驚くほど覚えやすい!Evernoteエバノートを英単語帳として効率良く使う5つの英語勉強方法

Evernoteを英語学習に使う。使ったノートをとるおすすめ勉強法を紹介する。もう、紙のノートはいらない。時代遅れの代物になってきた。今回は、Evernoteを使った、単語帳システムを作る方法をまとめる。

 

自己満足な勉強をしていない?

やったことを明日も覚えているか?

学習で最も必要なことは、やったことを覚えていること。勉強をした気になった人の多くは、その日に学習した内容を次の日に覚えていない。ノートをとる、机に座る、といった動作は、すべて、学習した内容を理解して覚えていることに意味がある。

 

やった「時間」ではなく「質」が重要

僕が受験生時代おちいっていたのが、何時間勉強したのかをはかること。自分はこんなに長いじかん勉強したんだという自己満足で勉強をしていた。これは頭が悪い例。

要は、1時間勉強することが偉いのではなく、5分で全てを覚えることができる方が理想だということ。勉強しなくてもやりたい内容を覚えられれば必要ない。

 

短時間 × 回数

最もお勧めするのが、短時間集中して何回も取り組むこと。1時間机に向かって勉強するのではなく、10分間を6セット行う方が記憶は定着しやすい。人の集中力は長くない。短時間で集中して何度も学習する方がはるかに効率がよいのだ。

この短時間で何度も復習することに適しているのが、Evernote を使った勉強法だ。Evernoteは、単語帳として使える。英単語を暗記するのに、スマホやパソコンで編集できるシステムを構築しよう。

 

Evernoteが英単語に使える5つのワケ

英語学習の「質」を上げるために「エバーノート」を使いこなす。エバーノートを英語学習に使うメリットと方法をまとめた。

1いつでもどこでもスマホで見れる

ノートをスマホで見る。短時間で何度も学習するためには、身近なものにノートを保存するのがよい。Evenote の場合、スマホから内容を見ることができる。もちろん、パソコンで入力した内容と同じものをID共有すればどこででも見れる。

極端に言えば、友達との待ち合わせ時間、通勤通学の時間などスキマ時間にちょっとでも目を通すだけで、暗記が促進される。僕の場合、アメリカでコインランドリーを利用していたときにノートを使って暗記した。洗濯、乾燥までの時間を学習に使うため、スマホで確認しながら、発音しながら英単語を暗記した。

退屈な待ち時間を、有意義な学習時間に帰られたことは大きなプラスだった。

2016-04-18 21.20.50 2016-04-18 21.20.47

 

2ノートは書かずに「打ち込む」時代

ノートに文字を書く時代は終わった。ノートは電子ノートに打ち込む。書くことで暗記が促進されると思い込んでいる古い人たちがいるが、それは昔の話。書き込むくらいで暗記できていたら、皆が天才になっている。

ノートを書くことが全く無意味だと言っているわけではない。五感を刺激して暗記を促進する効果はある。ただ、注意したいのが、きれいなノートをとろうと書き込みに時間をかけてしまうパターンだ。

見た目のレイアウトにどうしても時間をかけてしまう人がいる。これはナンセンス。レイアウトのために書き換えたり、色をつけたりする人は大抵頭が悪い。というよりも効率が悪い。もっとシンプルに、覚えることだけに集中するべきだ。

なぜ、これほどまで酷評するかというと、かつての僕は、色合いや見た目に凝ったノートを必死にとっていたためだ。頭が悪いとは僕のことを言っている。

e2

 

3ノートを打ち込む次は「声を吹き込む」

実は、ノートを打ち込むことすら古い。もうすでに、声をつかって入力する方法もある。スマホについているボイス入力を使えば、自分が話している言葉をそのまま文字として入力してくれる。記号や句読点も感度よく表示できるボイス入力はこれからの主流になるだろう。

この記事を書いてから4年が経った2020年の今、音声入力の精度はかなり上がった。僕自身、ブログやライテイングのほとんどの記事を音声で入力している。スマホの機種によって入力精度も違うため、ハイスペックスマホを使うのがおすすめだ。

  

 

4エバノートは編集が楽

行順や文字順など変更しやすい。紙の場合、消しゴムで消せるが、行を増やすことはできない。暗記のしやすさから考えて、間に書きたい情報があってもかけないのがもどかしい。

エバノートなら、どこへでも書ける。中には何度やっても覚えられない単語もある。こうした自分にとって難関な単語を選りすぐったノートを作って暗記を促進することもコピーアンドペーストで簡単にできる。

ev1

 

5即座に辞書で調べられる

入力した文字は即座に検索ができる。これは大きなメリット。紙のノートの場合、文字をひろって辞書で検索をしなければ意味を知ることができない。紙のノートが好きな人は、だいたい、紙の辞書を持っている。未だに理解できないのは、紙の辞書を使った方がよいという意見。高校時代の先生が、強制して紙の辞書を使わせてきたが、あれは何だったのかと今でも疑問に思っている。むだだ。

やり方は簡単で、文字を「選択」し。「辞書」を押せば意味が表示される。

2016-04-18 21.21.23 2016-04-18 21.21.33

エバーノートでいつでもどこでも学習時間にあてよう。勉強しなくても暗記できることが一番良い。最も効率の良い方法を見つけて、最短時間で勉強を終わらせよう。だらだら時間を延ばしてやることが一番の無駄だ。

 

Evernoteでネイティブと英語学習をする

実は、Evernoteは更に高度な英語学習ができる。それが、英会話のNEWが手がけている「外国人と交換日記サービスを使った方法だ。このサービスは、気軽に「外国人と交換日記」ができる。実際に僕も利用させていただいて、体験してみた。交換日記といえども、英語学習のライティング要素が詰まっている。

このサービスは、「英会話のNEW」という英会話スクールのコースで実際に使われている英語学習方法だ。Evernoteを使って英語の先生と交換日記をしていくイメージ。自分が伝えたいことを、Evernoteに書き起こしながら、ライティングの添削をしてもらえる。実際に使ってみた感想と体験を踏まえて感じたことを3つ紹介する。

 

1リアクションが嬉しい

交換日記は、なんと言ってもリアクションの楽しさにある。自分の日記に対して、先生がしっかりと受け答えしてくれる。ここが面白さのポイント。先生がきちんと反応してくれるため、次にどんなことが帰ってくるのか楽しみながら、待つことができる。

僕もこんな文章を返してみた。こうした何気ない日記でも、先生はきちんと応えたくれる。ここまできちんとした返答をしてくれるサービスはなかなかない。続けてみると面白い。これが交換日記で学習する楽しさだろう。

 

2ライティングの添削になる

交換日記は、自分が話したい内容をベースに日記を書いていく。日記といっても、交換日記なので、相手との対話が必要だ。この日記が、ライティングのレベルアップにつながる。ライティングを勉強しながら、交換日記を楽しめるのはありがたい。

ライティングの添削サービスは、いくつかある。ただ、どこも値段が高かったり、添削がイマイチだったりと内容に満足しないことが多かった。このサービスは、交換日記がベース。日記のように文章を書きながら、自分の好きなことを書くことができるのは面白い。ライティングの添削をしてもらいながら、自分が使える英語表現を広げたい人におすすめできる。

 

3気軽にできるメリット

このサービスのポイントは、Evernoteでより気軽に交換日記が作れるという点だ。Evernoteをダウンロードしておけば、スマホでもパソコンからでも交換日記ができる。この気軽さが嬉しい。

ただ、いいことばかりレビューしても信憑性に欠ける。僕が実際に体感した感想をいうなら、この気軽さがよりデメリットにもなる。交換日記であるため、気軽に返信できるが、より英語学習を意識するのなら、自分が覚えたい表現やフレーズを使った文章をきちんと考えなければならない。

チャットのように、即返信できるような文章であれば、簡単に済ませることができる。自分の英語力を伸ばすなら、気軽に返信するよりも、しっかりと自分の書きたい文章を練りながら、新しく覚えた単語や表現を使うほうがためになる。

英語の勉強のために、文章を練ろうとすればするほど、返信が「気楽に」できず、返信を後回しになってしまう。気軽にできるからこそ、英語を身につけたいという欲がでてしまう。そんなサービスだった。

 

Evernoteで「外国人と交換日記」

Evernoteで英語の勉強を加速させたい人にとって、このEvernoteで「外国人と交換日記」はおすすめだ。気軽にでき、楽しみながら、ライティングの添削をしてもらえる環境は、なかなか作れない。

Evernoteで「外国人と交換日記」は、お試しコースもある。この機会に、Evernoteで「外国人と交換日記」を始めてみてはいかがだろうか。お試しして、自分に合っていれば続けていくべきだ。

▷ 外国人と交換日記

 

テキストで英語の交換日記を学習する

あなたがもし、交換日記をより英語学習に生かしたいのなら、こうした初心者向けのテキストを購入してやりこむのも良い。「外国人と交換日記」でもおすすめされているこちらの本は、英語のライティングや交換日記の文章力が底上げされる。

 

実際にEvernoteを英語学習で使ってみる

実際に、Evernoteを学習にどう活用していくのかをまとめる。今回は、人気のスカイプ英会話を利用してみた。多くの会社が、格安で質のいい英会話の場を提供している。ただ、本当にスカイプを使っただけでは英会話力を劇的には伸ばすことができない。今回は、スカイプ英会話に、ちょっとしたアプリを組み合わせることで、効率良く学習を進めていく方法を紹介する。

 

なぜ、スカイプ英会話 + Evernote なのか?

英語表現を増やすためにスカイプ英会話をする

スカイプを使って、英会話学習をするのは、英語を話す力をつけるため。自分が会話で使える英語表現を増やすために英会話学習をすることを絶対に忘れてはならない。要は、自分が使える英語表現をある程増やすことに、スカイプを使って学習する意味がある。

スカイプをすることに意味があるのではなく、スカイプで英語表現を増やすためにやる。

 

やりっぱなしが一番だめ

スカイプ英会話の授業を何度も受けたのに、英語がまったく伸びない。伸びない要因は、スカイプ英会話をやったことに満足してしまい、学習の反復を怠ってしまうためだ。

自分が表現できなかった英語をその日のうちに復習することで英会話は上達していく。

 

英会話をやりっぱなしにしないためのEvernote

スカイプ英会話をやりっぱなしにしないために、僕が使うのがEvernote。たとえば、スカイプ英会話中に、そのままコピぺをしてノートにする。また、言えなかった表現をスカイプ英会話中に、メモしておく。メモとして残しておくことで、自分が何を言いたくて、なぜ言えなかったのか思い出すことができる。

3

 

実践編「Evernote」と「スカイプ英会話」 で英単語帳を使いこなす方法

Evernote(エバノート)英単語帳ポイント

Evernoteを使うときのポイント☝︎

❶ 使いたい表現のストックをする

❷ 間違えた表現のストックをする

❸ クラウドに保存してどこでも復習する

実際に、どうすればEvernote(エバノート)英単語帳が使いこなせるのか実践してみた。

 

 使いたい表現のストックをする

スカイプ英会話で英語を喋っていたとき、話せなかった言葉はないだろうか。使いたかったけども何ていえば良いのかわからなかった表現は、自分が言いたかったこと。自分の言いたいことを英語で話せるようになるためにも、このできなかった表現を次の機会で使えるようになっておくのがポイントとなる。今日できなかった表現を、明日できるようになれば良い。

たとえば、ものすごく美人が先生とスカイプ英会話をしたのに、適切な褒め言葉が何も浮かんでこなかったとする。スカイプ中はとりあえず、メモ欄に、「褒め言葉」とキーワードでメモを残しておく。

スカイプが終わった後に、褒め言葉をGoogleなどで検索して、自分が使いたかった表現をEvernoteにストックしておく。Evernoteは、スカイプ中も開くことができるので、忘れてしまっても、見返すことができる。

e3

口説きたかった先生がいれば、 oh! you’re so fox!! (超セクシーだね!)

もっと丁寧な表現であれば、 fabulous beyond description! (言葉に言い表せないほど素敵ですね)[DUOより]

次回、美人な先生に当たった時に、この表現を披露する。これこそが、本当に英会話が上達する方法。自分が本当に言いたかった表現を毎日ストックし、次の機会で使う。大抵、一度使った表現は、覚えているのもなので、次回、同じような状況に出会ったとき、すっと言える。

渾身の褒め言葉をどんどん使っていこう。自分の言いたいことがスラッと言えことが、英会話上達の自信につながる。先生も冗談だとわかっているので、微笑んでくれる。

sky3

 

間違えた表現のストックをする

間違えた表現をストックしていく方法。たいていの先生は、英会話中にできていなかった表現をメモとして残してくれる。これをそのままEvernoteに貼り付けてれば復習ノートができあがる。Evernoteなら、ボールペンなどでノートに直接書く手間が省ける。

e4

 

 クラウドに保存してどこでも復習する

Evernoteでとったメモを何度も見るだけで復習できる。Evernoteの利点は、共有機能にある。要は、パソコンでコピペしておいた英単語をスマホを使ってそのまま見れる。

スマホで見れるということは、スキマ時間に復習ができるということ。たとえば、電車通期での15分間や、昼ごはんをお店で注文している際の10分間。家に帰ってお風呂を沸かしているときの5分間などなど。

ちょっとしたスキマ時間に、さらっと目を通すだけで驚くほど暗記できる。

2016-04-17 22.14.02

 

10分間みるよりも、1分間×10回みた方が暗記できる

単語を1度見ただけで暗記できるのは、秀才タイプ。僕のような集中力のない人は、数回にわけて覚えることをお勧めする。同じ10分間の学習でも、数回に分けて10分間を使う方が、格段に暗記が進む。

「7回読み」勉強法で東大首席で卒業された弁護士さんも推奨されているように、数回に分けて覚えた方が、効率がいい。

 

4

▶︎「7回読み」勉強

 

スカイプ英会話をエバノートで快適に学習する

Evernote(エバノート)英単語帳ポイント

Evernoteを使うときのポイント☝︎

❶ 使いたい表現のストックをする

❷ 間違えた表現のストックをする

❸ クラウドに保存してどこでも復習する

スカイプ英会話をやりっぱなしにすることなく、毎日復習することで、英語を上達させよう。

 

よりハイレベルな英語勉強を知っているか?

もしあなたが、まだ「紙の本」で英語を勉強しているとするなら、もはや時代が古い。勉強は「タブレット」や「スマホ」でするものだと言うことを知っておくべきだ。僕は、スマホ1台で「2画面表示」をさせて、「テキストを読みながら」同時に「音声を聞いて」英語学習をしている。スマホ1台で英語学習ができる。本物の「本」をデータでスマホに取り込みので、本と同じ内容のテキストを持ち歩けるのだ。

すこぶる重い文法書や、今日あの本を忘れてしまったと言うことが皆無。むしろ、自分のお気に入りの英語のテキスト50冊から、読みたかった小説、最近話題のビジネス書、雑誌に、漫画に10,000冊以上もの本を「スマホ1台」で読みあさることができる。

この最高に便利な「スマホ勉強」を知らない人は今すぐ取り入れてほしい。人生が変わるからだ

僕がおすすめしているのが、「自炊」をして、本をスキャンし、PDFでデータとしてタブレットやスマホで読むことだ。この自炊で勉強するのは、海外では当たり前。日本ではまだまだ普及していないのが現状。まず、塾講師や教師が遅れすぎていると僕は思っているレベル。学校でスマホやタブレットが使えない時点で、日本の教育は終わっている。と言い切りたいくらいタブレット勉強法は最高だ

この方法は最高。一度、方法を身につければ、どのテキストでもできる。書き込みは当たり前にできるし、何千、何万ものテキストをスマホやタブレットに入れ込むことができる。iPadを使ってどうやって瞬間英作文のテキストを取り込むのかは、こちらの記事iPadでおしゃれにノマド勉強する時代。自炊で本をスキャンして、スキマ時間に効率のいい学習をする方法を読んでほしい。

 

独学で英語を勉強するのは不安な人

英語学習は、独学で進めるのには限界がある。実際のところ、英語を使う機会を作らなければ、「自分がどれだけ成長できたのか」把握しづらい。何周もやったのに、結局、英会話が上達しなかったという結果になるのが怖いと感じる人もいる。「不安」を感じた時は、英語のパーソナルトレーニングの「無料体験トレーニング」で自分のレベルを客観視すべき

「この英語の勉強方法は合っているだろうか_」「独学で勉強して大丈夫だろうか?」と不安な人は、ENGLISH COMPANYをおすすめする。僕が実際に受けた中で、最もすごいと感じたサービスだった。僕も体験レッスンを受けたのだが、絶対におすすめできる。他の英会話スクールとの違いは、「科学的根拠」に基づいた徹底した「学習効率」にある

「なぜ英語が話せないのか」「あなたの弱点はどこか」「どの勉強方法が科学的に証明されているのか」ロジックでしっかりと教えてくれる。さらにおすすめな理由は、「無料で英語学習方法を相談できる」こと。無料のカウンセリングでは、あなたの弱点をしっかりと分析して、どの勉強方法が良いのか教えてくれる。無料のカウンセリングは絶対に受けた方がいい。

▷ 失敗?ENGLISH COMPANYのトレーニング効果は本当か?体験を受けて実感した4つの効果と口コミ評判の感想

ENGLISHCOMPANYはこんなにおすすめ

英語初心者にもおすすめ☝︎

☑︎ この勉強方法で合っているのか不安な人

☑︎ 英語の勉強が行き詰まってきた人

☑︎ 無料で英語の学習相談がしたい人

☑︎ 今の英語学習の成果を感じられない人

 

日本で「英会話」を上達させるには?

日本で英会話を上達させるポイントは「英語で会話する」回数を増やすことだ。英語の勉強を独学でしたあとは、どんどん英会話をすべき。英語はただの「コミュニケーション」のツール。TOEICの点数が高くても会話で使えなければ全く意味がない。

外国人と英語で話そう。日本には外国人と英語で会話できる「国際交流」ができる場所がたくさんある。外国人が集まるバーやイベントに参加して、英語を話す機会を作ってみよう。僕は実際に全国各地になる外国人が集まる「国際交流」の場を、全国を旅しながら探し回ってきた。この全国マップをもとに、あなたの家の近くの国際交流の場を訪れてみよう。外国人と交流をして、友達になって、英会話するのは楽しい。

▷  日本全国 国際交流マップ

国際交流イベントはこんなにおすすめ

国際交流をおすすめできる人☝︎

☑︎ たくさんの外国人と友達になりたい人

☑︎ ナンパされる/するのが好きな人

☑︎ コミュ力に自信がある人

実は、国際交流イベントの裏話をすると実は、参加している外国人「女性」は少ない。日本人男性にはちょっとばかり楽しめない構図になっていることがほとんどだ。

 

アプリで外国人の友達を作ってリアルな英会話をする

「近くに国際交流スポットがない」「もっと気軽に外国人と話したい」という人におすすめなのが、アプリで外国人と友達になる方法だ。オンライン英会話で会話力をあげたら、最終的に、「対面」で「会話」をするべき Match を使えば「対面」で英語学習ができる。マッチングアプリを使って、外国人の友達を作れば、より友達以上の深い関係にもなれる。

マッチングアプリを使って、外国人と友達になるのはおすすめだ。自分と気が合う相手と直接知り合いになれるなら、わざわざ外国人バーに行ったり、イベントで声をかける必要がなくなる。あくまでも、よりたくさんの「外国人と友達になるため」にアプリを使っていると割り切れば良い。Facebookも昔はマッチングサービスだったことを気にしている人は誰もいないのと同じだ。

リアルな外国人の友達をどんどん作っていこう。ユーザー数が200万人近くいる。登録が「簡単な」こと。上のように、地域を入力すれば終わる。登録してすぐ、相手を探すことができるため、初心者におすすめのSNSアプリ。

 Match

おすすめは、日本に住んでいる外国人にターゲットを絞ること。基本的に無料で使用することができるが、より多くの機能を使う場合、有料会員になる必要がある。無料で使ってみて、手応えが良かった際に、有料会員になることをおすすめする。

このアプリのおかげで、下手な国際交流イベントやパーティに行くのはやめた。お金を注ぎ込むよりも、気軽に好みの異性の「外国人」を見つけるのなら、絶対にこのアプリがいい。外国人の友達を作りたい人におすすめのアプリは、《厳選7アプリ》日本人の友達が欲しい外国人を簡単にみつけるアプリまとめ の記事にまとめている。

マッチングアプリはこんなにおすすめ

おすすめポイント☝︎

☑︎ 自分の好みの相手と英会話したい人

☑︎ 外国人の彼氏彼女が欲しい人

☑︎ 深い人間関係が好きな人

☑︎ イベントでは好みの相手を見つけられなかった人

 

実践編!実際にどうやって僕が外国人と出会ったのか?

これまで、「国際交流」として、数人の外国人と付き合った経験がある。どうやって彼女を作って、どこで出会ったのか。その王道パターンをこの記事にまとめた。これまで隠してきた僕の外国人と友達になる、出会うパターンをこの記事にまとめている。正直、こんな話を真剣に俯瞰しながら書くのは恥ずかしかった

外国人と出会うための12の方法!結局、出会い知り合うにはアプリが簡単だったと実践した話

国際交流アプリの裏話

☝︎国際交流アプリが一番

最近のブームは、国際交流アプリで外国人と友達になること。僕自身、あらゆる方法で外国人と友達になってきたが、やっぱり「アプリ」はすごいなと思っている。アプリの使い方や各アプリの特徴を記事にまとめた。

やっぱり、世界で最もユーザー数が多いアプリで、外国人の友達を探すのが一番早い。世界で人気のアプリなので、日本全国、どこに住んでいても外国人と友達になれるMatch は外せない。

 

 

もっとアプリを知りたい方へ!親日な外国人が使うアプリを厳選

親日な外国人を見つけよう。「日本人の友達」が欲しい「外国人」に出会えれば、外国人の友達は簡単に増える。マッチングアプリを使えば、自分の好みに合った相手を簡単にみつけることができる。海外では当たり前のようにマッチングアプリが使われている。Facebookやinstagramと同じように、ただのアプリとして新しい出会いを求めている。

アプリを使いこなせば出会いの幅が広がる。下手に友人に紹介してもらったり、パーティーにいく手間を考えれば、マッチングアプリで好みの人を探した方が断然早い。外国人に人気のアプリをまとめた。特に、日本人の友達が欲しい「親日な」外国人が使うアプリを厳選して紹介した記事がこちら

 

あらゆるサービスを選んで英語独学する時代

「英語独学」はあらゆるサービスを使ってできる時代になった。「スマホ」「タブレット」で「英語テキスト」が読めたり、「学習アプリ」や「国際交流アプリ」を使って、リアルな英会話が学べる。最新最高のサービスを使いこなせるようになろう。どんどん時代は進化する。アプリを使いこなして、どんどん英会話を上達させるべきだ。

 

独学で英語を学ぶのは当たり前

結局、英語の勉強は、自分がどれだけ知識を蓄えたのかにかかっている。大量に英語をインプットして、英語で覚えた単語や文法を使って英会話でアウトプットをする。この繰り返しだ。インプットをする時間を「独学」で作れる人は英語のみにかかわらず、どの分野を勉強しても成果が出せるようになる。

僕が実際に英語を勉強した時のスケジュールやおすすめのテキストを事細かくこちらに記事にまとめた。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在