無駄?効果ない?大学生がオンライン英会話を8ヶ月やってみた体験談

今回は、大学生の友達に「オンライン英会話の体験談」を書いてもらった。「大学生のうちに英語を話せるようになりたい」「オンライン英会話って効果あるの?」と思っている人は、せひ参考にしてみてほしい。今回は、知人の大学生にこの記事を書いてもらった。大学生だからこそ感じるオンライン英会話の話

 

オンライン英会話は大学生に向いてる?

大学生の僕は、実際にオンライン英会話で英語を習得した。大学生って正直、自由な時間がかなりある。この記事を書いている僕は大学4年だが、大学1~3年の人にはありあまる時間を少しだけ使って、英語を勉強してほしいと思っている。というのも、英語を話せるというスキルはこれからどんどん需要が高まるからだ。時間がある大学生のうちにやっておくに越したことはない。

しかし「英語を話せるようになりたいけど、どうしていいか分からない」「どうやって英語を学ぶべきか迷っている」という人が大半だろう。そこでこの記事では、普通の大学生である僕が、「オンライン英会話を8か月間やってみたリアルな経験談」をまとめた。

 

オンライン英会話は無料でできる

何より大学生に向いているのは、オンライン英会話は、無料でできることだ

【裏ワザ】無料でオンライン英会話を50日間使う方法!無料で25のお試し体験レッスンをやり倒そう!

1 大学生にはオンライン英会話がおすすめな理由

大学生はオンライン英会話を使って、英会話の練習をスタートするのがおすすめだ。理由は以下の通り。

☝︎ポイント

・費用が英会話教室に比べて安い
・好きな時にレッスンを始められる

大学生はとにかくお金がない。英会話教室なんて通ったら、月に何万円と飛んでいってしまう。その点オンライン英会話は、月に6000円程度で始められる。バイトを1日すれば稼げてしまうくらいの金額で英語を学べるのがいい。

また、好きな時間にレッスンできるのもメリットだ。大学生はバイトだったり、授業の時間割りが毎日違ったりと、決まった時間帯にレッスンに通うのは難しい。オンライン英会話では、朝から夜まで空いている時間に取り組めるので、融通が利く。これもおすすめのポイントだ。

 

2 実際に体験したオンライン英会話レッスンの内容

オンライン英会話って効果あるの?と迷ってしまう人も多いはず。そこで、実際にオンライン英会話に取り組んだ経験のある僕が、どんなレッスンを受けて、何が良かったのかを具体的にまとめた。8か月の間、週に3~4回のペースでオンライン英会話続けてきたので、記事の信頼性は担保しているつもりだ。

僕が受けていたレッスンは、このような内容だった。 

☝︎ポイント

・英語日記を講師に添削してもらう
・日記の内容をもとにフリートーク
・時間が余ったら雑談

英語で日記を書き、書いたものを講師に添削してもらうというレッスンにしていた。

当然、自分で書いた英語の日記には、間違いがたくさんある。講師に英語日記を添削してもらうことによって、自分では気づかなかったミスに気づくことが出来るので、学びが大きい。「外国人にとっては、こういう表現が自然なのか!」と教科書にはないことを学べるのが面白かった。

添削が終わったら、ちょっとしたフリートークをして終了という流れになる。講師の方もプロなので、会話を楽しく弾ませてくれる。会話が苦手で自信がないという方も安心だ。無事レッスンが終わった後は、添削してもらった日記を見返して、教えてもらった表現を使いつつ、次の日記を書くというのが大まかな流れだ。時間の内訳としては、添削15分、フリートーク10分の合計25分となっていた。

 

3 実際にオンライン英会話を受けた感想

「大学生はオンライン英会話をやるべきだ」と言ってきたが、良い点もあれば逆に良くない点もある。ひいきなしで、オンライン英会話のメリット、デメリットをまとめる。

メリットは先ほども述べたように、

・価格が圧倒的に安い
・好きな時間にレッスンが受けられる

ということが挙げられる。

大学生はお金がないので、価格が安いのはとても魅力的だ。英会話教室でバイト4回分払うより、オンライン英会話でバイト1回分のお金を払ったほうがいい。

デメリットは、以下の2点。

・講師に当たりはずれがある(自分が会話を盛り上げないといけない場合もある)
・継続が難しい

いろいろな講師がいるので、自分に合う合わないは必ずある。しかし、1度お気に入りの講師が見つかれば、レッスンが楽しくなって継続できる。

僕は男性1人女性1人の2人の講師とレッスンしていた。お気に入りの講師が一人だと、予約がすでに埋まっているときにレッスンできないので、複数の講師を選んでおいたほうがいい。

そして、1番のデメリットは継続が難しい点だ。中学や高校のようにレッスンは強制ではない。そのため、いかにモチベーションを管理するかが重要になる。実際、僕も何度もやめそうになった。1か月ほどサボって、やっていなかった時期もあったくらいだ。モチベーションを維持するためには、学ぶ目的をはっきりさせたり、オンライン英会話のなかで楽しみを見つけたりするするのがおすすめだ。

4 大学生がオンライン英会話で英語を話せるようになるコツ

途中サボったりもしたが、8か月続けると英語でしゃべれるようになってくる。オンライン英会話で、ちょっとした会話はできるようになった僕が、オンライン英会話を受けるときのコツを紹介していく。これらのコツを意識してレッスンを受ければ、簡単なコミュニケーションをとれるくらいには話せるようになるはずだ。

 オンライン英会話のコツは以下の通り。

・文法的な正しさよりも流暢さを意識する
・ボディランゲージを使う
・「しゃべれなくて普通」というマインドを持つ

まず、文法的な正しさよりも流暢さを意識することがポイントだ。日本人が話せない原因の第1位は「間違いを気にしすぎる」ことだと思っている。ミスを気にしすぎるせいで、思ったことをなかなか口にすることが出来ない。しかし、口ごもったり、間をおいて話していては会話にならない。なので、最初は間違いを気にせず「流暢にしゃべること」を心がけると良い。 

もちろんネイティブのような流暢さは無理だが、僕はとにかく3秒以上間をおかないことを意識して会話するようにしていた。最初は慣れなくても、思ったことをどんどん口に出していくことで、英語での会話に慣れてくる。文法的なミスは、講師に指摘されたところを徐々に修正していけばOKだ。

次に意識したいのが、ボディランゲージを使うこと。流暢に話すといっても、英会話に慣れていなければ、話している内容を相手が理解してくれない場合がある。そんなときの手助けとなるのがボディランゲージだ。ボディランゲージというのは、いわゆる「身振り手振り」である。言葉だけではなかなか理解してくれなくても、手などを使って表現することで、大体のことは理解してくれる。

 「自分の言っていることが理解されなかったらどうしよう…」というのは、英会話初心者の共通の悩みだ。しかし、ボディランゲージを使えば大体のことはわかってくれるので、この記事を読んでいるあなたも心配することはない。

「しゃべれなくて普通」というマインドを持つことも重要だ。日本人はミスを気にしすぎる。かつての僕もそうだったが、間違えないように必死なので、なかなかしゃべることが出来ない。だから、ほとんどの日本人は英語を話せない。受験勉強のおかげで英語の読み書きはできるかもしれない。しかし、あなたの周りに英語を話せる人はどれだけいるだろうか?

 オンライン英会話の講師も「ニホンジンエイゴヘタ」ということはわかっている。なので、「間違ったらどうしよう」と悩むのではなく堂々と間違えていって話すほうが良い。講師は、自分が思っているよりも英語のレベルを気にしていないので、安心してレッスンを受けよう。

 

大学生にはオンライン英会話がおすすめ!

大学生のうちに英語を習得したいなら、オンライン英会話をやってみるべきだ。英語は、コミュニケーションツールの1つ。実際に使えなければ、意味がない。最初のうちは、「うまく話せるのかな」「相手の言うことが分からなかったらどうしよう」と外国人と話すのを怖いと感じるかもしれない。

しかし、そんな人にこそ、オンライン英会話で外国人と話すことに慣れるのがおすすめだ。慣れてくれば、外国人と話すのが楽しいと思えるようになってくる。あなたもぜひ、オンライン英会話で外国人と話す楽しさを経験してほしい。