老後までに海外移住する4つの気をつけるべき準備!失敗しない将来への備えとは?

海外移住をしよう。「海外に憧れる」「住んでみたいけど失敗したくない」からこそ、準備をしよう。よくある後悔や失敗をあげながら、やるべきことを抽象的にまとめた。結局、自分が楽しめるかどうかだ。

海外にいつでも行ける準備をしよう

世界的なパンデミックも「過去のこと」のような日常になりつつある。毎日報道されていた「感染者数」ももはや関心がある人すら少なくなっている様子。マスクをつけていない人もちらほらで始めた2021年末だ。

最近は「海外へ行く」人も増え、年末を海外で過ごす人も増えてきた。2022年は「海外へ移動する」人も増えるはずだ。僕自身、海外へ行く準備をし始めた。いまできることを準備している。

あわせて読みたい記事

海外移住の準備

海外移住計画ブログ|日本出たい!日本脱出したい!世界を旅したいフリーランスの海外暮らし準備編

1 荷物を減らす

海外へ行くなら、まずは「荷物を減らす」のは必須だ。どこでも「身軽に暮らせる」スキルを持てば、どの国にいても簡単に移動できる。

海外へ行くのに「スーツケース」を転がしていくのと、「リュックサック」一つで移動するのでは労力がかなり違う。

最近は、スマホで漫画も読めるし、ゲームもできるし、アニメも見れる時代だ。家でできる娯楽はスマホに全て入っているからこそ、荷物を減らすことができる。

海外へ行く前に、自分の荷物を見直すのはおすすめ。脱サラして海外移住するのでも、老後に海外へ行くのでも「荷物を減らすこと」はかなりメリットだ。

あわせて読みたい記事

全部捨ててみた

【全部捨ててみた】99%の私物を断捨離して、6ヶ月で30万円資金化し、スーツケース1つのミニマリストになった記録と結果

2 仕事の整理

海外へ行くまでに仕事の整理をしている。「無職」で行くよりも、副業として自分のビジネスを持つのはマストだ。

特に、「リモートワーク」ができるように仕事をすることはもちろん、パソコンだけでなくスマホでも仕事管理ができるように整えている。

最新の「情報収集」はスマホでする方が気軽で楽だ。仕事の連絡もスマホが早い。細かい作業はパソコンが強いが、気軽に移動しながら仕事できるのはスマホだ。

リモートワークはもちろん、パソコンだけでなく、スマホだけで仕事できる環境をつくるのはおすすめだ。

あわせて読みたい記事

スマホで仕事

【レビュー】仕事はスマホ1台だけ!スマホ1台の仕事術たった2つのポイント!ミニマリスト手ぶらウェアラブルギア

3 行き先を値段で決める

海外旅行の行き先は「値段で決める」のもありだ。海外旅行が好きな人ほど、有名な場所に行った経験がある人がほとんど。 「日本で有名な場所」ほど、需要があるので「飛行機代金が安い」傾向にある。

ただ、シーズンによって値段が変わるのも事実。「高くて行きたい場所に行けない」ということもしばしばだ。 おすすめは「フライト料金」で行き先を決めること。

「Googleフライト」のサイトを使って、出発日に一番手頃な値段のフライトを見つけよう。 飛行機代金から行き先を決めれば、スムーズに旅先が決まる。

海外移住するにも、まずは現地に遊びに行くのがいい。老後でも住めそうな場所探しは面白い。

あわせて読みたい記事

お得に海外へ

▷ 2022年より安く海外へ行く航空券6つの予約方法!外国人も使うフライトコスパ節約術

4 結局、住めば都とポジティブ思考になる

海外移住してみるとわかるが、最初の印象と住んでからの印象は変わることがしばしば。日本でもマンションに引っ越す前と引っ越した後での違いがあるように、ビフォーアフターで変わる。

住んでみてよかったこと、悪かったことがあるからこそ「海外移住」は面白い。ポジティブに考えなければ失敗してしまう。

老後や脱サラして海外を目指すからこそ「ポジティブな思考」になる必要がある。結局、なんでも楽しめる人ほど海外移住は楽しい。

2022年は海外旅行開始

僕もこれから海外移動する。来年から世界を大移動できるよう、今できる準備をしている。楽しみだ。

あわせて読みたい記事

海外移住の準備

海外移住計画ブログ|日本出たい!日本脱出したい!世界を旅したいフリーランスの海外暮らし準備編