【体験】奈良ワーケーション#36 補助金やモニター募集はある?関西の交通のハブ橿原市でのリモートワークおすすめホテルプラン【田舎移住計画ブログ】

奈良でワーケーションをしよう。奈良市や橿原市のモニターやアンバサダー募集を使って、お試し移住してみるのもありだ。

ホテルをコスパよく利用するなら

コスパよくワーケーションしよう

ワーケーションでホテルをコスパよく使うなら「ホテルサブスク」は欠かせない。

月に5回以上ホテルを利用するなら「月額」の全国300拠点以上使えるサービスを使う方がお得。僕も実際に利用しているコスパいい泊まり放題サブスクをこの記事にまとめた。

【6選】ワーケーションで使えるおすすめホテルサブスクプランまとめ比較!割引やクーポンは?メリットデメリットとは?

1 無料お試しモニターやアンバサダー募集はある?

遊ぶ広報」の企画なら奈良県の十津川村でワーケーションをする様子をSNSにアップする「仕事」を受けることができる。リモートワークやワーケーションをしている様子を「1日5000円」で発信する仕事だ。この仕事を受ければ、リモートワークをすること自体が仕事になるわけだ。

この企画では交通費や宿泊費はでないが、該当地域でSNSを発信することが仕事になるので少なからず補助金や助成金の気持ちとして少ないながらも給付される。募集も合わせて100名以上と幅広く利用しやすそうだ。来年度もこの制度が行われることを期待している。

他にも例えば「お寺でSNS発信ワーケーション企画」もある。SNSのフォロワー数やアクティブ度合いを元に「仕事」としてワーケーションをする企画だ。ただしこの企画は「無料」や「お試し」というわけではなく、宿泊プランの半額程度になるようだ。もしお寺でワーケーションしたいという方がいれば挑戦してみるのもあり。

執筆現在は募集しているプランはなかった。ただ、年度ごとの発表が多いため公式サイトで最新情報をチェックするのがおすすめだ。前期であれば5月や6月、後期であれば9月、10月に発表があるため情報収集するのがお勧め。

全国各地の「市町村」ではワーケーション募集やモニターお試しを提供してくれる場所もある。時期によって再募集したり、年度ごとに制度が変わる。最新の情報を地方自治体の公式サイトやリモートワーク推奨企業のサイトでチェックしてみよう。制度を使えば「無料」でワーケーションできる。

今現在、全国各地の「無料お試しモニター」や「アンバサダー募集」はこちらにまとめている。

あわせて読みたい記事

無料ワーケーション体験

【2021年】無料ワーケーション体験とモニター募集まとめ!アンバサダーやおすすめ観光ツアープランに応募してみた結果

2 おすすめ仕事観光ホテルプラン

奈良のワーケーションは、東大寺の大仏や奈良の鹿は観光スポットで有名だ。修学旅行でも観光でも人気なので年中混み合っている。

滞在拠点としていいなと思うのが奈良県橿原市。ここは近隣都道府県へのアクセスがいい交通ののハブだ。

なかでも2021年にできた「CANDEO HOTELS橿原」は、橿原市にある近鉄八木駅の目の前にある。できたばかりで施設がきれい。1泊4,000円代とリーズナブルで利用しやすい。WiFiもそこそこ早く、なおかつ大浴場やサウナ、外気浴もできる露天風呂もあるなどリモートワークにぴったりだ。

近くにはヤマトーというスーパーもあるため長期滞在にも便利。ここを拠点にしながら長期滞在するのはあり。

3 体験したメリットデメリット

奈良県にも昔から有名な寿司がある。それが「柿の葉寿司」。文字通り、柿の葉で包まれてる寿司だ。今現在でも奈良の名物として知られお土産としても親しまれている。

定番の柿の葉寿司を求めて「柿の葉すし本舗たなか」へ。さけ、さばを食べた。一貫ずつ柔らかい柿の葉で包まれており、ほんのり香りがついている。

保存食のためか酢飯は甘くお菓子感覚で食べられる。これまで食べた寿司とはまた違うお土産寿司だった。

4 交通費やワーケーション移住

奈良の滞在はアクセスの良さがメリットになる。特に橿原市は滞在に便利。奈良市に上って京都や滋賀へ行くのもいいし、西へ行けば大阪や関空がある。南へ行けば和歌山でワーケーションできるし、東は松坂牛や伊勢海老の三重や愛知まで行くこともできる。交通の便がよく、生活拠点としての立地がそこそこいい。

橿原市に長期滞在しながらリモートワークするのはいいかもしれない。そこから自分の好きな地域を見つけて好きな時間滞在するのがいいだろう。

 

失敗?ワーケーションやリモートワークをしよう

奈良のリモートワークはあまり上手に滞在できなかった。リサーチ不足もあるが、いい場所を見つけられなかった。奈良で仕事をしながら大阪や京都に観光に行くのがいいかもしれない。

奈良では「モニタープラン募集」や「お試し無料移住」を利用してワーケーションやテレワークをしよう。市町村が提供する補助金や助成金を利用して実際に移住してみるのがおすすめです。さらには、奈良市や橿原市から行ける温泉旅館や海の近くで働けるカフェなど様々なワーケーション施設を利用してみるべきです。

47都道府県ワーケーション

日本全国で体験

僕自身、会社を経営しながら日本全国でワーケーションを体験している。他の市町村でのワーケーション体験はこちらにまとめた。

日本全国ワーケーション体験完全マップ

 

手ぶらアイテム集の本を出版

手ぶらで旅行や出張をするアイテム集

Kindleでアイテム本

「手ぶら」生活が本になった。着るバックを使った手ぶらアイテムをまとめた本「ウェアラブルギア」をKindleで出版した。「1週間の旅行も手ぶら」で行く筆者が作った「身につけるアイテムまとめ」。これまで旅行に使い倒したサービスや商品を惜しみなくまとめている。より最新のサービスやアイテムを知りたい方は、ぜひ読んで欲しいKindle Unlimitedでは無料。Kindleでは100円で読める。

 

100個以上の副業を本にした

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

僕があらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。