《香港》一人旅におすすめできないゲストハウスホステルまとめ。

香港のゲストハウスに泊まろう。フリーランサーとなって、海外移住を目論んでいる僕は、海外移住の「下見」と銘打って、マレーシアイタリアフィリピン香港タイカンボジアと他にもあらゆる地を巡っている。ひとり旅におすすめのゲストハウスやドミトリーをまとめる。

 

香港おすすめのゲストハウス

出典:ガイドブックに載っていない香港

 

❶ 九龍

観光客で賑わっている中心街。夜市や、噂の重慶大厦もこのエリアにある。食事処もたくさんあるので飽きることはない。20:00になると、海岸沿いからイルミネーションのパレードが開催される。観光客向けのちょっとしたイベントだ。

ここから西に空港がある。空港からエクスプレスに乗って、「九龍」もしくは、「香港」駅でおりることができる。ただ、九龍からより注意中心部への移動は、徒歩かタクシーを使う必要がある。歩いたほうが近いだろうが、道を間違えやすい。

❷ 香港島

香港島も栄えている。どちらかというとオフィス街が多い印象お受けるのが香港島。香港島からみる九龍の夜景はキレイだ。

 

香港のゲストハウスドミトリーの相場観

宿泊費は、1泊3,000円を出さなければならないイメージ。日本のビジネスホテルと似た価格だ

・ゲストハウス 日本のカプセルホテルのような簡易ベットで泊まれるスタイル。一つの部屋に多くのベットがある。価格は、1泊2,000円程度。

・安いホテル 1部屋に泊まるスタイル。日本のビジネスホテルのような簡易ホテル。3,000円から。

 

どの予約サイトを使うべきか?

数社あるホテル予約サイト。どれも似たり寄ったりでどれを使えばわからない。特にゲストハウスのオーナーは、来訪する外国人をターゲットにしている。そのため外国人利用者の多い、AgodaBooking.comの登録が多く、国内で人気のじゃらんに登録すらしていないこともある。これは、一括で予約を管理するポータルサイトがじゃらんに対応していないことにある。

相場感で言えば、Agoda > Booking.com の順。やはりアジア圏は、Agoda一強で、登録ホテル数も割引率も一番だと僕は感じている。どこが一番安いのか。どうすれば安く予約することができるのか。気になる人も多いはず。これまで、世界を旅しながら何十回と使ってきた中で、僕が知る最も安くホテルを予約する方法をまとめた。

 

香港のゲストハウスはあまりオススメしない

香港のゲストハウスをおすすめできないのには、訳がある。もちろん、僕が選んだホテル・ゲストハウスが悪かっただけなのだが。

 

チョンキンホテルの雰囲気

重慶大厦(チョンキンマンション)は、観光客が集まるメインエリアに位置しながら、格安で宿泊できるバックパッカーにありがたい宿泊所が密集していることで有名。

香港への移民者が多く住んでいることや、アフリカ、アジアからの移住者による多国籍な一面が香港の独特さを醸し出している。

 

宿泊所探しに迷う

香港は、何度も訪れたことがあるが、毎回、ホテル探しで迷う。必ずと行って良いほど迷ってしまう。住所はわかる。SIMカードも買ってネットも繋がる。なのに、場所がわからない。聞いてもわからない。といった具合になる。ただ単純に僕が悪いだけなのか。

 

日本と同じ価格で比較してしまう

世界一旅行滞在者数が多い香港だが、先進的な経済な分、物価は日本とほぼ変わらない。つまり、宿泊の値段も日本と変わらない

値段が同じだと、どうしても日本のホテルと比較してしまう。僕が実際に泊まったホテルの内装。独特な雰囲気がした。これで1泊3,000円だった。

 

香港おすすめできないゲストハウスまとめ

香港へは、フリーランスのノマドワーカーとして旅をしながら観光をした。中国の深センが近いので、香港に滞在しながら、深センの電気街でドローンを買うのが面白い。その旅の中で、実際に泊まったおすすめできないゲストハウスを中心に紹介する。

 

Mira inn

Mira innは、1泊2,800円。外装は少し不気味だったものの、内装は、新しくかなり綺麗だった。エアコンも調節可能。シャワーの水量も抜群。ただ、温水器の癖が強いのか、使い方に慣れが必要。飲み水も管理され、WiFiも高速だった。立地が抜群に良く、駅から徒歩2分のところにある。

悪い点は、8Fにあるところ。たどり着くまでにかなり迷った。チョンキンマンションを改装したものなのだろうか。集合マンションの一部エリアであるため、こうした洗濯物も普通に干してある。そのため、ホステルの外は、お世辞にも綺麗とは言えない。

出典:Agoda

こちらが、サイトの写真はすこぶるキレイに出来上がっている。ホテルやホステルの予約サイトは、こちらにまとめた。僕が実際に使っている「紹介クーポン」を利用すれば、最大で4,200円の割引を受けることができる。

 

テンポイン

出典:Booking.com

テンポインは、紹介写真が綺麗。このキレイな写真に騙されてはならない。ここもそこそこホステルの外はキレイではなかった。安いホテルは、それなりのクオリティ。東南アジアで宿泊できるリーズナブルなホステルと比べると、そこまでいいと言えないレベルだ。

香港へ行く際は、よりいい値段のするホテルに泊まることを強くおすすめする

 

 

香港を旅しよう

素敵なゲストハウスに泊まりながら、香港を旅しよう。僕がノマドワーキングした時のまとめがこちら。

▷ #04 香港・深セン・マカオの旅行ブログ。旅するノマドフリーランスの滞在費用

 

香港からドローンを買いに行こう

香港からドローンの本場、中国深センへは、電車で行ける。最新のドローンを求めて、深センへ行ってみよう。

▷ 《深セン》ドローンを購入。中国の華強北路「電気街」で行くべき場所まとめ

 

英語の勉強をしてから旅をする

英語は独学で勉強する

世界で共通の言語は「英語」。英語が話せればある程度の主要な都市で、コミュニケーションをとることができる。英語を学習しよう。英語は独学で勉強できる。英語学習に使えるテキストを記事にした

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

外国人の友達を作ろう

日本で「国際交流」のできる「場所」を全国を旅しながら回っている。外国人と友達になる方法をみにつけて、友達をたくさん増やそう。

▷ 外国人の彼氏彼女の見つけかた

▷ 国際交流マップ