【実践】イベント集客のコツ!オンラインサロンの集客!コミュニティーで人を集める方法とは?

交流会やイベント集客をしたいと考えている人は多いはずです。僕も、毎月イベントを開催したことがあります。今回はその時のイベントの集客のことをまとめていきます。

 

イベントで人を集める方法とは?

週末にイベントを開催したい、毎月イベントで人を楽しませたいと思う人は多いです。実際、なかなか集客が難しかったり集客のコツを知りたいと思っている人も多いはず。今回は、僕が実際に使ったイベント集客のポイントをまとめていきます。

1 イベント集約ってやっぱり一人一人に告知

どんなイベントをするにも、やっぱりイベントっていかに一人一人に告知したかが一番重要になっていきます。イベント告知したら即満席になるのって、よっぽどの有名人ではない限り難しいです。

やっぱり、自分の時間を作ってその人に「会いたい」って思える人でなければ、なかなか会いに行かないものですよね。だからこそ、イベントに来てもらえるように、一人一人に告知するのが一番です。

地道な個別メッセージを毎日することで、1日1人でも来てくれる人を増やせれば、1ヶ月で30人になりますよね。一からイベントを作る時って、やっぱりDMです。

 

2 プチインフルエンサーとコラボしてみんなを巻き込む

コラボイベントは、いい効果を生みますよね。例えば、YouTuberが自分のチャンネルでコラボするイメージ。特定の地域でコラボイベントするときは、その地域で活動している方を誘うといい感じです。

コミュニティーを持っている人や、毎月定期的にイベントを開いている人、などなど常日頃からイベントしている人に協力してもらうと強いですよね。僕が今力を入れているのが「オンラインサロン」です。こうしたサロンを事前に作っておく事はかなりのメリットがあります。

例えば、イベントを開催した後に、秘密のグループに参加してもらうのも1つの手です。毎月イベントを更新しているのであれば、イベントごとに秘密のグループに招待するとその人たちがリピートしやすくなります。

イベント開催は、いかに告知をするか、いかに個人に告知ができるかにかかっています。以前参加してくれた人は、リピートしてくれる確率が高いので、毎回開催することに秘密のグループに招待しましょう。

また、Twitterで一緒に盛り上げてくれる方、手伝ってくれる方を募集するのはありです。もっと前の、イベントを企画する段階で一緒に作るのもいいかもしれません。

 

3 女性がいる安心感は必要

女性がいる安心感ってかなり大事です。これ隠れた集客の隠れたポイントですよね。女性の立場からすると「男性しかいない」イベントって参加しにくいと感じる方も多い。逆に、男性からしても「男性だけ」のイベントって、マウントの取り合いになっていいことはありません。

だからこそ男女比は、かなり気を配るべきです。イベントに参加する時って「参加者を何気なくチェックする」人も多いです。参加者一覧を見たときに、男女比がちょうどいいと、女性も参加しやすいし、男性も参加したくなります。

 

4 参加する人が友人を誘いやすい企画参加できる企画

「交流会」や「ワークショップ」など、来た方が「参加できる」企画っていいですよね。「来た人同士が仲良くなれる」とか「スキルを学べる」って大事なポイントです。

「人を誘いやすい」「一緒にいきたい」と人を誘いやすいイベント設計って必要ですよね。「参加できる」要素があると、満足度が上がるイベントになりますよね。「この人と知り合いになれた」「これ知れた」っていう満足感は必要ですね。

 

コミュニティーイベント集客はやっぱり一対一

イベントを開催するとわかりますが、やっぱり自分が興味がある、自分に役に立つと言うイベントは人気になります。誰に役に立つのか、誰が参加して欲しいのか、自分だったら参加するのかなどなど、開催するイベントを「俯瞰」しながら、自分なりに分析するのがポイントです。

 

普段どんな1日を過ごしている?

かくいう僕が普段どんなことをしているのか。福岡を拠点にして、コスパ生活をしながら、やりたいことにどんどん挑戦している。最近やっている仕事はこちら。フリーランスでできることをバンバンやりながら、どんどん失敗しながら成功している。

プロフィール

Abroader salon|アブローダーオンラインサロン入会申込みページ

 

移動するコミュニティ Abroader salonアブローダーサロン

オンラインサロンで面白いことがしたい方はぜひ、一緒にやりましょう。世界各国、日本全国で面白いことをするエンタメサロンの詳細はこちら。

Abroader salon|アブローダーオンラインサロン入会申込みページ