【実践】次に来るSNS発信の方法。一億総クリエイター時代のウェブマーケティングブログ戦略。

一億総クリエイター時代と言われているSNS発信。日本国民全員が「スマホ」で自分の発言や作品を投稿できるようになった。この時代のウェブマーケティングを考えながら、次に来るSNS発信を分析する。

 

次に来るSNSはどれ?ブログ?

今やブログもSNSの一部と思っていい。かつて、「ブログで稼ぐ」「ブログで脱サラする」といったくらいブログを仕事にする人も多かった。だが、今の時代、大手企業が大量のライターを雇って、質の高い記事をバンバンウェブコンテンツとして投稿するようになった。

数年前まで、「個人のブロガーは質が高い記事を書けば大丈夫」だったのが、今では「質の高い記事を書くのは当たり前」、さらに「SNSで発信して世界観を作らないとダメ」とかなりハードルが高くなっている。

ブログはオワコン説は?

ブログだけを仕事にするリスク

もはや、「記事を書けば収入になる」という時代は終わった。これがブログがオワコンの理由かもしれない。

1 ブログ発信はGoogleに依存する

2020年5月4日のGoogleアップデートの影響は、個人ブログに大きなダメージを与えた。個人ブログはオワコンと言われつつある。前回のアップデートで大打撃を受けた人も多いはずだ。ただ、僕のブログは全く影響はなかった。理由はどうやらYouTubeの影響があったようだ。SNSからの流入がある個人ブログは、あまり影響を受けていない様子。

YouTubeのおかげで個人ブログが影響を受けず、むしろ閲覧数が増えた。今後も、ブログ単体での運営は危うく、ますます「ブログだけ」は厳しくなるだろう。逆に、個人で戦うには、SNS等のリンク共有がカギになるようだ。

SNSの一部としてブログを使う

ブログを発信の一つとする

ブログをSNS運用の一部として、自分の活動を宣伝するために使うのはあり。

2 次に来ているYouTubeはどうか?

2020年現在、YouTubeもクリエイターがどんどん増えている。ちょっと前の、芸能人がブログを書いていた時代の感覚で、どんどん参入してきた。こうなれば、気軽に参加できる場所ではなくなりつつある。一億総クリエイターと呼ばれる時代に、何も戦略なしで始めるのは難しい。

個人がYouTubeを始めるならどうしたらいいの?って話だが、突破口は、YouTubeのSEOを意識することかもしれない。YouTube動画を検索されることを前提に作ると「長期」でみられるコンテンツになる。YouTubeのSEOを意識するだけで、「より長く見られるコンテンツ」としてストックすることができる。

動画をGoogleで検索されるように作ると、再生回数が長期で伸びる。ブログのように「検索されること」を意識して動画を作り、長い目線で見られる意識をすると生き残れる。

長期ストックできるコンテンツ

3年後でも見れるか?

長期ストックのポイントは、色あせないか。3年後に見ても見たいと思えるコンテンツかどうかで決まる。

3 SNSの一部として自分の活動を宣伝する媒体

SNSは、自分の活動を報告する場所として使うのがいいかもしれない。Twitter、YouTube、Blog、Instagram、TikTokと、あらゆるジャンルがある今、このSNS発信そのものを「仕事にする」のは難しい。だからこそ、分散させながら、活動を報告する感覚で使うイメージだ。

例えば、手作りの革財布を作っている活動を宣伝する媒体としたり、DIYを専門とする施工会社を発信するアカウントとしてYouTubeをやったりなどなど、自分が目指しているゴールのファンを作る感覚で続けるのがポイント。

「いきなり稼ぐ」ことを意識するよりも、発信し続けた結果、仕事になるくらいの感覚がおすすめだ。

 

どんな1日のルーティーンを過ごしている?

福岡を拠点にして、月8万円の「コスパ生活」をしながら生活している。最近の仕事実績や詳しい経歴は、プロフィールまで。

Abroaderとは?