《茨城》日立ワーケーション体験してみた!水戸市やひたちなか市の補助金やモニター募集は?リモートワークおすすめ場所

茨城県の水戸市やひたちなか市でワーケーションをしよう。使える補助金やモニター募集を利用して全国各地でワーケーションするのは面白い。今回は、田舎移住できる場所を「干し芋の聖地」である茨城県でリモートワークしてみた。

1 無料お試しモニターやアンバサダー募集はある?

茨城県には県が「わくわく茨城生活実現事業(茨城県移住支援金)」 という制度を設けている。『東京23区に在住または、東京圏在住で23区に通勤する方が、茨城県に移住し、就業又は起業等しようとする方が、移住支援金の要件を満たす場合に、世帯100万円、単身60万円の移住支援金を支給します。』とあるように、都内在住者に向けた「移住募集」がある。

茨城県に興味がある方や都内以外の拠点をつくるなら、一度ワーケーションで訪れるのもありだ。移住する場所として拠点視察をして、移住制度を使うのもいい。

執筆現在は募集している「無料のワーケーションプラン」はなかった。ただ、年度ごとの発表が多いため「都道府県の公式サイト」で最新情報をチェックするのがおすすめだ。前期であれば5月や6月、後期であれば9月や10月に発表があるため情報収集するのがいい。

全国各地の「市町村」ではワーケーション募集やモニターお試しを提供してくれる場所もある。時期によって再募集したり、年度ごとに制度が変わる。最新の情報を地方自治体の公式サイトやリモートワーク推奨企業のサイトでチェックしてみよう。制度を使えば「無料」でワーケーションできる。

今現在、全国各地の「無料お試しモニター」や「アンバサダー募集」はこちらにまとめている。

ホテルをコスパよく利用するなら

無料ワーケーション体験

【2021年】無料ワーケーション体験とモニター募集まとめ!アンバサダーやおすすめ観光ツアープランに応募してみた結果

2 おすすめ観光プラン

茨城県の見所は「日本一の干し芋産業」だ。なかでも、ひたちなか市の那珂湊エリアは「干し芋の聖地」。

次にくる干し芋ブーム」 の記事でも紹介したように、僕自身、干し芋に注目している。世界を見渡しても、これほど甘みのある干し芋を高品質で生産してる国はない。食物繊維豊富で、美味しいおやつのスーパーフードだ。

今後、スーパーフードとして「干し芋」が世界で注目されることだろう。だからこそ、今のうちに、日本最大手の干し芋の聖地を現地で調査するのはありだ。

茨城県のひたちなか市にある那珂湊駅から徒歩5分のところにある「ほし芋とジェラートのお店大丸屋」は、日本最大級の干し芋専門店。10種類以上ものさまざまな干し芋を買うことができる。

なかでも「茨城産いずみ種」は別格だと言われるほど、古くから干し芋のための種として親しまれている品種。「干し芋の聖地」である那珂湊の大丸屋で干し芋の食べ比べをするのはありだ。

3 体験したメリットデメリット

残念ながら、ひたちなか市にはワーケーションできるような場所はなかなか見つからなかった。コワーキングスペースやWiFiが使えるカフェがないような田舎だった。

茨城県の水戸市は意外に発展している印象を受けた。WiFiが利用できるカフェは駅近くにある。駅近くは若者が多い。

水戸駅横の「SAZA café」は、コーヒーが美味しいのでおすすめだ。WiFiは駅に併設してある施設のWiFiを利用できる。

茨城の田舎を感じながらワーケーションをするのもあり。こうした地方に移動してリモートワークをしよう。

ワーケーションをして移住したいと思えれば短期移住をしてみるのも面白い。「無料宿泊」や「短期移住制度」を使ってお試し滞在するのがおすすめだ。

ホテルをコスパよく利用するなら

コスパよくワーケーションしよう

ワーケーションでホテルをコスパよく使うなら「ホテルサブスク」は欠かせない。

月に5回以上ホテルを利用するなら「月額」の全国300拠点以上使えるサービスを使う方がお得。僕も実際に利用しているコスパいい泊まり放題サブスクをこの記事にまとめた。

【6選】ワーケーションで使えるおすすめホテルサブスクプランまとめ比較!割引やクーポンは?メリットデメリットとは?

4 交通費やワーケーション地方移住

東京都内から電車で一本で行ける立地は魅力だ。都内から行けるちょっとした自然を感じられるワーケーション場所としてはあり。

東京都内よりもリーズナブルなコストで生活できるため、二拠点生活をするのもいい。ほどよく都会で快適に生活することができそうだ。

また、干し芋の聖地なので、干し芋が身近にあるのも面白さ。水戸市では干し芋が買える場所はあまりないが、ひたちなか市ではリーズナブルに購入できる。

茨城県の水戸市やひたちなか市で「干し芋」ワーケーションをするのはあり。東京都内から近い場所だからこそ、ちょっとした目的を持って移動してみるのも面白い。

ワーケーションやリモートワークをしよう

茨城県では「モニタープラン募集」や「お試し無料移住」を利用してワーケーションやテレワークをしよう。市町村が提供する補助金や助成金を利用して実際に移住してみるのがおすすめだ。さらには、「水戸市やひたちなか市」から行ける温泉旅館や海の近くで働けるカフェなど様々なワーケーション施設を利用してみるべき。

47都道府県の日本ワーケーション

日本全国で体験事例

僕自身、会社を経営しながら日本全国でワーケーションを体験している。他の市町村でのワーケーション体験はこちらにまとめた。

【レビュー】日本全国47都道府県ワーケーション体験完全マップ