【事例】2022年に流行る副業アイディアネタ4選!YouTuberの次に来る仕事をフリーランス起業して先取りしよう

「2020年以降、これから流行りそうな仕事ってなんですか?」って聞かれたので、話をまとめてみます。フリーランスで流行る仕事は何だろうか。2020年に流行りそうな副業アイディア。

 

フリーランスの相場から新しい仕事を想像する

今の主なフリーランスの相場って、イマイチわかりにくいですよね。営業のときに使える相場がこちら。「フリーランス相場」。

「相場がある」仕事は、見方を変えると相場以上にはならない、競合が多い仕事っていう認識もできます。逆に、まだ「相場がない」仕事は、競合がいないブルーオーシャン。流行ると言われている仕事を「先取りする」ことで、先駆者になるって作戦もできます。『これから2020年までに流行りそうな仕事未来予測』をざっくりまとめます。

あわせて読みたい記事

試すとわかる

何事も試さないとわからない。実際に試して、嫌ならやめればいい。

副業100のアイディアで月100万円以上稼いで好きなことで収益をあげる方法。

1 アフターエフェクトの「アニメーション文字」

今、動画編集が流行っています。YouTubeからVlogと呼ばれる動画のコンテンツ、3Dから360度カメラを使った映像まで幅広い。vlog、YouTube動画は編集できるけど「アフターエフェクトなどで作る、動く文字の編集ができない!」って人が出てきました。だからこそ、今、このモーション系のクリエイターにお金が集まっています。

動画編集がAIのディープラーニングで最適化されつつあります。要するに、ユーチューブの動画編集が、ボタン一つで、サクッと、テロップからカット割りまでできるのが当たり前になる。で、次はより「デザイン」を意識した部分が残ってくる。よりオリジナルで、他に作れないような「すごい」デザイン系が残っていきますよね。アフターエフェクトおすすめです。僕も来週からプロに教わってきます。

 

2 数値分析の専門家「ウェブマーケター」

アメリカでは、大きな職業としてデータ分析のマーケティングに大きな給与が支払われていますよね。要するに、人間の「感覚」ではなく、しっかりとした「データ」を判断して、次の行動を決めるようになる。

「データ分析」して物事を判断すると言う思考は、今後、より強くなります。例えば、ブログも「読まれる記事」を書くために、検索ボリュームをチェックしたり、クリック率が悪いのでタイトルを変えたり、などなど。数字を見て判断するデータ分析は必須スキルになってますよね。

 

3 人の暇を埋める「ライバー」

自動化が進むことで、余暇を遊びに使う人が増える。現に、5年前と比べて、フリーランスが日本でも増えてきました。それと同時に、自由な時間を遊びに使う人も増えてきた。

自分の好きな時間に仕事をする分、「エンタメに時間を使う、暇な時間を費やす」ようになってきましたよね。ここを埋めるのがライバー・ユーチューバーです。僕も1日4時間平均でユーチューブ見てます。今後は、ライバーに時間が移っていくことでしょう。

 

4 同じ趣味が集まる「オンラインコミュニティー」

フリーで仕事をする、リモートで仕事を完結させる人が増えることで、人はより「寂しさ」を感じるようになります。生産性を上げれば上げるほど、自分が成功したいと思えば思うほど、「人との関わり」が希薄になる。もっと面白い人と会いたい!もっと未来の話がしたい!と趣味が似ている人を探すようになる。

より多くの人がコミュニティーを求めて、オンラインに流れてくるようになります。大学のサークルで友達を探すように、大人が〇〇愛好会に入るのと同じように、今後は、オンラインで日本全国、世界各国に住んでいる人たちが「オンラインのコミュニティ」を探すようになる。という未来予想の感覚でオンラインコミュニティーをしています。

 

2020年に流行る仕事を先取りする

2020年と言わずとも、今まさにこの流れが来ていますよね。何事も先にやるのはちょっとばかし、優位に立てます。

実は、もっとクセの強い未来予測をしているんです。もっと先の分析はクセが強いので、また今後発表しますね。やっぱり、遠くの未来を予測しながら、先に「準備する」って大事ですね。

 

僕が実際に脱サラした話

2016年につくった初々しい記事

2016年にこの「海外移住計画」記事を書いた

この記事は、2016年当時、僕がまだ普通のサラリーマンだった頃に趣味で書いた記事をリライトしたもの。「海外フリーランスという働き方を確立して、海外移住をする」という気持ちを書き残している。正直、今読み返すと「何を言っているの?」と思う箇所も多々あったが、記録のために残している。恥ずかしいが、こんな中二病のような時期も「過去の自分」。

旅行が好きだった僕は、脱サラして「海外で生活すること」を目指した。これが、その時の軌跡。要するに「海外生活できる仕事をすればいい」と思ったことがきっかけ。この記事を書いてから1ヶ月単位で、やるべきことを実行して「脱サラ海外フリーランス」になった。

 

脱サラして海外移住する計画

 

 

アーリーリタイアするための100個の副業

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

あらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。リタイアするために副業を作る試行錯誤をし続けた。「副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。

リタイアして海外移住するために荷物を減らそう

手ぶらで旅行や出張をするアイテム集

Kindleでアイテム本

「手ぶら」生活が本になった。要するに、必要な荷物が少なければどこでも移動できる。手ぶらアイテムをまとめた本「ウェアラブルギア」をKindleで出版した。

ついに「手ぶらで旅行するアイテム集」のKindle本を出版した。「1週間の旅行も手ぶら」で行く筆者が作った「身につけるアイテムまとめ」。これまで旅行に使い倒したサービスや商品を惜しみなくまとめている。より最新のサービスやアイテムを知りたい方は、ぜひ読んで欲しい。Kindle Unlimitedでは無料。Kindleでは100円で読める。