【脱サラ】英語を使って海外で働くキャリアウーマン。セブの語学学校で仕事をする女性に密着

「海外で働きたい」。そう考えている人も多い。だが、実際に、海外で就職している人はどれだけいるだろうか。働きたくても、その一歩が踏み出せない人は多い。海外で就職している人は、どのようにしてその選択肢を見つけたのか。

 

海外で語学学校に就職する

英語を使って仕事がしたい

留学した人なら一度は考えたことがある「海外就職」。せっかく英語が話せるようになったのだから、英語を使える仕事がしたい。世界で活躍できる人材になりたい。かつて僕も、学生時代、そう感じていた。日本のみではなく、海外とのやりとりとりがある会社で働きたいと

最近では、就活に有利になりたいと、海外でインターンシップに参加する学生も多い。インターンシップを経験した学生でも、なかなか海外で就職することは稀。

 

海外で働くために最低限の会話力をつける

一番のネックは「英語力」。海外で働くには、最低限の英語力が必要になってくる。なくてもできる仕事はあるが、あった方が、断然、仕事の幅が広がる。キャリアアップのための英語力をつけるため、たくさんの人が留学をしている。ただ、世界で活躍できるほど、英語が堪能な人も少ないのが現状。

blank

 

働く先をどうするのか

英語力を一定レベルつけた人が、次に目指すのが「ワーキングホリデー」。しかし、わざわざワーホリビザをとって、カナダやオーストラリアへ行くものの、あまりよいイメージの就職先は見つからないといった経験をする。

日本資本のレストランでキッチンスタッフをしたり、ベットメイキングやハウスキーパーになったりと、半ば「出稼ぎバイト」のような、日本でもできるアルバイトをして帰ってくるケースもある。海外で就職することは簡単なようで、成功例が少ないイメージだ。

blank

 

語学学校で働くという道

海外で就職する方法のひとつに、「語学学校」で働くという選択肢もある。語学学校という道は、キャリアアップの面でもプラスだ。実際に、海外で働くとはどういったことなのか、今回、語学学校で働くあきさんにお会いして話をうかがうことができた。

blank

語学学校で働くあきさんは、サウスピークの社員。もともと公務員として、日本で働かれていたキャリアの持ち主だという。世間一般的に、公務員は、「安定した」職業と認知されているものの、その安定した環境に、疑問を持たれたとのこと。

blank

「このまま10年先も同じことをしているのだろうか。」と

そこから彼女は、「海外就職」を目指して留学をすることになったのだという。

blank

サウスピークのオリジナルキャンパスでスタッフをされているのは、あきさんを含めて3人。この3人で、毎週のように入ってくる新入生を迎え入れている。

仕事は主に、留学前の生徒さんの「スカイプ面談」や、入学された方の「オリエンテーション」、ならびに、「スケジュール管理」や「学習相談」などさまざま。

blank

「スカイプ面談」では、事前に留学前の注意事項や、留学の意思確認などを行われている。留学に必要なテキストの説明や、英語力を伸ばすための勉強法などを面談でカウンセリングする。この事前の面談によって、生徒さんと語学学校のミスマッチを防いでいるそう。

blank

「オリエンテーション」では、入学された方に対して、より細かい学習の手引きや勉強法を伝授される。また、セブ島での生活の注意点や、学校でのルールを教わる。

blank

「学習相談」では、英語の学習方法に伸び悩みを感じた人のスケジュールの見直しなどをする。TOEICのスコアを上げるためには、何が足りないのか、きちんと学習のスケジュールを効果的に立てているのかなど、ひとりひとりのレベルに合わせてカウンセリングをしているそう。

ちょうどお話を伺っていた最中に、生徒の方が、体調が悪いとのことで相談に来られていた。留学生の体調管理のカウンセリングも彼女の仕事。

blank

海外就職の面白さは、現地のフィリピン人スタッフと一緒に働けること。先生たちとのコミュニケーションをとることも仕事。フィリピン人は、明るく、楽しそうに仕事をしてくれるのが好きだそう。

blank

学校のスタッフとして働く醍醐味は、「一緒に喜びを分かち合えること」。

留学してきた方々の努力によって、英語力がどんどん向上していくところがいい。TOEICの点数がアップできた喜びを一緒になって、分かち合えることができる。そこが醍醐味だと。

blank

あきさん自身も英語学習で苦労した経験がある。自分が真剣に向き合って英語の勉強をしてきたからこそ、悩んでいる人にそのノウハウを提供したい。ということらしい。

blank

そんな彼女は、TOEIC895点、IELTS6.5の英語力の持ち主だ。ここまで学習に打ち込んできた経験があるからこそ、いまカウンセラーとして学習指導を行えている。

blank

海外の語学学校で働くもう一つの醍醐味は、「人との出会い」。

毎週、新しい留学生がキャンパスを訪れるため、何人もの人に出会うことができる。留学する人のほとんどは、自分意思でセブの地を訪れている。海外志向の強い人や、すでに海外で仕事をしている人など、日本にいるだけでは、なかなか出会うことのできない人に会えるは、この環境でしか味わえない。

blank

フィリピンで生活すると、自然とフィリピン人との出会いも増える。いつも明るく、元気で、楽しそうにしているノリの良さが日本人と違っていい。

blank

仕事が休みの日や空き時間があるときは、現地の生活を堪能しているとのこと。フィットネスに行ったり、ダイビングやズンバの教室に行くこともできる。なかでも「ヨガ」は、一押し

blank

好きが高じて、インドにわざわざ1ヶ月の修行に行かれたほどだ。ヨガの本場、インドで修行をしてきたあきさんの肉体は、もはやどこでも精神統一ができるほど。

blank

心が乱れたとき、少し間を置いて、落ち着かせてから考える。ヨガを本格的に取り入れてから、より人格者になったのだという。学校の屋上でも、毎日ヨガのレッスンをされている。

blank

海外で働きながら、自分のキャリアを見つめ直すのもいい。海外就職を考えている方は、ぜひ一度、セブを訪れてみてはどうだろうか。語学学校で働くという道は、おすすめだ。あきさんと一緒に、働いてみてはどうだろうか。

blank

サウスピーク社員募集

 

セブ島で就職するよさ

僕は、学生時代、就活が終わった後の期間に、セブ島を訪れた。そして今回、仕事で留学をしているので、セブ島自体は、2回目の留学になる。毎回思うのが、セブ島で留学する「支援」を仕事にできないかということだ。セブ島の思い出は色濃く残っている。こうした留学のサポートをする仕事に着くのが天職なのかもしれない。

 

セブ島の全記録

blank

セブ島で起きた出来事は、ここにまとめている。僕が実際に1ヶ月留学を体験した記録がこちら。

▷ 海外移住計画ブログ#02 フィリピンのセブ島でサウスピーク留学を退学、そして転校した全記録。

 

留学体験記#01 人生3度目の留学をする僕がおすすめのマルタ留学プラン

blank

 

フィリピンのセブで英語留学の体験記を書く。セブ留学を体験してくる。留学したい、海外へ行ってみたい人へ向けたリアルな実態をまとめたい。人生で3度目となる留学をすることとなった。3回も留学した人は少ないだろう。1度目は、純粋に英語を学びたくてアメリカへ。2度目は、就活後息抜きでセブへ遊びに。そして、3度目の今回は、仕事として留学することになった。3度の経験から、最適な留学プランを考えてみる。

 

留学先を決める

先日、読者の方から、「英語にとても興味がありますが、読み書きがあまり得意ではなく、かと言って英語を話すことも出来ません。そんな私でも海外留学は出来ますか…?」というメッセージをいただいた。返信したものの、受信不可設定をしていたのだろうか、返事をすることができなかった。答えは、「できます」だ。

 

留学する目的を決める

留学をする目的は、人によって違う。純粋に英会話漬けになれる環境を求めている人や、海外に長期で滞在するVISAを取りたい人、生活費を浮かせるために途上国へ行く人など理由はさまざまだ。

 

目的に合った環境を選ぶ

自分が支える予算に合った場所を選ぼう。今現在、リーズナブルで質の高い学習環境を提供しているのは、間違いなくセブ留学だ。

 

おすすめはセブ英語留学

アメリカ、オーストラリア、イギリス、カナダ、フィリピン、フィジーなどなど、英語学校は、たくさんある。最近では、韓国やタイ、シンガポール、マルタなど、あらゆる場所で語学学校がつくられている。

その中でも、コスパが一番優れているのがフィリピン留学だ。1ヶ月10万円程度の費用のみ。食事や宿もついている。日本や韓国人が経営している学校が多く、学習に適した環境やカリキュラムがかなり充実している。さらに、近年、セブ島では何十もの学校ができたため、競争が激しく、提供される授業の質が高い。
・1ヶ月10万円程度

・食事、宿

・質の高い授業

・日本資本

 

留学するならアメリカへ

せっかく時間を使って留学するんであれば、アメリカへ行きたいと考える人も多い。アメリカで最も費用をおさえたいのなら、ラスベガス留学がおすすめ。アメリカの中でもラスベガスは授業料が安い。少しニッチな場所を選ぶ方法もある。

blank

 

留学の目的によって、学校を選ぶ。

実際、語学に必要なのは、『効率のいい勉強を、自分の思い描くゴールまで続けること』だ。TOEIC900点をとることが目標なら、とれるようになるまで勉強すればいい。900点に届かない理由を分析して、徹底的にミスする要因を潰していけば良い。パート1のリスニングが苦手なら、苦手な要因をさぐろう。

オーストラリア訛りの英語が苦手で聞き取れないだとか、特定の単語が聞き取れていないだとか、会話は聞き取れても質問文を聞き逃しているだとか、要因があるはず。自分がパート1が苦手な理由を、掘り下げることで何が悪いのかわかる。そこをきっちり克服できれば理想とするレベルに近づける。

『効率の良い勉強を続けられる環境』を選ぼう。スパルタ学校でみっちり勉強したとしても、やらされでする勉強は、ただの作業になってしまう。自分が最も力を発揮できる語学学校を選ぶことをおすすめする。

各学校の資料を請求してみるのも一つの手段。実際の語学学校生活がどのようなものなのか、知ることから始める。今の時代、ネットで好きなだけ情報収集ができる。ウェブサイトを閲覧して、気に入った学校の資料を請求する。

blank

 

昔、セブを訪れた時の体験記

数年前、僕は一度セブを訪れている。当時、学生だった僕は、フィリピンへ語学留学をした。一番の目的は、英語漬けになりながら残りの学生生活を楽しく過ごすこと。日本にいても生活費がかかる。生活費のかからない環境で、面白いことをしたいと考えた。

その時の体験記がこちら。

セブ留学体験記#00 就活後の過ごし方。SMEAGキャピタル校に3ヶ月留学した話。

 

2017年5月 再びセブを訪れる

そして、今回、僕がお世話になるのが、サウスピーク。セブの学校の中でも有名な学校。こちらにお邪魔させていただくこととなった。僕が参加するのが、「日本語禁止校」。英語漬けになるなら、日本人に対しても英語を使う。これくらいのスタンスでなければ、上達しない。という方針。

何年かぶりに英語漬けの環境で過ごせるのでワクワクしている。1日10時間の勉強ができる環境は、セブでもサウスピークくらいだ。決してスパルタではなく、自分の意思で学習を進められる環境があるのはありがたい。

 

留学する期間はどれくらいがベスト?

最適な留学期間とは

最適な留学期間は人によって違う。目指すゴール設定と、もともとの英語レベルにもよる。留学期間をどうするか。ここを悩む人が多い。せっかく行くなら1年だとか、時間がないから1週間とさまざま。僕のおすすめは、3ヶ月。3ヶ月あれば、基本的に日常会話はできるようになる。

 

おすすめは3ヶ月

語学学校への留学は、短期で十分。語学学校で行われる授業内容は、日本の英語教育とかわらない。むしろ、日本の英語授業の方が難しい単語、文法を教えている。違いは、「話す機会がある」ことだけ。お題に対して、自分がどう感じるのか英語で意見を求められる。たったこれだけの差。

留学をする人の多くは、「英語を身につけること」が目的でない人が多い。どちらかと言えば、「留学した自分」という周りからの評価を気にしている。インスタ、Facebookなどの人生のネタのひとつ。また、大学生の就職活動や、転職へのアピールとしてのTOEIC勉強だったりする。

「3ヶ月留学しました」というよりも、「1年留学しました」の方が聞こえはいい。この他者評価を基準に留学期間を決めるのはやめよう。自分の目指すゴールを目的に期間を決めるべき。

 

1年の語学留学はいらない

英語を話す機会をつくるのに1年も費やす必要はない。なぜ、言い切るのか。それは、僕がその経験をしたからだ。語学学校に1年も行くのはもったいない。全くのゼロから英語留学したとしても、1ヶ月あれば海外旅行で困らないレベルになる。2ヶ月あれば、英語で話すのが楽しくなる。3ヶ月もあれば相手の意見を聞きながら、自分の意見を話せるようになる。上のレベルを目指すならきりがないが、英語を話すための留学は3ヶ月で十分。

 

インプットは日本でできる

英語の勉強は、日本でできる。英語が全く話せない人は、英語圏に行かなければ英語が話せるようにならないと考えるらしい。そのため、1年間もの期間をかけて留学することを選択する。

実際、語学学校でやる授業内容は、日本の学校とかわらない。日本で勉強する方が、効率よくインプットできる。自分の知ってる文法や単語の勉強に割く時間があるなら、独学で勉強する方が早い。

 

どうしても1年間をフルに海外で過ごしたいなら

どうしても1年間海外で生活したいのなら、僕のおすすめがある。もし、1年間を使って、基礎英会話から学ぶのであればこのスケジュールがよいだろう。

 

・1~3ヶ月目 セブ留学でしっかり基礎英会話を身につける

・3~4ヶ月目 日本に一時帰国して知識を蓄える

・5~8ヶ月目 マルタ留学

・9~12ヶ月目 自分の行きたい国でインターンシップ、大学編入

 

・1~3ヶ月目

セブは、日本人にとって、一番リーズナブルで、質の高い授業が受けられる語学施設だ。これほど授業が充実して、安い学校は他にない。最初の3ヶ月をセブ留学で使って、会話の基礎を叩き込む。

・3~4ヶ月目

3ヶ月すれば、英語の学習方法や自分にあった勉強の仕方がわかってくる。この時期に帰国をして、自分のやりたい勉強テキストを買い揃える。文法のインプットや、単語の暗記は、日本にいながらでもできる。集中する環境を作って、ただひたすら暗記をする時間をつくる。

・5~8ヶ月目

一時帰国後におすすめなのが、マルタ留学。ヨーロッパ人が格安で英会話を学ぶために訪れているのがマルタ島。アメリカ、カナダ、オーストラリアの有名な学校へはアジア人が山ほど入学している。語学を学ぶのであれば、欧州の人と話す機会を持つべき。マルタ島へいくアジア人は少ないため、日本人は珍しがられる。ヨーロッパの友達をたくさん作りながら、多国の英語に慣れよう。

マルタは、ヨーロッパの人向けののセブ留学の位置づけ。英語を学びたいヨーロッパ系の学生さんが多い。例えば、EFマルタ校では、イタリア、フランス、スペイン、中東の学生比率が、全体の50%と圧倒的にヨーロッパ系が多い。少し英語が話せるようになってから、次に行くべきは、マルタ留学だ。

・9~12ヶ月目

9ヶ月目以降になると、学校を飛び出して、インターンシップや大学の編入試験にも受かるレベルになる。自分の思い描いていた海外での仕事やライフイメージを実現させるべき。

blank

 

留学する資金も時間もないなら

最新学習アプリで苦手を克服する

最新のアプリを使おう。教科書だけを使った勉強だけでは、自分の苦手は克服できない。「英会話ができるようになりたい」「英語を話せるようになりたい」と思う人なら、アプリをうまく勉強に生かそう。

 

留学後の進路をとりあえず見ておく

blank

「英語が使える会社」をまず確認しておくのがいい。「どれだけの英語力が必要」で、「どんなスキルが欲しいのか」事前に知っておくべきだ。就職サイトといえば、リクルートblank。日本最大の就職ポータルサイトで、有力情報を得よう。実は、リクルートでも英語を使った就職先を提供してくれている。正直、大手サイトを見たとしても、英語が必要な会社が少ないことがまじまじと感じられるだろう。現実は難しいことをしっかりと認識しておくためにも、無料で登録しておく必要がある。

 

blank注目すべきは、グローバルで働こう。海外で働く。または、海外派遣を狙った就職活動をサポートしてくれるコラムだ。このグローバルで働くコラムを見ながら、どんな人材をどの企業が欲しているのか目星をつけておこう。

リクルートNEXT

 

日本最大の転職エージェントで選択肢を見ておく

転職なら、リクルートエージェントblankが一番無難。海外赴任や英語が使える仕事を大手サイトを見ながら確認しておくべきだ。何度も言うが、自分の理想とする会社はなかなかない。自分が行きたい会社はあらかじめ知っておいて、どのスキルが必要なのか把握しておこう。

日本で一番と言えるほど転職案件が豊富。とりあえずリクルートエージェントに登録をして、転職の手伝いをしてもらう。まずは登録をする一歩を踏み出すことが必要。今後は、日本も転職文化は根付いて来る。転職経験がなければ、人材として使えなくなる時代も近い。もし、あなたが理想とする会社を見つけることができなければ、自分でフリーランスになるのもありだ。

▷ リクルートエージェントblank

 

英会話スクールや英会話カフェよりもっと安く英語を話す場所を作る方法

英語の勉強は、もっと安くできる。より安く、自分の力で英語を学びたい方は、オンライン英会話を使うべきだ。オンライン英会話なら、「無料」で英語を話すことができる。

☝︎英会話をよりもっと安く勉強する方法

英会話をよりもっと安く英語を勉強するのなら、オンライン英会話とアプリを使うといい。オンライン英会話では、スマホやパソコンでテレビ電話をしながら、マンツーマンで英語を話すことができる。しかも無料でできる最高のツール。アプリなら、もっと気軽に自分のペースで英語を勉強できてしまう。安く抑えたい人は、絶対にやるべきだ

 

外国人の友達を作って生で英会話をしよう

自分の好みの外国人と友達になろう。外国人の友達を作るアプリを使えば、生で英会話ができる。英会話スクールへ行かずとも、オンライン英会話で英語を勉強せずとも、外国人の友達を作れば、自然と英会話をせざるを得ない。

国際交流しよう!

☝︎日本にいる外国人と友達になろう

面白い外国人の友達の輪を広げよう。全世界に自分の友達をつくるのは面白い。結局のところ、マッチングアプリを使った国際交流は、かなり人気だ。アプリをつかって簡単に友人をつくるべき。

 

リアルで外国人と話す

全国47都道府県の「国際交流スポット」をまとめた記事がこちら。やっぱり外国人と友達になるべき。外国人が集まる国際交流パーティーや、外国人バーに行って実際の英語を話してみよう。英会話は英語で会話をすることだ。最終的にはテキストではなくオンラインでもなく実践で英語が話せる方が絶対に良い。

日本に訪れている外国人は、年々増えている。日本で英語が話せる外国人と友達になろう。僕は、全国を旅しながら「国際交流」の場を探し回ってきた。日本全国国際交流マップを作った。

《日本全国》47都道府県の国際交流マップ

 

英語を勉強しながら国際交流する

英語を勉強しながら、国際交流しよう。英会話は、「独学」でも学習できる。自分にあった学習方法を探すことで、「効率よく」そして「継続」させて学習できれば、自ずと「結果」がでてくる。英会話スクールへ通ったとしても、英語の学習は、結局、「自分でどれだけがんばったか」に尽きる。わざわざ、何十万円もの大金を払って英語を勉強しなくていい。英語は独学で勉強できる。英語学習に使えるテキストを記事にした

世界共通語は、今のところ「英語」。英語を使いこなすことができれば、あなたの交流の幅は広がる。英会話は「独学」で勉強できる。自分でどんどん学習して、「国際交流」の場で実践すべき

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

海外移住計画ブログ

海外移住を計画中

海外生活の準備をしよう

海外移住したい、日本を脱出したい人は、今後必ず増えてくる。「準備」をしっかりして、自分の好きな場所を見つけよう。

海外移住計画ブログ|日本出たい!日本脱出したい!世界を旅したいフリーランスの海外暮らし準備編