【無料で効果ある】瞬間英作文アプリ5つの使い方!スマホ1台だけで自作

瞬間英作文をアプリでやろう。「わざわざ紙のテキストで勉強するのはもう古い」だとか「隙間時間に瞬間英作文をサクッとやりたい」、「アプリでスマホで勉強できる状態にしたい」こういう考えの人は多いはず。そんな僕と同じ考えの人は、ぜひこの記事を読んでほしい。最高の瞬間英作文アプリをまとめる。

今の時代、「完全無料で瞬間英作文をアプリで使える」ようになった。おすすめのアプリを紹介する。

 

瞬間英作文は退屈

瞬間英作文をやり込んできた人には伝わるともうが、瞬間英作文は正直飽きる。僕も「99%続かない?どんどん話すための瞬間英作文を実際にやってみた!やり方は?効果は?最高の教材の使い方」の記事で紹介したように、瞬間英作文を挫折しながら愛用したうちの一人。

瞬間英作文がいかに退屈で、いかに面倒かは嫌という程体感している。ただ、一言言えるのは、やり込めば最高のテキストだということ。やり込んで効果を実感するまでに時間がかかるのだ

あわせて読みたい記事

 暗記するテキスト

暗唱できるフレーズを増やすこと。プラス、文法の構成を頭で理解することによって、英文の「パターン」を使いならせていく。最も簡単な表現を暗記した後は、少しずつ表現を換えていく。主語が変化する。述語を変える。補足の説明を加える。など、覚えた基礎表現を会話の場面に応じて、自分の脳内で変換できるようになる。

99%続かない?どんどん話すための瞬間英作文を実際にやってみた!やり方は?

 

隙間時間にスマホアプリで瞬間英作文ができないか?

「アプリで瞬間英作文ができないか?」。そう、おそらくこの記事を読んでいる人も同様に考えているのだろうが、この退屈な瞬間英作文が、通勤や通学、ちょっとしたお昼休憩や待ち合わせの時間などに「スマホ」で使えないか?という発想に行き着いたのではないか。「スマホアプリ」で同じことができれば最高でなはないかと

僕も全く同じ思考で、「アプリ」で瞬間英作文を完結させる作戦を考えた。なるほど、これならちょっとした時間も有効活用できる。これなら続けられる。と考えて、瞬間英作文に適したアプリを探し集めた。

☝︎瞬間英作文をスマホアプリですればいい

瞬間英作文をスマホで隙間時間にできれば、どんな時でも勉強できる。一瞬でも無駄にしない生活ができるのだ。

1公式の瞬間英作文アプリは使えない?

僕個人としての公式の瞬間英作文は使えなかった。がっかりした人も多いはず。僕もその一人。1,200円もするアプリとしては高級なランクの公式アプリだからといって、質が高いわけではない。残念ながら瞬間英作文の公式アプリは無料ではない。テキストがもう一冊買える値段はする。テキストで学習している内容をそのまま使い込めるメリットはあるものの、そこまで「欲しい」と思える内容ではないといった感想だ。

正直、このアプリを1,200円で買うのはおすすめしない。理由は、口コミ評判にもあるが、「使い勝手」がすこぶる悪い。止まって落ちることもあれば、動かなくなることもあるなど初歩的な部分で使いにくいといった評価だ

▶︎ 瞬間英作文アプリ

同じように瞬間英作文のスラスラアプリもあるが、あまり評判は良くない。公式アプリを使用することはちょっとイマイチ。

▶︎ スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

2 無料で自作する瞬間英作文アプリがQuizlet

そこで今注目を集めているのが「Quizlet」というアプリだ。これが最高すぎる。「どんどん瞬間英作文」はもちろん「キクタン」や「ターゲット」などあらゆる英単語帳をクイズ形式の「単語カード」にしてくれるアプリ。さらにすごいのが「自動音声」で読み上げてくれる。

同じ瞬間英作文を勉強している人たちが「自分で作った単語カード」を共有できるサービス。そのため「ありとあらゆるジャンル」の「単語カード」が「有志」でシェアされている。

英語の音声は流せるし、間違えた箇所だけ復習できるし、クイズ形式や選択問題などあらゆることができる。しかも「無料」で使える。最高すぎるアプリだ。

もはや「どんどん瞬間英作文シリーズ」を買わなくても良いレベル。このアプリだけでひたすら暗記すればことが足りる。このアプリは感動したのですこぶるおすすめ。

使い方はダウンロードした後に「検索」のところで「どんどん瞬間英作文」と入力するだけ。あらゆる人が作った「単語カード」があるので選んで確認しよう。「テスト」をおして「設定」を調整して自分だけの単語カードを「カスタマイズ」できる。

Quizlet

3テキストをスマホに直接取り込むアプリは最高!

blank

最終的な結論は、瞬間英作文のテキストを、電子化して、スマホに取り込むことだ。自分が使っている瞬間英作文の本そのものを、PDFファイルにしてダウンロードすれば、スマホで簡単に見ることができる。これが一番の正解だった。

この方法は最高。一度、方法を身につければ、どのテキストでもできる。書き込みは当たり前にできるし、何千、何万ものテキストをスマホやタブレットに入れ込むことができる。iPadを使ってどうやって瞬間英作文のテキストを取り込むのかは、こちらの記事「iPadでおしゃれにノマド勉強する時代。自炊で本をスキャンして、スキマ時間に効率のいい学習をする方法」を読んでほしい。

2016-03-19 16.24.33

スマホやタブレットに音源を入れておけば、同時で利用することもできるし、読みながら CD音源を聴きながら学習できる。iPad勉強は最高だ。僕が愛用しているアプリは、GoodReader。有料アプリだが、PDFに書き込みができるし、スマホ内でPDFの順番を入れ替えることができる。削除もできるし、書き込みやしおり機能も充実している。

q

▶︎ GoodReader

スマホアプリで英語学習

スマホで勉強しよう

最終的に、僕は、アンドロイドを使って、英語の勉強をしている。「デュアルディスプレイ」を使って、単語帳を音読しながら、音声再生をして、シャドーイングをする方法を「スマホ1台」でこなしている

▷ アプリでスキマ時間に英語勉強。iPhoneを使った効率のいいスマホ勉強法とおすすめのアプリ。

もしあなたが、まだ「紙の本」で英語を勉強しているとするなら、アプリで勉強する方法を取り入れるのはおすすめ。勉強は「タブレット」や「スマホ」でするものだと言うことを知っておくべきだ。僕は、スマホ1台で「2画面表示」をさせて、「テキストを読みながら」同時に「音声を聞いて」英語学習をしている。スマホ1台で英語学習ができる。本物の「本」をデータでスマホに取り込みので、本と同じ内容のテキストを持ち歩けるのだ。

すこぶる重い文法書や、今日あの本を忘れてしまったと言うことが皆無。むしろ、自分のお気に入りの英語のテキスト50冊から、読みたかった小説、最近話題のビジネス書、雑誌に、漫画に10,000冊以上もの本を「スマホ1台」で読みあさることができる。

この最高に便利な「スマホ勉強」を知らない人は今すぐ取り入れてほしい。人生が変わるからだ

☝︎スマホやタブレットで勉強する時代

スマホやタブレットで勉強することを否定する人がいる。スマホやタブレットを使いこなせないだけで、頭ごなしに否定するのは頭が悪い。しっかり使いこなして、メリットデメリットを理解しているのならいいが、使っていないのに否定するのは頭が悪い。

僕らが大学受験時代、「電子辞書」と「紙の辞書」を比較する先生がたくさんいた。頭の悪い教師ほど、「紙の辞書しかダメだ!」と言っていた現象と同じ。彼らいわく、紙の方が使いやすいのだそうだ。ただ単純に電子辞書が使いこなせないだけ。使いこなせる側からすれば電子辞書が良かったりする。もちろん、メリットデメリットもあるが、やはりテクノロジーの進化には勝てないのは、今の世の中が証明している。

4より瞬間英作文のアウトプットに特化したアプリ

さらに「スマホアプリで効率よく勉強したい」という人におすすめなアプリがある。今、日本で一番人気な英語学習アプリがこのスタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)blank。これは瞬間英作文に限らず、文法、英作文、スピーキング、ライティングなど全ての英語のレベルアップに最適なアプリだ。英語学習初心者から上級者まで、かなりの域まで網羅している最高のアプリ。

特におすすめなのが、「なりきりスピーキング」の勉強。ここでは、自分が発音した英語を録音しながらネイティブの発音と比べることができる。本当にある会話シーンを実際に英会話しながら進めていくストーリー性のある「瞬間英作文」だ。

会話のシーンに合わせて、回答を自分で作っていけるアプリ。さらに自分が発音している英語を録音できるので、「発音」の矯正にもなる最高さ。これは瞬間英作文のアプリとして使える。

要するに「瞬間英作文」と「発音矯正」を合体させた一石二鳥のアプリだ。瞬間英作文のトレーニング以外にもあらゆる機能がたくさんついている。日本で最も優れているアプリなら、これが一番だ。スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)blankは、無料でダウンロードできる。絶対にやっているべきアプリだ。

blank

もはや英語学習といえば「スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)blank」と言えるほど王道になったのが、このアプリ。スタディサプリENGLISHblank を使えば、英語がペラペラに話せるようになる。と言い切れるほど英語の学習に特化したアプリだ。無料体験でこのアプリのすごさを体感して欲しい

blank

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)blank

 

スタディサプリでスピーキングのアウトプット

こちらが、スタディサプリの「スピーキング」のトレーニング映像。実際に発音をして、音声で正誤を判断してくれるシステムとなっている。会話を元に、イントネーションや発音を学ぶことができる。

リスニングコースで耳を鍛える

なかでも最も人気なのが、「リスニングコース」。なぜ、英語が聞き取れないのか、どうしてリスニングができないと悩むのか、その「理由」を詳しく説明してくれる。ディクテーションでは、発音された文を元に、自分で「タイピング」をしていく。単語のスペルを覚えること、会話で聞き逃さないような細かいリスニング力を鍛えることができる

このスタディサプリのアプリをスキマ時間に使って、「スピーキング」の力をつけるべき。使ってみると、このアプリのすごさを実感できるはずだ。スタディサプリには無料体験ができる

スタディサプリのポイント

 英語初心者にもおすすめ

☑︎スピーキング、発音、リスニング、文法など英語の基礎力を底上げできる

☑︎ 特に「リスニング」「スピーキング」のカリキュラムに定評がある

☑︎ 24時間自分のペースで学習できる

☑︎ 無料体験でしっかり吟味できる

☑︎ 受験対策にも使える

スタディサプリは、7日間無料体験できる。完全無料期間を使って、アプリが自分に合っているか確かめるべき。気になったら即ダウンロードしてみて欲しい。より詳しい解説は、スタディサプリを実際にやってみた記事に載せている

僕は、アプリで勉強することにものすごく抵抗があった。たいていの学習アプリは、大したこのない。しかし、このスタディサプリは別物。英語学習のスペシャリスト達が太鼓判を押すほど人気になっている。質の低い無料アプリを使って、時間を浪費するよりも、質の高いアプリで効率よく英語力を上げる方が断然いい。英語学習に伸び悩みを感じているのなら、絶対にダウンロードすべきアプリだ。無料期間に使い倒して、このアプリのすごさを実感してほしい。

blank

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)blank

5自分で作る瞬間英作文はどう?

最近、自分で作る瞬間英作文というアプリが登場した。こちらは、自分自身で瞬間英作文を作れるアプリ。なるほど、これなら自分で作って、自分で暗記していくのにぴったりだ。と思った方も多いはず。ただ、自分自身で作るイメージでダウンロードしたものの、そこまで自由度はないといった印象だった。

これならスタディサプリを使った方だいいし、瞬間英作文のテキストをやり込んだ方が効率がいいのでは?と感じたのは僕だけだろうか。

▶︎ 自分で作る瞬間英作文

 

独学で瞬間英作文を勉強するのは不安な人

英語学習は、独学で進めるのには限界がある。実際のところ、英語を使う機会を作らなければ、「自分がどれだけ成長できたのか」把握しづらい。瞬間英作文を何周もやったのに、結局、英会話が上達しなかったという結果になるのが怖いと感じる人もいる。「不安」を感じた時は、英語のパーソナルトレーニングの「無料体験トレーニング」で自分のレベルを客観視すべき

「この英語の勉強方法は合っているだろうか_」「独学で勉強して大丈夫だろうか?」と不安な人は、ENGLISH COMPANYをおすすめする。ここは、瞬間英作文を実際に取り入れて英語学習をサポートしてくれる。僕が実際に受けた中で、最もすごいと感じたサービスだった。僕も体験レッスンを受けたのだが、絶対におすすめできる。他の英会話スクールとの違いは、「科学的根拠」に基づいた徹底した「学習効率」にある

「なぜ英語が話せないのか」「あなたの弱点はどこか」「どの勉強方法が科学的に証明されているのか」ロジックでしっかりと教えてくれる。さらにおすすめな理由は、「無料で英語学習方法を相談できる」こと。無料のカウンセリングでは、あなたの弱点をしっかりと分析して、どの勉強方法が良いのか教えてくれる。無料のカウンセリングは絶対に受けた方がいい。

▷ 失敗?ENGLISH COMPANYのトレーニング効果は本当か?体験を受けて実感した4つの効果と口コミ評判の感想

ENGLISHCOMPANYはこんなにおすすめ

英語初心者にもおすすめ☝︎

☑︎ 瞬間英作文の勉強方法で合っているのか不安な人

☑︎ 瞬間英作文を使ったスクールを知りたい人

☑︎ 無料で英語の学習相談がしたい人

☑︎ 今の英語学習の成果を感じられない人

 

瞬間英作文をやった結果

「じゃあ、実際、お前はどれだけ英語が伸びたんだ?」という話。これを見て欲しい。カメラに向かって、台本どおりの英語を話すのは味気ないので、実際にたまたま出会った外国人との「会話」を冒頭にまとめた。

実際、第二外国語として英語を習得したので「癖」はある。ツッコミどころは山ほどあるだろう。ただ、声を大にしていいたいのは、本当にゼロからのスタートでここまで勉強したということ

今現在、僕は、世界各国を旅しながら会社を経営するまでになったこの英語学習をきっかけに、「海外を目指す」ようになり、このブログをきっかけに、仕事をもらい、フリーランスとなり、会社を経営するまでになった。「英語を勉強すると世界が広がる」という話を体現している。

☝︎あなたにもできる!

大嫌いだった英語を勉強してここまでのレベルになれるということを「あなた」にお伝えしたい。「こんな奴でも英語ができるようになる」なら、「私でも英語が話せるようになれるだろ!」という気持ちになったはずだ。

 

独学で英語を学ぶ

僕が英語学習をスタートさせたのが、この瞬間英作文から。この瞬間英作文を学習するために、中学英文法を復習し直した。その時の学習スケジュールをこの記事にまとめている。真剣に英語を学びたいのなら、方法はたくさんある。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録をまとめた。そのときの勉強スケジュールが以下

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

結局、英語の勉強は、自分がどれだけ知識を蓄えたのかにかかっている。大量に英語をインプットして、英語で覚えた単語や文法を使って英会話でアウトプットをする。この繰り返しだ。インプットをする時間を「独学」で作れる人は英語のみにかかわらず、どの分野を勉強しても成果が出せるようになる。

僕が実際に英語を勉強した時のスケジュールやおすすめのテキストを事細かくこちらに記事にまとめた。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録

英語上達完全マップで英語を使えるようになった

僕は、英語が大嫌いだった。正直、5教科の中で一番嫌いだったのが英語だった。そんな英語が嫌いな奴でも英語嫌いを克服することができた。英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月間実践した結果、TOEIC735点を取ることができた。私の元の英語力は、センター試験英語で95点。TOEICで言えば、300点ないレベルだった。一般的な英語レベル以下の能力から、9ヶ月で、格段に英語力を伸ばすことができた。TOEICで言えば400点近くは上がった。