【失敗する?】オンラインサロンを自社で作るならどのプラットフォームがいい?ビジネス向けおすすめの専門業者を使え[PR]

オンラインサロンが盛り上がっている。2020年よりビジネス向けのオンラインサロンが流行りつつある。今回は、自社でオンラインサロンを簡単に作れる、ビジネス向けプラットフォームを紹介する。今は、オンラインサロンを自分たちで作る時代だ。

オンラインサロンは失敗する?

自社でオンラインサロンを作る

自社でオンラインサロンを作る企業が増えてきた。一方で、サロンという言葉が一人歩きしている分、失敗している企業もたくさんある。今回は失敗しないための方法をまとめていく。

1 今、ビジネスオンラインサロンが流行っている

有名人を中心に、オンラインサロンを作るタレントが増えてきた。それと同じように、中小企業や零細企業もオンラインサロンに目を向けつつある。ファンマーケティングやブランディングの一環として、自分たちと同じ気持ちのお客様と「一緒に」商品やサービスをより良くしていこうという「コミュニティー」作りが流行っている。特にオンラインでコミュニティーが作れる「オンラインサロン」は有効な方法の1つ。自社のオンラインサロンを持っている企業も増えてきた。

オンラインサロンは、たくさんの種類がある。有名人がファンクラブのように作っているサロンもあれば、同じ趣味を持っている人たちが集まるコミュニティーもあるし、ビジネス向けのメルマガを発行している企業もある。人に勧められるような最高のサロンもあれば、何をしてるか分からないような胡散臭いサロンももちろんある。もし、自らオンラインサロンを作るのであれば、「最高に面白い」「絶対にためになる」と口コミで評判になるくらいのものを作る必要がある。オンラインサロンは簡単ではなく、しっかりとした準備が必要だ。

オンラインサロンは自分で作れる

自社で作るオンラインサロン

中小企業や零細企業も自らビジネス向けオンラインサロンを作り始めた。時代の波に乗り遅れないよう、できる企業はどんどんオンラインサロン作りを進めている。

2 失敗する?自分たちでオンラインサロンは作れる?

ビジネス向けオンラインサロンを自社でつくる中小企業や零細企業もたくさんある。ただし、どの企業も手探りなのは否めない。「オンラインサロンが流行っている」「自分たちも始めないと出遅れてしまう」となんとなく理解しているものの、いざ自分で作るとなると何をしていいかわからないのが現実だ。企業のマーケティング部門が、トップや役員に促されて手探りでオンラインサロンを作っている感は否めない。

「会費はいくらにすればいいか」、「プラットフォームはどこを利用するべきか」、「どうやって集客すれば良いのか」などなど考えなければならないことがたくさんある。ここをおろそかにしている企業が軒並み失敗してる。料金は月額制や年会費など料金設定を考えなければならない。高くても安くてもいけないし、無料で作ったとしてもアクティブユーザーのモチベーションが下がったりとメリットデメリットがある。

プラットフォームで人気なのは、Facebookやスラックだが、最近ではnoteなどの新しいサービスが出てきた。正直、自社でどのようなオンラインサロンを作りたいのかしっかりと考えて、そのコンセプトに合ったプラットフォームを選ばなければならないので考えなければならないことが山積みだ。

また、オンラインサロンを作ったからといって、お客様が簡単に登録してくれるわけでもない。どのように集客するのか、どうやって登録してもらうのか等々、一番初めに準備しておかなければならないことがたくさんある。これを、自社でマーケティング部門に一任するのはリスクがある。

自分たちでも作れるけども管理が難しい

正直、オンラインサロンは難しい

かく言う僕自身もオンラインサロンを運営している1人だ。200名以上が所属する無料のオンラインコミュニティーと、最大130名以上が所属した有料のオンラインサロンを運営している。2つとも運営して気づいたことは、「オンラインサロンでやりたいこと」を明確にすることが1番大切だということだ。

アブローダーオンラインサロン

3 おすすめのオンラインサロンのプラットフォームはどこ?

はっきりいって、自社でオンラインサロンを作る事はかなりハードルが高い。「とりあえず作ってみよう」と言う安易な考えは失敗しがちだ。よほどマーケティングに詳しい会社や、オンラインやウェブに関する知識がある会社でなければ、安易に手出しすべきではない。そこでおすすめなのが、「オンラインサロンを立ち上げる専門業者」にお願いをすることだ。

最近は、オンラインサロンを立ち上げる専門の業者がでてきた。それが「株式会社ビルドサロン」。PR TIMESなどのプレスでも話題になった「オンラインサロン立ち上げ」に特化した会社だ。こうしたオンラインサロンのスペシャリストに相談してみるのが良い。

会費設定やプラットフォームを選びなど、オンラインサロンに関係するあらゆる「悩み事」が解決できる。「ビジネス向けのオンラインサロンはどうすればいいのか」「中小企業や零細企業がどうやってオンラインでファン作りできるのか」など、オンラインサロンに関することを中心に相談することができる。相談自体は無料なので悩みを解決するために、質問してみるべきだ。

オンラインサロン専門業者って?

株式会社ビルドサロンはオンラインサロン関連が強い

オンラインサロン関連業務として、オンラインの制作をはじめ、保守管理やコンサルティングを専門に行われている。また、2020年8月より株式会社ビルドサロンから株式会社ビルドサロンに商号を変更される予定とのこと。

4 オンラインサロン作りを「無料見積もり」するのはあり

株式会社ビルドサロンでは、オンラインサロンを立ち上げる無料相談を受け付けている。もし、自社でオンラインサロンを立ち上げたいのであれば、ここに相談すべきだ。「オンラインサロンの立ち上げで困っている」「オンラインサロンに興味があるけど何していいかわからない」「上司にオンラインサロンを調べてくれと頼まれた」などなどあらゆるニーズに対応してくれる。

何度も言うが、見積もりは無料だ。無料で相談できるところはどんどん利用すべきだ。親身に対応してくれるサービスほどありがたいものはない。実際に相談をしてウマが合えば一緒にオンラインサロン作りをすればいいだけの話だ。

この会社では、オンラインサロンの制作を始め、保守管理やコンサルティングも行ってくれる。オンラインサロンを作ってから、どのように運営すべきなのか、またどうすれば顧客情報をセキュリティー高く管理できるのか等も話を聞くことができる。オンラインサロン作りに興味があればこちらのリンクから相談するのはありだ。

無料見積もり

 

自社でオンラインサロンをつくる時代

オンラインサロンは自社で作る時代になった。マーケティングの一環として、「ファン作り」を中小企業も零細企業も取り組み始めた。今やどの企業も、オンラインで集客しなければならない時代だ。こんな時だからこそ、オンラインサロンを作って、売り上げアップにつなげなけらばならない。オンラインサロンをマーケティング戦略の1つとして使う時代に乗り遅れないように、今すぐにでも動くべきだ。