【20代30代】社会人は楽しみがなくなった!意味のない趣味よりお洒落でカッコいい大人の遊びをしよう

意味のあることをしよう。人生、せっかくなら「意味のあること」がしたいと考えるはず。だからこそ「意味のある」「本質を捉えた」生き方を模索すべき。今回は、実際にやってよかった「意味のあること」を趣味感覚で紹介する。

1 洋書を読む趣味は社会人におすすめ

洋書を読もう。20代、30代の社会人こそ、英語を勉強して「情報収集のツール」として英語を使うべき。「ビジネスに英会話は必要だ」「英語のスキルはグローバル社会人に必須」といわれ続けているものの、英語を「人生の役に立つこと」に使える人はごくわずかだ。

例えば、英語を就職活動で見せるスキルとしてTOEICを勉強する人が多い。ただし、実際に英語を会社の現場で使いこなす人は少ない。せっかく長い時間をかけて英語を勉強したにもかかわらず、英語の人生で使わない時間の方が長いわけだ。

せっかく身に付けた英語を自分の人生に生かしたほうがいい。だからこそ、洋書を読もう。日本に入ってきていない、まだ翻訳されていない「情報」を先取りすることができる。情報収集のためのツールとして英語を使いこなせば、人生が面白くなる。20代、30代のかっこいい趣味として「洋書を読む習慣」は意味が持てる。

あわせて読みたい記事

英語上達完全マップ

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

2 スマホで動画編集してYouTube投稿する

動画編集のスキルも意味のある趣味になる。趣味として動画を撮影したり、スマホで動画を編集するスキルを持てば、簡単にYouTuberになれる。

特に、自分の伝えたいことを端的にわかりやすく、そして面白おかしく発信する練習になる。このトーク力のスキルを身に付けることができれば、どんな仕事でも話す力を生かすことができる。

例えば、毎日YouTubeを投稿することは自分磨きになる。自分の伝えたいことや言いたいことを「プレゼンテーションをする」感覚だ。社会人になってやりたいことや楽しいこと面白みがなくなったと感じる人こそ、意味を感じられる投稿を目指そう。

特に、収入が作れる仕事として趣味を極めることがおすすめだ。趣味と言う名の仕事をやればやるほど収入アップにつながる。モチベーションも収入が上がるにつれてアップしていく。動画の編集ができるようなればかっこいい自分を見せることもできるため、意味のある趣味となる。

3 デジタルアートを学ぶ

今、デジタルアートに波が来ると言われている。「NFT」の取引をはじめ「デジタル」なデータや作品に価値を持たせる動きがでている。デジタルアートがより注目されている。

例えば、「Twitterで初めて投稿されたツイート」や「ルイ・ヴィトンともコラボしたことで有名な村上隆さんの花柄モチーフ」などデジタル上で「コピー」や「データ転送」が容易にできるデータそのものに所有権があり、価値を見出すようになった。

これからの時代、より「デジタル」な作品にも価値がついていきそうだ。だからこそデジタルなアート作品に触れたり、自分でつくったりすることも「意味がある」わけだ。

デジタルアートを鑑賞したり、アートそのものを作ろう。楽しみややりたいことが見つからなくなるからこそ、次にくる、これからの時代に意味のある趣味を先取りするのはありだ。

あわせて読みたい記事

デジタル資産運用

【次にくる】2021年のNFT(非代替性トークン)デジタル資産運用とは?これからの時代の無形資産アート思考

 

やりたいことが見つからない時はとにかくやってみる

行動は大切だ!と言われているが、やはり、やってみなければわからないことはたくさんある。もちろん、闇雲に何が何でもやれという話ではない。頭を使いながら、自分が「意味のあること」を意識して行動すべきだ。

「意味がない」「やりたいことが見つからない」「最近面白くない」と思えば思うほど、人生は面白くなくなる。「楽しくなるにはどうすればいいか」「やりたいことが見つからない理由は何か」あらゆる側面から自分を俯瞰することができれば、瞬時にやりたいことに飛びつけるようになる。

あわせて読みたい記事

大人のカッコいい趣味50選

【レビュー】大人のカッコいい趣味50選完全マップ!全部やってみた

 

100個以上の副業を本にした

 

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

僕があらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。

 

手ぶらアイテム集の本を出版

手ぶらで旅行や出張をするアイテム集

Kindleでアイテム本

「手ぶら」生活が本になった。着るバックを使った手ぶらアイテムをまとめた本「ウェアラブルギア」をKindleで出版した。「1週間の旅行も手ぶら」で行く筆者が作った「身につけるアイテムまとめ」。これまで旅行に使い倒したサービスや商品を惜しみなくまとめている。より最新のサービスやアイテムを知りたい方は、ぜひ読んで欲しいKindle Unlimitedでは無料。Kindleでは100円で読める。