【体験】和歌山ワーケーション#35 補助金やモニター募集はある?わかやまはリモートワークの聖地?おすすめホテルプラン【田舎移住計画ブログ】

和歌山でワーケーションをしよう。モニターやアンバサダー募集を使って、お試し移住してみるのもありだ。和歌山県はわかやま、南紀白浜などワーケーションでも有名な場所が多い。

今回は実際に和歌山へ行って、「ワーケーションの聖地」と呼ばれる場所に行ってきた。

1 無料お試しモニターやアンバサダー募集はある?

和歌山は日本のなかでも早い段階から「ワーケーション募集」や「ワーケーション補助金」を積極的に提供していた。例えば、和歌山県が提供する「サテライトオフィス提案」や「和歌山県でのワーケーションプラン」などが提供されている。今現在は、募集がされていないようだ。年度ごとに募集が変わるため、執筆現在新しい情報はまだ出ていない。市や県の公式サイトをチェックして時々紹介していく予定だ。

特に和歌山では、海外沿いの「南紀白浜」が「ワーケーションの聖地」と呼ばれるような取り組みがなされている。ホテルのサブスクを提供している「ハフ」も和歌山でワーケーションイベントを開催しているなど、和歌山県や和歌山市が民間企業と協力しながらワーケーションを進めている。

やモニターお試しを提供してくれる場所もある。時期によって再募集したり、年度ごとに制度が変わる。最新の情報を地方自治体の公式サイトやリモートワーク推奨企業のサイトでチェックしてみよう。制度を使えば「無料」でワーケーションできる。

執筆現在は募集しているプランはなかった。ただ、年度ごとの発表が多いため「都道府県の公式サイト」で最新情報をチェックするのがおすすめだ。前期であれば5月や6月、後期であれば9月や10月に発表があるため情報収集するのがいい。

今現在、全国各地の「無料お試しモニター」や「アンバサダー募集」はこちらにまとめている。

あわせて読みたい記事

無料ワーケーション体験

【2021年】無料ワーケーション体験とモニター募集まとめ!アンバサダーやおすすめ観光ツアープランに応募してみた結果

2 おすすめ仕事観光ホテルプラン

和歌山駅周辺は残念ながらワーケーションできるような場所が見当たらなかった。コワーキングスペースや仕事ができるようなカフェが見当たらない。

和歌山県でワーケーションするのであれば、ワーケーションの聖地と呼ばれているような海外沿いの「南紀白浜」へ行くのがおすすめだ。

もっと邪道をいくのなら、和歌山よりも大阪の泉佐野市を訪れる方が面白そうだ。泉佐野駅の真横にできた「コワーキングスペースRocks」は新しくていい感じだった。今現在、つくっている最中だったが、今後フリーランスが集まる聖地になる予感がする。泉佐野市がいい感じにフリーランスが集まる場所になっていた。

さらに面白い場所を訪れるなら、泉佐野市の「国内留学ECビレッジ」もあり。国内で本格的に英語を学びながら、ワーケーションすることも可能だ。PCR検査を受けた方のみが滞在できるようになっているなど、コロナ対策も万全とのこと。

ワーケーションをするにあたって、「フリーランス合宿」や「英語合宿」といった何かを学ぶことをテーマに滞在するのも面白いはずだ。

ホテルをコスパよく利用するなら

コスパよくワーケーションしよう

ワーケーションでホテルをコスパよく使うなら「ホテルサブスク」は欠かせない。

月に5回以上ホテルを利用するなら「月額」の全国300拠点以上使えるサービスを使う方がお得。僕も実際に利用しているコスパいい泊まり放題サブスクをこの記事にまとめた。

【6選】ワーケーションで使えるおすすめホテルサブスクプランまとめ比較!割引やクーポンは?メリットデメリットとは?

3 体験したメリットデメリット

和歌山を訪れるなら2つの寿司を楽しむのも面白い。奈良時代から庶民に親しまれていたという「めはり寿司」は和歌山のソールフードともいえる郷土料理。別名「日本最古のファストフード」といわれるほど昔から親しまれているにぎりだ。

中身はシンプル。大きな白ご飯のなかに高菜を入れ、葉っぱで包んだモノを醤油で食べる。大きなおにぎりを「目を張る」ほど開いて食べていたことから「めはり」寿司と呼ばれるようになったとか。この郷土料理だった「めはり寿司」を広めた立役者が1962年創業の「総本家めはりや」。めはり寿司を中心とした定食を提供してくれる有名店だ。

和歌山を訪れるなら「世界遺産」として有名な熊野速玉神社を訪れてみるのもいい。ただ、やっぱり「寿司」を知ることも忘れてはいけない。和歌山県の熊野では「生なれ寿司」と呼ばれる郷土料理を食すことができる。「なれずし」とは7世紀ごろ日本に伝わったとされる「寿司の起源」とされる保存食だ。そこから「生」のなれ寿司として日本で広がったとされている。

なかでも「東宝茶屋」のなれずしは「天下の絶品」と呼ばれる秋刀魚の「30年ものの本なれずし」を食すことができる。ネットショップはないが、電話でお取り寄せができるようだ。

庶民の懐に優しい「めはり寿司」も魚をつかった寿司の起源である「なれ寿司」も楽しめるのが和歌山だ。

4 交通費やワーケーション移住

和歌山は大阪や奈良に隣接しているためアクセスしやすい。関空から50分程度で和歌山市へ行けるなど空港からの利便性は高い。ただし南部への移動はかなりの時間を必要とするので、ゆったりとワーケーションするのがいいかもしれない。

 

ワーケーションやリモートワークをしよう

和歌山では「モニタープラン募集」や「お試し無料移住」を利用してワーケーションやテレワークをしよう。市町村が提供する補助金や助成金を利用して実際に移住してみるのがおすすめだ。さらには、「和歌山」から行ける温泉旅館や海の近くで働けるカフェなど様々なワーケーション施設を利用してみるべき。

47都道府県ワーケーション

日本全国で体験

僕自身、会社を経営しながら日本全国でワーケーションを体験している。他の市町村でのワーケーション体験はこちらにまとめた。

日本全国ワーケーション体験完全マップ

 

手ぶらアイテム集の本を出版

手ぶらで旅行や出張をするアイテム集

Kindleでアイテム本

「手ぶら」生活が本になった。着るバックを使った手ぶらアイテムをまとめた本「ウェアラブルギア」をKindleで出版した。「1週間の旅行も手ぶら」で行く筆者が作った「身につけるアイテムまとめ」。これまで旅行に使い倒したサービスや商品を惜しみなくまとめている。より最新のサービスやアイテムを知りたい方は、ぜひ読んで欲しいKindle Unlimitedでは無料。Kindleでは100円で読める。

 

100個以上の副業を本にした

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

僕があらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。