【悲惨】脱サラフリーランス起業の失敗する人あるある借金?性格?独立心?

起業に失敗すると悲惨?失敗する人あるある。今日は、フリーランスで失敗する人あるあるをまとめていきます。フリーランスで成功すると失敗する人はいます。その中でも、どうして失敗するのか、失敗する人の特徴をまとめていきます。

誰でも稼げるに注意しろ

簡単に絶対稼げるビジネスはない

そもそも絶対稼げるという話は怪しい。短期で簡単に稼げるビジネスには「裏」がある。簡単に稼げる甘い話に騙されるな。

 

自営業を失敗する人の特徴とは?

1 自信過剰で何でも楽観主義

フリーランスには、ある程度の自信が必要です。ただし自信がありすぎると、逆にマイナスになってしまいます。「俺ならできる」「私なら何でもいけちゃう」と楽観的に考えている人は、失敗も多いです。

根拠のない自信は、成功する上でも必要です。ただし、使うタイミングを間違えないようにしないといけません。自信がありすぎてもいけないですし、自信をなくしてしまうのもだめです。バランスをとりながらうまく起業していくのがポイントでしょう。

 

2 根拠のない感覚は失敗する

独立失敗するのは借金するからと考える人もいますが、決してそうではありません。戦略的な借り入れは、むしろ成功への近道でもあります。ただし戦略的でない借り入れは、泥沼にはまるだけです。

例えるなら、根拠もないまま「宝くじに当たるから借金する」「パチンコで勝ちそうだから借金をする」と感覚で物事を判断するタイプは、少し注意が必要です。

もちろん、野性的な感覚で、研ぎ澄まされた成功をし続ける人も多いです。ただ失敗する時もあるし失敗しない時もある。感覚だけに頼るよりも、データ分析を見るのも必要です。

ポイントは、小さな成功を洗うときにはデータを分析して戦略を立てることが良いです。ただし、大きな成功を導こうとした場合は感覚を頼りにする方が大きなリターンがあります。どちらにせよ、感覚とデータを両方使える方がバランスが良いですよね。

 

3 借金をしないと成功しないという話のワナ

借金しないと成功は必ずしないという話もあります。実際のところ、借金=成功では無いですよね。ただし、自分を追い込むという点ではモチベーションにもつながるかと思います。借金をすることで自分に逃げられない環境を作る。制約を持つことでモチベーションを高めるのはあるかもしれません。

ただ借金=成功ではないので、借金したから成功すると思い込むのはナンセンスです。逆に、借金すれば失敗すると考えるのも間違いですよね。何のためにお金が必要なのか。どうしてその借り入れがポイントなのか、根拠を明確にできると良いでしょう。

最近、Twitterで「無料相談」をしているアブです。30分のオンラインテレビ電話で、無料で相談うけていました。

今日は相談のなかで、一番多かった「不安」と「やりたいこと」の2つの質問を紹介します。フリーで独立することに不安ってなかったの?とか、やりたいことを見つけるためのスキルアップてどうしてますか?の質問の答えです。

4 起業が不安で何も行動できない

フリーランスや起業したいと考える人は増えてきましたよね。ただ問題は「不安」がつきまとうことです。「失敗したらどうしよう」とか「収入がなくなったら怖い」と感じる人もたくさんいます。逆に言えば、フリーランスや起業するための「コツ」は、この「不安」をマネジメントすることです。

僕が銀行を辞める前、あらゆる「不安要素」を書き出しました。「お金がつきてしまうこと」「パソコンが壊れる」「収入がなくなる」「ウェブサイトがなくなる」「人脈がなくて仕事もなくなる」などなど、あらゆる「不安」を紙に書き出したのです。この「書くこと」って、実はかなり有効です。

フリーランスになる前って、1%も不安がない人っていません。みんなどこかしらに「不安」があります。100%絶対的な自信がある人ってなかなかいないのです。

だからこそ、この不安を「解決」するために準備をすべきです。要するに、不安が解決できる目処が立てば、フリーランスになってもいいというわけです。

解決する方法は簡単で、箇条書きに書き出した「不安」をもとに、その不安がなくなる方法を右側に書き出すだけです。

☝︎不安と対策を書き出す

☑︎ お金がつきてしまう→継続して収入を得る
☑︎ パソコンが壊れる→パソコンを買う貯金を作っておく
☑︎ 収入がなくなる→ストック資産や仕事を分散しておく
☑︎ ウェブサイトがなくなる→バックアップをとっておく
☑︎ 人脈がなくて仕事もなくなる→人脈を作って仕事をつくる

「不安」をどうしたら「解決」できるか、あらかじめイメージできていれば対策がきちんとたてられるのです。不安に思っている人は、ぜひ、紙に書くことをやってみてください。

 

5 フリーでやりたいことが見つからない人

フリーになるために「勉強」はしているものの、なにをやっていいかわからない人も多いです。「やりたいことを見つけるために勉強しています」というのは、半分正解で、半分不正解。とりあえず、プログラミングやって、何となく動画編集が稼げると聞いたからトライしてやってみるのはもったいないです。

これは「何か料理勉強したいから、とりあえず食材買ってきた」とか「ゲームをクリアしたいから、とりあえずゲームやり続けている」状態と似ています。「とりあえず」で勉強すると、何となくスキルは上がるかもしれませんが、遠回りしがちです。

料理を作ることが上手になりたかったら「レシピ本」買って、その通りにつくればいいし、ゲームをクリアするのなら、「攻略本」や「サイト」を見て情報集める方が余分な時間を使いません。

「やりたいこと」「会得したいスキル」を明確にして、デザイナーになりたいからイラストレーターを学ぶだとか、ブログつくりたいからプログラミングやゴーディング学ぶといった、「やりたいことを明確にする」ことって大事です。

 

失敗はつきものだからやってみる

失敗はつきものです。不安になることも、やりたいことを探す時間も大事です。社会一つもフリーランスも同じで、みんな少なからず不安がありますよね。その不安をうまくマネジメントできれば、どの働き方でも活躍できますよね。

失敗もネタにできるくらいが成功する。最終的に1番必要なのは、成功するまで続けられるかどうかです。自分がどの位置で成功だと感じれるかも大事なポイントです。

 

2017年に会社を辞めてフリーランスになった

2017年、僕はフリーランスになった。理由は、海外移住するため。

月8万円で暮らせる拠点探し

日本でも海外でも月8万円生活できる場所探し

国内・海外で生活しやすい「国」や「都市」を探す旅。生活コスパがよくて、月8万円で生活できる場所を探し中。

365日世界を旅行したい人へ。何歳からでも最高の旅を楽しむデジタルノマドフリーランス11の準備

海外移住を目論んでいる僕は、海外移住の「下見」と銘打ってマレーシアイタリアフィリピン香港中国タイカンボジア台湾ベトナムインドハワイインドネシアシンガポールチェコポーランドオランダイギリススリランカベトナムと他にもあらゆる地を巡っている。

 

普段どんな1日を過ごしている?

かくいう僕が普段どんなことをしているのか。福岡を拠点にして、コスパ生活をしながら、やりたいことにどんどん挑戦している。最近やっている仕事はこちら。フリーランスでできることをバンバンやりながら、どんどん失敗しながら成功している

プロフィール

メルマガサロンをチェックする

最新情報はオンラインサロンで

より最新の情報は毎日マガジンで更新中。1日32円で読めるメルマガをオンラインサロンで発信している。個人で何ができるのか、個人が生きる道を具体例とともにまとめている。

Abroader salon|アブローダーオンラインサロン