作

・ウェブコンサル

・資産運用

フリーランスが100万円稼ぐためのカギは「分散」

フリーランスが月に100万円の収入を上げるポイントは、事業の「分散」にある。フリーランスの強みは、自分で仕事の幅を広げることができること。僕がやったように、ありとあらゆる「やりたいこと」に手をつけていくことが月100万円稼ぐという道への一歩だ。

フリーランスとしてエンジニアの仕事をしてもいいし、クラウドワークスでライターの仕事もできる。フリーランスとして仕事を探す目的で在宅ワークや内職をしてもいい。とにかく自分にできることをどんどんすることがポイントだ

 

フリーランスは安定か?

フリーランスは安定しているか?という問いがある。これは、ただただ愚問でしかない。世の中にゼロリスクはそもそもない。リスクがゼロなことはないのだ。例えば、あなたが明日、交通事故に遭う可能性だってある。未来は誰にもわからないのに、安心安全ばかり考えていては元も子もない。

僕がおすすめしているのは、「リスク」も分散すること。例えば、収入源をいくつか持っているとする。仕事のジャンルを4つ持っていれば、1つの仕事が終わったとしてもまだ3つの仕事が残っているので、その間に新しい仕事をゆっくり見つけることができる。これがリスクが分散。もしあなたが、会社員だとしたら、仕事は1つしか持っていないことになる。たった一つの仕事に100の力を注いでいては、失業した時に収入が「ゼロ」になってしまうのだ

フリーランスが安心安全だ。という話ではない。会社員もフリーランスも同じように仕事の分散によってあらゆる「リスク」を減らすべきだ。という話だ

 

実際にどのように収入をあげたのか

今回、収入報告をベースに、フリーランスとして僕がどのように収益をあげたのか note にまとめた。これまで、確定報酬20万円を稼ぐ、戦略型ブログメディアをつくる方法ノマドフリーランス2ヶ月目で月収益50万円以上の秘密と同じように、有料noteでコンテンツとした。内容が以下。

 

月収100万円を超えた「成功」と「失敗」の軌跡を note にまとめた。

▶︎ #03 フリーランサー月収100万円を超えた成功と失敗

 

2018年現在

今現在は、波はあるものの、月収400~300万円程度で落ち着いている。どんどんやりたいことをして、どんどん自分の幅を広げていく。面白いことをしながら、収入を広げる方法を模索している。また過程やノウハウをnoteにまとめる予定。