海外で人気の日本食材の魅力3選!2022年に世界でこれから流行る野菜や果実の実り

世界で話題になる「日本食」の魅力を知ろう。海外で人気になる日本の食材を知って準備しよう。特に注目なのが、日本独自に進化した「焼き芋」だ。

海外に日本食の魅力が再認知される

日本の文化がまた海外に認知されつつある。2020年頃のパンデミックの影響によって、世界中が鎖国状態となった。

そこから2022年を境に世界的なワクチン接種も終わり、また大移動時代へと進みつつある。

「海外旅行を始める」「日本を訪れたい」と思っていた人たちが「日本の魅力」を再発見しはじめる。

日本食が話題になる

日本の食材がこれから流行る?

だからこそ、日本食に注目しつつ、これから流行る日本の食材を知るのもありです。

1 日本の野菜の実り

日本の植物の「実り」は独特だ。果実はその土地ごとに「進化」するため、他国との違いが生まれやすい。

例えば、「さつまいも」の発祥は南米だといわれている。日本は唐の時代に琉球から伝来されました。「唐芋(からいも)」と呼ばれる由来だと言われている。

日本の食糧難の救世主として江戸時代に日本全国に広がり、今では日本独自の進化をして食卓に並ぶようになったわけだ。

海外から見ても「日本のさつまいも」は「スイーツのように甘い」のが特徴。焼き芋にしてあれほどの糖度が高くなる芋は、日本の魅力だ。

あわせて読みたい記事

さつまいもの魅力

うまみの森

2 日本の寿司文化

日本の「寿司」はやっぱり「真似できない」スキルだ。日本ほど「鮮魚」の流通が行き届いている国はない。

だからこそ、最近「中国」から日本の海鮮を買い付ける動きがでてきた。日本の寿司屋がすしネタの魚介類を今までの値段で買えない現象がおこるほどだ。

今後、日本で「高級な寿司」が今まで以上に値段が上がっていきそうだ。「リーズナブルにお寿司」が食べらるものの、「美味しい食材」が海外で買われる動きだ。

3 日本の果実の実り

日本の「果実」も魅力の一つ。ブランド「ブドウ」やブランド「りんご」など、日本独自に進化した果実が世界でもウケている。

ただ、最近は「パクリ」も増えている。日本のシャインマスカットが韓国でそのまま栽培され、量産されるというニュースもあった。

日本食の魅力はあるものの、栽培方法がパクられてしまえば同じものがつくられてしまう。

日本食材を知るのはあり

日本食材は世界でも突出している。日本人だからこそ、日本の食の魅力を知るのはありだ。調査として、日本食を勉強している。

あわせて読みたい記事

さつまいもの歴史

【400年のさつまいもの歴史】どこからきた?何種類ある?人気の品種は?