2022年より安く海外へ行く航空券6つの予約方法!外国人も使うフライトコスパ節約術

フライトチケットを安く手にする方法。よりマニアックなフライトを見つけて、よりコスパよく旅をする節約方法をまとめる。

1 キャンペーンチケットを狙う

国内旅行ならLCCのキャンペーンチケットをチェックするのは面白い。大阪の関空近くが拠点の「ピーチ」は最近でも格安セールキャンペーンを開催してくれている。

セール品を探しながら、自分が行きたい場所を探すのもおすすめ。行き先を決める前に、「格安チケット」を探した上で、「目的地を決める」旅も面白い。

キャンペーンチケットを購入すると「安く買えた」満足感が得られるので気分が高まる。

2 Googleフライトの「目的地を探索」を選ぶ

Googleフライト」を使えば、目的地へのフライトを一覧で確認することができる。特に、「目的地を探索」を選べば、「旅行できる日」に使える「安いフライトチケット」を見比べることができる。

「この日はパリに行く方が安い」けど、「次の日はフランクフルトの方が安い」というように、その時々で最適な価格で行ける国を比較できる。

目的地を先に決めるよりも、フライトを先に決める方がコスパよく旅行できる。

3 航空チケット予約サイトの割引スケジュールを知る

航空会社のチケットは「ナマモノ」と言われるように、時間によって値段が変動する。今日、1万円だったフライトが、明日には2倍になっていることもある。

このチケットの値動きのアルゴリズムを紹介しているのがこの本。『Take More Vacations: How to Search Better, Book Cheaper, and Travel the World』の本の中では、「より安く」「よりコスパよく」航空チケットをゲットする方法がかなり具体的に書かれている。外国人も実践する節約術だ。

『GOLDILOCKS WINDOWS FOR CHEAP FLIGHTS』ルールとして、安い期間を具体的に紹介してくれている。オフシーズンとピークシーズンによって「チケットを安く買える期間」を紹介している。

格安スケジュール

安いチケットを予約しよう

■ オフシーズン
国内線 1-3ヶ月前
国際線 2-8ヶ月前

■ ピークシーズン
国内線 3-7ヶ月前
国際線 4-10ヶ月前

■ フライト21日前は狙い目
21日前から割引になる
3週、2週、1週間前と安くなる

■ 曜日
安い曜日 水、木、土曜日
高い曜日 金、日、月曜日

4 クレジットカードのマイルで移動する

日本のJALやANAの「マイルが貯まりやすいクレジットカード」を使うことで、より安く移動することができる。

僕自身、実際に使っているのが「マリオットボンヴォイカード」。このクレジットカードで貯めたポイントを、JALマイルに変更してマイルで旅をしている。

旅人に人気のカードです。知る限り、このカードが最もコスパよくマイルも貯まる。ホテル無料宿泊もできるため使っている。

あわせて読みたい記事

愛用品EDCガジェット

【愛用品EDCガジェット紹介】2021年ミニマリストにおすすめ毎日身につけるウェアラブルギアアイテム

5 航空会社の株主優待券を使う

航空会社の株主優待券をフライト割引に使うのもあり。コロナの影響を受けて、航空会社の株価が軒並み下がった今、長期保有と応援の意味を込めて投資する人も増えているようだ。

優待券は自分で使ったり、メルカリで販売する人もいる様子。

どちらかというと長期投資で応援しながら、優待券をゲットして利用するのは選択肢としてありだ。

6 VPNで東南アジアから予約する

VPNを使って、東南アジアから「自国民向けチケット」を予約するのも方法だ。VPNは、より安全で信頼できるネット環境を整えるために使われることが多いが、より安いチケットを手に入れることにも使えるようだ。

日本でも、外国人向けのホテルと国内向けのホテル予約サイトでは「値段が数千円程度違う」のと同じ感覚だ。

特に、その国の航空会社は、自国で予約する場合、安くなることもある。予約する際は、VPNを使って、価格を比較するのも面白い。

あわせて読みたい記事

海外移住の準備

海外移住計画ブログ|日本出たい!日本脱出したい!世界を旅したいフリーランスの海外暮らし準備編