入試英語最重要構文540を瞬間英作文の次のステップ教材に使う

 

目的:構文を使って英作文をする

難易度:★★★★☆

オススメ度:★★★☆☆

やり込み期間:90日

 

「どんどん瞬間英作文」を徹底的にマスターして、次ステップの教材を探している。高校英語を瞬間英作文風に学習したいかたにおすすめなのが、「入試英語最重要構文540。短文暗唱を大学入試用の教材でこなすことにより、高度な英文を効率よく暗唱できる。


入試英語最重要構文540をおすすめする3つのワケ

 

入試英語最重要構文540は、大学入試英語で使用される超重要構文を540文収録している。最重要と呼ばれる構文を暗記するには、多大な労力を使う事にはなるが暗唱してしまえば、より高度な英文を織り交ぜた会話ができるようなる。

これまで、どんどん瞬間英作文や、究極の英語スピーキング Vol.3を使って、瞬間英作文をこなしてきた人にはわかるだろうが、瞬間英作文での暗唱方法に慣れてしまえば、540文も割と簡単に暗唱できる。

 

540構文のボリューム

 

540もの構文を暗唱できるこのテキストは間違いなく良書。高校英語で習う全ての英文法を網羅できる。このテキストを使って、暗唱する事によって、あなたの英会話も格段にレベルアップする。ビジネス向けの英語表現が身につけられるためだ。

2016-04-23 08.45.30-1

 

 レイアウトが「どんどん瞬間英作文」と同じ

とてもシンプル。余計な解説がない。これが本書の優れているところ。多くのテキストは、やたらと解説が多い。瞬間英作文用として、暗唱するには、よりシンプルなデザインが好ましい。

レイアウトは、瞬間英作文のトレーニングがしやすいような、日本語文で1ページ、英語文で1ページ書かれてあり、まさに、どんどん瞬間英作文と同じレイアウトですので暗記しやすい。

2016-04-23 08.53.47

 

 はじめからCDがついている

付録にCDが含まれている。CD付きでの価格は、1,296円とコストパフォーマンスに長けている。生の英語を聞きながら短文暗唱をすることは、暗記を促進させることもリスニング力を向上させることにもよい。

ただ、不満を言うならば、CD音源は、瞬間英作文用ではない。そのままでも使えないことはないが、編集して使ったほうが使い勝手はいい。自分好みのスピードを求める方は編集すべき。

 


入試英語最重要構文540の取り組み方

 全てを暗記する必要はない

どんどん瞬間英作文で暗唱の要領をつかんだ人であれば、重要構文をストレスなく取り組めるはず。大事なのは、なぜ、この構文を覚えるのかを明確にすること。やはり、540もの構文があると、途中で飽きてくる。覚える必要がないと感じるマイナーな構文もあるため、540全てを暗記する必要はない。

 

 間隔をあけたシャドーイング

学習を進める上で効率を上げるポイントは、シャドーイングを取り入れること。どんどん瞬間英作文で培った自分好みのトレーニング方法で暗唱していくのも良いが、僕はシャドーイングを強くおすすめする。

とくに、間隔をあけたシャドーイングは力がつく。シャドーイングとは、文字通り、影となってCDのスピーカーが発する英文を後に続けて発音していくこと。たいていの場合、音が流れた後すぐに後追いするのだが、そのシャドーイングを2、3秒後にする。

2、3秒後にシャドーイングするだけで、難易度がぐっとあがる。要するに、2、3秒遅らせることで、その文を1、2秒の間に暗記して発音しながら、次の文も暗記しなければないらないためだ。

間隔を広げれば広げる程、短文暗唱に近づく。数秒の間隔で暗唱をしながら音読できるようになれば、実際の会話でも違和感なくすらっと構文が言えるようになる。

 

 


入試英語最重要構文540を3ヶ月やり終えた

 

僕は、3ヶ月以上かけてゆっくりじっくり暗記していった。非常にボリュームがあるため、途中で飽きたのも事実。ただ、自分のライティングのスキルがまだまだであったこと、高校英語を会話の中でとりいれたいと考えていたため、500もの構文を暗記した。やはり、目的がなければ、このボリュームのテキストを暗唱するのは難しい。

さすがは最重要構文。覚えた構文を日常で発見する事が多々あった。例えば、英字新聞を読んでいて同じ表現を見つけたり、ペーパーバックを読んでいたときもよく出会った。

ゆっくりじっくり英語を学習する時間のある方は、ぜひ挑戦してみるとよい。どんどん英作文をマスターしたのであれば、大学入試にも使われている知的な英語表現を、540構文ほど覚えて、より高い言語レベルを目指して欲しい。

 

 自分で英語学習できない人へ

英語完全マップは、長期で英語学習をしなければならない。長期で学習を続けるために一番必要なのは、いかに自分を信じて学習を続けられるかどうかだ。この計画で本当に英語が話せるようになるのか?不安がつきまとう。

 

 勉強に限界を感じたら

✔︎ 英語パーソナルトレーニング

一人で勉強するのが苦手な人、 長続きしない人は、英語のパーソナルトレーニングを受けてみるのはどうだろうか。いまやイングリッシュジムと呼ばれるトレーニング施設が続々と登場している。

独学は、常に不安がつきまとう。このまま勉強を続けても伸びるだろうか。自分はこれだけ勉強したのに全く伸びていない。そういった不安や焦りをパーソナルトレーナーのカウンセリングでクリアにさせよう。無料相談や体験レッスンなど無料のツールをうまくべきだ。

▷ 英語パーソナルトレーニングができるイングリッシュジムまとめ

女性専用のパーソナルトレーニングもできている。女性限定のサービスを使うことで効率面、ストレス面をカバーしながら学習を進めることができる。

女性限定割引や、初心者用のコースなど、充実した選択肢が得られる。

▷ 女性限定!英会話パーソナルトレーニングが受けられる英語教室まとめ