【体験】香川ワーケーション#21 さぬきうどんモニター募集や補助金はある?高松や屋島のリモートワークおすすめホテルプラン【田舎移住計画ブログ】

「香川のうどんワーケーション」の話。今、実際に全国をまわりながらワーケーションをしている。今回は、香川の高松やさぬきでうどんを楽しみながらリモートワークをしてきた。

1 無料お試しモニターやアンバサダー募集はある?

香川でワーケーションをしよう。ワーケーションできる補助金やモニターに応募して、お試し移住してみるのもありだ。香川県は「香川県テレワーク導入促進助成金」を募集しているため、ワーケーションやテレワークの誘致に積極的だ。他にも「県内移住による新しい生活様式に対応するためのテレワーク推進支援事業費補助金」もあるなど、県をあげて積極的にテレワーク誘致が進んでいる。

個人として利用できる補助金は、「高松市東京圏UJIターン移住支援補助金」の移住者向けの支援制度だ。この支援制度はワーケーションのような短期の移動ではなく、定住する人向けの制度でもあるので注意が必要。

テレワークやリモートワークといった短期滞在者向けの制度は今のところないようだ。こうしたワーケーション誘致やテレワーク助成補助金は毎年取り組まれている地方自治体が多い。今年度の募集は終わっていたとしても、年度が換われば募集も再開しているところも多い。定期的に地方自治体の公式サイトをチェックするのがコツだ。

今現在、全国各地の「無料お試しモニター」や「アンバサダー募集」はこちらにまとめている。

あわせて読みたい記事

無料ワーケーション体験

【2021年】無料ワーケーション体験とモニター募集まとめ!アンバサダーやおすすめ観光ツアープランに応募してみた結果

2 おすすめ仕事観光ホテルプラン

うどんワーケーションでおすすめは、人気店をまわることだ。とりあえず、人気店に行って、違いを楽しむのはあり。

実際に訪れたのは「うどんバカ一代」という人気店。うどんの麺はすべて自家製麺だ。店内で実際に麺づくりをしているところを見ることができる。おすすめは「釜揚げバターうどん」と「肉うどん」。

みなさん「小」を頼まれていた。一玉分が小で「中」が二玉分なのだろうか。普通サイズが小くらいでかなりボリュームがある。若者は「大」を頼んでいたので、たっぷり食べたい方は大がおすすめだ。

3月の春休みシーズンなのか、かなり並んでいた。ただ、うどんなので回転率がいいのか、何だかんだすぐ注文できた。

また別のうどん屋なら「ざいごううどん わら家」のもあり。コシのあるうどんを特製のダシでいただけるお店だ。

地元の人にも親しまれているくらい人気店。朝から開店しているが、10時半ごろから満席になるくらい賑わっている。

場所は高松市から20分程度電車で行った「屋島」にある。ちょっと遠いのがワーケーションに不向きかもしれない。

ホテルをコスパよく利用するなら

コスパよくワーケーションしよう

ワーケーションでホテルをコスパよく使うなら「ホテルサブスク」は欠かせない。

月に5回以上ホテルを利用するなら「月額」の全国300拠点以上使えるサービスを使う方がお得。僕も実際に利用しているコスパいい泊まり放題サブスクをこの記事にまとめた。

【6選】ワーケーションで使えるおすすめホテルサブスクプランまとめ比較!割引やクーポンは?メリットデメリットとは?

3 体験したメリットデメリット

香川で実際にワーケーションをしてきたメリットは、うどんがとにかくおいしいということ。うどんを食べ歩きするのが好きであれば、香川の高松市やさぬき市でワーケーションするのはありだ。

デメリットは香川ではモニターやワーケーション補助金は今のところない点だろうか。だが、今後、行政のプログラムをチェックしてみるのはありだ。香川以外にも全国各地の「市町村」ではワーケーション募集やモニターお試しを提供してくれる場所もある。こうした制度を使えば「無料」でワーケーションできる。

4 交通費やワーケーション移住

香川県は電車移動が楽だ。市内であれば市電で移動できるし、徒歩でも移動しやすい。アーケード街も充実しているので、散歩がてらゆったり歩くのもおすすめだ。屋根があるので雨の日でも濡れずに移動できる。

ワーケーションできるカフェは、スターバックスやサンマルク、ドトールなどの大手チェーン店をはじめ、個人経営の小洒落たカフェもある。

ただ、コワーキングスペースのようなガッツリ仕事ができるような集中部屋は見つからなかった。また香川でワーケーションする際は、しっかり探してみる。

香川県の高松へは岡山県の岡山市からでている特急で下ることができる。また、兵庫県から淡路島を通って、徳島の鳴門市から行く高速バスもある。どちらの都道府県も便がいいのでワーケーションで都道府県をまたぐのもありだ。

香川のワーケーションは、やっぱり「うどん」一色だった。うどんを食べ歩く生活を中心に、仕事はそっちのけで楽しんだイメージ。しっかり仕事をしたいときは、別の都道府県へ行くのがいいかもしれない。

 

ワーケーションやリモートワークをしよう

香川では「モニタープラン募集」や「お試し無料移住」を利用してワーケーションやテレワークをしよう。市町村が提供する補助金や助成金を利用して実際に移住してみるのがおすすめだ。

さらには、「高松やさぬき」から行ける温泉旅館や海の近くで働けるカフェなど様々なワーケーション施設を利用してみるべき。

47都道府県ワーケーション

日本全国で体験

僕自身、会社を経営しながら日本全国でワーケーションを体験している。他の市町村でのワーケーション体験はこちらにまとめた。

日本全国ワーケーション体験完全マップ

手ぶらで旅行や出張をするアイテム集

Kindleでアイテム本

「手ぶら」生活が本になった。着るバックを使った手ぶらアイテムをまとめた本「ウェアラブルギア」をKindleで出版した。