【愛用品EDCガジェット紹介】2021年ミニマリストにおすすめ毎日身につけるウェアラブルギアアイテム

「EDC」とは”Everyday Carry”(エブリデイ キャリー)という意味の「毎日持ち歩くアイテム」のこと。今回は、僕が「毎日持ち歩いてるガジェット」をまとめる。

1 Galaxy Z Fold3が最高のEDC

最近、スマホを折りたたみ式にした。2021年8月に発表されたサムスンの最新2つ折りスマホだ。

実際使ってみるとかなり面白い。やはり感覚としては、スマホよりハイスペックで、タブレットよりも使いやすく、パソコンよりは少し劣るようなイメージだ。今現在、この「スマホでできない、パソコンでできる作業」を探している。

これまで、パソコンの代用品としてタブレットを使ったり、スマホで仕事を完結したりと「脱パソコン」の試行錯誤をしてきた。今回、Galaxy Z Fold3の折畳み式のスマホを導入することで、完全にパソコンから脱却できるのかを試している。

今のところ、99%の作業がスマホでできるようになっている。使いこなし中だ。

脱パソコン

スマホ仕事

☑︎ 音声入力で文章作成
☑︎ 音声読書でインプット
☑︎ 手書きペンで紙不要
☑︎ スマホでパソコンと同じUI

2 Apple Watchで支払いとスケジュール管理

支払いは全て「アップルウォッチ」だ。時計で支払うので、財布は持ち歩かない。

Apple Watchは使いこなせて生きるガジェット。購入する前は必要ないと思っていたが、実際に使いこなすとかなり使い勝手が良い。

他にもスケジュール管理の通知をApple Watchでキャッチしている。Googleカレンダーに入力したスケジュールの「通知」を、Apple Watchから「振動」で知らせてくれるようにしている。例えば、スッポかしがちなオンラインでのミーティングの5分前に振動でリマインドしてくれる使い方だ。

Apple Watchのおかげで、スケジュールミスをすることがなくなった。Apple Watchを使いこなすことがミニマムな生活につながっている。

ミニマムな生活

Apple Watch

☑︎ QUICPayでのクレカ支払い
☑︎ IDでのクレカ支払い
☑︎ タイマー通知のスケジュール管理
☑︎ 運動記録と瞑想

3 音声読書と音声入力のiPhone 12 Pro

サブ機材として持ち歩いているのがiPhone。主に仕事で使うために持ち歩いている。

例えば、Kindleの本を「聞く」ためのオーディオブックとして使っている。iPhoneの場合、アンドロイドよりも聞く読書がしやすいためだ。ノイズキャンセリングのイヤホンをつけて、散歩をしながら本を聴いている。

また、この記事を作成するための「音声入力」もiPhoneの方が精度が良いため持ち歩いている。最新のiPhoneが出るたびに、少しずつマイナーチェンジして性能が良くなっている。今回の9月のアップデートも楽しみだ。

スマホは、仕事で使える最高のガジェットなので、ハイスペックなモノを探し求めている。

4 SONY wf‑1000xm4の強力ノイキャン

現行、たくさんあるイヤホンの中で最もノイズキャンセリングが強いと言われているのが、この「SONY wf‑1000xm4」。

数々のイヤホンを試してきたが、今現在で、1番性能が高いノイズキャンセリングだと実感できたアイテムだ。発売されて3年が経とうとする「AirPods Pro」もかなりよかったが、ノイズキャンセリングはこちらの方が上だ。このイヤホンさえあれば、どこでも仕事ができる。

充電も最大8時間程度。ちょっとした長時間のフライトや眠りが浅いときの雑音消しの耳栓としても使っている。ただし、ノイズキャンセリングのため、空気を密閉するようにイヤホンを耳に詰め込む必要がある。耳につけながら食事をすると違和感が残るのがデメリットだ。つけ心地が窮屈なのは気になるが、慣れればいい相棒になる。

発売されてから、コロナの影響もあり品薄になるなど人気となっているアイテムだ。Appleの「AirPods Pro 3」の発売も気になるので、9月に試してみる予定。

5 クレジットカードはMarriott Bonvoy American Express

クレジットカードは、”Marriott Bonvoy American Express” (マリオットボンヴォイ アメリカンエクスプレス)を使っている。旧SPGカードと呼ばれるラグジュアリークレカだ。僕が知る限り、クレジットカードの中で最も総還元率が高くなるカード。

特に旅好きな人や飛行機に乗る人にとって最高のカードだ。年会費は34100円かかる高級カード。単純なポイント還元率は1.25%とそこそこだが、マイル交換に圧倒的に優れている。

僕は「JALマイル」に変更するために使っている。6万ポイントを2.5万マイルに変更できるため、他のクレジットカードよりも圧倒的に高いマイルで交換できる。

飛行機のチケット代はフライト時期によって異なるため、単純に値段比較することが難しい。1マイル=3.5~6円といわれている。そのため、マイルに還元するなら2.45%にもなるわけだ。

他にも、1年に一度、5万円以上する高級ホテル無料宿泊ポイントプレゼントや、ラグジュアリーホテルのランクアップなど特典を使うためにこのカードを使っている。

マイルを使う予定がある人や高級ホテルに毎年泊まりたい人におすすめできるカードだ。ちなみに、Quick payが使えるため、カードは持ち歩かず、Apple Watchに登録して使っている。

Marriott Bonvoy American Express

マイルへの還元率が高い

☑︎ 1ポイント=1.45~2.45%程度
☑︎ 1マイル=3.5~6円程度
☑︎ 1ポイント=最大0.416マイル

6 寒さ対策のユニクロコンフォート白シャツ

フライトのちょっとした寒さ対策に使えるのが「白シャツ」。夏でもエアコンガンガンのカフェだと身体が冷えることもある。そんなときに使えるのが「シワにならないシャツ」だ。

シワにならないシャツとして行き着いた先がユニクロのコンフォートシャツ。このシャツを使い始めてから、アイロン掛けをすることをやめた。普段遣いも、フォーマルな場所でも利用できる最高の白シャツだ。

ジャージ素材を使ったシャツなので、ストレッチ性があり、なおかつ選択してもシワになりにくい。洗濯機にかけて、そのまま使用してもシワがない。

定価は2980円とユニクロの中ではそこそこ。だが、まとめ買いセールや、値下げ期間であれば2000円もせずに購入できるので入手しやすい。

ジャージー素材の白シャツなので、ちょっとしたフライトやカフェのエアコンが強い場所でも大活躍だ。シワにならない最強のシャツとして毎日愛用している。

 

最高のアイテムを身につけよう

最高のアイテムを身に付ける時代だ。毎日持ち歩く「EDC」”Everyday Carry”(エブリデイ キャリー)を「厳選」して日常を快適にしよう。これからの時代、「ウェアラブル」なアイテムを、自分の身体に纏える。

最新で最高のガジェットをゲットして、より快適な日常生活を送ろう。より新しいアイテムをどんどん身に付けて、より快適でクセの強い生活をしていく。

厳選ガジェットで快適な暮らし

手ぶらアイテム集の本を出版

「手ぶら」生活が本になった。着るバックを使った手ぶらアイテムをまとめた本「ウェアラブルギア」をKindleで出版した。「1週間の旅行も手ぶら」で行く筆者が作った「身につけるアイテムまとめ」。これまで旅行に使い倒したサービスや商品を惜しみなくまとめている。より最新のサービスやアイテムを知りたい方は、ぜひ読んで欲しいKindle Unlimitedでは無料。Kindleでは100円で読める。