99%使えない!瞬間英作文をアプリでやろう!おすすめのスマホアプリでスマホまとめ

瞬間英作文をアプリでやろう。「わざわざ紙のテキストで勉強するのはもう古い」だとか「隙間時間に瞬間英作文をサクッとやりたい」、「アプリでスマホで勉強できる状態にしたい」こういう考えの人は多いはず。そんな僕と同じ考えの人は、ぜひこの記事を読んでほしい。最高の瞬間英作文アプリをまとめる。

 

瞬間英作文は退屈だ

1

瞬間英作文をやり込んできた人には伝わるともうが、瞬間英作文は正直飽きる。僕も99%続かない?どんどん話すための瞬間英作文を実際にやってみた!やり方は?効果は?最高の教材の使い方の記事で紹介したが、瞬間英作文を愛用して英語を習得したうちの一人。

瞬間英作文がいかに退屈で、いかに面倒かは嫌という程体感している。ただ、一言言えるのは、やり込めば最高のテキストだということ。やり込んで効果を実感するまでに時間がかかるのだ

 

実際に英語を話してみた

「じゃあ、実際、お前はどれだけ英語が伸びたんだ?」という話。これを見て欲しい。カメラに向かって、台本どおりの英語を話すのは味気ないので、実際にたまたま出会った外国人との「会話」を冒頭にまとめた。

実際、第二外国語として英語を習得したので「癖」はある。ツッコミどころは山ほどあるだろう。ただ、声を大にしていいたいのは、本当にゼロからのスタートでここまで勉強したということ

今現在、僕は、世界各国を旅しながら会社を経営するまでになったこの英語学習をきっかけに、「海外を目指す」ようになり、このブログをきっかけに、仕事をもらい、フリーランスとなり、会社を経営するまでになった。「英語を勉強すると世界が広がる」という話を体現している。

☝︎あなたにもできる!

大嫌いだった英語を勉強してここまでのレベルになれるということを「あなた」にお伝えしたい。「こんな奴でも英語ができるようになる」なら、「私でも英語が話せるようになれるだろ!」という気持ちになったはずだ。

 

隙間時間にスマホアプリで瞬間英作文ができないか?

「アプリで瞬間英作文ができないか?」。そう、おそらくこの記事を読んでいる人も同様に考えているのだろうが、この退屈な瞬間英作文が、通勤や通学、ちょっとしたお昼休憩や待ち合わせの時間などに「スマホ」で使えないか?という発想に行き着いたのではないか。「スマホアプリ」で同じことができれば最高でなはないかと

僕も全く同じ思考で、「アプリ」で瞬間英作文を完結させる作戦を考えた。なるほど、これならちょっとした時間も有効活用できる。これなら続けられる。と考えて、瞬間英作文に適したアプリを探し集めた。

☝︎瞬間英作文をスマホアプリですればいい

瞬間英作文をスマホで隙間時間にできれば、どんな時でも勉強できる。一瞬でも無駄にしない生活ができるのだ。

 

瞬間英作文ができるおすすめアプリまとめ

 

1公式の瞬間英作文アプリは使えない

僕個人としての公式の瞬間英作文は使えなかった。1,200円もするアプリとしては高級なランクの公式アプリだからといって、質が高いわけではない。残念ながら瞬間英作文の公式アプリは無料ではない。テキストがもう一冊買える値段はする。テキストで学習している内容をそのまま使い込めるメリットはあるものの、そこまで「欲しい」と思える内容ではないといった感想だ。

正直、このアプリを1,200円で買うのはおすすめしない。理由は、口コミ評判にもあるが、「使い勝手」がすこぶる悪い。止まって落ちることもあれば、動かなくなることもあるなど初歩的な部分で使いにくいといった評価だ

▶︎ 瞬間英作文アプリ

同じように瞬間英作文のスラスラアプリもあるが、あまり評判は良くない。公式アプリを使用することはちょっとイマイチ。

▶︎ スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

2最も人気な英語学習アプリは最高!

今、日本で一番人気な英語学習アプリがこのスタディサプリ ENGLISH。これは瞬間英作文に限らず、文法、英作文、スピーキング、ライティングなど全ての英語のレベルアップに最適なアプリだ。英語学習初心者から上級者まで、かなりの域まで網羅している最高のアプリ。

特におすすめなのが、「なりきりスピーキング」の勉強。ここでは、自分が発音した英語を録音しながらネイティブの発音と比べることができる。本当にある会話シーンを実際に英会話しながら進めていくストーリー性のある「瞬間英作文」だ。

会話のシーンに合わせて、回答を自分で作っていけるアプリ。さらに自分が発音している英語を録音できるので、「発音」の矯正にもなる最高さ。これは瞬間英作文のアプリとして使える。

要するに「瞬間英作文」と「発音矯正」を合体させた一石二鳥のアプリだ。瞬間英作文のトレーニング以外にもあらゆる機能がたくさんついている。日本で最も優れているアプリなら、これが一番だ。スタディサプリ ENGLISHは、無料でダウンロードできる。絶対にやっているべきアプリだ。

スタディサプリ ENGLISH

 

スタディーサプリのキャンペーン

スタディーサプリでは、ただいまキャンペーンを開催している。今なら、月額980円が740円で受けられるキャンペーンだ。2018年8月10日(金)正午までの先着5,000名限定となっている。迷っているなら今が絶好のチャンスだ。

スタディサプリ ENGLISH

 

そして、さらに、Amazonギフト券1,000円分の進呈も行なっている。なかなかこうしたキャンペーンの機会はない。入るなら、今がおすすめだ。

 

3自分で作る瞬間英作文はどう?

最近、自分で作る瞬間英作文というアプリが登場した。こちらは、自分自身で瞬間英作文を作れるアプリ。なるほど、これなら自分で作って、自分で暗記していくのにぴったりだ。と思った方も多いはず。ただ、自分自身で作るイメージでダウンロードしたものの、そこまで自由度はないといった印象だった。

これならスタディサプリを使った方だいいし、瞬間英作文のテキストをやり込んだ方が効率がいいのでは?と感じたのは僕だけだろうか。

▶︎ 自分で作る瞬間英作文

 

4テキストをスマホに直接取り込むアプリは最高!

最終的な結論は、瞬間英作文のテキストを、電子化して、スマホに取り込むことだ。自分が使っている瞬間英作文の本そのものを、PDFファイルにしてダウンロードすれば、スマホで簡単に見ることができる。これが一番の正解だった。

この方法は最高。一度、方法を身につければ、どのテキストでもできる。書き込みは当たり前にできるし、何千、何万ものテキストをスマホやタブレットに入れ込むことができる。iPadを使ってどうやって瞬間英作文のテキストを取り込むのかは、こちらの記事iPadでおしゃれにノマド勉強する時代。自炊で本をスキャンして、スキマ時間に効率のいい学習をする方法を読んでほしい。

スマホやタブレットに音源を入れておけば、同時で利用することもできるし、読みながら CD音源を聴きながら学習できる。iPad勉強は最高だ。僕が愛用しているアプリは、GoodReader。有料アプリだが、PDFに書き込みができるし、スマホ内でPDFの順番を入れ替えることができる。削除もできるし、書き込みやしおり機能も充実している。

2016-03-19 16.24.33

q

▶︎ GoodReader

 

最高の瞬間英作文アプリはこれだ!

最高の瞬間英作文アプリはどれか。結局僕は、スタディサプリ ENGLISH自分のテキストをスマホに取り込む方法にした。スマホを使って、瞬間英作文をするなら、アプリを使って、電子化した瞬間英作文本をそのまま使えば解決できる。iPadやiPhoneなどスマホやタブレットを使えば、音源もスマホにダウンロードできるので、スマホだけで瞬間英作文ができる。

 

スマホで英語学習はできる

最終的に、僕は、SAMSUN Galaxy S10 Plus を使って、英語の勉強をしている。「デュアルディスプレイ」を使って、単語帳を音読しながら、音声再生をして、シャドーイングをする方法を「スマホ1台」でこなしている

▷ アプリでスキマ時間に英語勉強。iPhoneを使った効率のいいスマホ勉強法とおすすめのアプリ。

 

スマホ・タブレット勉強方法を知っているか?

もしあなたが、まだ「紙の本」で英語を勉強しているとするなら、もはや時代が古い。勉強は「タブレット」や「スマホ」でするものだと言うことを知っておくべきだ。僕は、スマホ1台で「2画面表示」をさせて、「テキストを読みながら」同時に「音声を聞いて」英語学習をしている。スマホ1台で英語学習ができる。本物の「本」をデータでスマホに取り込みので、本と同じ内容のテキストを持ち歩けるのだ。

すこぶる重い文法書や、今日あの本を忘れてしまったと言うことが皆無。むしろ、自分のお気に入りの英語のテキスト50冊から、読みたかった小説、最近話題のビジネス書、雑誌に、漫画に10,000冊以上もの本を「スマホ1台」で読みあさることができる。

この最高に便利な「スマホ勉強」を知らない人は今すぐ取り入れてほしい。人生が変わるからだ

☝︎スマホやタブレットで勉強する時代

スマホやタブレットで勉強することを否定する人がいる。スマホやタブレットを使いこなせないだけで、頭ごなしに否定するのは頭が悪い。しっかり使いこなして、メリットデメリットを理解しているのならいいが、使っていないのに否定するのは頭が悪い。

僕らが大学受験時代、「電子辞書」と「紙の辞書」を比較する先生がたくさんいた。頭の悪い教師ほど、「紙の辞書しかダメだ!」と言っていた現象と同じ。彼らいわく、紙の方が使いやすいのだそうだ。ただ単純に電子辞書が使いこなせないだけ。使いこなせる側からすれば電子辞書が良かったりする。もちろん、メリットデメリットもあるが、やはりテクノロジーの進化には勝てないのは、今の世の中が証明している。

▷ iPadでおしゃれにノマド勉強する時代。自炊で本をスキャンして、スキマ時間に効率のいい学習をする方法

 

独学で英語を学ぶ

僕が英語学習をスタートさせたのが、この瞬間英作文から。この瞬間英作文を学習するために、中学英文法を復習し直した。その時の学習スケジュールをこの記事にまとめている。真剣に英語を学びたいのなら、方法はたくさんある。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録をまとめた。そのときの勉強スケジュールが以下

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

結局、英語の勉強は、自分がどれだけ知識を蓄えたのかにかかっている。大量に英語をインプットして、英語で覚えた単語や文法を使って英会話でアウトプットをする。この繰り返しだ。インプットをする時間を「独学」で作れる人は英語のみにかかわらず、どの分野を勉強しても成果が出せるようになる。

僕が実際に英語を勉強した時のスケジュールやおすすめのテキストを事細かくこちらに記事にまとめた。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録