最高のスマホだけ読書術!紙よりもKindleアプリで本を読むのがいい?iPhone1台で情報収集

「本読むといいよ」とか「最近読書してます」って話があるものの、「読書ってどういいの?」って思うことはないだろうか。今回は「スマホ読書術」を紹介しながら、どうして本がいいのか紹介する。

1 最高のスマホ読書術!これだけ機能がある

スマホで読書するのが当たり前になる。紙の本よりも優れた機能がたくさんある。スマホで読書する理由は、使った人にしかわからない。正直、紙で読むのは時代遅れだと感じるレベルだ。

中学生時代、塾の英語先生が「辞書は紙の辞書じゃないとダメだ!」と口を酸っぱくして言っていたことと同じ。今や、受験勉強で紙の辞書を使っている子供は激減している。これと同じで、電子書籍が当たり前になれば、「本は紙じゃないとダメだ」と言うのは時代遅れになるだろう。

スマホ1台に何百冊もの本を入れることができるし、本の内部を検索も可能。目次はワンタッチで飛べるし、コピペして参考文献として引用することも可能だ。より使いやすい方へ世の中はシフトしている。

スマホ読書術でできること

スマホアプリが優れている理由

☑︎ 何万冊もの本をスマホ1台で持ち運べる

☑︎ 本を音読してくれる

☑︎ 本を読み上げながら文字も読める

☑︎ 本の中になる言葉を総検索できる

☑︎ ハイラインだけを後から読み返せる

☑︎ コピーして参考文献引用しやすい

☑︎ コピーして自分だけの読書ノートを作れる

☑︎ 本に書き込みしても消せる

2 スマホ読書ならアプリと連動させることができる

おすすめの本の読み方は、Kindleを使うこと。スマホを使ってKindleで読書をする時は、アウトプット先を作るといい。

さらにおすすめなのはあらゆるアプリを使って、記憶に定着させること。Kindleのアプリを使えば、インプットした情報をしっかりアウトプットするまで「本の情報を人生に使うことができる」。

本からインプットして

アウトプットするまで

☑︎ Kindleの読み上げ設定で聴きながら読む

☑︎ 散歩しながら本を聞く

☑︎ 重要なところで散歩をやめてハイライトする

☑︎ 散歩後にハイライトを読み返して要約する

☑︎ 今すぐ使える情報はTrelloに残す

☑︎ 今後使えそうな情報はEvernoteに残す

☑︎ Trelloに入れた情報はすぐに使う

☑︎ Evernoteに入れた情報は執筆に使う

3 本は使うために読む!

blank

よく本を読むのは大事だと言われるものの、なぜ必要なのかわからない人も多い。本を読む理由は、「自分の人生で情報を使うため」。この情報をインプットして、使うアウトプットをできていない人は多い。だから、本を読むことが退屈だと思ってしまうのだろう。

だからこそ「本を読む前にアウトプット場を決める」のが大事。情報をインプットする時のポイントは、アウトプットする場所を先に決めることだ。本を読む「目的」を先に決めておくと内容が入ってきやすくなる。要するに使う目的を決めれば読書はスムーズになる。

例えば、「お洒落になるため」に本を読むとか、「英語の文法を理解するため」に読む、「旅先の景色がいいレストランを探すため」に雑誌を見るなど、ゴールを決めると、その情報収集に特化して本を読み進められる。

薄い雑誌を読むときも、分厚い文法書を読むときも、全部「〇〇したい」という目的を持つだけで、情報収集がどんどん楽しくなるはずだ。

本を使う方法

情報アウトプットの例

☑︎ 雑誌で見た服を買ってお洒落になる

☑︎ 本で見た綺麗な景色のお店に行く

☑︎ 旅行雑誌で美味しいレストランを探す

☑︎ 英語の文法書を読んで英語を理解する

☑︎ 健康本を読んで怠さを改善する

☑︎ 読んだ内容を友達に話す

☑︎ 共感してほしい本をTwitterで呟く

☑︎ 本の要約をブログで投稿する

☑︎ 知った内容をYouTubeでわかりやすく話す

☑︎ 中学生にベストな本をTikTokでまとめを作る

 

アウトプットするために読む

本を読む時に気をつけることは「本を読んだ情報を使うこと」。本を読んで読みっぱなしにするのはもったいない。使うことを意識すると面白くなる。「本を読んだ情報をムダにしない」ことが大事。

 

どんな1日のルーティーンを過ごしている?

福岡を拠点にして、月8万円の「コスパ生活」をしながら生活している。最近の仕事実績や詳しい経歴は、プロフィールまで。

Abroaderとは?