孤独?留学先でも外国人の友達を100人作る方法!これやれば友達はできる

留学先で外国人と友達になろう。外国人と友達になるために留学をすると言う選択はあり。今回は、留学先でどうやって外国人と友達になるのかまとめていく。実際、僕がフィリピン留学やアメリカ留学をしてきた経験をもとに、どうやって留学先で友達を作ったのか紹介する。

 

留学先で外国人と友達になる方法

外国人と友達になるのは簡単だ。もしあなたが、人見知りだったり友達を作ることに自信がなくても大丈夫。この方法使えば簡単に友達になることができる。

☝︎これで外国人と友達になった5つのポイント

1 留学でたったひとつ重要なのは笑顔
2 外国人も留学先で友達を欲しがっている
3 アジア人に興味を持っている外国人はたくさんいる
4 外国人も留学はみんな孤独
5 留学で海外にいることを忘れてはいけない

1 留学でたったひとつ重要なのは笑顔

留学に限らず、笑顔は対人で最も大事なことの1つだ。特に女性であれば、笑顔はその人を引き立てる。男性であれば、爽やかな笑顔はその人の魅力を表す。これは万国共通でどこの国でも当てはまること。笑顔が素敵な人であれば、留学先であっても海外の旅先であってもどこでも外国人と友達になれる。

1番のポイントは人と目を合わせることだ。初対面の人でも目を合わせてにこっと笑ったり、口元の口角を上げるだけで全く違う。日本人は、あまり目を合わさないと海外で有名になっている。それをあえて目を合わせて笑顔を作るような習慣をつけるだけで全く変わってくる。

僕の場合、特に海外では人と目を合わせて口角を上げるようにしている。フィリピン留学やアメリカ留学をした経験があるのだが、留学先では必ず人と目を合わせるようにしている。この笑顔を作ることによって、旅先で1番初めに会った人と話をスムーズにスタートすることができたり、留学先で新しい友達を作るのもあまり躊躇せずすることができた。

要するに、日本でもそうだが、人と目を合わせる事は重要だ。それに加えて、少し笑顔を作るような習慣を持っておくと、相手に不快な印象与えない。人と目を合わせて笑顔を作る、これは習慣にしておくべきことだ。

2 外国人も留学先で友達を欲しがっている

外国人も留学先で友達を欲しがっている。海外の旅先で出会う外国人は、1人や2人といった少人数で海外に留学していることが多い。そのため故郷や自分の国の友達の数よりも、旅先や留学先での友達の数の方が圧倒的に少ない。自分の国の友達の1人留学先での友達の数を比較しがちなため、孤独を感じることが多い。

要するに、外国人も留学先で友達を欲しがっているのだ。留学をするからには、海外の人と外国人の人と友達になりたいと思っている人が多い。フィリピン留学ではアジア圏の人が多く、台湾、韓国、ベトナム人に会うことが多い。彼らもフィリピンからすれば外国人であるため、留学先で友達が欲しいと思っている。

僕たちと同じように、自分の国から留学をしてきているので、孤独を感じやすい。そのことを頭に入れておけば、簡単に友達を作ることができる。みんな友達が欲しいと思っているのだ。友達が欲しいと思っている人が多いことを頭に入れておけば、意外と簡単に心のハードルを越えることができる。シャイにならずどんどん話しかけてみたらいい。

3 アジア人に興味を持っている外国人はたくさんいる

アジア人に興味を持ってくれている外国人は多い。世界を俯瞰してみるとやはりアジア人を下に見ている国の人が多い。例えるのであれば日本人が東南アジア人に対して少し優越感を抱いているようなイメージと同じだ。それと同じように外国人は中国人をアジア人だと思っている。日本人を日本人として見るのではなく、日本人をアジア人として大きなくくりで見ている。

同じように感じるのであれば、私たちがヨーロッパ人をヨーロッパ人と大きなくくりで見ているのと同じだ。ヨーロッパには、フランス、イギリス、ドイツ、スペインといった国々があるにもかかわらずヨーロッパ人と区別しているのと似ている。

顔の作りが慣れていなければ違いがよくわからない。と言うようにアジアとして見られることが多い。ただアジア人をしっかりと個人にフォーカスをしてみてくれる人も多い。見下す人もいるが、そうした頭の悪い人は放っておいて、親日な外国人もしくはアジア人に興味を持ってくれている人と友達になろう。

僕がアメリカにいた時は、もちろん差別を受けたこともあった。ただあまり気にせずどんどん友達を作った。要するに、日本でも、好き嫌いがあるように、外国人もアジア人が好き嫌いと言う感情がある。もちろんバイアスだが気のせいだと思ってどんどん友達を作ろう。

4 外国人も留学はみんな孤独

外国人も留学先では孤独だ。留学先で友達を作りたいと思っている外国人も多い。ただ、外国人もシャイな人が多い。友達を作ろうとしているものの無愛想な顔をしたり、ノリが合わなかったりすることもある。

ウマが合わなかったり、話が合わなくても、あまり気にする必要は無い。僕がよく感じていたのは、一期一会だということだ。自分の国例えば日本に帰ってしまえば、その人たちに会う事は全くない。そう考えていれば、その人に会う事は自分の人生においてこれが最後になるかもしれない。と言うように一期一会の機会を大切に自分と出会ってくれた方を大切にすべきだ。

外国人も留学先では皆孤独。孤独を感じている人に、しっかりと丁寧にアプローチしていくのがオススメ。特に僕はアメリカ留学をしたときに、一人一人と向き合って、面白い文化や面白いコミニケーションの方法を教わった。こうした一期一会を大切にするのが留学先で外国人と友達になるポイントだろう。

5 留学で海外にいることを忘れてはいけない

留学先では外国にいることを忘れてはいけない。外国人と交流する場合、気をつけないといけないのが文化の違いだ。外国では当たり前な事でも日本では当たり前ではないこともある。逆に日本の当たり前が外国では当たり前ではないこともある。外国のルールに従いながら、スタンダードな交流をすべきだ。

例えば日本人が食べ物を食べるとき、特に、麺類を食べるときに、すする音を出すことがある。ヨーロッパ県内では食べ物を食べるときにこうした音を出すのはマナー違反だ。すする音を出す事は、日本ではおいしさの表現をすることに使われるのだが、海外へ行く時はすする音を止める必要がある。

やはり留学先ではこうした文化の違いを意識しながら交流するのがポイントだ。あまり気をつけすぎてもいけないが、こうした違いを楽しみながら留学先で外国人と友達になるべき。

 

留学先で外国人と友達になろう

留学先で外国人と友達になる事は意外と簡単だ。文化の違いを意識しながら、文化の違いを楽しむことがポイントだ。世界各国で友達を作って、世界各国を旅しながら仕事をして、どんどん友達の輪を広げていくべき。今の時代海外でも日本でも、どこの国でも仕事ができるようになった。

留学先で出会った一期一会の機会を無駄にせず、どんどんグローバルスタンダードを身に付けて世界各国に友達を作るべき。留学先で外国人と友達になる方法をまとめてみた。