【初心者】貧乏人が100万円の少ない資産を1000万円以上に増やす5つの方法。脱サラFIREお金運用計画

「資産を増やす方法」が気になる人も多い。僕自身、「どうすれば資産が増えるのか」「何をしたら早くリタイアできるのか」考え、実践した結果、今、20代でセミリアタイア生活をはじめることができた。今回はどうすれば「資産を増やして」「リタイアできた」のか5つのテーマをまとめる。

100万円を1000万円以上にした

少ないお金の運用

僕自身、最初は100万円にも満たない「資産額」だった。まして年収は250万円以下と平均年収よりも遥かに低い額で仕事をしていた身だ。そんな貧乏人だった僕がどう資産を運用したのか。そのシンプルな初心者向けのコツをまとめる。

おすすめFIRE本

あわせて読みたい記事

【最強のFIRE本4選】アーリーリタイアするためのおすすめ本!30代も40代も50代も早期退職ムーブメントが起きている

1 まずは支出を減らす

まず一番はじめにできるのが「支出」を減らすこと。これはサロンの投稿でもブログの記事でも、自著「これからの時代のアイテム集 WEARABLEGEAR(ウェアラブルギア)でも散々言っていることだが、「収入を増やす」よりも「支出を見直す」のが簡単だ。

例え収入が数百万円あったとしても、毎月数千万円使っていれば使えるお金は減る一方。資産が莫大にあれば別だが、数千万円の資産であればいずれ貧乏になってしまう。逆に、収入が10万円だったとしても毎月5万円で生活すれば5万円ずつ貯金でき、1年続ければ60万円の金融資産になる。

まずは、自分が本当に必要なモノにお金を使っているのかじっくり見直すだけだ。そこから不要なモノをやめ、必要なモノを厳選しよう。

個人のビジネスモデルをつくろう

これからの時代を生きる働き方

 

2 収入の分散で資産を増やす

次に取り組むべきは収入の分散。今や「1年先すらどうなるかわからない世の中」だ。コロナ前は、世界大移動時代と呼ばれ、あらゆる人が海外に出向いて「これからは海外でビジネスをする時代だ」と叫ばれていた。ただ、今現在は、コロナの影響で、「海外へ行くことすらできない」状況だ。

このような「1年先すらどうなるかわからない」時代だからこそ「誰も未来を予測できない」し「みんなこの先どうなるかわからない不安」がある。もちろん企業もそうで、「この先、大企業でも倒産するリスクはある」し、「給料が減る確率も上がっている」のが現状だ。だからこそ、リスクを分散させて、自分にできることを増やすのがポイント。

副業でもビジネスでも、「自分の収入の幅を広げる」選択肢は持つべきだ。本業を持つだけではなく、分散することを意識しよう。

3 副業をスケールアップさせる

月に1万円稼ぐような副業をしよう。その次にやるべきことは、月10万円、100万円にするためにどうすればいいか考え行動することだ。副業をスケールアップさせて売上拡大を目指すわけだ。

その中でポイントになるのが「分業」。カール・マルクスさんが「資本論」でも述べているように、「人に任せる」ということを考えてみるべきだ。「ロボットに任せる」「自動化する」「ツールを使う」など、自分だけが「労働」するのではなく、自分以外が稼働する選択肢を持つことだ。

「トヨタ」が「カイゼン」として世界中にその改善方法を提唱したように、自分のビジネスを大きくする上で必要なことを「分業」してみよう。

4 資産を投資する

収入を作り、分業して収益を伸ばした後は、投資するステージだ。伸ばした利益をもとに、別のビジネスへ投資すること。よく言われるのが「雇われ労働者」から「個人事業主」になり「経営者」となって「投資家」になるのがセオリーだと言われるあれだ。

ある程度の資産を増やした後は、投資をすることで、より自分の資産を増やすことができる。もちろん、目利きは必要だが、この資本主義である今現在の世の中の流れを読みながら、どこに何を求めるのか自分自身の好みやセンス、未来予測や欲しい物などを意識しながら好きな場所に投資をする。

もちろん「自己投資」として自分のスキルアップや知的探究心を磨くのもありだ。積み上げた資産を貯蓄するだけではなく、「上手に使う」ことができるのが真の投資家だ。

5 資産を守る

最後に資産運用した後のことを考えるべき。税金のこと、将来の生活基盤のこと、資産をどうしたいかなど長期目線で自分の資産をどうすべきか考える必要がある。

長期目線で考えると「海外移住」をして、自分の資産を防衛するのもありだ。逆に、将来の日本を考えると日本で生活した方が安全で安心だと思うのなら日本で定住先を作り上げるのもあり。

さまざまな形で「資産を守る」ことを考えながら、資産運用の行き先や未来予想図を描くことも必要だ。

 

5つの資産を増やすステップ

今回は、「5つの資産を増やすステップ」をまとめてみた。結局、資産運用は死ぬまでの間、ずっと考える必要があるものなのかもしれない。資本主義がなくならない以上、お金の心配は消えないのもしれない。

今現在、数百円しか持っていない場合でも、数億円抱えていたとしても「漠然とした不安」はつきものだ。だからこそ、不安を解消すべく、どんどん行動をして、「脱お金」計画を積み上げるのがいいかもしれない。

結局、資産があったとしても「幸せ」でなければ面白くないからだ。

2016年につくった初々しい記事

2016年にこの「海外移住計画」記事を書いた

この記事は、2016年当時、僕がまだ普通のサラリーマンだった頃に趣味で書いた記事をリライトしたもの。「海外フリーランスという働き方を確立して、海外移住をする」という気持ちを書き残している。正直、今読み返すと「何を言っているの?」と思う箇所も多々あったが、記録のために残している。恥ずかしいが、こんな中二病のような時期も「過去の自分」。

旅行が好きだった僕は、脱サラして「海外で生活すること」を目指した。これが、その時の軌跡。要するに「海外生活できる仕事をすればいい」と思ったことがきっかけ。この記事を書いてから1ヶ月単位で、やるべきことを実行して「脱サラ海外フリーランス」になった。

 

脱サラして海外移住する計画

 

 

アーリーリタイアするための100個の副業

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

あらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。リタイアするために副業を作る試行錯誤をし続けた。「副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。

リタイアして海外移住するために荷物を減らそう

手ぶらで旅行や出張をするアイテム集

Kindleでアイテム本

「手ぶら」生活が本になった。要するに、必要な荷物が少なければどこでも移動できる。手ぶらアイテムをまとめた本「ウェアラブルギア」をKindleで出版した。

ついに「手ぶらで旅行するアイテム集」のKindle本を出版した。「1週間の旅行も手ぶら」で行く筆者が作った「身につけるアイテムまとめ」。これまで旅行に使い倒したサービスや商品を惜しみなくまとめている。より最新のサービスやアイテムを知りたい方は、ぜひ読んで欲しい。Kindle Unlimitedでは無料。Kindleでは100円で読める。