Dobbyドローンを10日で壊したので、自分で修理した

ドビードローンを壊した。大破したドローンを見て、一瞬にして5万円の機械が動かなくなったことを嘆いた。しかし、僕はあきらめなかった。大丈夫、絶対に直してやる、と。悔しかった僕は、自力でドローンを修理することにした。

 

ドローン壊す

壊した。ドビーの操作をあやまって、壁に激突したのだ。いつも広い場所で飛ばすのだが、その日は、なぜか、市内の風景が撮りたいと、マンションのベランダから飛ばそうとした。そう。これがはじまり。

 

ぶつかると思ったときには遅く、ドビーは、壁に激突、そして、地面へと落下した。4本中3本の腕が折れ、そのうち1本のプロペラが折れてしまった。もちろん導線も切れ、自力では動かなくなった。

地面に叩きつけられたドローンをみて、僕は思った。

何てバカなことをしたのだろう、と。

 

5万円もしたドローンを修理する

泣いても仕方ない。ドローンは帰ってこない。女々しく泣きながら、壊れたドローンを手にした。落ち込んだ。ただ、自然と僕の手は、パソコンへと移っていった。

「ドビー 修理」と検索したのだ。

検索すると、どうやら、同じような境遇の人がいるらしい。ドローンを壊してしまう人が続出している。みな嘆いて修理のワードを拾ったようだ。

そして、ドビーを修理している人がいることも知った。

 

修理できるとわかってからの行動は早かった。福岡市内で、道具を買い漁った。しかし、コンパクトシティと呼ばれる福岡には、トルクスドライバーを売っているお店はなかった。ダイソー、キャンドゥー、ロフト、ドンキなど考えられるお店に問い合わせたところ、取り扱いはなかった。

 

はんだごて (ダイソー500円)

トルクスドライバーT5 (470円)

ピンセット

 

結局、amazonのお急ぎ便で、購入することとなった。トルクスドライバーにいたっては、あわせ買い対象が多く、470円の単体で購入するのが一番安く収まった。

 

要するに、はんだで、切れた導線をつなぎ直せばいい話。つなぐだけなら簡単だ。絶対に動く。中学生の技術?の時間以来、はんだを使っていなかったが、ついにあの授業が役に立つ時が来た。

切れた導線をピンセットで固定しながら、導線同士をくっつけた。不格好でもいい。また飛べれば問題ない。作業は、4時間かかった。

問題はいくつかあった。

 

・折れた3本の腕

・折れた1枚のプロペラ

・衝撃で吹っ飛んだスイッチ

 

中でも苦労したのが、プロペラ。プロペラを雑に接着剤でつけた結果悲惨な目にあった。つけるべき場所以外に液が流れ込み、プロペラの根元が回らなくなってしまった。

プロペラはドローンにとって最も重要な部分。回らなくなったプロペラでは飛ばない。この硬化したプロペラの接着剤を取る作業にも時間がかかった。

この接着した羽は、何度か飛ばして行くうちに、取れてなくなってしまった。結局、プロペラを購入。接着材でボロボロとなった付け根の部分もAmazonで購入した。

▶︎ 純正プロペラ

▶︎ プロペラの付け根部分

 

ドビー修理、5時間の格闘

実は、内心、このドローンはもう飛ばないだろうと思っていた。飛行機は、機体のバランスが命。羽が折れ、根元も硬直してしまったドローンが直るはずがないと。

そのため、修理工程の写真はあまりのこっていない。やはり、直らなかったというオチを想定しながら、修理をしていたためだ。

 

しかし、想定していた結果とは違った。

ドビーは、直った。

 

5時間もの格闘の末、大破したドローンは、見事に復活した。プロペラは、結局固定されたまま、根元から折れた。折れた部分に直接ネジを差し込むことで、可動域は狭まったものの、ドローン自体はうまく飛んだ。

スイッチの部分は、ビニールテープや両面テープを使って無理やり止めている。はんだで止めた部分の重さは、羽根部分のプラスチックカバーを外しているため問題はない。

 

何より、5万円の機体が再び空を飛んでくれたことが嬉しかった。

ドビードローンは、修理できる。何の知識がなくても直せる。ただそれだけが言いたかった。

 

ショッピング保険

クレジットカードに付帯しているショッピング保険も利用価値がある。もし、このドビーが直せなかった場合、この保険を使えるかもしれない。

僕が愛用しているリクルートカードの場合、ショッピング保険がついている。この条件が以下。

補償期間内にJCB会員がJCBカードを利用して購入した物品(補償の対象とならない物品については下記をご確認ください)で購入日(配送等による場合には物品の到着日)から90日以内に偶然な事故によって損害を被った場合

▶︎ リクルートカード保険詳細

 

この「偶然な事故」という文言が引っかかるが、きちんと問い合わせてみる価値はある。対象商品への該当はなさそうだ。もし、破壊してしまって直すことができなければ、問い合わせてみるべき。こうした場合に備えても、保険付きクレジットカードは保有しておくべきだ。

▷ 保険に強いクレジットまとめ

 

賠償保険

ドローンは一歩間違えれば、凶器になる。僕のようにビルの9階から落下させて、もし、人の頭にでもあたったものなら、ただ事では済まなかった。いつなんどき、ドローンは故障するかわからない。こうしたアクシデントに備えて、保険に入っておくべき。

いざというときのために、対人、対物の損害賠償保険へ入っておくことを勧める。年間数千円で入れる保険もあるなど、備えあれば憂いなし。無料相談所で自分に見合った保険を探そう。問い合わせたところ、ドローン専用の保険にわざわざ入らずとも、「賠償保険」はたくさんあるとのことだった。事故を起こす前に入っておくべき保険だ。

▶︎ LIFULL保険無料相談

 

▶︎ Dobby

手のひらサイズのドローンで最高の写真が撮れる。

・199g

・4k画質

・スマホで操作

・USB-Cによる充電

・wifi経由で画像共有

自力で直せる

 

 

ドビー修理後の初フライト撮影は、イタリアで行ってきた。一度壊した記憶から、ドキドキしながら撮影をした。

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#2 イタリアミラノ

その後も、ドビーは元気に写真を撮ってくれている。

 

そして、ドビードローンは、飛ばなくなった

ついに、ドビーはうまく飛ばなくなった。最終的に、まっすぐ飛ばなくなった。自動制御のような機能があるものの、安定感のないドビーは、バランスを取るために、バッテリーを大量消費する。数分と持たずに、バッテリー切れになった。

なんども落とした結果、羽の部分は亀裂がはいっていた。

修理したものの、限界がきたみたいだ。

このドビーを処分するのはもったいなかった。

というわけで、このドビーを「ジャンク品」として、販売した。

15,000円で売れた。

 

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

ドローン写真集

▷ 200g以下カメラ付き空撮ドローン比較

▷ Dobbyドローンを10日で壊したので、自分で修理した

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#1 福岡志賀島

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#2 イタリアミラノ

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#3 広島平和公園

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#4 福岡大濠公園

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#5 長崎ハウステンボス