プログリットは効果がない?実際に体験してPROGRITの口コミ評判を検証!そして、岡田社長にインタビューしてきた

新橋、池袋、新宿、神田、有楽町と瞬く間に都内を中心にいくつもの校舎があるPROGRITプログリット。このプログリットの口コミ評判がすこぶるいいという噂を聞きつけ、実際に行ってみることにした。

かつて、TOKKUN ENGLISHトックンイングリッシュと呼ばれ口コミで評判となっていた英語学習サービス。果たして、今、どう進化しているのだろうか?プログリットの口コミは本当なのだろうか。話題のプログリットの評判を、実際に体験して検証してみることにした。

 

PROGRITプログリットの無料カウンセリング

PROGRITプログリットは、無料でカウンセリングを体験できる。あれこれ考える前に、まずはカウンセリングを受けたい方は、こちらリンクからの無料のカウンセリングを申し込める。

 

PROGRITはどこがいいの?プログリットの口コミ評判を検証!

今回紹介するのは、PROGRITプログリット。「圧倒的な」英語力を身につけるなら、プログリットは評判がいい。「プログリット 評判」と検索すると、その口コミ評判の良さが伺える。プログリットは圧倒的な効果が期待できる。といった口コミが多いが、果たして本当に、「効果」はあるのだろうか。疑問に思った僕は、実際に、校舎へ行って、「無料カウンセリング」を受けてみることにした。

PROGRIT公式より

「プログリット」と検索すると、PROGRITプログリットTOKKUN ENGLISH の両方が出てくることがある。実は、プログリットは、トックンイングリッシュという名前だった。同じ会社の同じサービスが名前を変えて、新たにスタートした。その名の通り、英語学習の「特訓」ができるパーソナルトレーニングジム。あの世界的に有名なコンサルティング会社「マッキンゼー」出身の創業者である、岡田社長が手がけている。特筆すべきは、「2ヶ月」という短期で、結果を出すカリキュラム。

仕事で今すぐにでも英語を使わなければならなくなった人や、英語が昇進昇格の絶対条件となった人など、「短期」で圧倒的な伸びを迫られている学習者に最適だという。どうしてここまで人気になっているのか。

 

PROGRITなら2ヶ月で結果が出る?

プログリットが、他の英会話スクールよりも長けているのは、「短期集中」型の英会話学習カリキュラム。英語学習の「モチベーション」を徹底的に管理してくれる。だらだら英語を学んでも意味はない。無駄に年会費を払わされる他のサービスを使うなら、短期で圧倒的な英語力の伸びを実感できるプログリットを使った方がいいというわけだ。

本当に、短期間で英語が伸びるのか。実際に、どんな授業をしているのかプログリットの秘密を探ることにした。今回は、このプログリットが、なぜこれほどまでに好評判となっているのか検証していく。口コミで書かれていた「気になる疑問」を元に、プログリットのカリキュラムをのぞいていく

 

実際に無料カウンセリングを実際に受けてみた

今回お邪魔したのは、プログリットの新橋。実際に、新橋へ潜入して、「無料カウンセリング」を受けてきた。無料カウンセリングを実際に受けてみれば、プログリットの評判理由がわかるはず。プログリットの評判通りの、圧倒的な「質」の高いサービスを提供しているのか潜入してきた。

カウンセリング予約当日。入り口にある電話でカウンセリングを受けにきたことを伝えると、スタッフの方が個室へ案内してくれた。この部屋がカウンセリングで使われた。プログリットのオフィスはとても綺麗。

席に座って、軽く挨拶を交わしたら、早速カウンセリングが始まる。カウンセリングは、簡単な質問からスタートする。いくつかの質問をされる中で、自分がなぜ英語が必要なのか。何のために英語力を伸ばしたいのか。明確に言葉にすることで、「理由」を探るイメージ。

英語力を全体的に底上げしたいのか、ビジネスで通用する英会話のスキルを伸ばしたいのか、ネイティブに引けを取らない英語力を身に付けたいのかなどなど、具体的な理由を話して行く。プログリットに通って、今後どのレベルまで英語を伸ばしたいのかを伝える。

カウンセリングの後は、簡単なテスト。自分の目指す英語力のゴールに達するために、今の「課題」を見つけてくれる。簡単なテストでは、リスニング、ディクテーション、スピーキングと、一般的なものだった。簡単なテストだったが、自分の課題を分析してもらえるのはありがたい。

リスニングでは、テッドトークの一場面を日本語で要約した。ディクテーションでは、聞こえてくる英語の穴埋め。スピーキングでは質問に対して1分間で説明する。といった内容だった。これが、無料カウンセリングの前半。

なぜ、英語を学習しなければならないのか、しっかりとヒアリングされたのち、軽くテストをして、現状の課題を見つけてもらう。そして、カウンセリングの後半は、課題に対して、どのようにして学習を進めて行くべきか学習コンサルタントからしっかりとお話ししてもらえる

 

体験!PROGRITプログリットの4つの評判を検証してみた

ネット上のプログリットの口コミ評判は、控えめに言ってもかなりいい。「2ヶ月で本当に英語力が伸びた」、「行くだけで価値があるサービス」などなど、なぜそこまで評判が良いのだろうか。この口コミで評判になっている理由を、実際に体験学習を受けてカウンセリングしてもらいながら検証してみた。

カウンセリングの後半は、プログリットがどのようにして、自分の「課題」を克服していくことができるのか、親身になって解説してくれる。カウンセリングで教わったことを踏まえて、どうしてプログリットがここまで評判が良いのか口コミ評判を踏まえて、僕の私見たっぷりにまとめていく。

 

1もっと早く行けばよかった!という口コミは本当か?

口コミで最も多く見られたのが、「もっと早く行けばよかった」ということ。早く行けばよかったと思うほど、PROGRITプログリットのサービスは質がいいということ。実際に無料体験を受けてみると感じるのだが、「英会話」に必要なスキルを「細分化」して丁寧に説明してくれる。この丁寧な説明が、自分の英語学習に何が足りないのか手に取るようにわかる。自分のレベルが今ここで、目標としているレベルに達するために、何が必要で、どう具体的にトレーニングすればいいのか、しっかりカウンセリングしてくれる。これが「もっと早く行けばよかった」という口コミのゆえんだ。

単なる「英語」というくくりではなく、リスニングには、どんなことが必要で、スピーキングには、どの力がいるのか具体的に説明してくれる。例えば、リスニングの場合、「音声知覚」と「意味理解」という2つのステップに分けて考える。「音声知覚」は、聞こえた音声信号を素早く英語の文章に変換する力。「意味理解」は、英語の文章をず早く日本語に変換する力のこと。他にも、単語力や文法力といった知識データベースも必要だ。リスニングに必要な要素を分解することで、より課題が明確になり、迷うことなく学習に取り組むことができる。

この「細分化」は、単なる経験則ではない。「第二言語習得学」という科学的に根拠のある学習方法を採用しているとのこと。こうした学問に沿った考え方をベースにしているため、多くの人がプログリットで結果を出している。

理想的なリスニングは、「意味理解」に脳のキャパシティを使えていること。音声を聞くのは、脳のキャパシティをほとんど使わなくて良い状態にするのが理想。日本語のリスニングをする際、一言一句聞き取らずとも理解できるのと同じような状態を作る。

相手が何を言おうとしているのか意味理解するように聞くことに脳のキャパシティをコントロールするのが理想。常日頃から、音に耳を傾けずとも、音が聞こえるように、相手が言おうとしていることを理解するように聞くトレーニングをすべき。こうした、リスニングでの脳の使い方まで丁寧に教えてもらえる。

また、プログリットは、その人に合った効果的な学習方法を提供してくれる。例えば、リスニングの「意味理解」を深めるために、シャドーイングをする。シャドーイングは、このテキストを使って、一日何時間勉強してください。といった具合に、課題に対して、何をしたらいいか明確に教えてくれる。この徹底的な英語学習カウンセリングが、プログリットに「もっと早く行けがよかった」という口コミ評判の理由だろう。英語学習には不安がつきもの。自分の英語力が足りていない部分をピンポイントで改善させるためにも、学習コンサルタントに相談してみることがおすすめ。

英語学習の目的から、勉強時間や場所、さらには使っている教材から、ご自身が伸ばしたい英語のスキルなどなど、細かい部分までヒアリングしてくれる。英語学習で最も陥ってはならないのが、学習進行のミスマッチ。

覚えなくてもいい超ハイレベルな英単語やほとんど会話で使わない英文法をひたすら学習しても、「英会話」は伸びない。皆さんが義務教育で学んだように、英語の勉強ではなく、話す「英会話」を学習しなければ、英語は話せるようにならない。この学習のミスマッチを「無料カウンセリング」で払拭できる。このプログリットだけで満足する人も少なくはない。それほど定評がある

英語に伸び悩みを感じているのなら、プログリットの無料カウンセリング を受けてみるべきだ。口コミ評判にあった「もっと早く行けばよかった」は、無料カウンセリングだけでも十分理解できる。

21ヶ月で80時間もの勉強ができるようになる!という口コミは本当か?

PROGRITプログリットは、英語学習の「自習」をサポートしてくれるサービスとも言える。英語は、自分で学習している時が最も伸びる。英会話スクールで英語を一から全て教わるは、非効率。実際、日本人は、英語を中学、高校と既に6年間もの間、「教わって」いる。学習方法云々ではなく、教わってきているにもかかわらず、話せていない事実がある。

逆に、ご自身の周りの人をイメージして欲しい。英語が話せる人は皆、自ら行動して、「自習」をして身につけていないだろうか。これが最も重要なこと。英会話を身につけるために必要なことは、どれだけ「自習」するかにかかっているのだ

もちろん勉強をするのは自分自身。英語の学習で最も難しいのは、「継続」して学習を続けていくこと。みんな、これができない。英語が必要なことも、将来英語が使えなければ海外で活躍することもできないことを知っているにも関わらず、「自習」ができていない人がほとんどだ。

さらにタチが悪いのが、英語を勉強する習慣はあるものの、間違った方法で勉強している場合だ。間違った方法で学習していても、伸びる英語力も伸びてこない。この最適な英語学習のモチベーションを底上げしてくれるのがプログリットの力。

プログリットは、徹底的に英語学習「やりきる」ことをサポートしてくれる。2ヶ月の短期で、ご自身の目標とするTOEICの点数やビジネスレベルで使える英語力まで伸ばしてくれる。ここがポイント。2ヶ月で160時間もの英語学習ができる「環境」を作り上げてくれる。要は、1ヶ月80時間、1日2.6時間の勉強ができる計算だ。この圧倒的な学習量が実現できる「やる気」を出させてくれる。圧倒的な勉強量を、これまで、数え切れないほどの受講者に提供している。

プログリットでは、学習の継続率が、何と97%となっている。この数字は異常。100人の受講者がいて、97人は継続して英語学習ができているのだ。97%もの人が、2ヶ月で160時間もの英語学習ができれば、英語が上達するのは目に見えている。97%もの人が継続して学習しているほど、プログリットの「モチベーション」管理システムは優れているということだ。

具体的にどんなことをしてくれるのか、カウンセリングで説明してもらえた。プログリットでは、基本的に「自ら」学習計画を立てる。もちろん、学習コンサルタントの指導あっての計画だが、自分が行う英語学習の量は、相談しながら決めることができる。写真にあるように、いつどこで、どう学習するのか明確に決めていくことで、どの時間にどのスキルを伸ばしていくのか分かりやすくなる。この緻密なスケジュールを徹底してこなすことで、より効率よく英語力をアップしていく。

例えば、通勤時間の30分。普段何気なく過ごしているこの時間を、必ず、英単語を覚える30分と決めておく。いつもなら、LINEやネットニュースをだらだらと見てしまっていたが、英単語を覚えると決めてしまえば、一生懸命覚えようとする。これが「習慣」になれば、通勤時間の30分が1日の中で貴重な「勉強時間」へと変わっていく。こうした生活習慣や時間のマネジメントまで、しっかりとノウハウを教えてもらえる。これがプログリットが1ヶ月80時間もの時間勉強できるようになるというゆえんだ。

カウンセリングは、基本、週一回。受講開始後すぐは、大変だと感じる人も多いようだが、慣れてくると、この週一の面談にいきたくなる人が増えてくるとのこと。英語学習に打ち込んでいる人は、どんどん自ら学習していく。どんどん勉強していくと、いくつかの疑問が生まれてくる。この疑問や悩みを解消しに面談したいという思いが湧く。より厳しく、英語学習の計画をハードにして欲しいという要望が出るほど、やる気に満ちてくるそうだ。

さらに、1日の英語学習を常に報告するシステムもある。LINEを使って、学習コンサルタントに学習開始時と終了時に報告する。こうしたやり取りをすることで、嫌でもサボれない環境を作る。やらざるをえない環境を作ることができる。このLINEシステムもすごい。

例えば、シャドーイングをした時の音源を学習コンサルタントに送る。音声を送ると、その発音やイントネーションをしっかりとフィードバックしてくれるのだ。いいところと悪いところをしっかりとチェックしてもらえる。独学でシャドーイングした場合、どうしてもシャドーイングの正解がわからない。音声で連絡することで、2ヶ月で60回分のフィードバックしてもらえることを考えると、かなり良いシステムだ。質問があれば、いつでもできる。フィードバックを徹底してくれる。管理体制がしっかりしているので、サボれない環境。間違った方法はなく、最効率の方法でサポートしてくれる。

プログリットの凄さは、この圧倒的な学習量を底上げしてくれるやり抜くという意味の「グリット力」にある。結局のところ、英語学習は、自分が全てだ。どんなにいい教材を使おうとも、どれほどいい先生に教わろうとも、最後は、自分自身が英語をどれだけ学習できたかにかかっている。この「やる気」を潜在意識からみなぎらせてくれるのがプログリット。

 

32ヶ月でTOEIC150点アップ!という口コミは本当か?

PROGRITプログリットは、2つのコースがある。「TOEIC」コースと「ビジネス英会話」コースだ。基準はないが、違いは、ビジネス英会話コースは、スピーキングのコースも含まれるようになり、レベルが少し高くなる。TOEICのレベルで言えば、900点を超す生徒も多く在籍しているという。カリキュラム自体は、個人で提案されるため、全員異なる。あなたがなぜ、英語を学習したいのか、どうして英語が必要なのかを「専属のコンサルタント」が個人に合わせてカリキュラムを組んでくれる。

「応用言語学に基づく科学的なカリキュラム」をパーソナルにコーチングしてくれる。オーダーメイドで英語学習の方法を提供してくれるからこそ、結果がついてくる。最も効率の良い学習、かつ、1日約3時間学習する結果、TOEICが800点越える。

実際のところ、英語学習をしたことがある方は分かると思うが、2ヶ月でTOEIC150点アップするか否かは、その人のやる気次第。元々の英語力が高ければ超えるし、やる気があれば点数の伸びの違う。この口コミのポイントは、「2ヶ月でTOEIC800点を超える」くらい英語勉強に集中できる。ということだ。

TOEICの授業を受けた人の全員が点数が飛躍するはずもない。一定数の割合で途中で勉強をやめてしまう人も多い。全員が100%結果にコミットできるほどTOEICは簡単ではない。プログリットがカウンセリングする方法を愚直にこなしていければ上がるし、やらなければ上がらない。簡単なことだ。

プログリットのサービスは基本2ヶ月間。この2ヶ月で結果が出れば、英語学習をやめる。というイメージでサービスは提供されていない。英語力はどんどん次の目標が生まれてくるからだ。プログリット卒業後も「自ら」継続して英語学習ができるように、英語の勉強を「習慣」にさせてくれる力がある。英語学習は、継続することで、より洗練されていく。

2ヶ月経って、目標としていたTOEICのスコアが達成するか否かが間違いなく、英語のスキルは伸びる。100%、全員が期間内に目標達成することは、理論上ありえない。ただ、目標達成を超えるための英語学習のノウハウと、英語学習を習慣化させるシステムをプログリットは提供してくれる。だから卒業後も自ら継続して英語学習ができるようになれる。2ヶ月で結果が目標まで出せなくても、学習を継続してより高いレベルの英語を身につけられるようになるのがプログリット。

 

42ヶ月30万円の料金は安いか?

「応用言語学に基づく科学的なカリキュラム」をパーソナルにコーチングしてくれ、かつ、1日約3時間学習できるようになるプログリットは、「授業料」もそれなりの値段だ。実際、2ヶ月で約30万円、入会金を含めると、約35万円もの費用がかかる。約35万円と聞いて、どう感じるだろうか。高いと感じるだろうか。あるいは、安いと感じるだろうか。実は、この金額こそがポイントとなっている。

2ヶ月で35万円ということは、1ヶ月で17万円。初任給の手取り金額とも言える。ここが足切りのポイント。17万円を払ってまで、「絶対」に英語を学習したいと考えている人だけが集まってくる。入会した人は、皆、やる気に満ち溢れている。この金額を支払うことによって、自分を追い込んでいるのだ。この金額を払えば、たった2ヶ月で自分の理想とする英語力が身につく。

プログリットの受講生は、専ら「ビジネスマン」だ。英語学習に悩みを持ったり、今すぐ仕事で英語が必要な人たちが集まっている。また、プログリットの生徒同士の交流もあるとのこと。英語学習に打ち込む同じ境遇のやる気のあるビジネスマンと知り合えるのもメリットだ。

だが、実際とのところ、この値段が安いか高いかは、個人が決めること。一番わかりやすい例が、自分の目標を価格で決めること。僕は会社員時代、どうしても海外派遣組のエリートコースに出世したかった

このゴール目標がある中、ネックだったのは英語力。やはりどうしても海外の大学出身者を優遇している風潮にあった。こうした中でも、TOEICや別のスピーキングのテストなど、圧倒的な「英語力」をつけてビジネスシーンで何の遜色もない英語力を2ヶ月で身につけることができるのなら、2ヶ月で35万円は安い。

自分が海外でビジネス英語を駆使しながら、外国人と対等に議論をするシーンを思い浮かべて欲しい。298,000円で海外で活躍できるのなら、安い買い物だろう。安いか高いかは人それぞれだが、目標に近づけると考えるなら、僕は安いと感じた。

 

プログリットの口コミ評判の真実

今回、実際にプログリットの校舎へ潜入してわかったことがある。それは、口コミ評判は、どれも信憑性が高いということだ。僕もいくつもの英会話スクールや英語パーソナルジムにお邪魔してきたが、ここまで「最適化」された英語スクールはなかなかない。

ネットで書かれているいいことばかりの記事やこれ見よがしに良いことばかりが書いてある記事もよくある。ただ、僕は、実際にカウンセリングを受けて、カウンセラーと実際に話して、代表取締役と話して感じたことを記事にしている。口コミで評判になる程、しっかり作り込まれたサービスであり、カウンセラーたちも自信を持ってプログリットのサービスを提供していた。英語を本気で学ぼうと考えている人にはぴったりのサービスだ。

プログリットの公式ページにもあるように、「趣味で英語をやりたい人」は、集まってこない。本当に英語力をつけたい人たちが、高いモチベーションで自分のゴールを達成するためにあるのがプログリット。英語に伸び悩みを感じているのなら、プログリットの無料カウンセリング を受けてみるべきだ。

 

無料のカウンセリングを受けての感想

プログリットのの無料カウンセリングを実際に受けて感じたのは、プログリットのサービスの質の高さだ。しっかりと作り込まれているなという印象だった。カウンセラーの方は、これまで何百人もの人を相手にしている経験値やデータがある。そのため、英語の悩みを持っているに対しての「カウンセリング」が長けている。

「ビジネス英語を学びたい」だとか「TOEICの点数を上げたい」といったこちらの要望に対して、真摯に相談に乗ってくれる。一番印象深かったのは、「やる気」を出させること。プログリットのサービスは、8割近くがビジネスマン。外資やこれから海外に進出しようとするサラリーマンが多いため、それなりに「優秀な」方々が多い。こうしたビジネスマンの共通点は、「仕事ができる」こと。

仕事ができるサラリーマンに多いのが、「結果」を出すことに貪欲になれること。カウンセリングの途中。カウンセラーからは、いい意味での「プレッシャー」というなのモチベーションが上がるような言葉をかけてもらえた。このままだらだら英語を勉強しても、目標とするゴールへたどり着けませんよ。といった具合に、うまく背中を押してくれる。これがプログリットのやる気を出させてくれるメソッドかと、カウンセリングを受けながら感じた。

 

プログリットの採用は厳選されている

プログリットの採用ページを見てもらうとわかるのだが、チーム力が高いことが伺える。プログリットの会社は、内部共有システムが優れているそう。新しい人材に対してもこれまでの会社としてのノウハウが即利用できるような共有がきちんとされているとのこと。

この画像は公式ページのものだが、かなり楽しそうな雰囲気が伝わってくる。仕事にやりがいを持ちながら、カウンセリングをしてくれるコーチがこれほどにも楽しそうに、そして結果にコミットしてくれるのはありがたい。こんな雰囲気で、かつ、結果を出してくれるのであれば、通いたいと思った。

 

英語学習であれこれ悩むなら即行動すべき

あれこれ悩むなら、まず、無料カウンセリングを受けてみればいい。プログリットがなぜこれほどまでに評価されているのか。このやる気はどこから出てくるのか、無料のカウンセリングに参加すると、このカラクリがわかる。少しでもいいなと思ったら、即参加してみるべき。「無料カウンセリング」を受けただけで、そのすごさが分かる。「もっと早く行けばよかった」と後悔する前に行っておくべきだ

 

PROGRITを運営する代表取締役社長岡田氏に直接インタビューしてきた

ここまで合理化された英語学習サービスは他にない。プログリットに興味を抱いた僕は、直接この疑問を、代表取締役社長岡田祥吾氏に聞いてきた。なぜ、そこまで「評判」の良いサービスができるのか。そのルーツはどこにあるのか。などなど、赤裸々にインタビューをした。その根源にある考え方はどこからきているのか。実際に校舎を訪れて、お話しさせていただいた。

Qサービスを作るきっかけは?

新卒でマッキンゼーに入社しましたが、実は、マッキンゼーに入る前から、辞めて会社を作ろうと考えていました。このサービスをつくった理由は、好きなことで、世の中にインパクトを与えることがしたいと考えてたからです。その一つが「英語」です。英会話業界を見たときに、既存の英会話スクールがいくつかありますが、一番の課題は、英語力が上がらないスクールが多いことです。逆に、本当に英語力が上がるサービスを作ればいいのではないかと考えたのがきっかけです。

Q既存の英会話スクールとどう差別化していますか?

プログリットがやっていることは、「お客様の英語力が最も伸びる方法」を提供することです。逆に競合他社のことはあまり考えていません。既存のスクールの問題点の一つは、やっている方法が、「その人にあった学習ができていない」ことが多い。例えば、基礎レベルの人が、英語を話すことをしたり、単語を覚えた方がいい人が、単語を覚えることをしていない課題があります。もう一つは、「英語の学習時間が少ない」こと。例えば、週に一回一時間程度の学習時間では、どれだけ効率的な学習方法でも英語力は伸びない。英語力を伸ばすのは、そんなに甘いものではないのです。この二つの課題を解決するために、プログリットのサービスを運営しています。

競合と競争することではなく、「お客様の英語力がいかにして伸びるか」これを追求して、提供しているだけです。「英語力の伸び=学習生産性×投下時間」。学習生産性というのは、単位時間あたりの英語学習の効率。投下時間というのは学習している時間。この二つを最大化するために、改善を繰り返しています。周りのことは気にせず、愚直にこの改善をやり続けること、PDCAのサイクルを回し続けることを僕らはやっています。

Q社長自身が英語を勉強し始めたきっかけは?

実は、高校時代、英語が全く好きではありませんでした。特に、リスニング、スピーキングは苦手でした。大学は理系に行ってプログラミングを習っていたのですが、在学中に、理系の仕事が向いていないと気づきました。日本で就職する場合、理系ではない方面に進むのなら、英語ができないとまずいと思って、アメリカのシアトルに1年間留学しました。その留学をきっかけにして、英語が好きになっていきました。アメリカ留学後、日本に帰って、就活をしてマッキンゼーに入社しました。

Qやはりマッキンゼーの経験はプログリットに生きていますか?

プログリットの根源にある考え方は、間違いなくマッキンゼーの考え方が生きています。1つは、マッキンゼーの「ロジカルシンキング」からきています。要するに「論理思考」。世の中は、論理的に成り立っています。英会話を勉強するのにも、ただ何となく英会話をすれば伸びるというものではないですよね。僕らは、全てを「ロジカル」に考えて、絶対に正しいことをやる。ここは、マッキンゼーで培った「ロジカルシンキング」の考え方を生かしています。

もう一つが、「プロフェッショナリズム」。お客様に対して、ダントツに素晴らしい価値を提供する。マッキンゼーは、このマインドセットがしっかりとしています。妥協するということが一ミリもないです。お客様に対して出すサービスを、妥協しない。この考え方も、今のプログリットでも生きています。

Q今後のプログリットの展開を教えてください

今後は、主要都市に校舎を増やして行きます。校舎拡大のために、人材を増やしていくと、どうしても従業員の質が下がってしまうのではないかという声が上がってきます。ですが、僕らは逆に、クオリティーはめちゃくちゃ上がってきています。昨年まで、正社員は、10人程度でしたが、今では、82人にまで増えています。

僕らは、チームで動いています。全員が全員、ノウハウを共有できるシステムを構築しています。この「組織力」が僕らの強みです。このシステムがあれば、新しい人が入っても、即、組織力を使って最高の価値を提供でき、そこでの新たなノウハウを組織力に還元できるのです。よって、人が増えれば増えるほど、コンサルティングのレベルが上がっています。英語学習サービスに関しても、まだまだ伸びる余地があると思っていますので、今後も愚直に、フレキシブルに対応していきます。

 

インタビューを終えての感想

今回、僕自身が直接、代表取締役社長岡田祥吾氏とお話しさせていただいた。個人的に岡田社長の人柄に興味があったので、よりパーソナルな質問を多くさせてもらった。プログリットのサービスの根源にある、マッキンゼー時代の経験や、学生時代の英語学習の経験など、面白い話を聞かせていただいた。

最も印象に残っているのは、お客様に満足していただけるサービスを必ず提供するとお話されたこと。そのために、日々、愚直にサービスを改善されている。岡田社長のような熱量のある経営者が、チーム一丸となって作っているサービスは強い。だからこそ、口コミで圧倒的な評価を得ているのかと感じた

 

PROGRITプログリット

ポイント

・1日で約3時間もの勉強ができる

・2ヶ月でTOEIC150点アップが狙える

・298,000円のコスパの良さ

・無料で英語の伸び悩みを解消できる

 

料金

・無料カウンセリング 

・受講2ヶ月 / 298,000円(入会金50,000円)

 

校舎 東京6校舎、神奈川1校舎、大阪1校舎

プログリットは、まだ一部の地域でしか店舗展開はしていない。話によるとオンラインで受講することができるようになるので、地方の方も是非一度、無料カウンセリングを受けてみるのはいかがだろうか。

▷ PROGRIT 新宿

東京都新宿区西新宿1丁目19番6号山手新宿ビル12階

▷ PROGRIT 新橋

東京都港区新橋2-12-17 新橋INビル3階

▷ PROGRIT 池袋

東京都豊島区西池袋3丁目27-12 池袋ウエストパークビル2階

▷ PROGRIT 神田

東京都千代田区神田須田町1-14-1 MASU no SQUARE 6階

▷ PROGRIT 横浜

神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル7階A室

▷PROGRIT 梅田

大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目4-20 桜橋IMビル9階

 

実際に行ってきたPROGRITプログリット新橋

今年こそは、英語が話せるようになりたい。英会話に伸び悩みを感じている人は絶対に受けてみるべきだ。カウンセリングは無料だ。無料であれば、金銭的な損はしない。カウンセリングを受けて、帰るのもあり。プログリットのカウンセリングを受けて、「やる気」だけ持ち帰るのも面白い。

 

無料カウンセリングの予約は、PROGRIT公式サイトで簡単な情報を入力するのみ。60秒も掛からずに入力が済む。気になった方は、一度受けてみるべきだ。

 

東京都内で本格的に英語パーソナルトレーニングを受ける

英語を本格的に学びたい方におすすめなのが、 ENGLISH COMPANY だ。僕も体験レッスンを受けたのだが、絶対におすすめできる。他の英会話スクールとの違いは、「科学的根拠」に基づいた徹底した「学習効率」にある

実験と研究によって証明された「第二言語習得研究」と呼ばれる「学問」データをもとに、英語学習プログラムを作成している。この科学的根拠のある学習プログラムが圧巻。英語を話せるようになった1人の「経験則」ではなく、何万人ものデータを元にした「科学的根拠」のある方法を、一人一人の英語レベルに沿ってパーソナルに提供してくれるのだ。

僕もこの学習トレーニングを受けた経験者だ一度受けたからこそ、絶対におすすめできる。騙されたと思って、足を運んでほしい。それくらい僕が良いと思ったサービスだ。嬉しいことに、ENGLISH COMPANYのトレーニングは、無料体験できる。無料のトレーニングでここまで英語学習を見直してくれるのは、ここしかない。英語の勉強に悩みを抱えているのなら、絶対に受けてみるべきだ。悩んで時間を無駄にするよりも、トレーニングを受けて満足して欲しい。それくらい一押しできるサービスだ

 

都内の英会話スクールに通う

将来のために、英語が話せるようになりたい。英語のパーソナルジムのように、自分を追い込むのではなく、趣味感覚だけども、それなりにしっかりと英語を学習したい方向けの「英会話スクール」もある。教え方が上手い、施設がキレイといったおすすめの英会話スクールを「厳選」して選んだまとめがこちら。

▷ 《東京》厳選した都内でおすすめのマンツーマン英会話スクール6教室

 

女性専用のマンツーマン英会話

あなたが、女性なら、女性のための英会話スクールに通うのもおすすめ。都内には、女性のための、女性限定の「英会話」スクールがある。おしゃれで、女子力の高い可愛いスクールで、充実しながら英語を学びたい方におすすめ

▷ 《東京》都内で女性のための英会話スクール比較。おしゃれでキレイな環境で勉強できる教室まとめ。

 

全国国際交流マップ

日本で「国際交流」のできる「場所」を全国を旅しながら回っている。外国人と友達になる方法をみにつけて、友達をたくさん増やそう。

▷ 国際交流マップ

 

英語を独学する

英会話は「独学」で勉強できる。レベルに応じた適切なテキストとサービスをうまく使おう。英語の学習は、「独学」が最も集中できて、効率がいい方法。いかに英語学習を「習慣」にさせるかが鍵だ。これさえできれば、簡単に英会話ができるようになる。僕が実際に独学した時の学習スケジュールと、実際に使ったテキストのまとめがこちら。

英語力を伸ばすなら、英語学習の計画を立てるべき。自分が絶対にどのレベルまで達したいかをイメージした上で、英語を勉強すべき。僕は、英語上達完全マップを使った計画で、徹底的に学習したからこそ英語力が伸びた。

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

 iPadノマド勉強

僕が行き着いた先が、iPadを使った勉強法だ。先に言うと、僕は地頭が悪い。集中力もない。だからこそ、今ある脳を最大限に使って効率を上げる必要があった。自分の気分が乗った時に、いつでも勉強できるような環境を作る。そのために、iPadに英語教材を全て取り込んだ。

このiPad勉強が、僕にはぴったりだった。ちょっとしたスキマ時間に単語の暗記をしたり、長い移動時間に洋書を読んだりと、いつでもどこでも自分の好きな勉強ができることでストレスを感じずに学習を続けることができた。自分が楽しく勉強が続けられる方法を見つけることが必要。

▷ iPadノマド勉強法!自炊で本をスキャンして、かっこよくおしゃれで効率のいい勉強をする

 

スキマ時間に短期集中する

長期で英語学習を続けるために意識したのは、「スキマ」時間の使い方。通勤時間の20分を、いかに自分の時間にするかがカギ。根本的に、僕は集中力がない方なので、机に向かって何時間も勉強できない。できない勉強をどう続けるか、考えた結果が、「スキマ」を埋めることだった。

5分だったら集中できる。なら、5分を12回こなせば、60分になる。この「スキマ」の時間にやりたいことを「短期集中」でできたことが、英語力アップにつながった。何より、飽きずに勉強を続けられた。

このスキマ時間を有効活用する方法の一つとしておすすめなのが、英語学習アプリを利用すること。世の中には、山ほど英語アプリが登場している。どれも遊びっぽく、学習に使えないが、スタディサプリ ENGLISHは、全く別物。さすがは、リクルートの手がけるアプリ。「質」高く、「スキマ」時間に英語学習できる。

「スピーキング」のトレーニングでは、会話に沿って、自分で実際に「発音」しながら進めていく。こちらが、スタディサプリの「スピーキング」のトレーニング映像。実際に発音をして、音声で正誤を判断してくれるシステムとなっている。会話を元に、イントネーションや発音を学ぶことができる。

僕は、アプリで勉強することにものすごく抵抗があった。たいていの学習アプリは、大したこのない。しかし、このスタディサプリは別物。英語学習のスペシャリスト達が太鼓判を押すほど人気になっている。質の低い無料アプリを使って、時間を浪費するよりも、質の高いアプリで効率よく英語力を上げる方が断然いい。

 

スタディサプリのポイント

・スピーキング、発音、リスニング、文法など英語の基礎力を底上げできる

・特に「リスニング」「スピーキング」のカリキュラムが最高評価

・24時間自分のペースで学習できる

・7日間の無料体験あり

スタディサプリは、7日間無料体験できる。完全無料期間を使って、アプリが自分に合っているか確かめるべき。気になったら即ダウンロードしてみて欲しい。より詳しい解説は、スタディサプリを実際にやってみた記事に載せている

僕は、アプリで勉強することにものすごく抵抗があった。たいていの学習アプリは、大したこのない。しかし、このスタディサプリは別物。英語学習のスペシャリスト達が太鼓判を押すほど人気になっている。質の低い無料アプリを使って、時間を浪費するよりも、質の高いアプリで効率よく英語力を上げる方が断然いい。英語学習に伸び悩みを感じているのなら、絶対にダウンロードすべきアプリだ。無料期間に使い倒して、このアプリのすごさを実感してほしい。

スタディサプリ ENGLISH

 

スタディーサプリのキャンペーン 8/10まで

スタディーサプリでは、ただいまキャンペーンを開催している。今なら、月額980円が740円で受けられるキャンペーンだ。2018年8月10日(金)正午までの先着5,000名限定となっている。迷っているなら今が絶好のチャンスだ。

スタディサプリ ENGLISH

 

そして、さらに、Amazonギフト券1,000円分の進呈も行なっている。なかなかこうしたキャンペーンの機会はない。入るなら、今がおすすめだ。

 

・TOEICのパーソナルコーチをつける

もし、あなたがTOEICの対策として、英語を勉強しているのなら、このスタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策がおすすめ。動画を見ていただくとわかるが、TOEICに特化した対策が「スキマ時間」に学べる。通勤の時間にサクッと、TOEIC対策ができる。テスト演習から、文法解説はもちろん、単語の暗記、リスニング対策まで、全て「スマホ」で学習できる

ここまで「質」の高いアプリは他にない。下手に、無料アプリを使って、時間を無駄にするよりも、スタディサプリのお試しをいますぐ使ってみるべき。お試し期間は、7日間あるので、試して合わなければ即やめればいい。おすすめできるTOEIC対策アプリだ

実際に僕が使用したレビューがこちら。スタディサプリTOEICの1週間無料お試しをもうトライしたか?。実際に使ってみると、このアプリのすごさに驚くはずだ。英語学習をするなら、最先端で、最効率の英語学習ができるアプリを絶対に使うべきだ。

スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策

 

僕がたった3ヶ月で英会話を上達させた方法

英語学習は、習慣だ。自分がやりたい時に、どんどん独学すべき。独学のポイントは、「習慣化」させること。毎日持っているスマホを使って、英語学習ができる環境を作り上げれば、重い腰を上げずとも、毎日手軽にできる。

よく言われるのが、歯を磨くように「英語」を学習すること。歯磨きが寝る前の習慣になっているのなら、英語学習も寝る前の習慣にすればいい。習慣となった行為は、何の気なしに無意識に続けられる。英語学習を習慣化しよう。

「英会話」に特化した勉強をすれば、独学で英語は、格段に上達する。

▷ 僕がたった3ヶ月の独学で英会話をマスターした3つのテキスト勉強法