【体験】長野でワーケーション!補助金やモニター募集は?失敗しない松本市のリモートワークおすすめホテル場所【田舎地方移住計画ブログ】

今回は「長野ワーケーションのリアル」な話。長野県でワーケーションを体験したレビューをまとめた。新宿から一本で行ける長野県松本市や、北陸新幹線を使って長野市へ行ける長野県の魅力を赤裸々にレビューする。

今現在、全国各地の「無料お試しモニター」や「アンバサダー募集」はこちらにまとめている。

あわせて読みたい記事

無料ワーケーション体験

【2021年】無料ワーケーション体験とモニター募集まとめ!アンバサダーやおすすめ観光ツアープランに応募してみた結果

1 無料お試しモニターやアンバサダー募集はある?

長野県でのワーケーション補助金でおすすめできるのが、「信州リゾートテレワーク実践支援金」。この制度を使った「リモートワーク推進民間企業」や「ホテル旅行企業」が面白い取り組みを実施している。

過去にいくつか「無料ワーケーション」や「モニター募集」が実施されているようだが、この投稿執筆現在は、募集が終わっている。行政の補助金事業は、年度毎に募集が行われてるため、4月、9月の前期後期ごとにキャンペーンが打ち出されるイメージだ。そのため、個人や企業が長野県へワーケーションしたい場合、5月や6月頃から新しいキャンペーンが打ち出されることがほとんど。緊急事態宣言等もあるため、気長に待つのがおすすめだ。

長野県茅野市では「ワーケーション等サービス環境整備支援補助金」として、リモートワークを推奨する企業に対して補助金が出されている。

こうしたワーケーション誘致やテレワーク助成補助金は毎年取り組まれている地方自治体が多い。今年度の募集は終わっていたとしても、年度が換われば募集も再開しているところも多い。定期的に地方自治体の公式サイトをチェックするのがコツだ。

ホテルをコスパよく利用するなら

コスパよくワーケーションしよう

ワーケーションでホテルをコスパよく使うなら「ホテルサブスク」は欠かせない。

月に5回以上ホテルを利用するなら「月額」の全国300拠点以上使えるサービスを使う方がお得。僕も実際に利用しているコスパいい泊まり放題サブスクをこの記事にまとめた。

【6選】ワーケーションで使えるおすすめホテルサブスクプランまとめ比較!割引やクーポンは?メリットデメリットとは?

2 おすすめ仕事観光ホテルプラン

長野県であれば「松本市」は「食」と「芸術」の街だ。日本三代現代アーティストとして名高い「草間彌生」さんの出身地とあり、松本市美術館は独特な「水玉模様」で溢れている。

やっぱり王道は「松本市美術館」。2012年にルイ・ヴィトンともコラボしたことでも有名な草間彌生さんの作品をみることができる。入場料も安く、しっかり楽しめるいい場所だ。

また、松本市は食も美味しい場所。リーズナブルで楽しめるレストランが多い。丁寧で作り込まれたフランス、イタリア、日本食を楽しめる。例えば、そのまま長野の松本駅から真っ直ぐ歩いた場所にある「Akarie」というお店はおすすめ。こここじんまりしているがいい感じだ。

さらに谷尻誠さんの「松本十帖」も人気スポット。松本駅からはバスで移動しなければならないほどの遠さだが、カフェや図書館として利用できる。

ワーケーションの疲れを癒すなら「哲学と甘いもの。」で休憩。この辺りのいい感じのカフェでゆったりするのはおすすめだ

松本で買い物するならイオンスタイルが一番。スーパーとしても品揃えがいいし、ショッピングができる複合施設だ。フードコートも2箇所あるなど食事どころも利用しやすい。ここで仕事するのもあり。

ランチはイオンスタイルに入っている北海道の「㐂久好(きくよし)」もあり。さすが北海道ブランディング。食材をたっぷり使って提供してくれる。

3 体験したメリットデメリット

ワーケーションメリットは、なんといっても「リーズナブルなホテル」と「コスパいい食事」だ。風情ある街並みを感じながら「安いホテル」を利用することができる。

やっぱり食が松本のメイン。「移住しようかな」と実際に物件を見たほど素敵な場所だった。ランチでおすすめなのが「THELONICA(セロニカ) 地中海料理&ワイン」1,250円のランチプレートは美味しい。店主のこだわりが詰まった洋風プレートだ。駅から徒歩5分程度の近場。

デメリットは寒さだ。盆地なので冬の寒さがそこそこある。山の麓なので氷点下になるほどの寒さだ。もし移住するのであれば、冬も夏も体験してみるのがいいかもしれない。

ホテルは全体的にリーズナブルな値段だ。温泉宿や古き良き旅館も多いため選ぶ楽しさもある。

ホテルをコスパよく利用するなら

コスパよくワーケーションしよう

ワーケーションでホテルをコスパよく使うなら「ホテルサブスク」は欠かせない。

月に5回以上ホテルを利用するなら「月額」の全国300拠点以上使えるサービスを使う方がお得。僕も実際に利用しているコスパいい泊まり放題サブスクをこの記事にまとめた。

【6選】ワーケーションで使えるおすすめホテルサブスクプランまとめ比較!割引やクーポンは?メリットデメリットとは?

4 交通費やワーケーション移住

移動手段は「バス」と「電車」で移動できる。高速バスでは新宿からでているものもある。電車でも長野市や甲府市方面から乗れるなどアクセスはそこそこいい。

ワーケーション補助金や助成金を使って「お試し移住」をしてみるのも面白いかもしれない。

 

ワーケーションやリモートワークをしよう

野県の松本市では「モニタープラン募集」や「お試し無料移住」を利用してワーケーションやテレワークをしよう。市町村が提供する補助金や助成金を利用して実際に移住してみるのがおすすめだ。さらには、「松本」にある温泉旅館や古き良きカフェなど様々なワーケーション施設を利用してみるべき。長野県の松本しか楽しめない山々を眺めながら仕事するのはおすすめだ。

47都道府県ワーケーション

日本全国で体験

僕自身、会社を経営しながら日本全国でワーケーションを体験している。他の市町村でのワーケーション体験はこちらにまとめた。

日本全国ワーケーション体験完全マップ