【失敗】起業に異業種交流会は無駄な3つの理由!ビジネスに人脈って不要?フリーランスは必要?後悔した体験談

「人脈が欲しい」だとか「仕事には人が不可欠だ」と考えている方も沢山いらっしゃいますよね。ただ、ビジネスをする上で、「人脈を広げることだけ」にフォーカスして、利益活動をしないのは時間のムダです。人脈は「たくさん必要」ではなく「本当に信頼できる人だけ」でいい。その理由をまとめていきます。

 

人脈づくりのやりがちな失敗例

人との繋がり欲しさに、異業種交流会やセミナーに行く人っていませんか。これ実は失敗しがちです。参加するとわかるのですが、たいていの交流会って「その場だけの知り合い」になりがちですよね。

そもそも人脈の基準は「困ったときにその人が自分を助けてくれるか」「相手が困ったときにその人を助けたいかどうか」です。いざというときに、頼れる人脈をつくるほうがいいですよね。

今回は失敗しがちな人脈形成を後悔するとおもに、やるべきポイントもまとめます。ミニマリストが考えるミニマルなビジネス思考。

1 人脈を増やすために交流会に参加する人いませんか?

交流会で会った人と仕事につながったことがない人は多いです。知り合い同士の交流会であればいいのですが、知らない人が集まる交流会って、意外にも人脈って作れないですよね。

実は、人って1回目の出会いで意気投合することって少ないです。よほどの相性がよくないかぎり、浅い会話しかできないで終わってしまいがちですよね。

自分の知らない人が集まる交流会は、たいした人脈が作れないので行かなくてもいいです。時間の無駄だということを感じてがっかりする前に、別の方法を考えてみてください。

 

2 名刺を2枚渡す人っていませんか?

名刺を2枚渡す人ってどうなのかな?と僕個人的に思っています。相手としては「色々なことやってます」とアピールしたいのだろうけど、2枚ある時点で、どっちを突っ込めばいいかわからない。

2枚渡している時点で失敗です。経験談から言うと、2枚名刺を持ってくる人は、自分に自信がない人が多いです。例えば、Facebookのプロフィール欄に、中学の卒業学校から、高校、大学、並びに前職まで全てを記入しているようなタイプの人です。自分に自信がないので、肩書に頼ろうとされているのでしょう。

そもそもこの時代に名刺は必要ないという意見があります。僕はこちらの意見なので、名刺すら持っていかないこともあります。「自分のことを知っている人」と仕事を作る「指名される仕事」を作った方が運営しやすいです。

 

3 対面で仕事作っているんですって人いますよね?

「人とのつながりで仕事を作ってます」と言う人が結構いらっしゃいます。もちろん僕も賛成です。ただし、人の人脈だけに頼って消耗している人もいらっしゃいます。

「人が好きなんです」って人は、交流会やイベントに参加するのがいいですが、苦手な人は、対面での仕事をつくらなくてもいいです。

もし、あなたが自信を持っているサービスや商品を持っているのなら、いちいち対面で説得するのではなく、多数の人に向けてSNS発信していくほうが断然いいです。

☝︎人脈で失敗しないための対策

❶ SNSで自分の好きな人を探す

信頼できる人からの情報

❷ 好きなコミュニティーからの情報

信頼できる場所からの情報

「オンライン」が使えるいま、SNSを使わないのはもったいないです。もし、交流会やイベントで消耗しているのであれば、どんどんオンラインで人脈を作る方法を考えてみてください。

今話題のSNSを使ってプチインフルエンサーになることで、自分の人脈が広がっていきます。多くの人に知ってもらうこともできますし、自分のことを知ってくれる人も増えていきます。

交流会に参加して1からコミニケーションを取る必要もなく、名刺を2枚持つ必要もなく、対面でマンツーマンで説得しながら仕事する必要もありません。

SNSで自分のことを知ってくれている人に対して、ミニマルに発信をすることで多数の人に向けてリーチすることができるからです。人脈をつくるのなら、SNSをした方が断然いいです。

 

リモートの仕事を作ろう

田舎でもリモートワークできれば、どこででも仕事ができる。時代は、リモートテレワークが当たり前の世の中になる。最新サービスを使いこなして、仕事環境を整えよう。

田舎暮らに仕事は必須

田舎の仕事を作ろう

自分にベストな「田舎暮らし」を見つける旅をしよう。パソコンで仕事ができるリモート環境を作ればいいだけ。テレワークできる「仕事環境」を作ろう。

【超具体的】田舎暮らしを満喫しながらWiFiでリモートテレワークで働く方法!

 

僕が実際に脱サラした話

2016年につくった初々しい記事

2016年にこの「海外移住計画」記事を書いた

この記事は、2016年当時、僕がまだ普通のサラリーマンだった頃に趣味で書いた記事をリライトしたもの。「海外フリーランスという働き方を確立して、海外移住をする」という気持ちを書き残している。正直、今読み返すと「何を言っているの?」と思う箇所も多々あったが、記録のために残している。恥ずかしいが、こんな中二病のような時期も「過去の自分」。

旅行が好きだった僕は、脱サラして「海外で生活すること」を目指した。これが、その時の軌跡。要するに「海外生活できる仕事をすればいい」と思ったことがきっかけ。この記事を書いてから1ヶ月単位で、やるべきことを実行して「脱サラ海外フリーランス」になった。

 

脱サラして海外移住する計画

 

 

アーリーリタイアするための100個の副業収入源

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

あらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。リタイアするために副業を作る試行錯誤をし続けた。「副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。

リタイアして海外移住するために荷物を減らそう

手ぶらで旅行や出張をするアイテム集

Kindleでアイテム本

「手ぶら」生活が本になった。要するに、必要な荷物が少なければどこでも移動できる。手ぶらアイテムをまとめた本「ウェアラブルギア」をKindleで出版した。

ついに「手ぶらで旅行するアイテム集」のKindle本を出版した。「1週間の旅行も手ぶら」で行く筆者が作った「身につけるアイテムまとめ」。これまで旅行に使い倒したサービスや商品を惜しみなくまとめている。より最新のサービスやアイテムを知りたい方は、ぜひ読んで欲しい。Kindle Unlimitedでは無料。Kindleでは100円で読める。