音読パッケージて効果ある?リスニイングを上達するために必要なトレーニング

みるみる英語力がアップする音読パッケージをやったら英語力が伸びました」。そんな話をネットでよく目にする。果たして本当にそうだろうか。みるみる英語力がアップしたのか。音読パッケージを紹介するサイトと2ヶ月みっちりトレーニングした経験からまとめてみる。

 

どんな効果が実感できるのか

音読パッケージは、1冊で英語の基本をマスターできる

音読学習をするためのテキスト。150字程度の文章を、何度も音読する。文章を読み、声に出して発音する、CDを聞くといった学習プロセスを通して、英語のリーディング、発音、リスニングといった全ての力を底上げすることができる。

▶︎ 音読パッケージ

 

実感されている音読パッケージの効果

12 13 14 15

   ▷One step at a time    ▷日本人が英語を話せるようになるまでの進化博物館    ▷理系のためのTIPS集    ▷Worlli

 

音読パッケージと検索すると、数多くの紹介サイトがヒットする。これほどまでの愛用者がいるなかで、どのような効果があったと紹介されているのか。

総じて、実感されていた効果は、リスニングだった。読んで理解できる英文が、リスニングになると理解できない。そういった問題を、音読パッケージを通してクリアに聞こえるというのだ。何度も繰り返し音読とリスニングをすることで、英語を文章で聞くことに抵抗がなくなるという紹介だった。

 

✔︎ リスニングの向上

✔︎ 英語への抵抗感の払拭

 

要するに、音読パッケージをすることで、みんな何となくリスニングがあがるようだ。どうやら音読パッケージには、リスニング力を向上させる働きがあるらしい。

 

単語を「聞き取れる」レベルの分類

リスニングには、理解できる、できないの段階がある。単語を「聞き取れる」状態を、大きく4段階に分類してみた。

3

 

「会話の中でも使える」 自分が会話の中でも自由に使える単語は、ほぼ間違えなく聞き取ることができる。単語の意味や使うべきタイミングを理解しているため。
「理解できて聞き取れる」 意味を理解をしている単語であり、聞き取ることはできる。しかし、会話で流暢に使いこなすことができていない単語。
「曖昧に聞き取れる」 意味は何となく覚えているので、いわんとすることがわかる。間違えた発音、音で覚えているため聞落とす単語。
「雰囲気で判断する」 聞き取れていないのに相手のリアクションや前後の話の内容から意味を推測する。

 

音読パッケージは、この「曖昧に聞き取れる」「聞き取れないのに雰囲気で推測する」単語を何度も反復して音読することで、「理解して聞き取れる」単語にリスニングレベルをアップさせることができる。

5

 

音読パッケージをやってみて

音読パッケージは、効果を実感しにくい

僕は、このテキストを暗唱するほど取り組んだ。毎日1セクション、2時間かけて、ひたすら朝晩音読し続けた。しかし、体で感じるほどの劇的な英語力アップはしていないように感じる。地道な基礎トレーニングとして、下積みをしたイメージだ。

当時、同時進行で、別のテキストも何冊か並行して行っていたので、音読パッケージがどれほど効果があったのか実感はできなかった。当時、同時並行で取り組んでいたテキストとスケジュールは、以下にまとめたあるので参考にして欲しい。

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

音読パッケージを終えるのには、時間がかかる

音読パッケージは、1冊終えるのに相当な時間を要する。1日1単元でも、2時間程度かかっていた。理由は、暗唱。暗記する勢いで音読をし、シャドーイングをするためだ。

音読パッケージは、1冊終える必要はない。もちろん、効果がないという意味ではない。しかし、音読パッケージである程度、自分の求める英語のレベルに達すれば、別の教材に移してトレーニングしたほうが効率はよい。

 

リスニングを上達させるために、英会話をする

音読パッケージを終えてから、日常会話へ

もし、あなたが、リスニング向上のために音読パッケージをやるのであれば、英語で話す機会を設けることをすめる。ある程度、日常会話のリスンングスピードに慣れてきたら、音読パッケージをやめて、実践の英会話をする環境に身を投じたほうが有意義だ。

 

会話の中で使える単語は、聞き取ることができる

もし、あなたが聞き取りたい単語を会話の中で、自然に口に出すことができるのなら、その単語は、聞き落とすことがほとんどないはずだ。要は、会話の中で、その単語を使うためには、単語の意味を理解し、発音もそれなりにわかった上で使っているためだ。

リスニングは、スピーキングの力と比例して伸びていく。「会話で使える」単語を増やすことは、リスニング向上につながる。

6

 

音読パッケージは、1冊全部やる必要はない

音読パッケージは、入門書として、英語の基礎力を底上げする。音読をすることで、文を暗唱することも必要だが、それほどまでに神経質に暗記する必要はない。

日常の英会話が少しずつ聞き取れるようになったのなら、それが音読パッケージのやめどき。どんどん別の教材にシフトするのがよい。

 

英会話で上達を実感してみる

オンライン英会話や国際交流パーティなど、英語で話せる機会が簡単に作れるようになった。どんどん実践の英会話を楽しもう。この英会話の場をつくることが、「理解して聞き取れる」単語から「会話でも使える」単語になる。会話でも使える単語を増やそう。そうすることで、リスニングも向上していく。

僕がおすすめなのは、オンライン英会話の無料体験で試す方法。スカイプなどの無料通話を使って、英語の先生と話をすることができる。このツールを使わない手はない。

 無料体験のみを使ってオンライン英会話を1ヶ月タダでやろう。最新のスカイプ英会話まとめ

 

ただ、劇的な変化を期待してはいけない。音読パッケージをやっただけでは、それなりの英会話のレベルアップしかできない。あくまで基礎力の向上だ。英会話は、話すことで伸びる。

 

勉強方法

以上が、音読パッケージで得られる英語の効果まとめ。どういった効果がうまれるのか頭でイメージした上で、実際に音読パッケージをやってみる。具体的な使い方をまとめた。

▷ みるみる音読パッケージ教材の使い方を考えてみた。おすすめの勉強法とやめどき

 

最新テキスト・サービスを使う

最新のテキストとサービスを使って学習をしよう。はっきり言って、テキストのみを使って勉強するだけの学習は時代遅れ。スタディサプリ ENGLISHなどのアプリを使って、最高の学習環境を作ろう。英語学習の良質なサービスを使って、より早く、効率よく、自分の思い描くゴールへたどり着かせよう

▷ 【2017年】英語上達完全マップを最新テキストとサービスで、もう一度

 

独学で英語を学ぶ

真剣に英語を学びたいのなら、方法はたくさんある。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録をまとめた。そのときの勉強スケジュールが以下

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

英語学習に行き詰まりを感じたら

英語パーソナルトレーニング

独学は、常に不安がつきまとう。このまま勉強を続けても伸びるだろうか。自分はこれだけ勉強したのに全く伸びていない。そういった不安や焦りをパーソナルトレーナーのカウンセリングでクリアにさせよう。

今では、オンラインで無料相談をしてくれるサービスまである。無料の相談をして、有料のコンテンツを利用しなければお金は全くかからない。無料相談や体験レッスンなどを以下にまとめた。

▷ 英語パーソナルトレーニングができるイングリッシュジムまとめ