【連載#02】 STRAIL(ストレイル)の初回授業を受けてみたレビュー!一般的なオンライン英会話とどう違うの?気になる疑問や口コミ評判をまとめてみた

STRAIL(ストレイル)のオンライン講習を受けてみたレビュー。オンラインコースがどのような内容なのか赤裸々にまとめていく。私は今現在、ストレイルのオンラインコースを実際に2ヶ月受けている。実際に受けて感じるリアルな体験談を連載していく。今回は、初回の授業、2回目の授業を実際に受けた記録とともに、一般的なオンライン英会話とどのように違うのか比較してみた。

 

連載#01 オンラインコースってどうなの?

初めてのオンラインコース

今、実際にSTRAIL(ストレイル)のオンラインコースを受講中。初めてのオンラインコースの話はこちら。

【連載#01】英会話初心者がSTRAIL(ストレイル)を2ヶ月オンラインコースを実際にやってみるブログ

 

初回授業を受けてみたレビュー!気になる疑問や口コミ評判をまとめてみた!

オンラインコース初回!

初回コンサルティングを受けてみた

STRAIL(ストレイル)の初回「オンラインコース」を実際に受けてみた。STRAIL(ストレイル)はネット環境さえあれば、どこでも簡単に受けることができる

自分の都合のいい曜日や時間帯を調整して、毎週決まった時間にオンラインコースを受けることが可能だ。

1英会話初心者でも大丈夫?初めてSTRAIL(ストレイル)を受けてみた

第一回目のオンラインコースがいよいよ始まった。正直、普段勉強を特にしていない私は、ちゃんと英語の勉強方法が身につくのかも自信がなかった。受ける前も「全然英語が勉強できないのに、どうやって進めるのだろう」とか「前もって勉強しておけば良かったかな」など不安が多く、受講に対するハードルが高かった。

だが、オンライン英会話は不安な人でも安心して始められる。特にSTRAIL(ストレイル)のオンラインコースは簡単に誰でもできるイメージ。英語学習のスペシャリストが、あなたの英語学習をしっかりサポートしてくれる。

ちなみに、STRAIL(ストレイル)では、初回セッションまでには教材が自宅に届く。全てオンラインのサービスで完結するのではなく、英語学習の優れたテキストやサービス、アプリを織り交ぜて、勉強することができる。テキストでしっかりと勉強できるので集中して勉強できる。これらを手元に準備して、以前出されていたテストを前もって解いておき、初回セッションに挑んだ。

STRAIL(ストレイル)の「オンラインコース」のいいところは、「スマホ環境」で勉強できる点だ。ネットがあれば、田舎でも都会でもどこに暮らしていても英語学習ができる。ネット環境で授業を受けることに慣れていない人でも心配はいらない。私もオンラインコースの授業を受けることや、英語の勉強をアプリで行うことすら初めてだった。丁寧に操作方法も教えてもらえるので、安心してできる。

ただし、慣れることは必要。初回のアプリの登録や、音源の登録・操作方法に慣れるまで少し時間がかかった。慣れてしまえばこっちのもの。普段は、筆記具なしで、自分の隙間時間で学習をすることができる。普通、学習というとノートやペンは必須で、テキストを持ち歩かないといけないというイメージが強かった。でも、STRAIL(ストレイル)独自のアプリや単語学習のアプリをスマホに登録することで、負担なく学習に取り組むことができる。

初心者でもオンラインコースはおすすめ

スマホで勉強できる環境が作れる

STRAIL(ストレイル)のオンラインコースをきっかけに、スマホで英語学習できる環境を作ろう。

22ヶ月でどれだけ英語力が伸びるのか?オンラインコースってどうなの?

オンラインコースは、「英語力が伸びにくいのでは?」と考える人が多い。正直、私も受ける前までは、実際にマンツーマンでコンサルタントと対面で話した方が効率がいいと思っていた。ただ、実際にやってみるとZoomを使ったオンラインでのやりとりも「やりがいがある」と感じた(希望によりZoom以外のアプリも使用可能だ)

理由は、家にいながら英語を学ぶことができるからだ。普段、時間がない私にとって、対面で英語スタジオに行くのは「時間がかかる」。仕事を終えて、別ルートで現場に行く手間がかかるからだ。だが、オンラインの場合は、その時間が不要となる。家にいながら、Zoomを使ってオンラインで英語学習のコンサルタントと話せるので、「英語学習に使える時間」も増える。

初回のコンサルティングの内容は、長文をリスニングすることから始まった。このリスニングが一番重要で、一番難しい。まずはじめに200語くらいの英文を一度だけリスニングする。次に、聞き取れたことを日本語で説明する。これが結構難しい。

一回で聞き取れるような簡単な英文ではなく、3割程度なんとなくわかるレベルの英文を聞く。自分の英語力よりも少しレベルの高い英文を聞くことで、より脳が刺激されるのだろう。聞いていてかなり疲れた。英文を精読して、リスニングでしっかりと聞いて、理解できた文章を音読することで、英語力の基礎が上がっていく感覚。

正直、この初めて聞く英文がわからなすぎてキャパオーバーになった。さらに、自分のリスニング力の無さに驚いた。何を言ってるかわからないにもかかわらず、「何を聞き取れましたか」と聞かれることがパニックになるレベル。ただ、担当してくれる先生が優しかったので、気負い少なくコンサルティングを受けることができた。先生は嫌な顔せず、優しく引き出してくれようとしていたので安心した。

先生が優しいのはモチベーションが上がる

初回はわからないのが当たり前

初めから100%英語を理解できる人は、STRAIL(ストレイル)を受けない。英語に自信がないからこそ、コンサルティングを受ける。

3実際にどんなことを勉強しているの?一般的なオンライン英会話との違いは?

STRAIL(ストレイル)のオンラインコースは、毎回1時間のコンサルティング(コンサルティング30分+アセスメントテスト30分)が受けられる。「オンラインで英会話を教わる」のではなく、英語学習のコンサルティングを受けるというサービスだ。要するに「課題発見に基づいた自習内容を提案され、あとは自分で勉強する」ということ

カウンセリングでは、個人の英語学習のプロセスにおける課題を教えてくれる。私の場合、英会話初心者だったので簡単なところから始めていった。週一回のコンサルティングごとに、その人にあった課題が出されるのだそう。特に解決したい課題を三つ提示され、学習の進みにあわせて提示される課題が変化していく。

こうした細かい課題発見をもとに、ホームプログラムという「宿題」が出される。届いた教材と自分でダウンロードしたスマホアプリを使って自己学習をしていくのだ。自分では気づけなかった課題が明確になるため、その部分に集中して取り組めるのが、STRAIL(ストレイル)のすごいところだ。「何をすべきか」で迷うことがなくなる。

一般的なよくあるオンライン英会話では、ネイティブの英会話の先生と英語で話すだけで終わってしまうことがほどんどだ。正直、「英語を話した気分」にはなるものの、「英語力は伸びない」。私もオンライン英会話をやったことがあるのだが、英語を話す時間は取れるものの、英語力は伸びていない。やっぱりせっかく「お金」と「時間」を使うのなら、「英語力が伸ばせる学習」をすべきだと思う。

STRAIL(ストレイル)は、オンラインでマンツーマンで「英語学習上の現時点での課題」を指摘してくれる。「英会話をした気分」になるのではなく、「勉強すべき部分」を教えてくれるので、勉強のしがいがある。本気で英語力を伸ばしたい方におすすめできるのがストレイルだ。

テーラーメイドの課題がすごい

個人の課題に沿ったホームプログラム

例えば、これが私が出されたホームプログラム

① 音声変化のルールを覚えて、再現できるようにする(アプリ・シャドーイング)
② チャンクリーディングの感覚になれる(サイトトランスレーション)
③ スムーズな音読(止まらない・読み直さない)ができるようにする(暗唱)

初回のコンサルティングが終わる頃には、すでに3つの「課題」がわかった。これは、コンサルティングで分析された、私だけの「課題」。

4毎日どれくらい勉強すればいいの?ホームプログラムをどうやっているの?

STRAIL(ストレイル)の学習方法は、これでもか!と言うほど細かく設定されている。この細かい学習のカリキュラムが「STRAIL(ストレイル)を受けて英語力が伸びている人が多い」理由かもしれない。例えば、単語帳1つでも、1日どれくらい勉強して、何個覚えるべきなのか、その人のレベルによってホームプログラムを提示してくれるのだ。

初心者だったので、毎日100個の単語を暗記して、例文を黙読、精読、音読、リスニングをした。本音を言えば、少々ホームプログラムの量が多い気もしたが、まずはやってみることにした。正直「1日100単語覚えてください」と言われたときは、驚きを隠せなかった。「一回、とりあえず覚えてみるか」とトライしてみた。

ホームプログラムの管理もSTRAIL(ストレイル)はしっかりと管理されている。上の写真は、アプリで学習した量を記入するページ。自分で学習する量を決めて、毎日アプリに入力しなければならない。この義務感が拘束力を高める。「あっ、今日英語勉強してなかった!」と忘れてしまわないように、計画的に英語を勉強できるようになるのが、このアプリのすごさ。

さらに、このアプリのいいところは、先生とのやりとりがチャットでできるところ。わからないところがあればこの機能を使って、「いつでも質問すること」が可能だ。先生からは「いつでもどんな時でも質問してくださいね!」と言われた程、気楽に相談できる。

いつでも相談できると考えると、気楽に勉強できる。ホームプログラムの内容と課題がコンサルティング終了後に、毎回丁寧にまとめて送ってくれる。そのためこちらで全て聞き取ってメモする必要もないし、後から振り返って読むことができるのでとてもありがたい。

先生とデータが共有されて見ることができるので、「今日は英語サボっていいや」と怠けてしまうことがない。勉強してアプリに入力すると、必ず「いいねボタン」も押してもらえるので、モチベーションも上がる。だからこそ、頑張って目標を達成させようという気持ちになる。今までとは違う勉強方法のため、新鮮な気持ちでホームプログラムに取りかかることができる。

超細かいカリキュラム

ホームプログラムで自分の力で英語力アップ

毎日ホームプログラムという宿題がある。これが細かく設定されているので、毎日勉強しないといけない。単語の覚え方やテキストの使い方などもSTRAIL(ストレイル)はしっかりとサポートしてくれる。勉強法を教えてもらえるので、それに沿ってやればいいだけ。

 

オンラインで英語を自分の力で身に着ける時代

STRAIL(ストレイル)のオンラインコースで英会話の勉強を始めた結果、少しずつ英語の勉強時間が取れるようになった。まだまだ慣れていないものの、このまま英語を勉強し続ければ、いい感じに英語力が伸びていく感覚がある。これから2ヶ月、より真剣に勉強していく。

よくあるオンライン英会話で、「英語を話した気分」になるのではなく、STRAIL(ストレイル)で「自分の課題を克服」しながら英語力を伸ばそう。もっと英語力を伸ばして、どんどん英会話のレベルをあげよう。

 

連載中!STRAIL(ストレイル)はどうなの?

初めてのオンラインコースを受けてみた

今、実際にSTRAIL(ストレイル)のオンラインコースを2ヶ月間受講中。続きはこちら。

【連載#03】不安?ストレイル STRAIL(ストレイル)を受けたいけど悩んでいる人へ!授業内容やコンサルティングの中身は?教材って?