【没頭】極められる趣味4選!失敗しない!その後、一人でできる楽しいことを副業仕事

「極められる趣味」に没頭しよう。「極めたい」「没頭したい」なら、趣味にひたすら時間を使うのはおすすめ。一人でできる趣味や楽しいことに時間を使った後は、それを副業にも仕事にもできる。失敗しない趣味選び。

1 英会話を極めて海外に取材に行く

「英語を勉強する」人は多い。特に英会話を勉強する人も増えている。TOEICの勉強したりTOEFLの勉強したりと資格の勉強をする人もいる。せっかくなら「英会話」を極めるのがおすすめ。グローバル社会において、持っていて損がないスキルだ。

転職や就職では「英語の資格」がちょっとしたアドバンテージになる。ただ、資格を持っていたとしても、実際に英語でコミニケーションが取れるかどうかは別物だ。もし英語力を極めるのであれば、「英会話のスキル」も身に付けよう。

会話のスキルは英語の基礎力が必要。要するに、英会話コミュニケーションスキルだ。例えば「アメリカで自社サービスを提供する」「自分が作った商品をイギリスで売る」ような営業や交渉できる英語力をつけるイメージだ。

僕の場合、海外に行って「自分が気になった商品を取材する」「面白いサービスを提供する会社にインタビューする」ような仕事を趣味にしている。海外の現地での取材や交渉は「資格」はあまり関係ない。

英会話のスキルを身に付ける事は、1人でできる極められる趣味だ。1日2日で選択できるスキルではないからこそ没頭できるのでおすすめだ。

あわせて読みたい記事

実際にやってみた

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

2 世界の最新情報をインプットする

新しい情報を常に収集するのは面白い。特に世界最新の情報をインプットする習慣をつければ、誰よりも先取りできる。もっと言うと、海外の情報を英語で収集することができれば、より強くなる。

「何気なくニュース番組を見る」「スマホでLINEニュースを見る」ことが習慣の人も多いはず。「好きなブランドのセール情報」や「無料で高級ホテルが利用できるキャンペーンの話」など、自分にとってメリットのある情報であれば積極的に知りたいと思えるはずだ。

世の中で起きている最新の情報を得ることを「趣味」にすれば、もっと面白いことがある。特に英語で情報を収集することができるようになれば、日本以外の国の情報も得ることができる。「アメリカで流行った働き方は日本にで実践する」「中国で人気のアプリを先取りする」「韓国で人気のマンガを翻訳して日本で流行らせる」ようなこともできるようになる。

今の時代、スマホ1つで情報収集することができる。新聞を購読する必要もなく、有料のテレビチャンネルを登録する必要もなく、無料で全世界の情報にたどり着ける時代だ。

あわせて読みたい記事

スマホで情報収集

【最新】情報収集アプリ7選 + Feedlyで読むべきwebニュース15選 + 英語サイト45選

3 本を読んで情報を使うこと

本を読むことも没頭できる趣味だ。特に読んだ本の情報を、人生で使う事はおすすめ。例えば、「雑誌で見た服を買いに行く」「漫画で読んだトレーニング方法を実践する」のも本で得た情報を使うことだ。

本を読む理由の1つは、「自分の人生をより良くするため」だ。絵がたくさんある漫画でも、写真が多い雑誌でも、文字だけの分厚い本でも本に変わりはない。漫画から得られる「教訓」もたくさんあるし、雑誌で得られるおもしろ情報もある。要するに「学び」があれるなら何でもオッケーだ。

本を読む事は時間を忘れてできる趣味だ。これまでの人類の歴史からさかのぼると、この世の本を読破する時間がないほど存在する。自分が読みたいと思える本をひたすら読み耽ることもできる。ポイントは自分の人生で、本から得た情報を使うことだけだ。

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

僕があらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。

4 趣味を極めて副業をする

自分の好きな趣味を極めて、副業にするのもありだ。要するに、趣味を仕事にすることができれば、一生没頭することができる。「趣味を仕事にしたくない」と考えている人も多いが、まずはその概念を変えよう。そもそも全てのことは、「ちょっとした興味」から始まるからだ。

例えば、野球選手が好きなことを仕事にしている。要は、小さい頃に楽しいと思ってやっていた野球を極めた結果、プロになっている。要するに、楽しいことを極めた結果、仕事にすることができる。

結局すべての仕事は、「ちょっとした興味」という小さな好意から始まる。アルバイトを探した経験がある人ならわかると思うが、仕事を決めるのは自分の好みだったりする。求人情報を見たり、友達の紹介だったり、募集ポスターを見つけたりと「ここなら働いてもいいかな」という興味から動きはじめるものだ。

どんな仕事も、自分の興味からスタートする。逆に言うと、興味がないことや嫌いなことは長続きしない。だからこそ、好きなことでも、楽しいと思ったことでも、ちょっとした興味があれば「極めて」みればいいわけだ。一人で没頭し続けた結果、仕事にしてもいいし、副業にすることもできる時代だ。選択肢をはなから捨てるよりも仕事や副業にすることも頭に入れると、より幅が広がる。

あわせて読みたい記事

副業アイディア

blank

副業100のアイディアで月100万円以上稼いで好きなことで収益をあげる方法。

 

100個以上の副業を本にした

 

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

僕があらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。

 

2016年に脱サラ宣言

2016年にリタイアすることを決めた記事

2016年に会社を辞めてアーリーリタイアして独立することを決意した。それがこの記事。今読み返すと恥ずかしさしかないが、当時の気持ちをそのままリアルに残している。もし、僕と同じようにあなたも「仕事を辞めたい」「転職したい」と考えているのなら共感してもらえるはずだ。

 

脱サラして海外移住する計画

 

あわせて読みたい記事

大人のカッコいい趣味50選

【レビュー】大人のカッコいい趣味50選完全マップ!全部やってみた