【2021年】次にくる儲かるビジネスとは?給料が上がる注目の職業で脱サラFIREアーリーリタイア計画

今日は「儲かる給料が上がる仕事」の話。結局のところ「儲かる仕事」や「給料が上がる働き方」よりも注目すべきは「やりたいこと」にあるという話。

1 新しいモノが儲かる仕事が隠れている

結論から言うと、古いモノよりも新しいモノに「儲かるビジネス」や「給料が上がる仕事」が隠れている。理由は簡単で、「人は新しいモノを嫌う」からだ。もっと言うと、「一般の人は新しいモノを嫌うからこそ、先取りして流行る前に準備すればいい」わけだ。

「儲かる仕事」や「注目の職業」は、「新しいモノ」に隠れている。逆に「古いモノ」は先駆者や既得権をもった人たちがしっかりと「根」を張り巡らせている。「儲かる」というポイントだけを考えるなら、古いモノで戦うよりも、古い人たちが手を付けられていない「新しいモノ」に挑戦すべき。

要するに「儲かる職場」や「注目のビジネス」を知るカギは「2021年に流行るビジネスワード」を知ることにある。「プログラマーが儲かる」「ウェブマーケターが注目される」のは当たり前。ただ、その後「食っていけるか」はわからない。だからこそ、常にトレンドをアップデートすべきだ。

2021年以降に流行るキーワードベスト9

先取り準備

☑︎ 健康

1睡眠コントロール
2ゲノム解析病気予防
3自己幸福度コントロール

☑︎暮らし

1SDGs地方創生
2デジタルアート
3リモート地方移住

☑︎ビジネス

1プロセスエコノミー(物語経済)
2オンラインオフライン融合
3ライブD2C
4オンラインマッチング

あわせて読みたい記事

先取りビジネストレンド

【先取り】5分で使える!次にくる2021年の9つのビジネストレンドまとめ【実践ウェブオンラインマーケティング】

2 結局、儲かる仕事は怪しい?

結局とのところ、「儲かる職業」は「怪しい仕事」なことが多い。言い方を変えると、怪しい仕事と思われるような「新しいこと」に「儲かること」が隠れているということだ。

例えば、最近で言えば「リモートワークで仕事をすること」が当たり前になった。コロナの影響もあり「リモートワークやテレワークで仕事した方が感染が拡大しないし生産効率いいよね」と多くの企業がこぞってこの働き方へシフトした。

ただ、つい数年前を振り返ると「リモートワーク」は怪しい仕事として否定されていた。「インターネットを使って仕事をするってなんか怪しいよね」とか「そもそもオフィスに行かないっておかしいよね」といった具合に「リモートワーク」や「テレワーク」はどうやら「いかがわしい」モノだと決めつけられていた過去がある。

あわせて読みたい記事

怪しい罠に注意

【悲報】旅ブロガーは稼げない。旅行しながら仕事をすることを諦めた方がいい4つの理由と怪しい3つの罠を解説

3 新しいモノはいかがわしいモノと思われる

要するに「人は新しいモノを嫌う」傾向が強い。歴史を見ると明らかだ。今では日本で最も時価総額が高いトヨタ自動車も昔は「いかがわしいモノ」だった。「自動車」が登場した100年前の頃は、移動に人力車や馬車を使うことが「当たり前」だった。新たな「自動車」という乗り物は「怪しいモノ」として人々になかなか受け入れられなかったという。

つい最近で言えば、iPhoneが登場した時もそうだった。当時の日本では、ガラケーと呼ばれる携帯が主流だった。「スマートフォンなんて日本に普及しない」「日本のガラケーはお財布携帯にもなるし、ボタンで押す方が便利」とさえ言われていたほどだ。そこからソフトバンクがiPhone3Gを発売し、それにつられてKDDIやドコモもiPhone4Sを導入し、あっという間に日本でiPhoneが普及したのだ。

「いかがわしいモノ」「使えないモノ」として毛嫌いされていたモノがあっという間に「当たり前」になるわけだ。要するに、人は「新しいモノ」を嫌うものの、一度、みんなが使い始めれば便乗して波に乗り遅れまいと使い始めるというわけだ。

4 新しいモノから学ぶ

新しいモノから学ぶのもポイントの一つ。「これから日本で流行るビジネスを事前に知っておけば」、これから「儲かる仕事」や「注目の職業」を簡単にイメージできる。永井竜之介さんの著書『リープ・マーケティング 中国ベンチャーに学ぶ新時代の「広め方」』で「デジタル・イノベーションとマーケティングの領域においては、疑いなく世界最先端を突き進む「先進国」なのです」と述べられているように、最先端の国を見るのが早い。日本よりもテック分野で先をいっている分野が多い、中国、アメリカを見ることは必須だ。

もし、これから「儲かる仕事」や「注目の職業」を長期目線で考えるのなら、最先端の国から情報をキャッチすべき。

 

ワーケーションをして世界を見よう

「儲かる仕事」や「注目の職業」をさがすなら、世界を見るのが早い。世界で流行っているものを日本に持ち込むだけでもいい。孫正義さんがいう「タイムマシン経営」しかり、ビジネスや職業としてアメリカや中国の動きを知るのはマストだ。

47都道府県ワーケーション

日本全国で体験

僕自身、会社を経営しながら日本全国でワーケーションを体験している。他の市町村でのワーケーション体験はこちらにまとめた。

日本全国ワーケーション体験完全マップ

あわせて読みたい記事

海外移住の準備

海外移住計画ブログ|日本出たい!日本脱出したい!世界を旅したいフリーランスの海外暮らし準備編