スマホアプリで発音矯正。無料で使えるアプリ5選

英語の発音を直したい。もっとネイティブスピーカーのような綺麗な発音になりたい。スマホアプリを使えば、簡単に自分の発音を矯正することができる。もちろん、無料アプリも使える。発音を練習するおすすめのアプリまとめ。

 

スマホアプリで発音矯正はできる

発音は、綺麗になる。かつて、ネイティブスピーカーのようにナチュラルな英語を話すことは、「不可能」だと言われていた。幼少期に英語を身につけなければ、発音は矯正されない。わざわざ発音を矯正することは、無意味だという人もいた。

しかし、今では、第二外国語として英語を身につけた人でも、限りなく「ネイティブスピーカー」のような「発音」で英語を話す人が増えてきた。彼らは、CDや発音矯正を徹底的にして、「癖」の少ない英語を身につけている。

 

まずはテキストで基本をおさえる

ネイティブの発音を独学で身につける6つのおすすめテキストとサウスピーク留学の発音矯正でおすすめしたテキストを使った発音矯正も、かなり効果がある。発音矯正のステップは、以下。

  1. 英語を発する口の形を身につける
  2. 定着させる
  3. 細かい修正を繰り返す

この方法で、細かくチェックしながら少しずつ発音矯正することはできる。ただ、独学の場合、間違えて覚えてしまうことがある。僕の場合、先生に言われるまで気づかなかったが、”down” の “wn” に余計な「音」が入っていた。こうした、発音間違えは、言われなければ気づかないことが多い。

 

スマホでより発音矯正の精度を上げる

発音の間違えを修正する方法がある。無料のアプリを使って、自分の英語の発音をより「質」の高い、綺麗な発音を身につけよう。おすすめのアプリを紹介する。

 

苦手な発音を翻訳アプリで確かめる

最も簡単に発音チェックができるのが、Google 翻訳。まず、機械に読み取ってもらえない「発音」は、ネイティブに近い英語の発音とは言えない。Google 翻訳を使って、苦手な発音を、自分でチェックしてみよう。無料で手軽に、できるセルフチェックアプリとして、Google翻訳は使える

ただ、チェックの精度は「甘い」。世界の共通語として英語が認知されているため、少し癖のある英語でも、ある程度の感度で「認識」される。

▶︎ Google翻訳

 

自分の発音を録音してみる

録音アプリで自分の発音を録音してみるのもいい。少し恥ずかしい気もするが、自分が「癖」の強い英語で会話をしていることを想像すると、今のうちにセルフで改善していた方がよっぽどいい。

録音アプリで自分の発音を聞いてみると、自分がイメージしていた発音と全く異なることもが多々ある。自分が納得できるまで、何度も何度も修正させるのがポイント。

▶︎ ボイスメモ

 

有料で発音矯正(おすすめしない)

発音矯正のおすすめアプリとして有名なELSA。こちらも魅力的なのだが、有料なのがイマイチなところ。フリートライアルは、1週間分しかないのが残念。世界的にも有名なアプリらしいが、発音矯正のみに

▶︎ ELSA speak

 

オンライン英会話で先生に聞く

オンライン英会話を使って、自分の発音を丁寧に矯正してもらうのもいい。先生によっては、修正する「度合い」が違う。1音をひたすらリピートさせる先生もいれば、許容範囲内でどんどん授業内容を進めてくれる先生もいる。授業の初めに、「自分はここが直したい」という意思表示をしておくことがポイントだ。

NativeCamp 初回一週間は無料。オンライン英会話の先生は、よい「聞き役」になってくれる。話を聞いてもらうことは、ストレス発散になるため、英語を学習しながらリフレッシュできる。他ににも無料体験を使って、オンライン英会話を体験したみたい方は、無料オンライン英会話まとめをみてほしい。

▶︎ iOS / Android

 

課題を録音して提出するアプリ

1日1課題を録音して提出するHiNative TREK なら、発音を一つずつ丁寧に修正していくれる。簡単な英作文を、毎日1題提出する際に、「マイク入力」をする。

マイク入力した音声に対して、ネイティブの先生が回答をしてくれる。これほど丁寧に修正してくれるアプリはなかなかない。実際にこちらの有料アプリを1週間体験してみた結果を【検証】月額9,800円の有料アプリ、HiNative TREK は試す価値があるのか?の記事にまとめている。

▶︎ HiNative TREK

 

録音しながら自分の音を確かめるスタディーサプリ

英語を話すのが苦手な人には、スタディサプリ ENGLISH 。こちらのアプリは、あなたのレベルに合った英会話の学習プログラムが組み込まれている。リクルートが提供する、あの有名なスタディサプリの「英会話」版だ。

「スピーキング」のトレーニングでは、会話に沿って、自分で実際に「発音」しながら進めていく。こちらが、スタディサプリの「スピーキング」のトレーニング映像。実際に発音をして、音声で正誤を判断してくれるシステムとなっている。会話を元に、イントネーションや発音を学ぶことができる。

このスタディサプリのアプリをスキマ時間に使って、「スピーキング」の力をつけるべき。使ってみると、このアプリのすごさを実感できるはずだ。スタディサプリには無料体験ができる

 

スタディサプリのポイント

・スピーキング、発音、リスニング、文法など英語の基礎力を底上げできる

・特に「リスニング」「スピーキング」のカリキュラムに定評がある

・24時間自分のペースで学習できる

・無料体験でしっかり吟味できる

僕は、アプリで勉強することにものすごく抵抗があった。たいていの学習アプリは、大したこのない。しかし、このスタディサプリは別物。英語学習のスペシャリスト達が太鼓判を押すほど人気になっている。より詳しい解説は、スタディサプリを実際にやってみた記事に載せている。無料体験もできるので、気軽に使ってみよう。

▶︎ スタディサプリ ENGLISH

 

スタディーサプリのキャンペーン 8/10まで

スタディーサプリでは、ただいまキャンペーンを開催している。今なら、月額980円が740円で受けられるキャンペーンだ。2018年8月10日(金)正午までの先着5,000名限定となっている。迷っているなら今が絶好のチャンスだ。

スタディサプリ ENGLISH

 

そして、さらに、Amazonギフト券1,000円分の進呈も行なっている。なかなかこうしたキャンペーンの機会はない。入るなら、今がおすすめだ。

 

 

TOEICのパーソナルコーチをつける

もし、あなたがTOEICの対策として、英語を勉強しているのなら、このスタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策がおすすめ。動画を見ていただくとわかるが、TOEICに特化した対策が「スキマ時間」に学べる。通勤の時間にサクッと、TOEIC対策ができる。テスト演習から、文法解説はもちろん、単語の暗記、リスニング対策まで、全て「スマホ」で学習できる

ここまで「質」の高いアプリは他にない。下手に、無料アプリを使って、時間を無駄にするよりも、スタディサプリのお試しをいますぐ使ってみるべき。お試し期間は、7日間あるので、試して合わなければ即やめればいい。おすすめできるTOEIC対策アプリだ。実際に僕が使用したレビューがこちら。スタディサプリTOEICの1週間無料お試しをもうトライしたか?。実際に使ってみると、このアプリのすごさに驚くはずだ。

▶︎ スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策

 

 

僕がたった3ヶ月で英会話を上達させた方法

英語学習は、習慣だ。自分がやりたい時に、どんどん独学すべき。独学のポイントは、「習慣化」させること。毎日持っているスマホを使って、英語学習ができる環境を作り上げれば、重い腰を上げずとも、毎日手軽にできる。

よく言われるのが、歯を磨くように「英語」を学習すること。歯磨きが寝る前の習慣になっているのなら、英語学習も寝る前の習慣にすればいい。習慣となった行為は、何の気なしに無意識に続けられる。英語学習を習慣化しよう。

「英会話」に特化した勉強をすれば、独学で英語は、格段に上達する。

▷ 僕がたった3ヶ月の独学で英会話をマスターした3つのテキスト勉強法

 

東京都内で本格的に英語パーソナルトレーニングを受ける

英語を本格的に学びたい方におすすめなのが、 ENGLISH COMPANY だ。僕も体験レッスンを受けたのだが、絶対におすすめできる。他の英会話スクールとの違いは、「科学的根拠」に基づいた徹底した「学習効率」にある

実験と研究によって証明された「第二言語習得研究」と呼ばれる「学問」データをもとに、英語学習プログラムを作成している。この科学的根拠のある学習プログラムが圧巻。英語を話せるようになった1人の「経験則」ではなく、何万人ものデータを元にした「科学的根拠」のある方法を、一人一人の英語レベルに沿ってパーソナルに提供してくれるのだ。

僕もこの学習トレーニングを受けた経験者だ一度受けたからこそ、絶対におすすめできる。騙されたと思って、足を運んでほしい。それくらい僕が良いと思ったサービスだ。嬉しいことに、ENGLISH COMPANYのトレーニングは、無料体験できる。無料のトレーニングでここまで英語学習を見直してくれるのは、ここしかない。英語の勉強に悩みを抱えているのなら、絶対に受けてみるべきだ。悩んで時間を無駄にするよりも、トレーニングを受けて満足して欲しい。それくらい一押しできるサービスだ

▷ ENGLISH COMPANY

 

英語が話せる環境を日本で作る

日本に訪れている外国人は、年々増えている。日本で英語が話せる外国人と友達になろう。僕は、全国を旅しながら、「国際交流」の場を探し回ってきた。日本全国国際交流マップを作った。

《日本全国》国際交流マップ