【事例】会社に依存しない4つの働き方!2021年のこれからの時代を生き残るための個人のビジネスモデル

「これからの時代どう働く」「2020年以降どうすればいいんだろう」「転職するにはどうすればいいか」と悩む人も増えてきた。この記事を書いている僕自身、会社員時代悩んだ。結果転職をして今は自分のビジネスを持っている。今回は、これからの時代の働き方の4つのポイントをまとめながら生き残れるための「個人のビジネスモデル」「会社に依存しない」ために必要なスキルを紹介する。

 

これからの時代の働き方とは?

これからの時代の働き方は、やっぱり「やりたいこと」「できること」「好きなこと」をベースに「何でもやってみること」だ。僕もこれまで、夏場は海のきれいな島で魚釣りをしたり、九州の山奥で狩猟の修行をしたり、東京や大阪、福岡など住みやすい都会で生活しながら、あらたな「仕事」をつくってきた。

時には、田舎で魚を突きながらテレビ取材をうけたり、時には、都会でスマホだけで仕事をしながらライティングをしたり「何でも屋さん」としてできることをどんどん経験してきた。

ただ、この思考になるまでにかなりの時間を過ごした。実際2021年以降、これからの時代の流れを踏まえてどんなことをすればいいのか悩む人も多いはずだ。今回は、「これからの時代の働き方」を4つのポイントに絞って紹介する。

結局正解はこれだ

自分の好きなことをしよう

結局、これからの時代、何が起きるかわからないからこそ、できることは全てやるという気持ちで挑んでいる。

1 どんなことでも仕事になる時代

「何でも仕事になる」からこそ、何やってもいいわけだ。「ミニマリストになる過程をブログに書く」のも一つだし、「厳選したアイテムをKindle雑誌にする」のも一つ。「さつまいもが好きすぎて自分でつくる農家になる」のもありだし、「フリーランスになりたくてフリーランスにインタビューしてまわるYouTubeをつくる」のもありだ。

ただ「やりたいことを仕事にする」のは「かなり時間がかかる」のは否めない。1年以上芽が出ないこともザラにある。壁にぶつかるたびに「私ってセンスないのかな?」とか「俺ってやっぱりダメなんだ」と思ってしまえば何も始まらない。

誰しも最初からできる人はいない。生まれた時からプロな人は誰一人いない。イチローや本田圭佑も見えないところで努力して、レジェンドの地位まで登り詰めている。要するに、少しずつだ。

2 何をやっているかわからないくらい挑戦する

僕も4年前までごく普通のサラリーマンだった。たった4年前まで、ただの銀行員だった。あれから世界30ヵ国を飛び回って、スマホだけで仕事完結して、日本全国に友達をつくって、ぐるぐるまわる生活を始めている。

2016年につくったブログ記事では、まだまだミニマリストといえないツッコミどころ満載なアイテムを紹介していた。この記事、恥ずかしいのだが、いまでは考えられないほど荷物を持っていたようだ。

俺の LIFE PACKING 00。最高のミニマリストになりたくて。

この記事の話も「Kindle雑誌」に掲載している。どうやってミニマリストっぽくなったのか。どういう過程で荷物を減らしたのか「過去のアイテム」から「最新のサービスやアイテム」まで、惜しみなくまとめた。

ついに出版

Kindleでアイテム本

ついに「手ぶらで旅行するアイテム集」のKindle本を出版した。1週間の旅行も「手ぶら」で行く筆者が作った「身につけるアイテムまとめ」。これまで旅行に使い倒したサービスや商品を惜しみなくまとめている。より最新のサービスやアイテムを知りたい方は、ぜひ読んで欲しい。Kindle Unlimitedでは無料。Kindleでは100円で読めるので経済的だ。

3 何でもマネタイズできる知識をつける

「どんなことでも仕事になる時代」という話をしているが、正直「どうすれば収入になるのか」理解できる人は少ない。実際「どうやったらマネタイズできるの?」「魚突きを仕事にするって?」「モデル事務所つくるって?」など疑問に思っている方もいるはず。

僕自身、確かに「何でも仕事にできる」と発言して実際に仕事にしている。だが、「何がどう仕事になって」、「実際どれだけの金額が動いているのか」わかりにくいと思っている方もいるだろう。わかりやすくまとめているつもりでも、伝わっていない現象だ。

これは「もったいない」。「何でもマネタイズすること」をより「再現性高く」まとめることができればこの記事に価値がある。例えば、この「英語上達完全マップをやってみた」という記事は、1記事で2,000万円以上の収入になっている。一見、ただのブログ記事でも、やり方次第で収入になる。ここのビジネスモデルが分かるかどうかで知識に差が出る。

4 何でも仕事にする方法を「本」にする

「これからの時代の働き方完全マップ」を作ることにした。「完全マップ」として、働き方をゼロから改善するための方法をまとめていく。「働き方完全マップ」の「本」を作っていく。このコンテンツは、サロンで共有しながら、サロンメンバーは「無料で読める」ようにしたいと考えている。ただこれからマネタイズを考えていくのでどうなるか分からないが、皆さんが得になるような内容にする予定だ。

これまであらゆることをビジネス化してきた僕だからこそ書ける、リアルで面白い「完全マップ」を作り込む。これからのサロンのコンテンツを楽しみにしてほしい。

どんなことでもマネタイズ

仕事を作る方法

☑︎ 1記事2000万円の収入にするウェブライター
☑︎ 英語を勉強して12校留学した取材カメラワーク
☑︎ 1件200万円のサイト制作

 

どんなことでも仕事になる時代

「仕事にする方法」さえわかれば後は早い。例えば、タピオカが好きであればタピオカを売ればいい。ケーキ作りが好きであればケーキを販売するビジネスを作れば良い。ゲームが好きであればゲーム配信をすればいい。「好きなことを仕事にするあらゆる方法」がある。

コツを掴むだけだ。ビジネスの方法を知り、自分で再現するだけ。今は何でも仕事にできる時代になった。ビジネスをつくろう。あとはやるだけ。

僕がこれまでにビジネスを作ってきた方法をTwitterでアップしていく。また、運営しているオンラインサロンで無料公開していく予定だ。興味がある方は、Twitterやサロンを見て欲しい。

こんな時代だからこそ、「情報収集」をしよう。この世の中は「知っているだけ」で見え方が変わる。逆に言えば「知らなければ」何もわからないままだ。まずは知識をつけよう。

個人のビジネスモデルをつくろう

これからの時代を生きる働き方

どんな時代になろうとも、自分で自分を守る必要がある。これからの時代を未来予測しながら自分にできることにどんどんトライしよう。波に乗り遅れた人は、いつまで経っても置いてけぼりになるだけだ。

まずは自分にできることを探そう。自分の収入を確保するための「ビジネス知識」を身につけよう。これからの時代は、ビジネスを考察する力が必要だ。個人ができるビジネスモデルを100個集めた本を出版した。Kindle Unlimitedであれば無料。オンラインサロンメンバーも無料で読める。

 

手ぶらアイテム集の本を出版

ついに出版

Kindleでアイテム本

「手ぶら」生活が本になった。着るバックを使った手ぶらアイテムをまとめた本「ウェアラブルギア」を出版した。

ついに「手ぶらで旅行するアイテム集」のKindle本を出版した。1週間の旅行も「手ぶら」で行く筆者が作った「身につけるアイテムまとめ」。これまで旅行に使い倒したサービスや商品を惜しみなくまとめている。より最新のサービスやアイテムを知りたい方は、ぜひ読んで欲しい。Kindle Unlimitedでは無料。Kindleでは100円で読める。