【超具体的】田舎でパソコン1台でできる仕事まとめ!田舎暮らしを満喫しながらWiFiで働く方法!

田舎でパソコン1台で仕事しよう。田舎暮らしを満喫させながらWiFi環境で仕事をする方法をまとめた。今の時代、田舎でも簡単に仕事は探せる。むしろ都会よりも家賃や生活コスパが安いので絶対に住みやすい。田舎でもパソコンで仕事を探す方法を具体的にまとめた。

 

WiFiのみで仕事ができる環境は最高

「会社に縛られたくない」「もっと自由に働きたい」と思っている人は、WiFiのみで仕事ができる環境をつくるべき。どうすれば、自由に仕事ができるのか。自由に働くためにやるべきことをまとめた。

ポイントは、WiFiさえあれば仕事ができるという環境をつくること。いま僕は、スマホさえあればどこでも仕事ができる。満員電車でわざわざ会社に通う必要もないし、嫌いな上司と顔を合わせることもない。好きな場所で、好きな時間に働くことができる。

もしあなたが「自由に働く方法」を探しているなら、こちらの動画で紹介していることを参考にしてみてほしい。自由な働き方をしていくうえでおすすめの方法をまとめている。

1 WiFi環境で仕事して田舎ノマドでサバイバル

最近は、高知県の宿毛市に魚を突きにいってきた。素潜りをして、タコやウツボをとるためだ。ノマドワーカーとして、自由に旅しながら、仕事ができるのはいい。時間に縛られることなく、自分の好きなタイミングで、好きなところにいくことができる。

こうして、自然豊かな田舎でサバイバル生活を楽しむのはあり。働く時間は自分で決めて、遊ぶ時間もしっかりつくる。こうした働き方は、会社に通いながらではなかなかできない。人生は一度きり。自分がやりたいことを優先するために、働き方も工夫するべき。

高知の田舎は、綺麗な景色も多いので楽しめる。台風がくると波が荒れて何もできないという難点はあるが、ドローンを飛ばして遊ぶのもおもしろい。好きな場所で、WiFiさえあれば出来る仕事は、快適だ。会社に行くことにうんざりしたら、好きなところで、好きに仕事できる環境をつくるべき。

☝︎自由に働くためのポイント

・今やってるビジネスをリモートで出来ないか
パソコンでできないか
・誰かに頼めないか
・リモートでできる仕事に転職できないか

このポイントを押さえて、自由な働き方ができないか考えてみるのがおすすめ。いつでもとこでも仕事が出来る環境をつくれば、世界中で仕事ができる。

 

日本にノマドワーカーが増えてきた

フリーランス人口が増えてきたこともあり、ノマドワーカーが使えるコワーキングも増えてきた。

佐賀の唐津には、NPO法人とタイアップしたコワーキングがあり、なおかつ、宿泊が無料の施設があるらしい。

こうした無料の施設を使い倒すのもノマドワーカーのポイント。

2 田舎ノマドのすすめ

田舎フリーランスの養成講座の講師として鹿児島に行く機会があったので、鹿児島の頴娃町でも田舎ノマドをしてきた。この田舎ノマドが、ノマドワーカーにはかなりおすすめ。田舎ノマドがおすすめな理由をまとめる。

 

田舎ノマドは宿泊費が無料になる?

田舎ノマドのよさは、宿泊費が無料になることだ。どうやって無料になるかというと、田舎の「空き家」を絡めて無料にする。例えば、佐賀の唐津には、無料宿泊、無料コワーキングスペースがある。行政が主体となって、空き家対策をしているので、ある程度「赤」がでても無料でコワーキングスペースに滞在できる仕組みだ。

 

田舎ノマドは食料が無料になる?

田舎ノマドは、食料費もほとんどかからない。なぜなら、ご近所さんから配給をいただけるからだ。もしあなたが、単身で移住したのなら、まず、その地のキーマンと仲良くなるのが無難。この地域のドンと仲良くなることが、移住先で成功する道の1つだ。ドンと仲良くなると、食料の配給や地域行事への勧誘が増えていく。田舎では、横のつながりが大事になるので、ドンと仲良くなって食料を無料にすることもできる。

ちなみに、フリーランス養成講座の講師代金は、月10万円に満たない程度だ。1ヶ月拘束されながら、10万円満たないのは安いのではないかというお話をいつもされる。私自身、安いなという印象を受けている。実際のところ、その安さを度返しするために2回目の講師依頼も引き受けたという思いが強い。

 

目的1 集中した環境にこもる

田舎フリーランス養成講座は、やる気のある方たちが多い。仕事を辞めて、次のステップとして仕事をバリバリこなしたいという思いの方が多いのだ。そのため、みんな集中して仕事をする。朝も7時からみっちり仕事して、夜12時ごろまでコワーキングにいる。そんな人が多いのが田舎フリーランス養成講座。

もちろん時間が全てではないが、やる気のある人が周りにいることで、自分自身もしっかりがっつり仕事ができるのがポイント。集中して仕事できる良さがあるのが田舎フリーランス養成講座だ。

 

目的2 優秀なフリーランスを育てる

私が参加した理由のもう一つが、優秀な方と業務提携するためだ。前回の田舎フリーランス養成講座に参加したときは、フレッシュなフリーランスの方が多かった。ライティングを勉強して、仕事に打ち込む人が多かったため、優秀なライターさんたちと業務提携できた。これがポイント。

田舎フリーランスに関わると、駆け出しのフリーランスに会える。駆け出しのライターの場合、安い金額の単価案件ばかりをこなさないといけないが、そのライターがスキルをもっていれば、こちらが安い単価で外注することもできる。

質の高いライティングができる方をマンツーマンで業務提携して、ライターとして育てることができるのはこちらとしてもメリットになる。

ただし、2回目の田舎フリーランスは違った。参加されているのは3人のみで、いずれの方も目的がしっかりされていた。ご自身のビジネスプランがしっかりされているので、ライティングをそもそもやらない。雇う雇わないの話ではなかったのだ。

2つの目的を持ってこの田舎フリーランスにきたが、1つの目的である仕事に打ち込むことをしっかり追求して、講師業に勤めてきた。

教える内容は、フリーランスになるための「ブログ・アフィリエイト」。ちょっと前まで、アフィリエイトは怪しいもだったが、今では、より堅実な広告媒体としての位置付けができているように感じる。

アフィリエイトの部門を専門に教えているというよりは、パソコン1台で仕事をするノマドワーカーの「生産性」向上術を伝えるイメージ。1ヶ月間の取り組みなので、面白い。

僕が生産性を上げるために使っているアプリサービスはこちら。

☝︎生産性を上げるアプリサービス

・やることリスト Trello https://trello.com
頭の整理 Xmind http://jp.xmind.net/download
・Google クローム
・Googleスプレッド
・SEO シミラーウェブ https://www.similarweb.com/ja

2 旅ノマド石川県七尾市の魅力

田舎ノマドをするなら、石川県の七尾市もいい。石川の地域おこし系の方と視察をしてきた。石川県は、新幹線の開通から、より観光への勢いが増し、さらなる発展や面白い街々が紹介されるようになった。七尾市も魅力がつまっている。

七尾市にある「banco」とよばれる施設に実際に行ってきた。ここで行われているのが「御祓川大学」という市民学校のような勉強ができるスペース運営だ。ここのオーナーの奈美さんは、最近、本も出されたほどの知識人。

面白いのが、ここの学校が女性が主体になってまわっていること。こうした組織を「女性」主体となってまわすことは、男性のマネジメント的にもかなりうまい感じにまわっている。マーケティングでも女性と男性の周遊は、マーケティングでデザインできる。

石川のここ七尾市に人が集まっているのは、奈美さんの力がしっかりと組織に反映されているからだろう。こうした地方創生の形をしっかり垣間見ながら、地域の力を実感するこの頃。

御祓川大学をはじめ、地域に根ざしたしっかりとしたビジネス創生の場をまわってきた。最終的には、石川を飛び出し、富山県の氷見市の副市長と食事をするなど、地域の重鎮とお話させていただく機会までいただけた。

石川・富山と共通して言えることは、「女性」が活躍しているコミュニティは、良い方向に組織がまわっている。これからは、女性だ。と常々言われていたが、実際のところ、まだまだ企業は女性の雇用をしっかりと維持できていないのが現状だ。

女性が活躍している組織こそいま必要で、女性が活躍できる場を私たちがつくっていかないといけないなと粛々と感じた次第。

ここ富山で女性の活気を感じたのは、とあるスナックだった。スナックのビジネスモデルは、こうした地域おこしには、必ず必要なポイント。スナックこそ、小さな経済が成り立っているモデルなのだ。

なぜなら、スナックの「ママ」がお店を切り盛りして、周りの女の子の動きやお客様のもてなしをコントロールする。お店をうまく回すためには、周りが見えて、人をコントロールできるスナックの「ママ」のような存在は必要不可欠。

今後は、より女性が活躍できるコミュニティを作っていくべきだろう。

 

仕事も旅も楽しめる時代

僕は今、福岡に拠点を置きながら、世界を旅する生活をしている。やりたいことをして、好きなところへ行く。動画や写真を撮りながら、WiFi環境のある世界中のコワーキングやカフェ、ホテルで仕事を完結させている。僕もかつては、サラリーマンをしていた。全く生産性のない仕事という名の「作業」と上司やお客への「接待」をする面白くのない毎日だった。

今は、仕事も旅も両方楽しめる時代。知るか知らないかで生き方が変わる僕の生き方に共感した人は、ぜひこちらも見て欲しい。

 

移動するコミュニティ Abroader salonアブローダーサロン

旅を楽しみたい人が集まる移動するコミュニティ「アブサロン」がついにできた。「毎日更新されるメルマガ」をはじめ、各界で活躍するフリーランスを集めた「仕事シェア」もできるし、毎月世界のどこかで「オフイベント」を開催しているオンラインサロン。旅仲間もできるし、仕事も楽しめる、そんなエンタメコミュニティ。「サロンってどんなことをするの?」「実際、どんな活動しているの?」と気になる方は、アブローダーオンラインサロンをチェック。99%のオンラインサロンが潰れると言われている中、1%の成功サロンとして残れるのか。

▷ Abroader salon|アブローダーオンラインサロン「ノマドホーム」入会申込みページ