【アイディアは移動距離に比例する3つの理由】成功者の共通点はデジタルノマド生活

移動が能力を発揮する。仕事で成功をおさめている人の共通点に一つが「移動距離」だ。有名な人ほど「移動生活」をしている。この共通点に気づくだけであなたも成功者に近づける。

最近ふと思うことがあった。それは、「旅行で移動することこそ、自分自身のセンスを伸ばしている」ということだ。コロナの影響を受けて、僕自身、移動距離が短くなった。その結果、新しいアイディアがなかなか生まれてこなくなった。

今回は、「移動すること」がなぜ、大きな成果を生むのか相関する研究データから因果関係を探っていく。

ホテルをコスパよく利用するなら

コスパよくワーケーションしよう

ワーケーションでホテルをコスパよく使うなら「ホテルサブスク」は欠かせない。

月に5回以上ホテルを利用するなら「月額」の全国300拠点以上使えるサービスを使う方がお得。僕も実際に利用しているコスパいい泊まり放題サブスクをこの記事にまとめた。

【6選】ワーケーションで使えるおすすめホテルサブスクプランまとめ比較!割引やクーポンは?メリットデメリットとは?

ワーケーションをして移住したいと思えれば、短期移住をしてみるのも面白い。「無料宿泊」や「短期移住制度」を使ってお試し滞在するのがおすすめだ。

1 旅行が脳力を伸ばす

結論から言うと「旅行」は自分自身に改革を起こす。世界を移動すればするほど、自分の脳の広がりを感じる。

「移動こそイノベーション」「自分探しの旅」「大移動時代」「移動距離はアイディアに比例する」という「移動すること」を肯定的に捉える言葉があるように、 旅行する事は何かしら、脳にポジティブな影響与える。

皆さんも「旅行」をすることで気分転換ができており、日日常を味わうことでリラックスした経験はないだろうか。楽しい気持ちになるあの経験は、脳を活性化させることができる。

大きなことを言えば、海外で未知の経験をすることで知的好奇心を活性化させたり、知らない発見をして、新しいアイデアを組み合わせることもできる。

結局のところ、移動することがあなたの能力を1番発揮することなのかもしれない。

移動は脳を活性化させる

移動は革命のカギ

「移動こそイノベーション」
「自分探しの旅」
「大移動時代」
「移動距離はアイディアに比例する」

2 移動がイノベーションの原動力になる

要するに「旅行すること」「移動すること」が自分自身の原動力になる。移動は改革の源というわけだ。

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ』の著者であるピーター・ディアマンディス、スティーブン・コトラーさんらは『移動こそイノベーションの原動力』であることを著書で解説している。特にアメリカの移民に関する研究論文を紹介しながら、海外から「移動」してアメリカに移り住んだ人々のイノベーションとの関わりを紹介している。

『移民はアメリカ生まれの国民より、新たな事業を始める傾向が2倍高い。また新規雇用の 25%は彼らが生み出している。

2006年から2012年のあいだに、ベンチャーキャピタルの出資を受けて株式を公開した企業の33%では、創業者の少なくとも一人が移民だった。フォーチュン500企業(アメリカの主要企業)の 40%は、移民かその子供によって設立された。

2016年にはユニコーン(時価総額 10 億ドルを超える稀有なスタートアップ企業)の半分が、移民の設立した会社であり、それぞれが少なくとも760人以上の新規雇用を生み出していた。』とあるように、海外からアメリカに移民した人々によって数多くのイノベーションが起きていることがわかる。

移民のすごさ

移動した人ほど強い

☑︎ 移民は新規事業を始める傾向が2倍高い
☑︎ 株式公開する規模の創業者の1人が移民
☑︎ アメリカの主要企業40%が移民とその子供
☑︎ 10ドル規模のユニコーンの50%が移民者設立

3 成功者の共通点が移動

要するに、海外から移り住んだ「移動してきた」人たちによる功績が凄まじいというわけだ。例えば、イーロンマスクさんも南アフリカからカナダへ移住しアメリカで起業した1人。

昨年、5兆円もの日本一の利益を出したソフトバンクの創業者、孫正義さんや世界一のアパレルメーカーであるユニクロの創業者、柳井正さんも日本を離れアメリカでビジネスを学んだ経験がある。

数々の成功者に共通する事が「移動」。要するに、移動することが成功の一つのカギだ。「移動はイノベーションの原動力」とされいわれるからこそ、移動しながら、新たな挑戦をし続けるのはおすすめだ。

応募してみた!

無料ワーケーション体験

【2021年】無料ワーケーション体験とモニター募集まとめ!アンバサダーやおすすめ観光ツアープランに応募してみた結果

全国ワーケーション体験

実際に応募してみた

【2021年】実際に日本全国の無料ワーケーション体験!モニター募集やアンバサダープランに応募した事例

脱サラ海外移住

仕事を辞めた後

【体験談】脱サラ海外移住計画。仕事を辞めてフリーランス起業したその8ヶ月後