【次にくる不動産ビジネストレンド実例】2022年のこれからの時代の働き方副業マネタイズ

今日は「家ビジネス」の話。不動産を「個人」で運用できる時代の自分でつくる仕事モデルを紹介する。

あわせて読みたい記事

2022年トレンド

【事例】次にくる2022年トレンド6つのキーワード!海外ビジネスやファッション情報から未来予測するこれからの時代

1 タイニーハウスが流行るアメリカ

「タイニーハウス」ビジネスは日本でも流行りそうな予感。文字通り小さな家として、ミニマルハウスがアメリカで流行っている。Elon Musk lives in a $50,000 Boxabl tiny home that has a 47,000-person waitlist.』のビジネスインサイダーというアメリカのビジネスサイトでも、「イーロンマスク」がタイニーハウスに住んでいると話題になっている。

イーロンマスクが住んでいると言われる「BOXABL」の小さい家は、5万人近くが予約待ちなるほど話題になっていた。この小さな家と言う考え方は日本でも流行りそうだ。まだ日本に輸入している人はほとんどいないため、自らつくって販売するのもあり。

また中国でも3Dプリンターでつくったタイニーハウスが注目されていた。「タイニーハウス」というキーワードは、今後伸びていきそうなビジネスモデルだ。

2 日本は空き家改修販売

日本の場合は「空き家ビジネス」が流行りつつある。毎年数十万戸の空き家が生まれていると言われている日本では、タイニーハウスを新しく作るというよりも、既存の「空き家」をリフォームして販売するモデルが流行っている。

アメリカ10台にハウスやトレーラーハウスといった小さな家モデルというよりも、空き家を使ったYouTubeが伸びている。

「空き家を安く買って自分好みにリフォームする」「見た目をきれいに整えて転売する」ようなビジネスモデルも出てきている。空き家が増えているからこそ、空き家を生かした収入源を作っている業者も増えている。

3 地方の補助金リフォームビジネス

空き家のリフォームモデルは、補助金を使うこともできる。例えば、離島のような国境に近い島では、リフォーム代を出してくれる補助金制度もある。

特定有人国境離島地域社会維持推進交付金事業 」の補助金をつかって「ベストハウス」や「シェアハウス」を作っている人もいる。「雇用拡大制度」を利用して、自ら地方に移住し、空き家を取得してビジネスをする人もいる。かかった費用の4分の3を負担してくれる制度もあるので、メリットも大きい。

仮に1,600万円のリフォーム代を掛けても、1,200万円を補助金で賄うことができる。要するに、手出し400万円で1,600万円分の改修ができる「お金がかからない」制度だ。

こうした補助金をうまく利用しながら、地方に移住する人も増えている。不動産ビジネスの新しい形としては、補助金を使ったビジネスモデルもありだ。

4 トレイラーハウスやバンライフ

アメリカで流行っているのが「トレーラーハウス」。キャンピングカーのような大きなトレーラーに住居を作るイメージだ。

日本では、駐車場が狭い関係もあり、トレーラーハウスはあまり見かけない。日本で流行っているのは「軽自動車」のキャンピングカーカスタマイズだ。

YouTubeでは「バンライフ」が一時期流行っていたように、小さな車を住めるように改造する方が伸びていた。

日本ではトレーラーハウスやコンテナハウスがそこまで普及していないため、今後の伸びは微妙かもしれない。空き家が爆発的に増えている分、DIY需要の方が伸びている。いずれにせよ、注目すべきビジネスモデルだ。

これからの時代を先取りする

これからの時代どんなことがあるか分からない。タイニーハウスがアメリカより流行るかもしれない。バンライフやトレーラーハウスが日本でも爆発的に伸びるかもしれない。

一時期あったワンルーム投資のようなブームになる不動産ビジネストレンドができるかもしれない。いずれにせよどんな時代になっても個人で収入を得られるような副業を作るスキルを身に付けることが必要だ。

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

あらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。リタイアするために副業を作る試行錯誤をし続けた。「副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。