【実践】TRU NIAGEN(トゥル・ニアゲン)は抗老化サプリNMNを安く試せる?若返り効果は?高城剛メルマガを読んでやってみた #ライフヘルスギア07

高城剛さんのメルマガを読んでやってみた。高城剛さんのメルマガや著者「高城式健康術55」で話題の「TRU NIAGEN(トゥル・ニアゲン)」を実際に使って体験してみた。TRU NIAGEN(トゥル・ニアゲン)は本当に「若返り」効果があるのか?どんな効果が体験できたのか時系列をもとに紹介する。

 

2011年に発表された抗老化作用を知っているか?

「寿命が伸びる」とマウス実験で証明されたあのNMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)をご存知だろうか。「抗老化作用」があるとして知られる今話題のサプリメントだ。2011年アメリカのワシントン大学のマウス実験によると、1年間、NMNを与えたマウスの「若返り」が確認できたとのこと。

NMN(ニコチンアミド・モノヌクレオチド)は、体のエネルギー代謝に必要なNAD(ニコチンアミド・アデニンジヌクレオチド)という物質の化合物。実は、NMNは日本人によって作られた物質だ。このNMNは、動物の寿命や老化に関わる「サーチュン遺伝子(長寿遺伝子)」を活性化させるといわれている。要するに、エネルギー代謝が上がり、活動量が増え、酸素消費量が上がる。

実験では、筋肉全般に反応がみられたり、より骨格筋や視力や骨密度にも良い影響があったという。「抗老化作用」「若返り」サプリとして巷で話題な理由は、このポジティブな効果が広まっていることがあげられる。

糖尿病にも劇的な効果がある?

マウス実験で糖尿病にも

2011年アメリカのワシントン大学の今井眞一郎教授によると、マウスによる実験でNMNは糖尿病にも効果があったと報告されている。その他、アルツハイマーや心不全など様々なポジティブな反応があった。

 

TRU NIAGEN(トゥル・ニアゲン)

ただ、このアンチエイジングサプリとして知られるNMNは、数十万円することで知られている。高額なため、なかなか庶民には手が出しにくい。そこで、いま注目されているのが「NIAGEN(ニアゲン)」だ。

TRU NIAGEN(トゥル・ニアゲン)に含まれるNR(ニコチン・アミドリボシド)がミトコンドリアを活性化させる。ミトコンドリアを働かせ、エネルギー代謝に必要なNAD(ニコチンアミド・アデニンジヌクレオチド)を増加させてくれる。

要するに、数十万円でNMNを購入せずとも、エネルギー代謝を活性化させることができるのがTRU NIAGEN(トゥル・ニアゲン)のサプリメントだ。

実際に使ってみないとわからない

抗老化作用がある?

TRU NIAGEN(トゥル・ニアゲン)は「抗老化作用」があると言われるものの、正直、疑ってしまう。実際、自分の体に合うかどうかは飲んでみないことにはわからない。実際に実験してみた。

 

実際に飲んでみた!効果はあるか?

正直、僕はサプリメントに懐疑的だ。なぜなら、よくわからないからだ。フラシボー効果でもあるかもしれないし、本当に効果が出ているかどうかも分かりにくい。だからこそ実験をしながら長期で確認していく。

1 日目

1日目は、正直あまり体感はなかった。朝このサプリメントを飲んでみたのだが、いつもと変わらない1日だった。正直言って、フラシボー効果もない。僕自身が鈍感なタイプと言うわけでもなく、それなりに健康に気を配っているタイプなので、体の変化には敏感なはずだ。にもかかわらずあまり変化がなかったのは正直な感想だ。

ちなみに、身体の様子を図ることができる「オーラリング」というアプリを使って計測していた。だが、目立った反応もなかった。

あわせて読みたい記事

blank

オーラリング

ライフヘルスギア#03 OuraRing(オーラリング)ならスマホアプリでミニマルに睡眠測定できる。指輪で健康改善してやる気ないを改善しよう!

1 週間

1週間毎日飲んでみた。正直なところ、さほど体には影響がなかった。毎朝飲んでみたのだが、劇的に体が軽くなったという体感はない。すこぶる体が軽くなったと言う話でもない。フラシボー効果もない。一体いつ、このサプリメントの効果が現れるのか楽しみにしていたのだが、驚くほど劇的な効果は感じられなかった。

強いて効果を言うのであれば、昼寝をすることがなくなった。これまで、毎日昼寝をして活動していたのだが、昼寝をする回数が減った。ただ、これは最近食事の方法を変えたことが大きな要因ではないかと自分では考えている。より懐疑的に、より若返りの効果を実感するためにまた長期で確認していくことにする。

このようなブログ記事を作成するのだからこそ、大げさに効果を発表したかったのだが、正直、まだ体感に現れていない。

1 年試してみる

ちなみに2011年のワシントン大学の研究では、1年間マウスに投与し続けていた。要するに、エネルギー代謝が活性化され、ミトコンドリアも増え、酸素消費量が増えることで、若返りを実感することができるのだが、僕自身がまだまだそこまで老化してなかったということだろうか。

今、このTRU NIAGEN(トゥル・ニアゲン)を1年試してみることにした。要するに、マウスの実験でもわかるように、なかなか効果が現れにくいということだ。

 

疲れた時に効くのか?

高城さんの著書では、「本当に疲れた時に飲むと良い」という話があった。実際に疲れたときにどう反応が出るのか実験してみた。飲んだ感想を言うと、飲んだ数時間後はあまり変化はない。オーラリングの睡眠スコアにも変化はなかった。ただ、体感としては、深く眠れたような感覚はある。ただし、これは僕自身の体感の為、フラシボー効果である可能性も否定できない。

このサプリは、飲んだ瞬間に反応があるという話ではない。理由は、このサプリメントは、DNAの修復を促してくれるに過ぎないからだ。NMNのサプリを調べてみたところ、15分程度で吸収するという話があった。それほど吸収率が高いという話だ。さらに、DNAの修復にも役立つという。

ちなみに、巷で売られている「疲れがしゃきっと取れる系」のエネルギー剤は、無水カフェインによる気休めでしかない。カフェインによりアドレナリンが出て、疲れが取れた気分になっているが、正直、体は疲労を抱えたままだ。あのカフェイン飲料と比べると体感は少ないが、若干効果が見込まれたので、疑いながら実験していくことにする。

この記事も、より面白い反応が出たときにまた更新していく予定。正直体感で劇的に変わったということはないのであまり声を大にしておすすめすることは今のところはない。ただ、様々な実験で、若返りの効果が証明されているため、長期でこの実験を進めていくことにする。

高城剛の著書で詳しく知る

高城剛さんのメルマガや著者「高城式健康術55」で医学について詳しく知るのもありだ。

あわせて読みたい記事

俺のライフパッキング

 俺のライフパッキング

 

あわせて読みたい記事

身体を見直してモチベーションを高めるライフヘルスギア

ライフヘルスギアシリーズ