【検証】月額9,800円の有料アプリ、HiNative TREK は試す価値があるのか?

スマホを使って、アプリで英語学習をしてみよう。話題のIT・WEBに関する「ビジネス英語」が学習できるサービスを使って、英語学習に挑戦してみた。

 

HiNative TREK はビジネス英語が学べるサービス

HiNative TREK は、ITやWEB関連の仕事で使える「ビジネス英語」が本格的に学べるアプリ。ITやWEB関連の仕事で使える英語とは、エンジニアやウェブ関連の仕事につく人が、実際の職場で使っている英語のこと。ITやWEBに関するスタートアップで仕事がしたい人にぴったりな「ビジネス英語」の内容となっている。

 

月額9,800円の HiNative TREK を実際にやってみた

IT・スタートアップで使われる英語に興味があった僕は、実際にダウンロードしてみた海外ノマドフリーランスとして、各地を転々としていくなか、「ビジネス」で英語を話す機会が増えてきた。よりビジネスでの会話にふさわしい「英語」を身につけるべく、使ってみることにした。

今話題の、HiNative TREK がいったいどんなアプリなのか、実際に登録をして、使用してみることにした。HiNative そのものは無料で使えるのだが、HiNative TREK は有料アプリ。月額9,800円もするのだが、いったいどんな機能が使えるのだろうか。実際に試してみた。ちなみに、こちらのアプリは、WebやiOS、Androidで使える

▶︎ HiNative TREK

 

TREK の1日1課題を1週間やりこんでみた

どうやら TREK のポイントは、課題を毎日提出することにあるようだ。1日1題出される課題を、こなしていく。仕事で忙しい毎日を送っている人でも「1日1題」なら「スキマ時間」に提出は可能だ。このHiNative TREK を実際に1週間やり込んでみた

 

1日目 11/29(火)

英作文(短文)

1日目は、「英作文」だった。優しい英作文の提出が求められる。どうやら、週初めは優しい問題が出されるようだ。とりあえず、無難な文章を英作文した。すると、即座に、”Sample_answer” が返ってくる。これが、うわさの「音声付き」回答かと感心しながら音声を聞いてみた。音声付きで答えが聞けるのは新鮮だった。

 

Point.1 ネイティブの先生による丁寧なコメント

しばらくすると、丁寧にネイティブの先生から返信が返ってくる。このアプリのポイントは、自動で模範解答が返ってくる + ネイティブの先生によるコメント付きのメッセージが返ってくることだ。先生は、大げさに僕の回答を褒めてくれる。

 

2日目 11/30(水)

英作文+回答

HiNative TREK の面白さは、「音声」機能を使った課題であること。マイク音声とテキストを元に、課題が出される。2日目の課題は、「ビジネス英語」。商談での会話の一部始終とも言える内容だった。僕が普段会話で使うであろう表現を、瞬時に英作文して答えていく。何気なく使っている英語の「間違え」を正してもらうためだ。

 

Point.2 マイクで課題提出

このアプリを使って驚いたのは、課題を「マイク音声」で提出できること。英作文であれば、自分の声を録音して回答できる。課題の提出を「自分の声」と「テキスト」で提出できるのは画期的だ。

先生の解答も、もちろん生音声で録音されている。マンツーマンの授業を受けているかのように、しっかりと返信してくれる。僕が英作文で使った表現よりも、「ネイティブスピーカー」が使うであろう英文を教えてくれた。

教科書や辞書で調べた言い回しが、必ずしも英会話で適切に使えるわけでもない。その表現がビジネスシーンにふさわしいか、使ってもいい間柄なのかは、自分の置かれた状況による。こうした「微妙な差」を詳しく説明してもらえる

 

3日目 12/1(木)

英作文(長文)

次の日の課題は、より職場で使っていそうな会話の英作文。分析ツールやマーケティングでの話をする感じが、IT英語が学べるというわれるゆえんだろう。HiNative TREK は、1日1題ずつ課題が出される。毎日英語をアプリで学習する「習慣」をつけるのにぴったりなアプリだ

 

Point.3 気づかない間違いを知ることができる

3日目の返信は、僕が問題の意味を取り間違えていた。「(あなたの)プレゼン」を「(わたしの)プレゼン」にしてしまった。こうした間違えも丁寧に先生が修正してくれる。

ある程度、英語が話せるようになると、自分が犯しているミスに気づきにくい。会話では、少し文法間違いをしても、相手が自分の言わんとすることを「汲み取って」くれる。会話相手は、自分を「外国人」だからと大目に見てくれることが多い。

HiNative TREK は、こうした間違えを指摘してもらえるのに便利。自分が普段、何気なく間違えている部分を修正するのに使える。

 

4・5日目 お休み

週に2日間は、先生のお休みの期間がある。この時間に、これまで出された課題を復習する。課題を反復させて、長期記憶に定着させるのがコツ。

 

6日目 12/4(日)

英作文(短文)

この日もビジネスシーンに関する英作文。自分が会社の社長になった程で、自己紹介をする。僕は、本格的な法人のシリアスな商談シーンで英語を使った経験が少ない。知っている表現と言い回しでごまかしてきたので、この機会に「ビジネス英語」をマスターしようと思った。

 

Point.4 自分の使いたい表現を回答できる

ふと疑問に思ったことは、どんどん質問できる。”Nice to meet you” と”Nice to see you” と”Nice meeting you“の違いを理解していなかったので、質問をしてみた。こうした、ちょっとした「差」は、Google検索でヒットしない。そのため、ネイティブスピーカーに直接質問できる HiNative TREK は使い勝手がいい。

ちなみに、”Nice to see you” は、二度目に会う人に使い、”Nice meeting you” は、帰り際に使う表現とのこと。恥ずかしながら、僕はこの違いを知らなかった。間違いを一つずつ、正確に訂正してもらうことで、独学で学習した英語を、より使える英語に修正していける。

 

7日目 12/5(月)

英作文(短文)

 

Point.4 時間がない人にぴったり

個人的な話だが、この日は忙しかった。問題を見て、即答えてた。そのため、初歩的な間違えに後から気づいく。こうしたちょっとした間違いを実際の「英会話」でもしているのだろうと反省した。

1日1題を毎日提出していると、この課題を提出することが「習慣化」してくる。HiNative TREK にも慣れてくるので、何としても提出したいという願望が生まれる

実は、HiNative TREK は、7日以内であれば、まとめて課題を提出することも可能。忙しくて提出できない日があったとしても、まとめて課題を提出すれば大丈夫だ。先生とのやりとりは、3回までできる。詳しく聞きたいことがあれば、しっかりと質問できるのも嬉しい

 

Point.5 IT・WEB英語が学べる

HiNative TREK の面白さは、今現在、実際に使われているリアルなIT・WEB関連の仕事で使われている英会話が学べる点だ。ITやWEBのスタートアップの企業で、やりとりのある内容の英作文が豊富に取りそえられている。実際に、ビジネスシーンで、「今」使われている旬な会話を学ぶことができる。このアプリの面白さは、スタートアップやIT企業で、実際に日頃使われている英語表現が「課題」となっていること。

 

HiNative TREK をやってみて

HiNative TREK のポイントは4つ。僕が実際に使ってみて感じた印象だ。月額9,800円の費用がかかるが、時間がない人にぴったりなシンプルで使いやすいアプリだった。無料アプリでは実現できないマンツーマンの音声での学習サポートは、他のアプリにはない面白さがある

Point.1 ネイティブの先生による丁寧なコメント

Point.2 マイクで課題提出

Point.3 気づかない間違いを訂正してくれる

Point.4 時間がない人にぴったり

Point.5 IT・WEB英語が学べる

 

HiNative TREK おすすめの使い方

 

スキマ時間にサッと課題提出

時間がないけど、ネイティブが使うビジネス英語を学習したい。スキマ時間など短い時間で英語学習できるのもポイント。1日1課題のみなので、通勤の時間や昼のちょっとした時間にサッと課題を提出できる。スタートアップやIT企業など忙しい人でも学習できるような学習プログラムだ。英語の学習は、毎日効率よく継続することが求められる。課題提出型のアプリを使って英語学習を「習慣化」させるのにぴったりだ

 

独学 + 疑問の解決に使う

英語の学習は、自分でどんどん進めていくもの。イントネーションの訂正や、ネイティブ英語に関する「質問」は、英語を学習していない限り生まれてこない。自分で英語を学習を進めて、はじめて「疑問」に思ったことを質問する。HiNative を自主学習の「サポーター」として位置付けて使うのがいいだろう。英語の学習を「独学」で行い、わからなかったところを、ネイティブの先生に質問する。その「質問」をこのアプリで行うのがおすすめ。

例えば、どんどん瞬間英作文を独学で行う。英会話の入門テキストとして有名なこのテキストだが、内容はかなりシンプル。日本人が学習しやすいように、「文法」がきっちりとした表現が多い。なかには、あまり日常で使わないような言い回しもある。どんどん瞬間英作文をやりながら、この英語表現はおかしい。他にこの言い方がしたいのだが、どうすればいいのか。といった「疑問」が出てくるはず。こうした「疑問」を HiNative でクリアにさせるべきだ。

 

HiNative は無料でネイティブに直接質問できる

HiNative では、HiNative TREK の有料アプリ以外にも、無料で「ネイティブスピーカー」たちに直接英語の質問ができる。気軽にチャットをしながらもともとこのサービスは、あの有名な Lang-8 の会社が手がけている。Lang-8 は、世界中のユーザーから語学に関する質問ができるネット上のサービス。このSNSのシステムを使った、「質問コーナー」がこのアプリのベースになっている。

質問コーナーでは、本当に気軽になんでも質問できる。発音の訂正をお願いしたり、ネイティブが使う表現かどうか確認したり。世界中にいるユーザーに質問ができる「掲示板」のような感覚だ。世界中のユーザーがあなたの英語の先生になってくれる。

日本にいながら、ネイティブが使う表現の微妙な「差」を知ることができる。教科書やテキスト、辞書を読んでもわからないことは、どんどん聞けるのがいい。

 

月額9,800円アプリで英語勉強する

スマホアプリを使った新しいサービスや学習アプリを使いこなして、より自然な英語を身につけるべき。本格的な英語学習サービスで、英語を学ぶ環境を整えよう。この本格的な学習サービスをぜひ一度使って体験してみてほしい

▶︎ HiNative TREK

 

僕がたった3ヶ月で英会話を上達させた方法

英語学習は、習慣だ。自分がやりたい時に、どんどん独学すべき。独学のポイントは、「習慣化」させること。毎日持っているスマホを使って、英語学習ができる環境を作り上げれば、重い腰を上げずとも、毎日手軽にできる。

よく言われるのが、歯を磨くように「英語」を学習すること。歯磨きが寝る前の習慣になっているのなら、英語学習も寝る前の習慣にすればいい。習慣となった行為は、何の気なしに無意識に続けられる。英語学習を習慣化しよう。

「英会話」に特化した勉強をすれば、独学で英語は、格段に上達する。

▷ 僕がたった3ヶ月の独学で英会話をマスターした3つのテキスト勉強法

 

東京都内で本格的に英語パーソナルトレーニングを受ける

英語を本格的に学びたい方におすすめなのが、 ENGLISH COMPANY だ。僕も体験レッスンを受けたのだが、絶対におすすめできる。他の英会話スクールとの違いは、「科学的根拠」に基づいた徹底した「学習効率」にある

実験と研究によって証明された「第二言語習得研究」と呼ばれる「学問」データをもとに、英語学習プログラムを作成している。この科学的根拠のある学習プログラムが圧巻。英語を話せるようになった1人の「経験則」ではなく、何万人ものデータを元にした「科学的根拠」のある方法を、一人一人の英語レベルに沿ってパーソナルに提供してくれるのだ。

僕もこの学習トレーニングを受けた経験者だ一度受けたからこそ、絶対におすすめできる。騙されたと思って、足を運んでほしい。それくらい僕が良いと思ったサービスだ。嬉しいことに、ENGLISH COMPANYのトレーニングは、無料体験できる。無料のトレーニングでここまで英語学習を見直してくれるのは、ここしかない。英語の勉強に悩みを抱えているのなら、絶対に受けてみるべきだ。悩んで時間を無駄にするよりも、トレーニングを受けて満足して欲しい。それくらい一押しできるサービスだ

▷ ENGLISH COMPANY

 

英語が話せる環境を日本で作る

日本に訪れている外国人は、年々増えている。日本で英語が話せる外国人と友達になろう。僕は、全国を旅しながら、「国際交流」の場を探し回ってきた。日本全国国際交流マップを作った。

《日本全国》国際交流マップ