【最新】情報収集スマホアプリ仕事術!Kindle読み上げ設定が最高すぎる【紙の本からの卒業】

「もっと早く本読みたいな」「より素早く情報欲しいな」「本読んでもらいたいな」と思うことはないだろうか。正直、本を読むのは面倒だ。そんなときおすすめなのが、「読み上げ設定」。これを使うことによって、本をオーディオブックとして使うことができる。Kindleのオーディオブックを使って簡単に「もっと早く読書する方法」をまとめる。

Kindle×読み上げ設定で速読しよう

情報収集をブーストさせよう

スマホで仕事をするのなら、情報収集も欠かせない。「読み上げ設定」をするだけで、Kindleが無料のオーディオブックになる。「本を読みながら」「耳で聴く」二刀流で本を速読しよう。

スマホで仕事をするのなら、情報収集も欠かせない。「読み上げ設定」をするだけで、Kindleが無料のオーディオブックになる。「本を読みながら」「耳で聴く」二刀流で本を速読しよう。

1 Kindle×読み上げ設定は最強の情報収集アプリ!

スマホを使って仕事をしたり、スマホを使って本を読む人が増えてきた。Kindleで本を読みながら情報収集することも当たり前になりつつある。ただ、本をスマホで読む事はなかなか疲れる。

家にいることも増え、本を読む機会が増えた人も多いはず。Kindleを使えば、スマホで読書しつつ、なおかつ「オーディオブック」として使うことができる。

Kindleを無料のオーディオブックにする方法

iPhone設定

「読み上げ設定」で自動で本の読み上げ

「読み上げ設定」を使えば、自動で本を読んでくれる設定ができる。もちろん無料。

2 Kindle×iPhoneの読み上げ設定

blank

「本を読んで欲しいな」と思うことはないだろうか。「読むのが面倒だから、音声で読んで欲しい」と感じることってたまにある。ただ、オーディオブックを買うほどでもないし、ちょっとしたときに数ページだけ読んで欲しいことがある。

実はiPhoneには、文字の自動「読み上げ設定」があるのだ。これを使うと「Kindleを自動で読んでくれるオーディオブック」になる。

設定ポイント

「読み上げ設定」ができる!

iPhoneの「設定 – アクセシビリティ- 読み上げコンテンツ – 画面読み上げ – オン」

設定後、Kindleを開いて、指2本で上から下になぞる。ポイントは、スマホのフチからちょっと下げること。

3 Kindleが無料のオーディオブックになる

blank

iPhoneの既存設定で、簡単に「自動読み上げ」してくれる本をつくることができる。全自動で、全ページ読んでくれる。ただ、デメリットは、Siriの機械音が違和感になること。ページをまたぐときの漢字の読み間違いも少し気になる部分。自動音声なので、ちょっとした「文字の読み間違え」は否めない。2020年現在、まだ文字の読み間違えがたまにある。

2倍速もできる

情報収集をブーストさせよう

最大2倍速まで速度をあげることができる。これ、便利で、ゆっくり朗読されるよりも早口で聞く方が時短になる。

4 読みと耳で情報収集する

読みながら、耳で聞く情報収集は超効率的だ。「本を読む」のはなかなか気合がいる。理由は、ちょっと面倒だと思ってしまうからだ。だからこそ、「耳で聴きながら」「本を目で読む」のはおすすめ。両方使うことで、より記憶に定着させながら、自分の知りたい部分を深く読み解くことができる。

また、オーディオブックだけの場合、文字で見返すことはできない。内容を聞いて理解した気になるものの、なかなか情報を使うことはできない。「聞いた内容をメモ取れない」からだ。

僕も昔、会社員時代は、情報収集をするのにオーディオブックをよく聞いていた。車で運転するときに、オーディオブックを聞いて本を読んでいた頃もある。

もっと昔の学生の頃は、英語のリスニング力を高めるために、読んだ本をオーディオブックで聴く練習もしていた。

その頃から比べると、iPhoneも進化した。昔は、読み上げ設定ができなかった。ちょっと前から読み上げ設定ができたことは知っていたが、使いづらく毛嫌いしていた。今は、より使いやすくなっている。これから、進化していくことを考えると楽しみだ。

時間がない人にぴったり

時間がなくても本が読める

無料のオーディオブックを使いこなしながら、家にいる時間や通勤時間に、「本を読んでもらう」情報収集をするのはあり。

 

あわせて読みたい記事

iPadで勉強する方法

iPadでおしゃれにノマド勉強する時代。自炊で本をスキャンして、スキマ時間に効率のいい学習をする方法

 

どんな1日のルーティーンを過ごしている?

福岡を拠点にして、月8万円の「コスパ生活」をしながら生活している。最近の仕事実績や詳しい経歴は、プロフィールまで。

Abroaderとは?