怪しい?大学生に評判の海外ビジネス武者修行プログラムは怪しい?5つの謎や口コミ評判を検証してみた

海外へ留学する、インターンに行く、ワーホリで長期滞在する。という学生が今かなり増えている。一昔前の世代であれば、「留学する」こと自体がかなりの価値があったし、就活でも役に立っていた。そして今、「海外ビジネス武者修行」という選択肢がある。今回は、大学生に評判の海外ビジネス武者修行を紹介する。

 

大学生に評判の海外ビジネス武者修行プログラムとは?

海外武者修行プログラムでは、学生を中心に、海外で本格的なビジネスプランを学べるプロジェクト。実際に海外へ行って、ビジネスを学ぶ講座を数ヶ月に渡って勉強をする。実際に、学生たちが自分たちの考えるビジネスプランを練って、発表して、そして、海外現地で発足する。まさに、「海外ビジネス」を作ることができる。

 

 

かなり本格的にビジネスを学べる

あなたがもし、学生なら、このプロジェクトに参加してみるのはいかがだろうか。ここの面白さは、実際にベトナムに行って、英語を使いながら、自分の考えているビジネスプランや意識の高い学生たちと切磋琢磨できること。学生のうちに、インターンシップや語学留学へ行っている人よりも、より具体的なビジネスのプランニングができる。

もちろん、起業したい人だけが参加するわけではない。企業の駒として使われる下手なインターンシップに参加するよりも、本格的なビジネスを学びながら友人を作るために海外武者修行プログラムに参加するのはありだ。

 

海外ビジネス武者修行は怪しいのか?

海外ビジネス武者修行は、かなり本格的にビジネスの話をする。やる気のある意識の高い学生しか集まらない最高の場所だ。やる気のある学生が集まる分、ビジネスプランの中身や、プログラムで開催される内容は、かなり中身が「濃い」。中身が濃い分、宗教ちっくで、怪しいと感じる人もいる。

だが、実際のプログラムは、かなり「質」が高い。僕が学生だったとすれば、絶対に参加したいと思える内容だ。怪しいと感じられる、怪しいと思う人がいるほど、プログラムの熱がこもっている。

この動画を見て欲しい。これを見て、あなたが感じだままに動いてみればいい。もし、「意識高いな、これはできないな」と感じたのなら、あなたはまだ、そのレベルに達していない未熟者だということ。もし、「すごいな、自分もやってみたいな」と感じたのなら、ぜひ一度説明会に行くべきだ。この動画を見て、やりたい、自分を試してみたいと思える学生は、このプロジェクトに参加できる才能がある。

 

海外ビジネス武者修行の口コミ評判や謎を検証!

海外ビジネス武者修行では、様々な口コミ評判がある。実際、噂レベルの評判も多いが、今回は、その口コミ評判を検証する。なぜ、海外ビジネス武者修行は、ここまで口コミ評判がいいのか。

 

1費用は説明会に行かなければわからない

サイトや口コミを見る限り気になるのは、プログラムの費用が全くわからないということ。サイトを見る限りどこにも掲載されておらず、口コミでも詳細な料金が書かれたものはなかった

公式サイトには、説明会で発表されると書かれている。参加する期間によって異なるため、説明会に行って質問しなければわからないようだ。さらに、その料金を口外してはいけないらしく、費用について詳細にわかる口コミはまったくない。

詳細な料金について書かれたサイトが仮にあったとしても、検索で引っかかるような場所にあったらすぐに消されるだろう。そのため、調べようにもわからない。だが、詳細な料金はわからずとも、多くの口コミを見る限り、短期留学と同程度だということが分かった。ベトナムで行われるため、欧米に短期留学に行くよりも安い料金で、プログラムを受けることができる。


また、生活費は含まれていないものの、現地の物価は日本よりも安いため、2週間で3万円あれば十分生活できる。全てをひっくるめても2週間程度の短期留学を下回るか、同程度の料金で、このプログラムに参加することができる。
支払い方法は、一括払いだけでなく、分割払い、出世払いといった方法もあるため、お金がなくても利用でき良心的。出世払いとは就職したときのボーナスで一括払いする支払い方なので、今、お金がなくても利用することができる。
成長したいという気さえあれば、お金がなくても参加できる。費用がわからないというのは不安だが、説明会に行きさえすればわかるし、お金がなかったとしても参加することができるという仕組みだ

 

2プログラム内容は超濃い

プログラムを一言で言うと、ものすごく濃い。口コミ評判や参加した人のブログを読むと、鬼のように高い評価が記載されているほど、非常に評判がいい。「人生観が変わった」と書いている口コミがあるほど、プログラムの内容は濃い。

普通のインターンとは違い、新しいビジネスを立ち上げる体験ができる。企業が募集しているようなインターンでは、雑務などがメインで、入社体験みたいなことしか出来ないが、本プログラムでは、自分で考えた企画を実践するという、超実践型のプランでビジネスを学ぶことができる。

現地のお店を貸し切り、お店の売上をあげるために様々な工夫をする。そのため、新商品開発やマーケティング、投資額に対する損益分岐点計算などといったビジネスの一連の流れを実際に現場体験でき、売れたのか、効果があったのかといった結果が目に見えてわかるところが特徴だ。企業のインターンで体験できないような濃い体験をすることができる。

普通のインターンプログラムよりも、ビジネスや英語力を強化することのできるハイレベルなプログラムではあるが、これらのことについて全く知らなかったとしても、参加することができる。もちろんこれらのことに精通していたほうが苦労は少ないが、努力することによって英語力を鍛えたり、ビジネスのノウハウを人一倍吸収することもできる。

非常に評判はいいが、能動性が全くなければ効果はない。ジムの入会手続きを済ませただけで、その人が痩せるとは限らないのと同じで、自ら率先して行動しない限り成長しない。受講者の能動性が鍵になるが、自分を高めたいという意思が強いほど、絶大な効果が見込める
また、プログラムを修了した後、武者修行を終えた全ての学生が集うコミュニティにも参加することができる。向上心の高い者同士、つながることができるというのも、このプログラムのメリットの一つだ。プログラムが終わってもなお、コミュニティによって自らを高めることができる。

 

3やっぱり海外ビジネス武者修行は怪しいのか?

怪しいと言われるが、実際はちゃんとしている。費用が謎で、説明会に行かなければわからなかったり、Googleで「武者修行」と検索したら「怪しい」というキーワードも一緒に表示されているため、そういったイメージがある。

また、『大学生に「自走式エンジン」を搭載させ、変態させる』といったようなインパクトのあるワードが並ぶため、胡散臭い団体と思うかもしれない。意識高い系の宗教的なセミナーのように見え、なにかしらの勧誘を受けるのではないかと思う人もいるだろう。しかし実際はそんなことはない。
実際、説明会で怪しい勧誘を受けたという口コミは一切なかった。

これまでの参加した学生の累計は500名近い。それほどたくさんの学生が参加している。また、このプログラムは学生しか参加できないのもポイント。学生だけが自分たちのビジネスをしっかりとプランニングしている


また、NHKの番組、「ニッポンのジレンマ」に出演するような戦略コンサルタントの山口揚平氏が企画しているということからも、法律にふれるような危ない団体ではないということがわかるだろう。また、この企画に参加するファシリテーターは、経営のプロばかりだ。企業の社長や、リーダーシップ指導のコーチマネージャーによる、経営者視点のフィードバックを受けることができる。

短期留学に行くよりもちょっと安い程度の料金で、経営や人材育成のプロによる指導を受けることができるため、非常にコストパフォーマンスのいいプログラムになっている

4開催の日程はいつ?

海外武者修行プログラム無料説明会に参加して、参加手続きを行った後、事前研修が行われる。座学で、事前に知っておくべき世界情勢やビジネスの基礎知識について学ぶ。その後、チームのメンバーが発表され、事業内容を考えていく。その2週間後までに仮企画書を提出。そして、ベトナムに行く前日までに最終計画書を提出しなければならない。

このことを考えると、詳細な日程についてはわからないが、余裕を持って申し込んだほうがよさそうだ。説明会に関しては逐次行われており、東京の早稲田では週に3回程度行われている。しかし地方では、たまに開催されているところがあるものの、あまり行われていない。

だが、近くに開催している場所がなくとも、スカイプで説明を受けることができる。そのため、申し込もうと思えば比較的スムーズに説明会を申し込むことができると考えられる。少しでも興味があるのならば、手遅れになる前に説明会に申し込んだほうがいい

 

5開催場所はどこ?治安はいいの?

開催場所は、ベトナムのホイヤンという都市。まず、多くの方が気にする治安の問題。このプログラムは行われるが、安全な場所なのだろうかという口コミが多く見られた。

東南アジアには治安の悪い都市も多くあるため、不安に思う方も多いだろう。しかし、そこまでの心配はない様子。ホイヤンは世界遺産の都市であり、人気の観光地であるため、治安がとてもいいのだ。安全面、衛生面ともに申し分なかったといったような口コミも多い。

また、急成長中の新興国であり、ビジネスがしやすい環境が整っている。加えて観光客として欧米人が多く、英語を頻繁に使う機会があるため、ビジネスや英語を学ぶ場として非常に適している。

海外での生活が不安と感じる方も少なくないと思うが、ベトナムには、現地コーディネーターと呼ばれる担当者が存在しており、学生の安全や健康をサポートしてくれる。航空券やホテルについてなど、24時間体制でサポートを受けることができるため、はじめて海外に行く方にも安心だ。

 

6海外ビジネス武者修行の使い方?就活に役立つ?

海外ビジネス武者修行は、就活にも絶対に役に立つ。下手に留学、ワーホリ、インターンシップへ行くよりも、武者修行に行った方が、役に立つと僕は思う。なぜなら、留学、ワーホリ、インターンシップへ行く奴なんて五万といるからだ。面接官も、最近の留学、ワーホリ、インターンシップの話なんて、耳に胼胝ができるくらい何度も聞かされている

考えてほしい。「海外のワーホリ経験から、これからはグローバルに世界を渡り歩かなければならないと感じました。」だとか「フィリピン留学で英語を学びました。」何て、死ぬほど聞かされている。

そんな話よりかは、「海外で武者修行に行った経験があります。実際にビジネスを立ち上げ、現地で利益を上げられる仕組みを構築しました。」何て事を話す学生がいたら驚くレベルだ。絶対に欲しいと感じる。

より詳しい口コミや就活情報は、公式ページに「参加者の声」として掲載してある。こちらから海外武者修行プログラムの公式ページをチェックしよう。

 

行きたいと思ったら説明会に参加すべき

海外ビジネス武者修行は、1年生の参加者もいる。「1年生であるこの時期に受けてよかった」というから驚きだ。「1年生だから早いということは絶対にない」といったように、このプログラムを受けた人はほとんど、早い段階で受けてよかった、もしくはもっと早くに受けるべきだったと思っている。それほど定評のあるプログラムなのだ。

ビジネスについて知りたい、海外で働くというイメージを持ちたい方、何をやりたいのか見つけたい方は、説明会に申し込むべきだ。口コミ評判にあったとおり、非常に濃い経験ができる。「もっと早く行けばよかった」と思う前に、まず説明会に参加してみることをおすすめする